スマホ最新情報をいち早くお届けします。ドコモ、ソフトバンク、auスマホの新規機種やお得なキャンペーン情報を発信。

スマホログ

iPhone

2018年iPhoneの設計図とみられるレンダリング画像のリーク

投稿日:2018年6月2日 更新日:

2018 iphone

6月2日、wylsa.comというロシア語のサイトで2018年のiPhoneの設計図とみられるレンダリング画像がリークされた。

今回の画像は2018年に発表されると言われている3つのiPhoneのうちの6.1インチモデルと6.5インチモデルだと考えられる。6.5インチモデルは最も高価なモデル、6.1インチのモデルは最も安価なモデルだと言われている。

6.1インチiPhone

こちらの画像は6.1インチiPhoneの設計図とみられるレンダリング画像だ。ノッチが搭載されており、ホームボタンがない。また、背面はシングルカメラが搭載されている。シングルカメラが搭載されているのは6.1インチモデルが廉価モデルだからだ。また、今回は触れられていないが6.1インチモデルは低コストなLCDディスプレイになると言われている。

6月1日にはSteve HemmerstofferとMySmartPriceが6.1インチiPhoneのレンダリング画像を公開した。6月1日の情報は今回の情報と厚さや寸法の値が一致している。よって、両者の情報の信ぴょう性は高いと考えられる。

6.1インチiPhoneのレンダリング画像が公開、ノッチ、シングルカメラ、ガラスバック

6.5インチiPhone

最近では6.1インチiPhoneのリーク情報が多かったが、ここにきて6.5インチiPhoneの情報も明らかになった。さきほどの6.1インチiPhoneの情報の信ぴょう性が高いことから、同時に同じ形式でリークされたこちらの画像の信ぴょう性も高いと考えられる。

6.5インチiPhoneもノッチを搭載しているが、さきほどの6.1インチPhoneとは違い、背面にはデュアルレンズカメラを搭載している。また、OLEDディスプレイが搭載されると予想されている。この機種はiPhone Xよりも高くなると言われており、今までの中で最も高価なiPhoneになると考えられる。

画像内に書かれている寸法と6.5インチiPhoneとほぼ同じ大きさだと言われているiPhone 8Plusの寸法を比べてみた。

6.5インチiPhone iPhone 8Plus
縦幅 157.53mm 158.4mm
横幅 77.41mm 78.1mm
厚さ 7.68mm 7.5mm

このように並べると6.5インチiPhoneはiPhone 8Plusよりも多少小さいことがわかる。逆に厚さは6.5インチiPhoneの方が多少厚い。だが、多少の違いはあっても、感覚的にはiPhone 8Plusの大きさだと考えていいだろう。6.5インチiPhoneのディスプレイはiPhone 8Plusが全画面ディスプレイになったものを想像してみればわかるだろう。恐らく、現行のスマートフォンの中で最もディスプレイが大きいスマートフォンになるのではないだろうか。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更するメリット、デメリットだけじゃなくて機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

ドコモオンラインショップのメリット・デメリット|機種変更する流れ>>

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

今週よく読まれてます

1

6月1日にGalaxy S10が発売されました。 Galaxy S10はGalaxy S9から大きく進化した機種です。 Galaxy S10の注目したい機能がこちらです↓ ココがおすすめ パンチホール ...

2

ドコモは2019年6月1日から様々なサービスを開始していきます。 その中でも、機種変更などを考えてると目立つのが『スマホお返しプログラム』という文字。 なんですか??それ?? と思った人は多いかなって ...

3

ドコモの下取りプログラムって長年ドコモを利用してる人でも存在を知らない人も少なくないです。 2014年からずっとあるサービスで、名前から分かるように仕様してた端末を下取りに出すことで機種変更する新しい ...

4

ドコモショップって予約なしだと対応してくれないの?? 最近、よく耳にするドコモショップの完全予約制の導入の話を聞いて予約なしで来店するとどうなるのか心配になってる人は多いようです。 結論的には、まだド ...

5

ドコモ引き止めポイントとはいったい何なのか?と疑問に思っている人が今見に来てくれてると思うんですよね。 151クーポンとも呼ばれてます。 いや、これはドコモユーザーの人の多くはきっと知らないことだと思 ...

Galaxy S9 Plus 6

Galaxy S9+を2週間使いこんで発見した色々な便利設定や機能を紹介。Edge LightingやエッジパネルといったGalaxyのエッジスクリーンだからこその機能など、iPhoneはもちろん他のスマートフォンには無い機能を搭載。ハードウェアだけでなくソフト面での進化を見てみよう。

7

ドコモオンラインショップを利用してない人がまだまだ多いんですよね。 ホントすっごくもったいないです。 ドコモユーザーならドコモオンラインショップを活用して機種変更してなければ損してます。 金銭的なとこ ...

Huawei P20 lite 8

今回は筆者がHuaweiのP20 liteを使っていて便利だなと思った機能を紹介します。P20 liteは3万円台で購入可能なスマートフォン何もかかわらず色々な便利機能が付いています。今回はそのような ...

-iPhone
-

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.