au

【顧客満足度NO.1】auのいいところ|他社から乗り換えるメリットはあるか?

投稿日:

auのいいところって何?他社と比べてどんなメリットがあるのか知りたい…

auは、2019年携帯電話サービス顧客満足度調査にて第1位を獲得しました。

これにより4年連続「顧客満足度No.1」です。

なんと、顧客満足度を構成する

電話機

各種提供サービス

各種費用

電話機購入経験

アフターサポート

これら5ファクターで、最高評価を得ています。

選ばれるには理由があります。

そうです!auには、沢山の魅力があるのです。

この記事では、auのいいところをお話しています。

料金が安いだけでなく、様々なサービスが充実していることを!

auへの乗り換えを検討している方は、参考にしてくださいね。

→auショップ頭金無料

合わせてどうぞ
【見つけた!】auショップで頭金無料の店舗があるか調べたみた結果・・

auショップでよく目にする「頭金」の文字。 あまり深く考えることなく機種変更されてる人のほうが多いかもしれませんね。 たぶん、半分以上の割合いで頭金の請求をされ支払っていると思います。 頭金を支払うの ...

auのいいところって何?

au以外ではドコモ、ソフトバンクが大手キャリアとして存在しています。

他キャリアと比べauならではのいいところを見ていきましょう。

au WALLETが便利

参照:au WALLET

au WALLETは、「au WALLETプリペイドカード」をコンビニや飲食店などのお店やインターネットサイトで利用することで、au WALLETポイントが貯まります。

200円ごとに1ポイント貯まります。

貯まったau WALLETポイントは、au WALLETプリペイドカードに再度チャージをすることで、

次の買い物に使用

機種変更時の機種代金の割引に使用

auショップにある充電器やフィルムのようなアクセサリー類と交換

など、その他にも、利用方法はたくさんあります。

au携帯電話・auひかり・auひかりちゅらを契約しているユーザーであれば、誰でも無料で発行することができます。

プリペイドカードなので、事前にチャージをしなければ利用することができません。

使い過ぎの心配がないですし、現金を出さずに支払いができるため大変便利です。

MasterCardのマークはありますが、クレジットカードの機能はついていないため未成年の契約者でも発行することができます。
MasterCardのマークは、MasterCard加盟店で利用ができるという意味です。

au PAYやApple Payの支払い先として設定することもでき、スマホ1台あればお財布を出さなくても決済ができるので楽です。

au WALLETはauならではのサービスであり、auショップだけにとどまらず街の店舗でも使えるので多くのユーザーが利用しています。

さらに、2020年6月30日まではキャッシュレス還元対象加盟店でau PAYを使うと通常のポイントに加えてさらに最大5%ポイントが還元されるので、会計はキャッシュレスで行いましょう。

au スマートパスプレミアムがお得

参照:auスマートパスプレミアム

auには、様々な特典を受けることができる「auスマートパスプレミアム(月額499円(税抜き)」と言うサービスがあります。

映像、音楽、書籍を楽しめる「エンタメ楽しみ放題」
音楽ライブチケットの先行予約
アプリ取り放題サービス
毎日クーポンが利用できる「auエブリデイ」
データ復旧サポート
修理代金サポートサービス(iOS)
データお預かりサービス
ウイルスバスターfor au(Android)

主に、上記のような特典を受けることができます。

さらに、auスマートパスプレミアム会員はau PAYでの決済はau WALLETポイントが通常の3倍還元。

三太郎の日にau PAY決済するとau WALLET ポイントが最大20%還元になったりと大変お得です。

詳しくはこちら
【au三太郎の日とは?】条件や特典・クーポンの使い方まで徹底解説

「au三太郎の日って何?」 よくTVCMでも見かけるので気になってる人も多いんじゃないでしょうか。 auでは、三太郎の日と称して毎月3の付く日はさまざまな特典やクーポンを配布しています。 これからau ...

映画好きのauスマートパスプレミアムユーザーの方は、毎週月曜日にTOHOシネマズ映画鑑賞料金1800円が1,100円になると喜んでいました。

その他にもコンビニスイーツが無料でもらえたり、ミスタードーナツのドーナツを無料で交換するクーポンが配布されたりと、月額料金以上の恩恵を受けることができます。

利用者の評判も良いです!

