コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

2019年のiPhoneはUSB-Cを採用?信ぴょう性の低いソースからの情報

Lightning cable iPhone

台湾のDigiTimesは曖昧な表現で2019年のiPhoneがUSB-Cをサポートする可能性を示唆した。この情報のソースはAppleのサプライチェーンだという。

今回の情報によると、Appleは現在のiPhoneで採用しているLightningコネクタを廃止し、USB-Cを採用するというが、似たようなうわさが過去にもあったため、情報の信ぴょう性には欠ける。

iPhone Xの発表前にもWall Street Journalが同じような報告をしたが、Appleの情報に詳しいアナリストのクオ氏はそれを否定した。

確かに、iPhoneの充電ケーブルがUSB-Cに変更されればユーザーにとって多くのメリットがあるだろう。実際に「なぜUSB-Cではないのか」という声も多くある。

しかし、Appleは長年Lightningコネクタを採用し続けている。この傾向から見て2019年のiPhoneがLightningコネクタを採用する可能性は低い。

スマートフォンの充電方法は有線から無線へと変わり始めているので、AppleはUSB-Cに変更することよりもワイヤレス充電の開発に注力するだろう。

Appleがワイヤレス充電に関する特許を取得、特許の内容は?
今までのワイヤレス充電はワイヤレスとは言っても充電器とデバイスの間に物理的な接触が必要だった。少し距離が離れてしまえば充電することは不可能だ。 しかし、12月下旬にEnergousという会社が米国の連邦通信委員会においてWhattUpというワイヤレス充電器のライセンスを取得したことで、物理的接触を必要としないワイヤレス充電器の実用化に近づいた。 1メートル離れた場所からワイヤレス充電が可能に、革新的な充電技術 AppleもEnergousの技術を採用か AppleがEnergou...

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
スポンサーリンク
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント