AQUOS

AQUOS sense3 plusとliteの比較|スペック・デザインの違いはどこ?

この記事では、AQUOS sense3シリーズのplusとliteのスペックの違いについて解説しています。

AQUOS sense3シリーズには、無印だけじゃく、plusやサウンド、lite、basicなどのさまざまな種類が登場しています。

種類がありすぎて、

はてな

AQUOS sense3 plusとliteの違いはなに?

大きさやカラバリが違うだけ?

スペック自体も違う?

など、どのモデルがどのようなスペックになっているのかわからないという人もいると思います。

AQUOS sense3 plusとliteを比較してみると、本体サイズの違いやカラバリの違いもありますが、搭載されている機能が違うかったり、パフォーマンス性能にも違いがあったりします。

名前は同じでも中身は別物なので、選ぶときは自分がどんな機能やスペックが必要なのか、じっくり考えてから購入することをおすすめします。

AQUOS sense3 plusとliteの比較表

AQUOS sense3 plusAQUOS sense3 lite
本体サイズliteよりも大きいplusより小さい
電池持ち
パフォーマンス性能
ディスプレイ性能
カメラ性能
サウンド性能
耐久性

AQUOS sense3 plusとliteを比較すると、上記の性能に違いがあります。

性能面ではAQUOS sense3 liteよりもplusの方が全体的にスペックは高くなっていますが、liteでも十分使いやすいですし、性能によってはわずかな違いしかない部分もありますよ。

スペックの違いについて詳しく解説していきます。

AQUOS sense3 plusとliteのスペック比較

AQUOS sense3 plusとliteのスペックの比較表↓

AQUOS sense3 plusAQUOS sense3lite
本体サイズ160mm×75mm×8.7mm147mm×70mm×8.9mm
重量175g166g
バッテリー容量4,000mAh4,000mAh
CPUSDM636SDM630
内蔵メモリRAM 6GB/ROM 64GBRAM 4GB/ROM 64GB
外部メモリmicroSDXC 512GBmicroSDXC 512GB
ディスプレイ6.0インチIGZOディスプレイ5.5インチIGZOディスプレイ
カメラ1,220万画素(標準)

1,310万画素(広角)

1,200万画素
インカメラ800万画素800万画素
防水・防塵性能IPX5/8・IP6XIPX5/8・IP6X
生体認証顔・指紋顔・指紋
おサイフケータイ対応対応
ハイレゾ対応対応

AQUOS sense3 plusとlite気になるスペックの違いを一つ一つ詳しく見ていきましょう。

バッテリー容量の違い

バッテリー容量については、plusもliteも同じ4,000mAhの大容量バッテリーが搭載されています。

AQUOS sense3シリーズは、非常に長い電池持ち時間を有しているのが特徴で、1週間充電しなくても安心の電池持ちを実現しています。

さらに、バッテリーの劣化を防ぐインテリジェントチャージに対応しているので、バッテリー自体の寿命を延ばしています。

急速充電「USB Power Delivery」にも対応で、約2.5倍も高速で充電可能。

  • plus:連続待受時間 約680時間(連続通話時間:2,300分)
  • lite:連続待受時間 約910時間(連続通話時間:2,930分)

しかし、バッテリー容量が同じでも電池持ちの時間は違っているので、plusでも十分長い電池持ちになっていますが、それよりももっと電池持ちがいいのはliteの方ということになります。

電池持ちがいいポイント

省エネ効果の高いIGZOディスプレイを搭載

大容量のバッテリー

電池持ちが違うのは、ディスプレイの大きさなども関係してきます。

plusもliteも省エネ効果の高いIGZOディスプレイを搭載していますが、plusの本体サイズの方がliteよりも大きいので、ディスプレイサイズも0.5インチサイズアップしています。

ディスプレイを表示させるのにもバッテリーは消費されるため、ディスプレイが大きい分plusの方がliteよりも電池持ちが少なくなっています。

また、パフォーマンス性能もplusの方が高いことも理由として考えられます。

搭載しているCPUの違い

AQUOS sense3 plusAQUOS sense3 lite
CPUSDM636SDM630
RAM容量6GB4GB

パフォーマンス性能については、搭載しているCPUが異なります

plusにはSDM636が搭載され、liteにはそれよりも性能が低いSDM630を搭載しています。

なので、処理性能が速いのはplusの方で、liteよりもスムーズに操作することが可能。

メモリ容量についても、plusには大容量6GBを搭載しているので、一度に処理できるデータ量も多くなっています。

したがって、アプリを複数立ち上げて操作するマルチタスクなども、plusの方がサクサク動きますしアプリの起動なども早いです。

ディスプレイの違い

ディスプレイの機能

  • リッチカラーテクノロジーモバイル:実物に近い色味を再現
  • ジーモバイル:実物に近い色味を再現アウトビュー:屋外でも画面が見やすくなるように、コントラストやバックライトの輝度を自動調整
  • バーチャルHDR:動画コンテンツや撮影した動画をHDR画質のような鮮やかな色彩で再生

