iPhone

【android→iPhoneに機種変更】データ移行を自分でする簡単な方法

投稿日:

機種変更でAndroidからiPhoneに変えると、データの移行が何かと大変です。

操作は慣れていないし、iPhoneには赤外線が付いていないしでてんやわんやですよね。

「ショップでやってくれるんでしょ?」と簡単に考えている方がいるかもしれませんが、要注意です。

ただ、そんなに心配する必要もありませんよ

みなさん自分でやっていますからね。

今回は、AndroidからiPhoneへのデータの移行について、どのようにしたらよいのかを紹介していきます。

AndroidからiPhoneへ自分でデータ移行できる?

AndroidからiPhoneへ機種変更したときのデータ移行は、自分で行うことができます。

IPhoneが発売当初はデータの移行が非常に難しかったのですが、現在はアプリを利用してアドレス帳から画像まで入れることができます。

各キャリア独自のクラウドサービスを利用して移行すると言う方法もありますが、一番有名なのがMove to iOSと言うアプリを使用することです。

Apple社が提供しているもので、スムーズに移行ができます。

その方法を紹介します。

【画像つき】Move to iOSを使ったデータ移行の手順

アプリの使い方を簡単に説明します。

①AndroidにMove to iOSのアプリを入れる

②iPhoneとAndroid両端末をWi-Fiに繋ぐ


③iPhoneを初期化し再起動すると、初期設定画面が出てくるので進める。
「Appとデータ」の画面が表示されたら「Androidからデータを移行」を選択。

④両デバイスを認識するためにコードの入力をする。
近い場所に置いておきます。

⑤移したい項目にチェックを入れて進めば、移行を待つだけ

ポイント

連絡先
メッセージの履歴
カメラで撮った写真とビデオ
ウェブのブックマーク
メールのアカウント
カレンダー
無料アプリケーション

Move to iOSでデータ移行する際の注意点

Move to iOSは、対応のOSがあります。

・Android バージョン4.0 以降
・iOS 9以降のiPhone(iPhone 5以降)

対応OSでない場合は、移行ができません。

iPhoneは、初期設定画面にMove to iOSがあるため、一度データをオールリセットする必要があります

データを入れてしまった場合は、保存をしておきましょう。

そうしないと、すべて消えてしまいます。

また、データが多いとかなり時間がかかります。

数分で終わると思っていたら、何時間もかかったと言うこともあるため、時間に余裕がある時に行いましょう。

AndroidとiPhoneは、デバイスが近くにないと接続できないため近い距離に置く必要があります。

【要確認】データ移行は機種変更前にすることが大前提!

データ移行と聞くと、アドレス帳や写真の移行だけを想像してしまいがちですが、実際毎日利用している中で使うアプリの引継ぎも必要です。

例えばLINEやFacebook、TwitterなどのようなSNSは、アカウントとパスワードがありそれを覚えておかないと引き継ぐことができません

新しいiPhoneで同じアプリを入れれば引き続き利用ができると思うのかもしれませんが、アプリを取得後サインインが必ず必要になります。

残念ながら、データまでは引き継がれていません。

引継ぎができていないと、これまで積み上げてきたデータやLINEの友達が消えてしまうこととなります。

また、ゲームのアプリも同じです。

一生懸命やってきたデータが、アカウントがないとまた一からのスタートとなります。

キャリアショップでは誰が何を使っているかなんて一切把握できませんし、引継ぎは利用者の責任なので大切なものがあれば事前に引き継がなければいけません

おサイフケータイも同様です。

注意ポイント

Androidでは利用していたサービスでも、iPhoneになると利用できないものは多々あります。

使い切ってから機種変更するか、データのお預かりサービスを利用するかしておく必要があります。

機種変更後には、引き継ぎできないアプリも多々あるので、機種変更前に済ませておきましょうね。

下取りを考えている人は端末を見比べてデータを移すことができない!?

下取りをする方は、下取り登録を入れた時点でデータの初期化をしなければいけないため、新旧端末を見比べてデータを移すことができない可能性が高いです

新しいスマホをもらう前に、旧端末のデータがなくなるということです。

店頭のスタッフと話し合って、下取り機種を後で提出して良いか聞いておきましょう。

キャリアを跨いでAndroidからiPhoneにする方は、メールアドレスが変わってしまうのでアカウントが分からなければ再設定も不可能です

気をつけてくださいね!

フリーメールのアドレスを引き継ぎのアカウントに登録しておくと、便利かもしれません。

キャリアショップではデータ移行はやってくれない?

携帯電話会社のようなキャリアショップは、基本的にはデータ移行はやってくれないのですが、店舗によってお手伝いをしてくれたりデータ移行の機械を導入しているところもあります。

しかし、ほとんどが手伝ってくれないと言う印象です。

お客様のデータをスタッフが取り扱うことで、万が一データが消えてしまっていたら責任が取れないため、会社でデータを扱う事を禁止されています。

お客様からとってみれば「手伝ってくれない」=「感じの悪い対応」と思われがちですが、何千人・何万人と対応している中で全てが成功するとは限りません。

万が一が自分だったら嫌じゃないですか?

ただ、今回ご紹介した方法であればデータ移行を簡単に自分でできるので安心ですよね。

AndroidからiPhoneへのデータ移行はMove to iOSで解決!

今までデータの移行を自分でしたことない方にとってみれば、かなりハードルが高いデータの移し替えですが、Move to iOSがあれば意外と簡単にできてしまいます。

安定したWi-Fi環境下が移行をすれば、きっと成功するので心配しないでくださいね

データ移行で悩んでいた方は、これで機種変更の決心がついたかも知れませんね。

素敵なiPhoneライフを送ってください!

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.