コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

AppleがiPhone 7/7Plusにおけるマイクの問題に対応か

iPhone

現在、iOS11.3以降の一部のiPhone 7/7Plusで電話やFace Timeの発信中または着信中にスピーカーのボタンがグレーになる問題が発生している。

この症状が現れると通話やFace Timeの最中に相手の音声が聞こえなくなる可能性がある。

MacRmousによると、Appleは内部文書でサービスプロバイダにこの問題を抱えた顧客への対応方法を指示しているという。

サービスプロバイダとはApple公認の修理店

内部文書によると、まず、サービスプロバイダはこの問題に遭遇した顧客のiPhone 7/7Plusのオーディオ機器の接続を切断し、再起動してから問題が解決されるかを確認する。

それでもこの問題が解決しない場合、サービスプロバイダが音声診断を実行し、「アクセサリがサポートされていません」などのエラー出た場合にiPhone 7/7Plusの修理が行われるという。

もし、iPhone 7/7Plusが保証対象外だった場合でも例外的な問題として修理が可能だそうだ。

この問題はiPhone 7/7Plusの一部の端末で発生しているものだが、iOS 11がリリースされて以降、TwitterやAppleのサポートコミュニティへこの問題に対する書き込みをしているユーザーがいる。

iOS11.3へのアップデートで発生した問題であればiOSのアップデートで修正可能なのではないかと考えることもできるが、Appleが修理という方針をとっていることを考慮すると、iOSのアップデートでは修正できない問題なのだろう。

修理料金は明かされていないが、Appleが公式に不具合を認れば、無料で修理サービスが提供される可能性が高い。

この問題は主にスピーカーに表れているのにも関わらず、なぜマイクの問題と表現されているのかは不明

eye-catching image creditMaurizio Pesce

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント