コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

2018年のiPad ProにFace IDが搭載される?本当に必要?

iPad Apple

iPhone Xに搭載されたFace IDだが、2018年のiPad Proにも搭載されるのではないかと推測されている。

この推測はiPhoneのリークで頻繁に名前が挙がる中国のMing-Chi Kuo氏によるものだ。彼の推測には一定の信憑性がある。

彼の推測によると、Appleは通常のiPadとiPad Proの差別化を図るために、iPad ProのみにFace IDを搭載するのではないかという。つまり、彼の推測が正しければ通常のiPadにFace IDは搭載されないことになる。

しかし、まだiPhone Xすら販売されていない段階であり、Face IDに対する消費者の動向をAppleは把握していない。もし、iPhone Xの販売後にFace IDに対する消費者の反応が悪い場合は、何かしらの改良が加えられるか、Face ID自体が廃止される可能性もある。

AppleはiPhone XにおいてTouch IDを廃止し、Face IDを搭載したが、この試みは依然としてテストの段階だ。重要なのは今後Appleから発表される機種にFace IDが搭載されるかどうかだ。

Face IDはiPhone Xのホームボタンが廃止されたことにより搭載された。だがiPadの場合、ホームボタンを廃止し、ベゼルを狭めた製品を販売するにはコストがかかる。そのようなことから、2018年のiPad ProモデルにはTouch IDとFace IDの両方が搭載されるのではないかという予想もある。


AppleがiPhone 7においてヘッドフォンをジャックを廃止した後にAndroid端末が同じ試みを行っているように、Face IDに関しても徐々にAndroid端末に対応されていくのではないだろうか。

だが、Android端末にFace IDが登場するには2年ほどかかるかもしれない。


技術が進歩していくことは素晴らしいが、未だに消費者がFace IDを心から求めているかどうかについては疑問が残る。Touch IDでも十分便利であり、Appleの技術力ならばホームボタンが廃止されてもTouch IDを搭載することは可能なのではないか。

the eye-catching image: matt buchanan

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

Apple
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント