iPhone

【結論】iphoneをアップルストアで購入するメリット・キャリアで購入する違い!

投稿日:2019年7月26日 更新日:

iPhoneをどこで購入、契約するべきか?と悩む人も少なくないと思います。

スマホを利用している人の多くが、各キャリアのショップだったり家電量販店で購入するでしょう。

いわゆるアンドロイド端末は取り扱いされているお店が限られてるので、そもそも選択の余地がないとも言えます。

しかし、iphoneは違いますよね。

iPhoneはアップルの商品なので、アップルストアで購入することができます。

はてな

では、アップルストアで購入するのとキャリアで購入するのでは何が違うのでしょうか。

アンドロイド端末と比べiphoneはapple正規のお店で購入や契約することが可能なわけです。

現状、iphoneを持っている人でもこれから新しくiphoneへと機種変更する人も、キャリアではなくアップルストアで購入するメリットってあるのかな?と思ったことはあるんじゃないでしょうか。

iphoneをアップルストアで購入した場合のメリットをはじめドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアで購入するのと何が違うのか詳しく説明していますので参考にしてください。

ポイント

2019年9月20日(金曜日)にiPhone11、iPhone11 Pro、iPhone Pro Maxの同時発売が決定しました。

9月13日(金曜日)の21時~キャリアでの予約開始。

記事に詳しくまとめていますが、アップルストアではなく各キャリアの公式オンラインショップでの予約購入がおすすめです↓

ドコモオンラインショップこちら

auオンラインショップこちら

ソフトバンクオンラインショップこちら

注意オンラインショップでiPhone11を予約だけしても安心してはいけません。

予約後の流れをしっかりと理解しておかないと、手元に届きませんのでこちらの記事でイメージをつかんでおきましょう↓

オンラインショップでiPhone11を予約購入する手順【予約→入荷確認メール→本申し込み】

iPhoneをアップルストアで購入する3つのメリット

iPhoneをキャリアではなくアップルストアで購入することで考えられるメリットについてご紹介していきます。
主に3つのメリットが考えられます↓

ポイント

・SIMフリーであること
・通信事業者の選択の自由
・売る場合の買い取り価格

上記がアップルストアでiPhoneを購入するメリットになります。
正直、ピンとこない人のほうが多いと思いますので一つ一つ詳しく見ていきましょう。

SIMフリーである

アップルストアで購入するiPhoneは「SIMフリー」であり、格安スマホのSIMを使って料金を安くしたり、海外で手軽に使用することができま

通常キャリアで購入するiPhoneはキャリアロックがかかっており、購入してからある程度の時間がかないとSIMロック解除ができません。

参考

SIMロックとは、auで購入したiPhoneにソフトバンクのSIMを挿入しても使えない状態のことをいいます。

どんなSIMを挿しても使えるのがSIMフリー版iPhoneで、SIMフリーを求める方は、キャリアで購入せずにアップルストアで購入した方が良いでしょう。

海外によく行く方であれば、海外でSIMを調達して差し込めば使えるので便利です

日本のSIMを海外で利用すると高いですからね。

SIMフリーのiPhoneのメリット、デメリットについてはこちらの記事に詳しくまとめています↓

【お得か?】iPhoneをSIMフリーで買うメリット・デメリットを説明!

好きな通信事業者を選べる

SIMフリーと言うことは、どの通信会社で契約してもiPhoneが利用出来ます。

格安SIMであれば、毎月のコストを抑えることができますし、会社によっては年契約がないところもあります。

月に1万円かけていた携帯電話料金が、2千円になったら最高ですよね!

選択肢が広がるのは大変魅力的です。

iPhoneでドコモ、au、ソフトバンクの3キャリア以外を使いたいという方には、ぴったりです

iPhoneを売る時の買取価格が良い

機種変更をして新しいiPhoneを購入すると、旧iPhoneはもう使いませんよね。

使わなくなったiPhoneは、買取ショップで売ることができます。

キャリアのロックがかかったiPhoneより、SIMフリー版iPhoneの方が数千円程高く買い取ってくれます

このように大きく3つのメリットがiphoneをアップルストアで購入することで得られます。

メリットを理解した上で、多くの人が携帯を購入だったり契約するキャリアとアップルストアとでは何が違うのか見ていきましょう。

【5つの違いあり】アップルストアVSキャリア

アップルストアでiPhoneを購入するのと、キャリアでiPhoneを購入するのでは一体何が違うのでしょうか。
強いていてば5つの違いが考えられます。

ポイント

・本体の実質負担額の差
・分割購入の際の利息の有無
・支払い方法
・初期設定の状態
・故障時の対応

上記のように様々な違いがあります。
各違いを把握しておくことで、キャリアかアップルストアでiPhoneを購入するかの判断材料になるでしょう。

本体価格の実質負担金額が高い

Apple Storeで購入すると、そのままの本体価格を一括か分割で支払っていくことになります。

一方、キャリアで購入すると機種に対して割引が毎月あったり、2年後に機種変更することで実質的に半額だけの負担になるオプションがあります。

ドコモであれば、最大12か月分の支払いが実質無料になるスマホお返しプログラムが2019年6月よりスタートしています。

【ドコモ】スマホお返しプログラムを解説!メリットある?損する人は?

