コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

Appleは2020年頃にMacのCPUをIntel製から自社製に変更か

macbook パソコン

Bloombergによると、Appleは2020年頃にインテル製のCPUから自社製のCPUに移行するという。

この移行はMacBookなどのラップトップPCから順に行われる可能性が高い。

MacのCPUは2005年から2006年の間にIBMからIntelへ変更されて以来、Intel製品が搭載され続けていた。

BloombergはAppleの注文がIntelの年間収益の約5%まかなっていると推測しており、今回の発表を受けてIntel社の株価は打撃を受けている。

また、iPhoneのモデムチップもIntel製だが、こちらについては何も報道されていない。

iPhone Xに搭載されてるA11 BionicはAppleによって独自に開発されたCPUであり、アンドロイドスマートフォンに搭載されているQualcomm製のSnapdragonなどと比べて高い性能を誇る。

AppleのCPU開発技術の高さはスマートフォンの分野おいて証明されており、PC用のCPU開発においても期待が持てる。

これにより、Macにさらなる価値が生まれるはずだ。

また、可能性の1つとしてAppleが開発したPC用CPUが他社の製品に搭載されるようになることも考えられなくはないが、今までのAppleの動向をみる限りでは、あり得ないだろう。

コメント