au

auで端末のみ購入は可能?4G端末SIMを5G対応機種に使えるの?

「auで取り扱っている機種だけが欲しい!」と言うスマホユーザーが世の中にはたくさんいると思います。

auには、Galaxy Foldをはじめ、TORQUEINFOBARのような独占販売している機種がいくつかあります。

契約している格安SIMをau端末で使いたいときに、「au回線は持ってないから無理か...」と思っていた方々!!

諦める必要はありません。

現在auでは、端末のみの購入も出来るようになりました。

5G端末も取り扱われるようになり、購入を希望する方も増えています。

また、4G対応機種のSIMカードを5G対応機種に使用することはできません。

今回は、auでの端末のみの購入について詳しく話していきます。

4G端末と5G端末のSIMの違いについても、解説します。

auで端末のみの購入は可能か?

auで回線契約をせずに、端末だけ単品で購入することは可能

「au Online Shopを除く」、au取扱店で購入ができます。

これまでは、auで機種を購入するときはau回線の契約が必須でしたが、総務省の要請により回線契約と端末契約の分離化が実現しました。

ポイント

端末のみを購入希望の場合、機種代金の支払いは、現金かクレジットカードの一括払いとなります。
※端末のみの購入は、分割契約出来ないとのことです。

端末を一括払いすることでSIMロック解除が即時可能

一括払いをすることにより、SIMロック解除がすぐに行えます。

auの端末もSIMロックがかかっているため、ソフトバンクやドコモ系SIMを利用する際には、SIMロック解除をする必要があります。

通常、SIMロック解除は101日目以降でないと出来ません。

しかし、

機種を一括購入/一括での残債精算済み

SIMロック解除を希望の端末の割賦代金および、紐づく回線のau利用料金の支払いをクレジットカードに設定している

上記の場合は、100日以内のロック解除が可能です。

au回線契約を伴わない携帯電話のSIMロック解除の受付は、au取扱店でしかできません。

au取扱店で端末を一括購入して、そのままSIMロック解除してもらうのが効率が良さそうです(後ほど説明しますが、かえトクプログラムの分割購入でも100日以内のSIMロック解除は可能)。

SIMロック解除の手数料・必要な持ち物

SIMロック解除の手数料は3,000円(税別)です。

しかし、端末購入当日に限り「auショップ」「量販店」「併売店」でのSIMロック解除手数料が無料となります。

当日以外は、au回線がない限り有料です。

手続き時の持ち物は、以下の通りです。

・本人確認書類(運転免許証・パスポート等)
・通帳+印鑑(キャッシュカード)もしくは本人名義のクレジットカード

端末のみの購入は保証対象外

auの回線契約をせずに端末のみを購入した場合、au独自の保証サービス「故障紛失サポート」は対象外となります。

そのため、端末購入のみの場合は1年間のメーカー保証のみです。

もちろん故障した端末は、au取扱店で修理を受け付けてくれますので安心してください。

余談ですが、au回線を持っている方は、5G対応機種の購入をauで必ずしなければいけないと言う事はありません。

ユーザーが5G機種を持っているのであれば、それを使うことも可能です。

しかし、auで販売した端末以外での動作は保証していないため、注意してください。

auかえトクプログラムで端末のみの購入が可能

auかえトクプログラムは、残価設定型のスマートフォン購入プログラムです。

auの回線契約なしでも、かえトクプログラムを利用してau端末のみの購入が可能です。

機種を24回払いで購入し、購入機種の2年後の買取価格を24回目の最終回支払分に設定することで、23回目までの機種代金の支払いが低廉な金額となるプログラムです。

残価は、本体価格の40%を超える機種もあり大変お得です。

最終回支払分は、25ヶ月目以降にかえトクプログラムを利用して機種変更するときにKDDIが旧機種を回収することで支払いが不要となります。

25ヶ月目に新しい機種に買い替えをしない場合、最終回支払い分は再度24回に分割されます(auユーザは自動で再分割されます)。

買い替えをせず機種だけ回収する場合は、最終回支払分が免除されるわけではなく、KDDI所定の条件と価格で下取りしてもらえます。

au Online Shopでは、au回線があるユーザーのみ手続きができます。

端末購入のみの分割はできませんが、かえトクプログラムは分割契約となります。

かえトクプログラム条件+

回収端末が故障している場合

かえトクプログラムの特典を受ける際に、回収機種が故障している場合、故障時利用料22,000円の支払いが必要となります。

ただし、対象機種の回収時点で分割支払金残額が故障時利用料以下の場合は、かえトクプログラムの特典を利用できません。

〜故障時利用料が必要な事例〜
・電話機本体や液晶に破損や割れがある
・電源が入らない 
・充電ができない 
・メーカー指定箇所の水濡れシールに水濡れ反応がある など

Android™向け「故障紛失サポート」に加入している場合の故障時利用料は、2,200円(不課税)です(iOS向け故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージは対象外)。

そして、以下のような場合は特典を利用できません。

・暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない 
・製造番号が確認できない
・改造などメーカーの保証外となるような場合 
・故障/破損が著しい場合

回収端末の返却期限

au取扱店へ持ち込む場合は機種変更の翌月末まで、
郵送手続きの場合は、機種変更の翌月25日までに返送しなければいけません。

端末のみの購入の条件

au回線なしでかえトクプログラムを利用する場合、

契約者が成人であること

支払い方法をクレジットカードに設定すること

が条件となります。

かえトクプログラム対象機種

2020年5月10日現在、かえトクプログラム対象機種は以下のとおりです。

iPhone
iPhone SE(第2世代)、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 8

Android™
Xperia 1 II SOG01、Galaxy S20 5G SCG01、Galaxy S20+ 5G SCG02、AQOUS R5G SHG01、Galaxy Z Flip SCV47、Xperia5 SOV41、Xperia8 SOV42、Xperia1 SOV40、Galaxy Note 10+ SCV45、Galaxy A20 SCV46、Galaxy S10 SCV41、Galaxy A30 SCV43、AQUOS zero2 SHV47、AQUOS sense3plus サウンド SHV46、AQUOS sense3 SHV45、AQUOS sense2 SHV43、AQUOS sense2 かんたん 、URBANO V04、TORQUE G04、HUAWEI P30 lite Premium(HWV33)、BASIO4、BASIO3、LG it LGV36

auの4G LTE SIMを5G対応機種で使用可能か?

5GのSIMカードは、4G LTE契約と同じ「au Nano IC Card 04 LE」ですが、5G契約をすると新たにSIMを発行するそうです。

結論から言うと、4G LTEのSIMを5G対応機種で利用することはできませんし、5GのSIMを4G端末で利用することもできません。

インターネット上には自分のブログで5GのSIMを4G端末に差し込んで利用ができたと書き込んでいる人もいますが、動作保証外なのでKDDIも「利用できません」と述べています。

SIMカードとあわせて、料金プランも同様です。

4G LTEの料金プランを5G端末で契約することができませんし、反対の5Gの料金プランを 4G LTE端末で契約することもできません。

auの契約なしで端末のみ購入できるかのまとめ

auで端末のみ購入可能かどうか

  • auの契約なしで端末購入は可能
  • 4GのSIMを5Gスマホに使用は基本的には不可

キャリアで取り扱われている機種を単体で購入できる事は、まだ多くの人に知られていません。

機種のみの購入だけがしたいけど中古販売店で買うのは嫌だし新品が良いと考える方に、良い購入方法ですね。

キャリアで販売している機種を買って、回線を格安SIMで使うのが一番賢い組み合わせかもしれません。

今は当たり前では無いかもしれないですが、数年したら多くの人がそのような契約を結んでいそうです。

スポンサードリンク

-au

© 2020 スマホログ