このような割引オプションにより、約5万円程は負担金額の差が出てくるでしょう。

アップルストアでは10万円近くを支払うので、キャリアと大きな差があります

利息が発生する可能性あり

キャリアでiPhoneを購入するときは、利息なしで分割が組めますがアップルストアだとキャンペーン期間中でない限り無利息ではありません。

そして、AppleCare +のような補償サービスもアップルストアなら一括で支払わなければなりません。

AppleCare +についてはこちらの記事に詳しくまとめています↓

【いらない?】iPhoneに機種変更するならAppleCare+は必要なのか判断基準を解説!

キャリアは補償料金も分割にして、毎月の通信料金と合算請求です。

支払いがまとまらない

キャリアで機種を購入すれば、通信料も機種代金も一緒に引き落としてくれます。
しかし、iPhoneをアップルストアで購入してしまうとその限りではありません。

SIMフリー版iPhoneを購入すると、

機種代金→Apple
通信料→通信事業者

と、支払いがバラバラになる点に少し不便さを感じるかもしれません。

初期設定は自分でする

キャリアショップで機種を購入すると初期設定を済ませて使える状態で渡してもらえますが、SIMフリー版iPhoneは購入すると自分でセットアップをしなければいけません。

慣れている人からしたらなんてことのない作業ですが、初めてやる方にとってみては難しいかもしれません。

初期設定をする上でわからないことがあれば、通信事業会社に問い合わせる必要があります。

故障時の対応が不十分

キャリアショップで購入した機種であれば、万が一破損や故障したときに店頭に持っていけば代替え機を貸してくれたり修理の手続きをしてくれる店舗もあります。

が、自分で購入したiPhoneは修理の手続きも自分で持っていかなければいけないですし、もちろん代替え機もありません。

修理に出している間、スマートフォンが使えないと非常に困ってしまいますよね。

日常生活にスマホが欠かせないのであれば、SIMフリー版iPhoneは合わないかもしれません。

以上、5つの違いを比較してみてきました。
結局はiphoneはアップルストアで購入するべきなのか?勘のいい人は気づいたかもしれません。

【結論】iPhoneをアップルストアで購入してもお得感はない?

Apple StoreでiPhoneを購入するメリットについていくつか挙げましたが、結論から言うとそんなに大きなメリットはないです。

格安SIMを使っていて、最新のiPhoneが欲しいと言う方向けなのかもしれません。

格安SIMで取り扱っているiPhoneは古いものがほとんどなので、最新のものを使いたければ自分で準備をするしかありません。

Apple StoreのiPhoneは機種代金が安くなる事は無いですし、強いてあげるメリットとしては海外で利用ができるSIMフリー端末と言うことでしょうか。

そのため、大半のユーザーがiphoneを無理にアップルストアで購入や契約をすることでのお得感を感じることはないでしょう。

アップルストア内でキャリア版iPhoneの購入も可能

基本的にアップルストアで購入するのはSIMフリーのiPhoneですが、実はキャリア版のiPhoneも購入できるのです。

アップルストア内で、キャリアショップのように機種変更ができます。

Apple Store内にキャリア担当のスタッフがおり、料金プラン等決めて契約することができま

このことは、知らない人の方が多いかもしれません。

ただしいくつか注意点があります。

注意

・機種代金はキャリアに揃えられたり適用できるオプションが限られている
・今人気の機種代金が半額になるオプションは、アップルストアでは使えない
・キャリア版iPhoneは在庫が限られるため、いつでもあるわけではない
・対応してくれるスタッフの方も数名しかいないらしく、待ち時間はかなり長くなる

また、予約制の店舗あれば予約ができない店舗もあります。

事前に調べてから足を運んだほうがよさそうですね。

【要確認】それでもアップルストアでiPhoneを購入する場合の注意点!

Apple StoreでiPhone購入するときに気をつけなければいけないことは、通信事業会社のSIMが挿入するiPhoneに対応するかを先に調べておくことです。

10万円近くするiPhoneを購入してから、契約しているSIMが認識しなかったと言うのでは大変もったいないです。

IPhoneなのでどのSIMにも合うと思われがちかもしれませんが、必ず確認をしてから購入しましょう。

ポイント

購入する際は、日本版のiPhoneを購入してください。

海外版だと、日本のSIMが反応しなかったり利用できないサービスがあったりするので気をつけましょう。

お金に困っていない方はアップルストアでiPhoneを購入するのもいいかもしれませんが、損得で考える方はキャリア契約の方が良いかもしれませんね。

ただキャリア版iPhoneだと、SIMロック解除するのに最低でも半年はかかりますし、動作保証はありません。

なにを重要視するかで、どこで買うかが決まります。
よければこちらの記事も参考にしてください↓

【一番安いのは?】iPhone11(XI)どこで買うべきかお得な順に紹介!

新型iPhoneの発売日までにはまだ時間あるので、アップルストアで買うか?キャリアで買うか?よく考えておきましょう。

iPhoneの購入の際にはぜひ、参考にしてくださいね。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.