コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

海外スマホの契約で失敗したくない人必読、SIM契約のノウハウ

SIMカード ノウハウ記事

日本で発売されないスマートフォンを購入する場合、大抵は個人輸入でスマートフォンを購入し、それとは別にSIMを契約することになる。

しかし、この場合にはいくつか注意するべきポイントがある。

このポイントを見逃すと、携帯回線を利用できなかったり、SIMカードの契約ができなかったりするので注意が必要だ。

海外スマホの技適マーク問題

技適マーク

海外のスマートフォンを購入する場合、技適マークの問題がある。通常、技適マークはスマートフォン内部の法的情報という項目から確認することができる。技適マークがある製品は日本国内で合法的に使用可能だ。

反対に、技適マークがない製品を日本で使用すると違法になることがある。

そして、海外の企業が日本で発売する予定のない製品のために技適マークを取得しているケースは少ない。

そのため、海外のスマートフォンを日本で使用すると違法になる可能性がある。

しかし、幸いなことに2016年の電波法の改正により、スマートフォンやタブレットに限り、FCC又はCEマークのある端末は携帯回線のみであれば合法的に使用できるようになった。

以下はそれぞれFCCマークとCEマークだ。FCCマークは米国、CEマークはEUの電波法の基準を満たしていることを証明するマークだ。

fccマーク

CEマーク

電波法改正により、技適マークが無くても海外スマホを合法的に携帯回線に繋ぐことが可能になったのにも関わらず、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でSIMカードの契約を行う場合、技適マークの無いスマートフォンは契約できない。

そのため、個人輸入で購入したスマートフォンのSIM契約は技適マークが無くても契約が可能なワイモバイルや、その他のMVNOで行う必要がある。

海外スマホの通信バンド問題

携帯回線には通信バンドというものが存在する。通信バンドとは携帯回線の周波数帯のことだ。

海外のスマートフォンは日本のキャリアが運用している通信バンドに適合しないことがある。

通信バンドが適合しないと、通信が不安定になるなど、スマートフォンの使用そのものに支障をきたす可能性がある。

MVNOはドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの回線を利用している。そのため、購入した海外のスマートフォンがどの3大キャリアの通信バンドと適合しているかに注目する。

購入した海外スマホと通信バンドが適合しているキャリアを見つけたらそのキャリアの回線を使っているMVNOで契約を行う。

例えば、auの通信バンドと適合していた場合、auの回線を利用しているMVNOで契約する。

こうすることで通信バンドの相性が良いMVNOを見つけることができる。

では実際に通信バンドの相性が良いMVNOを探そう。

自分のスマホとバンドが適合しているキャリアを探す

まずは自分のスマホの対応バンドとキャリアの対応バンドを照らし合わせ、どのキャリアが最も自分のスマホと相性がいいかを調べる。

ドコモの対応通信バンド

LTE3G
BAND1(必須)Band1(必須)
BAND3(必須)Band6(必須)
BAND19(東京、名古屋、大阪で重要)Band19
BAND21
BAND28

auの対応通信バンド

LTE3G
BAND1(必須)Bnad1
BAND11
BAND18(必須)Band18
BAND26(重要)
BAND28
BAND41

ソフトバンクとワイモバイルの対応バンド

LTE3G
BAND1(必須)Band1(必須)
BAND3(必須)Band8
BAND8(重要)Band9
BAND28
BAND41

必須と書かれたバンドはそのキャリアが主に使っているバンドであり、外すことはできない。また、重要と書かれたバンドは繋がりやすさに影響するバンドだ。

各MVNOが利用しているキャリア回線

自分のスマホと相性の良いキャリアを調べたら、そのキャリアの回線を使用しているMVNOを調べる。

ドコモ回線を利用しているMVNO

  • NifMo
  • BIGLOBEモバイル
  • b-mobile
  • DMMモバイル
  • DTI SIM
  • FREETEL
  • IIJmio
  • LINEモバイル
  • mineo ドコモプラン
  • nuroモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • U-mobile
  • イオンモバイル
  • エキサイトモバイル
  • ぷららモバイルLTE
  • 楽天モバイル
  • ロケットモバイル

au回線を使用しているMVNO

  • mineo
  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio
  • イオンモバイル
  • J:COM MOBILE
  • QTmobile
  • Fiimo
  • TikiTiki

ソフトバンク回線を使用しているMVNO

  • b-mobile S
  • nuroモバイル ソフトバンク回線
  • U-mobile S
  • スマモバ(S)プラン
  • Hitスマホ
  • ANA Phone
  • HAWKS FAN タブレット
  • 日本教育新聞タブレット
  • ワイモバイル(Y!mobile)
  • U-mobile Super

まとめ

2016年の電波法改正により、技適マークのないスマートフォンを国内通信業者のSIMカードで利用することが合法化されたが、全ての制限がなくなったわけではない。

wi-fiやBluetoothの利用に関しては90日間であれば利用可能という解釈と日本人は利用不可能という解釈がある。

そのため、完全に合法的に使用する場合、日本在住の人が利用できるのは携帯回線のみとなる。

コメント