au

【au】アップグレートプログラムがいらないと判断できる5つの理由を解説!

更新日:

auユーザーさんで「アップグレートプログラムEXを機種変更したときに勧められたのだけど、損をしないので入っておいても良いかな」と、考えている人いますか?

アップグレートプログラムEXの仕組みや意味をいまいち理解してなくてどうすればいいのか分からないって人のほうが多いかもしれません。

アップグレートプログラムEXについての記事を探してみると、あまり加入しない方が良いと記載されているものがありますよね。

「加入しない」という選択も間違いではありません。
しかし、必ずしもそれが正解であるとも言い切れないのがアップグレートプログラムEXなんですね。

結論から言うと、加入したほうがいい人もいれば、加入しない方が良い人もいます

じゃあ、どのような人であればアップグレートプログラムEXに加入するべきなのか?まとめています。

今後のauでの機種変更に必ず関わってくる問題なので、参考にしてもらえればと思います!

ポイント

auアップグレートプログラムEXは2019年9月30日をもち新規受付を終了します。
10月からはアップグレートプログラムDXのサービスがスタートします。

本体端末代金が最大で半額になるサービスの詳しい内容はこちらで詳しくまとめています↓

【注意点あり】auでiPhone11を購入するならアップグレードプログラムDXに加入すべき?

【加入条件あり】auアップグレードプログラムEXとは?

auがサービスの一つとして提供しているのが「アップグレードプログラムEX」です。
少し難しい内容にはなるのですが、簡単にまとめると以下のようになります↓

ポイント

対象のスマートフォンを分割48回払いで購入し、24ヶ月間利用後に機種変更した際、残りの最大24ヶ月分の分割支払金残額の支払いが不要となるプログラムです。

プログラム料は、390円(不課税)です。

これでもまだ理解しずらいかもしれません。

例えば、機種代金72,000円の機種があれば、2年間利用後に機種変更すると分割支払金残額は36,000円になりますよね。
その分、つまり36,000円の金額の支払いが不要となります。

機種代金は、実質半額の負担ですむというものです。

このプログラムの特典を利用せずに機種変更した場合、それまで支払い続けたプログラム料相当額を機種変更の翌月にau WALLETポイントで還元されます。

25ヶ月経たず13〜24ヶ月目に特典を利用する場合は、機種変更時に「前倒し利用料(390円× 25ヶ月目までの残月数)」の支払いが必要となります。

また、24ヶ月目までの機種代金に関しては免除となりませんので注意しましょう。

auのアップグレードプログラムの加入条件としては、対象のスマートフォンを割賦契約48回で機種変更するのはもちろん購入時に申し込みをしなければいけません。

また、対象となる料金プランも設けられています。

メモ

新auピタットプラン
auピタットプラン(s)
auフラットプラン7プラス
auデータMAXプラン(2019年夏受付開始予定)
auフラットプラン20
auフラットプラン25 Netflixパック

上記のいずれかの料金プランに契約しなければ、auアップグレードプログラムへの加入条件をクリアできないので確認しておきましょう。

また、実際にauアップグレードプログラムを利用する際に知っておかなければいけない注意点がいくつかありますので見ていきましょう。

【注意!】回収する機種が故障していた場合

auアップグレードプログラムの特典利用条件が2点決められています。

メモ

①対象機種を12ヶ月間以上利用し機種変更すること
②機種変更の際、旧機種を回収すること

条件にもあるように機種変更する際には、利用中の端末をau側に返却する必要があります。
注意したいのが、特典を利用し回収される機種が以下のような場合だと「故障時利用料」の支払いが必要です。

・画面割れ
・電源が入らない
・充電ができない
・本体や液晶に破損や割れがある
・メーカー指定箇所にある水濡れシールに反応がある

参照:au公式 アップグレードプログラム

携帯電話の補償サポートに加入していない場合は、上記のような場合20,000円(不課税)の支払いが必要です

iOS向け「AppleCare+ & au端末サポート」、「故障紛失サポート with AppleCare Services」に加入の場合、画面割れは3,672円(不課税)、その他は12,744円(不課税)、

Android™向け「故障紛失サポート(旧 安心ケータイサポート+LTE)」に加入の場合、2,000円(不課税)

の支払いが必要です。

また、故障ではなく、

・暗証番号ロック解除ができない
・オートロックが実施されていない
・製造番号が確認できない
・改造等メーカーの保証外

参照:au公式 アップグレードプログラム

となるような場合は、特典が利用できません。
つまり端末が通常通り使用することが難しいと判断された場合ですね。

これらは、auアップグレードプログラムを利用し端末を返却する際には注意しておかなければいけないポイントになるでしょう。

ここまでで、基本的なauアップグレードプログラムの詳細が理解できたかと思います。
内容をふまえ本題である「結局は、いるのか?いらないのか?」についてお話させていただきます。

【5つの理由】auのアップグレードプログラムはいらない?

