コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

2018年6.5インチiPhoneはiPhone 8 Plusと同じぐらいの大きさに

Apple AirPod iPhone

MACお宝鑑定団が投稿したサプライヤーの情報によると、2018年に発売されると言われているiPhoneの6.5インチモデルはiPhone 8 Plusとほぼ同じボディーサイズになるという。

MACお宝鑑定団はこれを信頼できる情報として伝えている。

6.5インチiPhoneのボディーサイズがiPhone8 Plusと同じになったとしても、ディスプレイサイズは当然6.5インチiPhoneの方が大きくなる。

6.5インチiPhoneのディスプレイは、現在販売されているスマートフォンの中で最も大きくなると言っても過言ではない。

また、6.5インチiPhoneでは、リアカメラの形式が変更され、iPhone 8 Plusに比べて厚みが0.2mm増すという。

iPhone 8Plusは7.5mmなので情報が正しければ6.5インチiPhoneは7.7mmになる。

最も低価格なモデルは?

6.1インチと言われていた最も低価格なモデルに関しては6インチになるかもしれないという。

今回6インチになると言われたモデルは、Appleが9月に発売するiPhoneの中で最も低価格だと予想されているため、LCD(液晶)ディスプレイや単眼カメラなどせの製造コストが低い部品が搭載されると予想される。

5.8インチと6.5インチのモデルにはOLEDディスプレイや二眼カメラが搭載されると予想

iOS12では本体横向きで顔認証が可能に?

2018年iPhoneの発売と同時にリリースされると考えられるiOS12では本体を横向きにした際にもFace IDの認証が行えるようになるという。

Bloombergのマークグーマン氏はこの機能はもともとiPad Proに搭載されるFace ID用に開発されたものだが、iPhoneでも作動するようになる可能性が高いと述べている。

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント