AQUOS

【予約必須】AQUOS sense3が3万円台で発売!価格以上のスペックが期待できるか解説!

更新日:

シャープでは、9月25日にミドルレンジモデルAQUOS sense2の後継機であるAQUOS sense3とAQUOS sense3plusを発売することを発表しました。

AQUOS sense3 AQUOS sense3 plus 購入ページ
ドコモ 2019年11月1日 - こちら
au 2019年11月2日 - こちら
ソフトバンク - 2019年12月上旬発売予定 こちら

ソフトバンクでのみ、AQUOS sense3 Plusが2019年12月上旬以降に発売予定なのでもう少し待ちですね。

AQUOS sense3の売れ行きってどうなの?

発売してまだ日も浅いですが、ドコモオンラインショップでの売れ筋ランキングではトップ3入り。

秋冬モデルの中でも、注目度の高い機種となっています。

→AQUOS sense3の在庫状況を確認する

予想どおり3万円台での発売となったのが売れ行きが好調な理由の一つでしょう。

安いだけではなく、価格以上のスペックが期待できるモデルになっています。

ドコモでのAQUOS sense3の本体価格は、31,680円で36回払いで月々にするとわずか880円であるため2019年秋冬モデルの中でも非常にお求めやすい機種となっています。

月々1,000円以下はホント安いな~

また、幅広い年齢層にマッチするスペックなのもポイントだといえます。

AQUOS sense3の魅力は安い値段でありながらも満足できる機能が備わっているところ。

秋冬モデルで発表がされたAQUOSシリーズとのスペックを比較していくので、機種変更を考えている人は参考にしてくださいね。

→ドコモオンラインショップの機種変更で使えるクーポン

合わせて
ドコモオンラインショップで機種変更する時に使えるクーポンを【入手難易度順】に紹介!

ドコモでは機種変更のときに使える割引きクーポンの発行をおこなっています。 ドコモショップはもちろんドコモオンラインショップでも利用できるクーポンなので、うまく入手することができると機種変更をとてもお得 ...

AQUOS sense3とAQUOS sense2のスペックを比較

AQUOS sense3は、AQUOS sense2の後継機で全体的にスペックを底上げしていると紹介しました。

具体的にAQUOS sense2と比べてどのようなところが変わっているのかそれぞれのスペックを一覧にして比較してみました。

AQUOS sense3 AQUOS sense3plus AQUOS sense2
サイズ 高さ147mm×幅70mm×厚さ8.9mm 高さ160mm×幅75mm×厚さ8.7mm 高さ148mm×幅71mm×厚さ8.4mm
重量 167g 175g 155g
ディスプレイ 5.5インチフルHD+IGZOディスプレイ 6.0インチフHD+IGZOディスプレイ 5.5インチフルHD+IGZOディスプレイ
OS Android9 Android9 Android8.1
CPU SDM630 SDM630 SDM450
内臓メモリ RAM 4GB、ROM 64GB RAM 6GB、ROM 64GB/128GB RAM 3GB、ROM 32GB
外部メモリ microSDXC 最大512GB対応 microSDXC 最大512GB対応 microSDXC 最大512GB対応
カメラ 標準カメラ1,200万画素

超広角カメラ1,200万画素

インカメラ800万画素

標準カメラ1,220万画素

超広角カメラ1,310万画素

インカメラ800万画素

標準カメラ1,200万画素

 

インカメラ800万画素

バッテリー 4,000mAh 4,000mAh 2,700mAh
防水・防塵 IPX5・IPX8/IP6X IPX5・IPX8/IP6X IPX5・IPX8/IP6X
生体認証 顔認証・指紋認証 顔認証・指紋認証 顔認証・指紋認証
おサイフケータイ

zero2との比較記事もよければ参考にしてください↓

【AQUOS】 sense3とzero2を比較!全く違う機能・おすすめポイントが判明!

大きく変わったポイントは3つあります。

・デュアルカメラ
・バッテリー持ち
・外部メモリ

今回のAQUOS sense3のコンセプトは、「電池の残量を気にしないで1日過ごせる」「バランスの取れたスペック」ということで、バッテリーの容量が大容量になっています。

そしてバランスのとれた安定した処理性能が搭載されており、AQUOS sense2よりも処理性能が上がり、ストレージも2倍にしてあります。

それぞれのスペックについて1つずつ詳しく解説していきますね。

4,000mAh大容量バッテリー

最も注目したいのが、4,000mAhという大容量バッテリーです。

バッテリーはAQUOS sense2と比べると1.5倍の容量になっていて、1日中動画を見てもバッテリーが持つくらいの大容量になっています。

そして、このバッテリーのサイズも25パーセント小型化することによって普通のバッテリーの大きさと同じサイズで搭載することが可能になりました。

そのため、AQUOS sense2とほとんど変わらない本体サイズと厚さを実現することができ、スマホの大型化を抑えることができました。

スマホのバッテリーの持ちについては気になる人は非常に多いですよね。

確かに、どんなに高いスペックを持っていても電池の持ちが悪ければ、常に充電のことを考えなければならないですし、モバイルバッテリーを持ち歩かなくはならない不便さもありますよね。

その点、AQUOS sense3ならバッテリー持ちを気にせずにどこででもスマホを使うことができ、たくさんの動画やアプリを使っても十分な電池残量があるということなので、通勤中の音楽再生や動画視聴、漫画閲覧など朝からたっぷりスマホを使っても夜まで安心ですね。

パフォーマンスの向上

ミドルレンジモデルによく搭載されるSDM630が搭載されており、CPUについては15パーセント、GPUは60パーセントもAQUOS sense2に比べて向上しているので、処理性能が格段に速くなっています

ミドルレンジモデルはハイエンドモデルに比べるとどうしても処理性能は劣ってしまいますが、ユーザーとしてはミドルレンジモデルでもある程度の性能は欲しいところですよね。

AQUOS sense3はAQUOS sense2にくらべて、RAMが4GBに増えてメモリアクセス速度も30パーセント速くなり、全体的に動作が速くなっているので、今までよりも快適に操作することが可能になっています。

画面が固まってしまったなどというトラブルも以前に比べて少なくなっているので、ミドルレンジモデルでもデータ容量が大きすぎる複雑すぎるゲームでない限りはサクサク操作することができますよ。

メモリ容量についても、AQUOS sense2よりも2倍のストレージ容量でたくさんのデータを保存しておくことができます。

超広角レンズ搭載のデュアルカメラ

カメラについても今話題の超広角レンズを搭載しました。

超広角レンズを搭載したことにより、121度という広い角度の写真をフレームに収めることができます。

室内などの狭い場所での撮影で、これ以上後ろに下がれないようなところでも超広角撮影ならワイドな写真を撮ることができ、室内の背景を隅々まで撮ることができますよ。

カメラの画素数はAQUOS sense2とAQUOS sense3ではほとんど変わりありませんが、AQUOS sense3plusは少し画質が上がっています。

より高画質な写真を撮りたいということならAQUOS sense3よりも大きめサイズのAQUOS sense3plusがおすすめです。

AQUOS sense3では新たにAIライブストーリーが搭載されました。

AIライブストーリーは自身が撮った動画からAIが独自にハイライトシーンを切り出して15秒のハイライトムービーを作成してくれます。

自分で編集する必要がなく、あっという間に思い出をハイライトにしてみんなでシェアすることができますよ。

デザイン

デザインについてはAQUOS sense2と比べてあまり違いはありませんが、バッテリーが大容量になった分なのか若干重くなっています。

操作しやすい丸みのあるデザインと手になじむサイズで片手操作も簡単にでき、背面はデュアルカメラになったことにより、縦に2つにレンズが並んでいます。

カラーについてはまだ何色で発売されるのか不明ですが、画像のような優しいカラーのピンクやビジネスシーンでも違和感がないシルバーなどがあるようです。

ディスプレイ

ディスプレイはAQUOS sense2と同じくフルHD+IGZOディスプレイを採用しています。

フルHD+ディスプレイは、高精細な映像を映しだしてくれ、ハイエンドモデルでも採用されている高画質ディスプレイです。

IGZOディスプレイは液晶パネルの透過率を高め、バックライトをより少ない光量で明るい表示を実現していて、静止した状態での表示は、画面表示の書き換えを抑えて駆動させないことで電力の消費を少なくしているので、電池の消費を抑えることができる省エネになっています。

外部メモリ非対応

AQUOS sense2ではmicroSDカードに対応していましたが、AQUOS sense3、AQUOS sense3plusはどちらも外部メモリに対応していないようです。

内部メモリがAQUOS sense2の32GBから2倍の64GBに増えていることもあり、十分に保存することができるのでmicroSDカードに対応していなくても問題ないのではないでしょうか。

64GBでは不安だという人は、AQUOS sense3plusなら64GBと128GBの容量から選ぶことができるようになっているようなので、容量の大きい128GBを購入すれば保存容量については解決できそうですよね。

それに、写真などのデータはクラウド上に保存することも可能になっており、大手キャリアなら独自のクラウドが準備されているので、そちらに好きなだけ保存しておくことも可能なので、今のスマホならmicroSDカードに対応していなくても問題ないと言えるのではないでしょうか。

AQUOSsense3plusはステレオスピーカー搭載

AQUOSsense3のスピーカーはAQUOSsense2と同様でモノラルスピーカーを搭載していますが、AQUOS sense3plusはステレオスピーカーを搭載しています。

モノラルスピーカーは、1つのスピーカーから音を出しているので、左右2つのスピーカーから音を出すステレオスピーカーに比べると明らかに音質が悪いです。

ミドルレンジモデルなら音質が悪くても仕方ないと諦める部分だったのですが、今回のAQUOS sense3は違いますよ。

AQUOS sense3plusはハイエンドモデルでも搭載されているドルビーアトモスを搭載しており、高品質で臨場感のある音楽を楽しむことができます

スマホで音楽を聴きたいという人ならAQUOS sense3plusなら高音質で聴くことができ、ハイエンドモデルと変わらない品質になっていますよ。

防水・防塵性能、おサイフケータイなどの便利機能

防水・防塵性能についてはAQUOS sense2と同じく、IPX5・IPX8、防塵IP6Xに対応しています。

濡れた手で触っても、水滴が画面についていてもタッチ性能の動作がスムーズです。

そしておサイフケータイにも対応しているので、財布を持ち歩かなくても電子マネーでお支払いすることができます。

現在消費税増税によるキャンペーンでキャッシュレス化が進んでいるので、AQUOS sense3に買い替えたらおサイフケータイにもチャレンジしてみてくださいね。

セキュリティ面も顔認証と指紋認証どちらにも対応しているほか、覗き見ブロック機能もあるので、ディスプレイの表示を周りの人から見られることをブロックすることができるなど、セキュリティ対策は万全です。

その他にも、スマホが初めてでもわかりやすいかんたんモードや自動で画面をスクロールしてくれるオートスクロールなど、AQUOS sense2で好評だった機能はそのまま搭載されているようです。

ワンセグはAQUOS sense2と同じく非対応

少し前までのスマホならワンセグ機能は必須だと思われていましが、現在ではワンセグ機能が搭載されていないスマホが増えてきていますね。

ワンセグ機能がある方が便利なので搭載してくれると嬉しかったのですが、AQUOS sense3では非対応となっています。

現在はYouTubeやウェブサイトなどでリアルタイムでニュースを視聴することもできるので、ワンセグ機能がなくてもネットを利用すれば見れるものもあるので、どうしてもワンセグ機能が欲しいという人は自分が見たいテレビがウェブサイトで見れないか探してみてくださいね。

AQUOS sense3は価格以上のスペックで期待できる!

ポイント

・AQUOS sense3はバッテリーが4,000mAhの大容量バッテリー搭載

・カメラがデュアルカメラになり、超広角レンズを搭載している

・AQUOS sense3plusはステレオスピーカーを搭載

・AQUOS sense3は11月下旬から予約を開始し、12月中旬頃に発売する可能性がある

・価格は35,000円前後でAQUOS sense3plusは40,000円程度になる見込み

AQUOS sense3について解説してきました。

前機種のAQUOS sense2は、2019年上半期に最も売れたスマホであり、その後継機であるAQUOS sense3も人気が集中すること間違いなしです。

AQUOS sense3はミドルレンジモデルですが、スマホの基本スペックはすべて揃っていて、さらに大容量バッテリーとデュアルカメラになっているということで、AQUOS sense2よりも性能が上がっていることは間違いありません。

さらに、AQUOS sense3とAQUOS sense3plusという2種類にモデルを分けたことにより、スピーカー性能やディスプレイサイズなどで自分が欲しいと思う方を選べるという選択肢が加わったことでよりユーザーの希望に合ったスマホになっています。

そして、価格は3万円台で発売される可能性が非常に高いですね。

正式な発表があれば、AQUOS sense3は間違いなくドコモでおすすめの安いスマホ機種になるでしょう。

【2019年10月】ドコモで5万円以下で機種変更できるスマホを安い順にランキングで紹介!

AQUOS sense3発売日には予約分で完売していることが予想されるので、AQUOS sense3が気になっている人は予約が始まったら早めに予約しておくことをおすすめしますよ。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-AQUOS

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.