auアップグレードプログラムは、機種代金が半額になると言う大きなメリットがあります。

ただし、それにはいくつかの条件がありアップグレードプログラムを必要とする人もいれば加入すると損と考える人もいます。

では、加入するとどのような支障があるでしょうか

auアップグレードプログラムがいらないと考えられる5つの理由があります。
以下を読むと、入らなくて良いかなと感じてしまうかもしれません。

一つ一つ理由を詳しく見ていきましょう。

1年間は機種変更できない

アップグレードプログラムEXの特典が利用できる期間は、早くても13ヶ月目からとなります。

前倒し利用料を払うことにより、24ヶ月目までの機種代金は負担となりますが、機種変更ができます。

しかし、万が一12ヶ月以内に機種変更したいとなった場合は、それまでかけていたプログラム料の返金もありませんし特典も利用ができません

機種代金も全て負担です。

なかなか1年以内に機種変更すると言う事はないと思いますが、機種を頻繁に変える人にはお勧めしないオプションです。

回収端末が故障してたら大損する

機種変更する前に破損等の故障をしていたら、故障時利用料が必要となります

保障サービスに加入していれば支払う金額は減りますが、それでも料金はかかってきます。

色々支払ううちに、それほど免除になる金額が喜べる額ではなくなるかもしれません。

また、保障サービスに加入しないユーザーもちらほらといるので、その時の負担額は大きいです。

auを解約しにくくなる

まず第一に、アップグレードプログラムは必ず次回に機種変更をすると言うのが条件です。

もし機種変更をせず解約をしてしまった場合は、残った半額分の機種代金は自ら負担をしなければいけません。

と言う事は、「必ずauで機種変更をし続ける」=「解約ができにくい」と言うことになります

機種変更をしたときは、2年後に何があるかわかりませんよね。

もし10万円の機種を買っていたとすれば、解約をするときに「50,000円の機種代金がかかる」と言われてしまうとためらってしまいます。

そして、多くの人がauでの機種変更を選択するでしょう。

注意ポイント

一度加入してしまうと、「au地獄」にハマってしまいます。

いずれ格安SIMにするなど、乗り換えの予定がある人は加入すると後に大きな損をしてしまうことも。

そして、解約するとプログラム料の返金もないので、意味のないお金を払っただけということになってしまいます。

48回払いの分割を組んだ時点で4年契約のようなものですし、スマホなんて2年で変えたくなる人の方が多いので、auで機種変更するしかないという結論となってしまいます

旧機種の回収が不便

アップグレードプログラムは、特典を利用するときに使っていた機種が回収されてしまいます。

機種変更のタイミングで機種を渡さなければいけないため、データの引き継ぎをするときに不便を感じることがあります

古い端末と新しい端末を見比べながらデータをうつしたいのにもかかわらず、新しい端末しかないので万が一データがうまく映らなかったら、これまでの積み上げてきた思い出が台無しになります。

考えるだけで恐ろしいですね。

機種代金が安い機種だとお得感が少ない

購入する機種代金によっても、アップグレードプログラムの加入を考えなければいけません。

14万円する機種であれば最大7万円も負担してもらえるので良いですが、4万円の機種であれば最大2万円の免除をしてもらえますがプログラム料だけで9,360円かかるので実質1万円しか免除されません

それであれば、他店の下取りに出すか自分で持っていても良いかなと言う気持ちになってくるかもしれません。

安い機種は加入を検討した方がいいでしょう。

auアップグレードプログラムに加入したほうがいい人って?

auアップグレードプログラムがいらないと思えてしまう5つの理由をご紹介させていただきました。
無理に加入する必要はないですが、もちろん必要性を感じる人がいるのも事実です。

では、auアップグレードプログラムに加入することにメリットを感じる人はどんな人なのか?

ポイント

・auを解約する気がまったくない
・高額な機種を2年単位で機種変更する人

上記の2点に当てはまる人であるなら、auアップグレードプログラム加入する価値はあるでしょう。

このプログラムについて詳しく、熟知している人も加入する可能性が高いでしょう。

毎月割りが8月末で終了→プログラムを選ばざるを得なくなる?

これまで「毎月割」が適用となるプランがありました。
データ定額シリーズです。

毎月割適用プランは、機種変更しても24回分割の2年契約です

2年後に機種変更しても分割が残っているということはありませんし、解約して他社にのりかえも簡単でした。

しかしながら、このプランの受付が2019年8月31日をもって受付終了となるため、必然的に機種代金は丸々負担となってしまいます。

そう考えると、アップグレードプログラムに加入して2年後解約しても、機種変更しても機種代金は負担しなければならないのだから、半額になる方を選んだ方がいいと思うかもしれません。

ただし、解約するとプログラム料は返ってきませんけどね。

年契約解除料を1,000円以下にしなければならないと総務省から言われていますが、プログラム料で1万円近い金額がとられてしまったら、どっこいどっこいですよね。

本当に上手にできています。

【要検討】auアップグレードプログラムはデメリットが多い・・

「知らないうちにアップグレードプログラム加入していた」と言う人も多いのではないでしょうか。

あくまでもアップグレードプログラムに加入したほうがいいかどうかは、ケースバイケースです。

5万円以下の機種は考えた方がいいのと、高額な機種であれば他店で下取りとして出せば還元額が大きいかもしれません。

ただ、2年後のことなんて誰にもわかりませんし、賭けみたいなものなので仕方ありませんね。

一つだけ言えるのは、デメリットが多いプログラムというのは間違いないですね

どちらにしても機種変更したければ、毎月割が適用となる機種変更はもうないので機種代金を基本的には負担しなければいけません。

それをauに残り続けて半額にしてもらうか、全額負担しても他社へのりかえるかは、あなた次第です。

-au

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.