コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

2020年にはタッチスクリーン、ARM CPU、SIMカード、GPSを備えたMacBookが登場か

MacBook パソコン

サプライチェーンの情報によると、2020年のMacBookにはSIMカードやGPS、タッチスクリーン、防水機能、ARMベースのCPUが搭載される可能性があるという。

簡単にいえばMacBookにスマートフォンのような機能を追加され、外出先での利便性が向上するということだ。

この新たなMacBookは試作の状態にあり、中国の工場で生産され、少数の試作品がAppleの本社に輸送されているという。

現在のMacBookにはIntel製のCPUが搭載されているが、4月にはAppleは2020年からMacBookのCPUを自社生産するといううわさがあった。

Appleは2020年頃にMacのCPUをIntel製から自社製に変更か
Bloombergの報道によると、AppleはMacに搭載しているIntel製のCPUを廃止し、自社製のCPUに移行していくよていだという。移行の開始は2020年頃を目標にしているもよう。

4月のうわさは今回の情報と関連性があると予想できる。

今回の情報では2020年の新たなMacBookにはARMベースのCPUが搭載されると言われているが、これらの情報を合わせた時、このCPUはAppleの自社生産になる可能性が高い。

ARMという会社はモバイル端末向けにCPUの消費電力を抑えるようにするための技術を売っている。

2020年にはAppleがその技術をが利用し、Apple独自のMacBook向けCPUを開発しようとしている。

MacBookに限らず、外でも使用可能なモバイル端末は消費電力の問題が付きまとう。単純にバッテリーを大きくすれば、重さや大きさが増加し、持ち運びに適さなくなる。そのため、大切なのはどれだけ消費電力を抑えるかということだ。

IntelにもノートPC向けのCPUラインナップが存在し、現行のMacBookもそれを搭載している。しかし、Intelは元々デスクトップPC用のCPUを開発している企業であり、消費電力という面においてはARMが勝る。

最近ではAndroidスマートフォン用のSnapdragon 835を搭載したノートPCも発表されており、業界全体でノートPCのスマートフォン化が進んでいるように感じる。

スマホのCPUを搭載したラップトップPCをマイクロソフトが発表
マイクロソフトとクアルコムはHP、Lenovo、Asusによって製造されるWindows 10搭載のラップトップPCを発表した。 これらのラップトップPCはCPUにクアルコムのSnapdragon 835を搭載している。クアルコムのSnapdragon 835はサムスンのGalaxy S8やGoogle Pixel 2 XLなどのスマートフォンに搭載されているCPUだが、これらのラップトップPCにはPC用に改良されたバージョンが搭載される。 クアルコムの社長であるクリスティアーノアモ...

ノートPCのスマートフォン化はとてもいいアディアだと言える。

ノートPCの弱点と言えば、Wi-Fiを探さなければいけないことや(もしくはポケットWi-Fi持ち歩く必要がること)、電池の消費速度などがあげられる。

SIMカードを搭載し、ARMベースのCPUになればこれらの問題を解決することができるので、さらに外出先での利便性が高まるだろう。

また、iPhoneをみる限りではAppleのCPUの技術はとても高く、常にAndroidスマートフォンの一歩先を進んでいる。

したがって、2020年に発売されると言われている新たなMacBookは良いアイディアと高水準な技術が詰め込まれたとても期待できる製品となりそうだ。

コメント