コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

Appleは6月のWWDCでMacBook Air、iPad、Mac Proなどを発表か

Mac Pro サービス

Appleは毎年行っているWWDCを6月4から8日の期間に開催すると発表した。

*WWDCとはWorldwide Developres Conferenceの略。直訳は「世界中の開発者たちの集会」

例年、このイベントでは新たなiOSやMacOSなどが発表されており、今年も新しいOSや製品が発表されると推測される。

iOS12の詳細を発表か

iOS12ではAnimojiがアップデートされ、FaceTimeの通話内でAnimojiを使用できるようになると言われている。

また、Siriのアップデートも行われ、通知をブロックできるdo not disturbのオンオフをSiriから行えるようになるかもしれない。

コントロールセンターの機能の多くはSiriを通してオンオフができず、使いずらさを感じる。ユーザーからはこのような既存の機能の改善が求められているが、Appleは新機能を追加することに力を入れているのであまり期待はできない。

MacOS14の発表も?

MacOS14についての噂は少ない。

最も有力な噂は、Mac上でiOSアプリを使用できるようになるというものだ。Macで作業している時に、iPhoneやiPadを開かずにMac上でiOSのアプリが使用できるようになれば便利だろう。

新たなMacBook Airの発表も期待

3月上旬、KGIアナリストのクオ氏は、2018年に廉価版MacBook Airが発表される可能性が高いと発表した。

現行のMacBook Airは98,800円からだが、新たなMacBook Airは88,800円、若しくは78,800円程から販売されると推測されている。

また、ディスプレイの解像度アップが噂されているが、コスト的にRetinaディスプレイが搭載される可能性は低いと考えられる。

2018年夏に廉価版MacBook Airが発売か、スペックの予想

iPad、iPad Proのアップグレードが発表される可能性も高い

iPad、iPad Proに関してもクオ氏が予想をあげている。

iPad

現行モデルが37,800円で販売されているiPadは価格が下げられ、29,800円で販売されると推測されている。3万円以下で販売されれば多くの人がより手を伸ばしやすくなる。

iPad Pro

iPad ProにはFace IDやAnimoji、OLEDなどのiPhone Xに搭載された機能が追加されるのではないかと言われている。

いわばiPhone XのiPadバージョンだ。

最新の機能が搭載されると製造コストが高くなるため、価格が引き下げられる可能性は低い。

2018年のiPad ProにFace IDが搭載される?本当に必要?

Mac Proは2018年発表と言われているが

2017年の4月にAppleの主要役員はウェブメディアに対して新たなMac Proの開発に取り組んでいることを伝えた。

2017年には新たにiMac Proが発売されたのに対し、Mac Proは2013年から一度もアップデートされていない。

Mac Proは2018に発売される予定だが、6月のWWDCで発表されるか、9月の新製品発表イベントで発表されるかは不明だ。

AppleはMac Proの性能アップを約束しており、開発が順調に進んでいない場合、発売が延期される可能性もある。

その後:新Mac Proは2019年発売か、役員へのインタビューで分かったこと

2018年にiPhone SE 2の発表は無しか

2017年の11月にChina Economic Dailyは2018年にiPhone SE 2が発表される可能性があると報道し、注目を集めた。

iPhone SE 2が2018年7月に発売か、スペックの予想

しかし、2018年1月にクオ氏は、Appleのスケジュール的にみて2018年にiPhone SE 2の発表はないだろうと発言した。

2018年にiPhone SE 2の発表は無しか、クオ氏の推測

残念なことにクオ氏の予想は的中することが多く、信憑性が高い。China Economic Dailyの予想も事実に基づいたものだが、少なくとも2018年中にiPhone SE 2が発表される可能性は低いだろう。

eye-catching image credit:  Uadro

コメント