コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

【iPhone】6.1インチモデルには5つのからバリエーションが存在か、6.5インチモデルにはゴールドも?

2018年の6.1インチiPhoneのカラーバリエーション iPhone

有名なアナリストであるクオ氏によると、2018年の6.1インチiPhoneには5つのカラーバリエーションが用意されるという。今回のクオ氏の予想は今までのうわさと一致していいる。また、筆者自身もこの予想に賛成だ。その理由については以下の記事を見て欲しい。

2018年6.1インチiPhoneにはiPhone 5cのようなカラーバリエーションが用意される?
Apple Insiderが受け取ったJun Zhang氏のメモによると、Appleが9月に発表すると言われている6.1インチのiPhoneにはiPhone 5cのような多くのカラーバリエーションが用意されるという。 この情報は事実に基づいた情報というわけではなく、jun Zhang氏の単なる予想のようだ。しかし、彼の主張は理にかなってい納得のできるものだ。その理由をみていこう。 6.1インチのモデルは9月にAppleが発表すると言われている3つのiPhoneの中で最も安価なモデルだ...

今回クオ氏が予想したカラーバリエーションは以下の通りだ。

価格カラー
6.5インチ約1000ドルブラック、ホワイト、ゴールド
5.8インチ約900ドル不明
6.1インチ約700ドルグレー、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジ

今回の報道では5.8インチのiPhoneについては言及されていないため、5.8インチのiPhoneは特別なカラーを持たない可能性がある。

6.5インチのiPhoneは2018年に発売されるiPhoneの中で最も高価なモデルだ。したがってゴールドカラーがラインナップに加わることは妥当だろう。

反対に6.1インチiPhoneは最も安価なモデルなのでカジュアルなカラーバリエーションを用意することによって6.5インチや5.8インチのモデルと差別化を図ると考えられる。

ここで懸念されるのは同じように多くのからバリエーションを持ったiPhone 5cの売れ行きが伸びなかったことだ。

iPhone 5cの売り上げが伸びなかったのはカラーバリエーションだけではなく、プラスチックのボディが原因とも言われている。とにかく、安っぽい印象を与えてしまったことが原因だったようだ。

2018年の6.1インチiPhoneがiPhone5cと同じ道を辿らないためにはカラーバリエーションを増やしたとしても、消費者に安っぽい印象を与えないことが重要だろう。幸いなことにクオ氏によれば6.1インチiPhoneにはステンレス製フレームが使用されるという。

また、クオ氏の予想では6.1インチiPhoneの中にレッドカラーがあるが、このカラーがiPhone 8のレッドカラーのようにPRODUCT(RED)を意味するのかは不明だ。

クオ氏は2018年は最も安価な6.1インチのモデルがiPhoneの売上の55%を占めると予想している。6.1インチモデルはカラーバリエーションの多さからiPhone 5cを連想させるが、実際は全く違った製品になるかもしれない。

Photo 9to5Mac

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
スポンサーリンク
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント