コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

2018年のiPhoneには急速充電機が標準装備か

Lightning cable iPhone

中国のウェブサイト、Weiboから2018年のiPhoneに関する新たな情報がリークされた。WeiboではApple製品の部品を製造している工場の従業員がたびたび情報をリークしている。

彼らの情報によると2018年のiPhoneには18Wの急速充電器が付属するという。

現在急速充電に対応しているのはiPhone 8/8 Plus、iPhone X、iPad Proだが、急速充電を利用するためには少なくともMac Book Power Adapter(約5000円)を別途で購入する必要がある。また、Mac Book Power Adapter側のUSB-C端子とiPhone側のLightning端子をつなぐためのケーブルも必要になる。

現在のiPhoneの充電器は5Wだが、18Wで充電を行うと30分で50%まで充電できるという。

iPhone XやiPhone 8 PlusなどはRAMの容量や画面が大きく、バッテリーの消費が激しいため、バッテリー容量がiPhone 8の1.4倍ほどある。

しかし、充電器はどのiPhoneも変わらない。つまり、iPhone 8 PlusやiPhone Xの充電時間はiPhone 8などの機種に比べて時間がかかる。

また、iPhoneの純正充電器の充電速度はAndroid端末の純正充電器の半分以下だ。そのため、Android端末の方がバッテリーの容量が大きい傾向にあっても、実際の充電時間はiPhoneの方が長い。

しかし、今回の急速充電のうわさが本当であればiPhoneは多くのAndroid端末よりも早く充電することが可能になるだろう。

eye-catching image credit Richard Unten

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント