コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

2018年iPhone搭載のA12チップの製造が開始、7nmプロセスで超高速になるか

Apple A11 iPhone

Bloombergによると、AppleのサプライヤーであるTSMCは2018年のiPhoneの発売に向けてA12プロセッサの生産を開始したという。

このA12プロセッサはスマートフォン初の7nmプロセスになるようだ。CPUのプロセスとはトランンジスタの大きさを示しており、この大きさが小さくなるほど1つのCPU上に多くのトランジスタを並べることができる。つまり、プロセスの値が小さい方が処理能力が上がるということだ。

現在の最先端であるiPhone XやGalaxy S9といった機種には10nmプロセスのCPUが搭載されている。

Appleが設計するCPUはAndroidに搭載されているSnapdragonやExynosよりも性能が高い傾向にあり、今回もAppleが最初に7nmプロセスのCPUを製造したことで他のメーカーに差をつけることになった。

一方、Samsungは来年に7nmチップの生産を開始する準備が整うと発表している。このチップの開発がGalaxy S10の発売に間に合わなければCPU性能においてはAppleからさらに離されてしまうだろう。

Appleは9月に5.8インチ、6.3インチ、6.1インチの3つのiPhoneを発表する予定だ。5.8インチ、6.3インチのモデルには間違いなくA12チップが搭載されるはずだが、低価格帯の6.1インチのモデルには搭載されない可能性もある。

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

iPhone
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント