コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

6.1インチiPhoneのレンダリング画像が公開、ノッチ、シングルカメラ、ガラスバック

Apple iPhone 2018 6.1 inch iPhone

6月1日、Appleが9月に発表すると言われている3つのiPhoneのうち、最も安価な6.1インチモデルのレンダリング画像が公開された。この画像はTwiiterでOnLeaksというアカウントを運営しているSteve HemmerstofferがMySmartPriceというブログと協力して公開したものだ。

MySmartPriceは動画も公開しており、動画では表と裏を360°を観ることができる。この動画では6.1インチiPhoneにはホームボタンがなく、ノッチが搭載されていることがわかる。表面はiPhone Xと似たデザインだ。裏面はシングルカメラを搭載しており、ワイヤレス充電に対応のガラスバックが搭載されている。

MySmartPriceによると、このiPhoneのレンダリング画像は厚さがカメラ部分を除いて8.3mm、寸法が150.9mm x 76.5mmでレンダリングされているという。この数値は今まででわかっているリーク情報を基にしている。ちなみに、iPhone Xは厚さが7.7mm、寸法が143.6mm x 70.9mmなので6.1インチiPhoneはiPhone Xよりも全体的に少し大きくなていることが分かる。表にまとめると以下のようになる。

6.1インチiPhoneiPhone X
厚さ8.3mm7.7mm
厚さ(カメラ込み)9.8mm9.3mm
寸法150.9mm x 76.5mm143.6mm x 70.9mm

iPhone Xはディスプレイの大きさが5.8インチなので6.1インチiPhoneの方が大きくなるのは当然だが、厚さまで増加するのは残念だ。また、iPhone Xのカメラの張り出し具合は良いデザインを台無しにしている。可能であれば改善してほしいポイントだが、今回の数値をみる限りでは改善されていないようだ。

今回のレンダリング画像は有名なAppleのアナリストであるクオ氏が予想していた情報と合致している。また、クオ氏によると6.1インチiPhoneにはLCDディスプレイ、3GB RAMが搭載されるが、3D Touchはないという。2018年に発売されるiPhone3モデルはすべてiPhone Xに近い外見になると考えられているが、今までの情報をみる限り価格と機能面では明確に差別化が行われている。

2018年のiPhone 3モデルはすべて9月ごろに発売されると考えられる。韓国のThe Bellは6.1インチiPhoneが11月に発売されると予想しているが、その可能性は低いと考えられる。なぜなら、去年のiPhone Xの発売が11月になったのはサプライヤーの問題という明確な原因があるからだ。Appleは既にこの問題を解決しているため、2018年のiPhoneはいつも通り9月に発売されるのではないかと考えられる。

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
スポンサーリンク
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント