コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

2018年夏に廉価版MacBook Airが発売か、スペックの予想

11.6__MacBook_Air パソコン

MacBook AirはMacBookの中でも持ち歩きやすく、手頃な価格で購入できるラップトップPCだが、KGIアナリストのクオ氏は、Appleがさらに安いMacBook Airの発売を計画していると予測している。

予測では2018年の6月に発表され、夏頃に発売されるだろうということだ。

今年初めには海外のテクノロジーサイトであるDiditimesでも今回と同じような予測がされており、Appleが廉価版のMacBook Airを開発している可能性は非常に高いだろう。

ここ数年、Appleは12インチのMacBookやMacBook Proに注力しており、MacBook Airの開発ペースは下げられていた。

2018 MacBook Airの値段やスペックの予想

2018年3月現在、MacBook Airは98,800円で販売されているため、廉価版のMacBook Airが発売されれば78,800円程になるのではないかと考えられる。

また、現行のMacBook Airのディスプレイは解像度が1,440 x 900と低いため、フルHD(1920 x 1080)以上に改善されることを願いたい。コストの面からみて、Retinaディスプレイが搭載される可能性は極めて低い。

価格とディスプレイ以外の仕様は大きく変わらないと考えられる。

SSDによるソフトの起動速度やファンレス構造による薄さと軽さはMacBook Airの重要な特徴であり、Appleがこれを変更する可能性は低い。

CPUやメモリに関しても、MacBook Airの場合はコストを抑えることが優先されるため、スペックアップはされないだろう。

2018年は廉価版iPadも発売か

クオ氏は2018年の第2四半期に2種類の新たなiPadも発表されると予測している。

1つは9.7インチの通常のiPad、もう1つはiPad Proだ。現行モデルのiPadは37,800円で販売されているが、新しいiPadは29,800円程で発売されると考えられる。

iPad Proのほうは現行のiPad Proと近い価格で発売されると考えられ、Face IDが搭載されるという噂もある。

2018年のiPad ProにFace IDが搭載される?本当に必要?

eye-catching image credit:  Paul Hudson

コメント