ディスプレイ性能については、どちらにも上記の技術が搭載されているので、明るく高精細な映像を見ることができます。

  • plus:6.0インチ/解像度「2,220×1,080」
  • lite:5.5インチ/解像度「2,160×1,080」

解像度がliteよりもplusの方が高いので、よりキレイなのはplusです。

ただし、見た感じではどちらの映像も同じくらいキレイなので、ほとんど違いはありません。

カメラ性能の違い

AQUOS sense3 plusAQUOS sense3 lite
カメラレンズ広角・標準

F値1.8

標準

F値2.0

機能静止画手ブレ補正

被写体手ブレ補正

大型ピクセルセンサー

ポートレート撮影

AIライブストーリー

AIオート

ARCore

静止画手ブレ補正

被写体手ブレ補正

大型ピクセルセン

ポートレート撮影

AIライブストーリー

AIオート

カメラ性能については、AQUOS sense3 plusの方が性能は高くなっています。

plusは標準カメラの他に、123度の広角で撮影可能な1,310万画素の広角カメラが加わったデュアルカメラを搭載しています。

広大な景色を視野角と同じ角度で撮影することができるので、目で見たそのままをフレームに収めることができます。

カメラレンズもplusの方がliteよりもF値が小さいので、暗い場所でもliteのカメラよりも明るく撮影することが可能。

カメラ機能については、手振れ補正やポートレート撮影、AIオートなどがどちらでも対応しているので、シャッターを押すだけで簡単に美しい写真が撮影できます。

唯一、AR機能についてはplusにしか搭載されていません

ARCoreでは、ポケモンGOのようにスマホの画面上に立体的に映像を表示させる拡張現実を体験することができます。

Googleの検索結果からカメラを起動して、動物などをARで撮影して楽しめますよ。

サウンド性能の違い

  • plus:ステレオスピーカー/ドルビーアトモス対応/ハイレゾ音源対応
  • lite:ハイレゾ音源対応

サウンドについても、liteと比べてplusの方が性能は高くなっています。

plusにはステレオスピーカーが搭載されているので、音そのものの品質が高いです。

さらに、立体音響技術のドルビーアトモスが対応しているので、三次元に音が拡がって、上下左右から音が聞こえてきます。

映画館のように右から左へと音が移動するような感覚も再現しているので、より臨場感のある音楽が楽しめます。

防水・防塵・耐久性の違い

AQUOS sense3 plusAQUOS sense3 lite
防水・防塵IPX5/8・IP6XIPX5/8・IP6X
MIL規格19項目

防水・防塵性能については、どちらでもIPX5/8・IP6Xの高い耐水性能があります。

水深1.5mのところに30分間放置していても耐水性が保たれる性能なので、水回りでの使用や濡れた手での操作、屋外での利用でも安心して使うことができます。

liteについては、さらに耐久性の高いMIL規格にも19項目で準拠しています。

耐衝撃、耐振動、高温動作、低温動作など、あらゆる環境時でも耐久性が優れているので、万が一スマホを落としてしまっても、破損の心配はありません。

汚れてしまったらハンドソープなどで丸ごと洗うこともできて、いつでも清潔な状態で持ち歩くことができますよ。

MIL規格に対応しているのはliteだけでplusでは対応していないようなので、間違ってplusの方でハンドソープで水洗いはしないように注意してください。

AQUOS sense3 plusとliteのデザイン比較

AQUOS sense3 plusとliteのデザイン面での違いについても見ていきましょう。

カラーバリエーション

  • AQUOSsense3plus:ムーンブルー・ホワイト・ブラック
  • AQUOSsense3lite:ライトカッパー・シルバーホワイト・ブラック

本体のカラーバリエーションは、AQUOS sense3 plusの方が落ち着いたカラーバリエーションになっています。

デザインについての違いはありませんが、liteの素材は傷に強いアルミボディで作られていて、剥がれにくいアルマイト染色で塗装されています。

また、背面と側面が一体化しているので、曲げや捻じりに強い頑丈な構造をしています。

耐久性の違いについては後程解説しますが、plusはliteとは違って一体型の構造ではないので、本体の強度に違いがあります。

本体サイズ・重量

AQUOS sense3 plusAQUOS sense3 lite
本体サイズ160mm×75mm×8.7mm147mm×70mm×8.9mm
重量175g166g

本体サイズについては、liteは手になじむ程よいサイズ感ですが、plusの方はliteよりも大きいサイズになっています。

高さは13mm、幅は5mmも違いがありますが、本体の厚さについてはplusの方が0.2mm薄くなっているので、plusは大きくても持ちやすいですよ。

重量はplusの方が約9g重くなっています。

AQUOS sense3 plusとliteの比較まとめ

AQUOS sense3 plusのポイント

本体サイズが大きい

パフォーマンス性能が高い

映像がキレイ

カメラ性能が高い

サウンド性能が高いの

AQUOS sense3 liteのポイント

電池持ちがいい

防水・防塵は同じだが、耐久性が高い

AQUOS sense3 plusは、liteと比べて全体的にスペックが高くなっていました。

特に、カメラ性能やサウンド、パフォーマンス性能についてはliteよりもずっと優れているので、できるだけスペックが高い方を使いたいという人にはplusがおすすめです。

一方で、liteは電池持ちがplusよりも長いですし、耐久性も高いです。

パフォーマンス性能も決して悪いわけではないですし、カメラ機能や映像の美しさなどもplusの機能とほとんど変わりません。

耐久性重視の人や電池持ちがいい方がいい人、スペックにこだわらないという人ならliteでも十分使いやすくなっていると思います。

どちらのスマホを購入しようか悩んでいた人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

-AQUOS

© 2020 スマホログ