学生さんは、重宝するでしょう。

auだけのお得なサービスなので、初めて利用する方は感動されること間違いありません。

アップグレードプログラムNXがお得

参照:アップグレードプログラムNX

アップグレードプログラムNXは、対象機種を分割36回払いで購入と同時にプログラムに加入し、25ヶ月目までにプログラム加入機種を回収することで残りの分割支払金(最大12ヶ月分)の支払いが不要となるプログラムです。

機種代金の負担が3分の1減るので、かなりお得です。

2年単位で機種を変えている方であれば、加入しないと損なプログラムです。

最大金額の12か月分の分割代金を免除してもらうためには、購入から25ヶ月目のタイミングがベストです。

アップグレードプログラムNXは、プログラム料も必要ありません。

2年後にauを解約したとしても機種代金の免除してもらえる金額は変わりません。

アップグレードプログラムEXやDXは、解約すると残金は自己負担となります。

対象機種は必ず加入しましょう。

プログラムの注意点として、保有しているポイントを機種代金に充てたい場合は、機種代金からポイントを引いた金額を分割するのではなく、元の機種代金のまま分割を組み、毎月の機種代金の分割にポイントを充当してもらうようにしましょう。

そうでないと、このプログラムの恩恵を受けることができません。

au STARギフトが嬉しい

参照:au STAR

auでは、2年契約の更新期間を迎え、次の2年が始まるときに 「2年契約更新ギフト券」がプレゼントされます。

「auで更新してくれてありがとう」と言う、日ごろの感謝の気持ちを込めて3,000ポイント分のギフト券がもらえます。

もらったギフト券で何ができるかと言うと、auショッピングサイトやギフトセレクションで様々な食品や雑貨等と交換することができます。

楽天市場やAmazonなどで取り扱っているような商品ばかりなので、「交換するものが何もない〜」と言う事は絶対にありません。

反対に、何と交換していいのか、ありすぎて分からないと感じてしまうほどです。

2年契約を更新したからと言って、ギフト券がプレゼントされることは他のキャリアでもなかなかありません。

auを契約していて良かったなと思う瞬間です。

他社から乗り換えるメリット

auに他社キャリアから乗り換えるメリットについても確認しておきましょう。

下取りプログラム(乗りかえ)

NTTドコモ・ソフトバンク・Y!mobile・Disney Mobile on SoftBankが販売した指定のスマートフォン・従来型携帯電話(ケータイ・PHS)をauに乗り換える際に下取りで出すと、最大67,100円還元される「下取りキャンペーン」を行っています(2020年1月現在)。

下取り機種は、還元額が下がりますが画面が破損していても受付可能です。

例えば、2年前のモデルのiPhoneであれば、2〜4万円ほどの還元となります。

還元されたポイントは、新しく購入する機種の割引に使ったり、au WALLETプリペイドカードにチャージをして街で使うこともできます。

au→auで機種変更するよりも、乗り換えの下取りプログラムの方が還元が良い時があります。

乗り換え後、旧機種を使わないのであれば下取りしましょう。

ケータイ→auスマホ割プラス

参照:ケータイ→auスマホ割プラス

他社ケータイを利用中の方は必見です。

他社ケータイから対象のau 4G LTEスマートフォンへMNPすると、「auピタットプランN(スーパーカケホ/s)」が1年間月々980円~、「auピタットプランN(カケホ)s)」が1年間月々1,980円~で利用ができます。

auピタットプランNは、使用するデータ利用料に応じて自動的に5段階で定額料が変動するプランです。

0GB〜1GB未満、1GB以上2GB未満、2GB以上3GB未満 、3GB以上5GB未満、5GB以上20GBの5段階です。

自宅にWi-Fi環境がありデータ容量をあまり使わない方は、980円〜と大変安い金額で利用できます。

さらに嬉しいことに、1回5分以内の国内通話であれば何度かけても無料なのでお得です。

初めてスマホにする方は、ぜひ利用していただきたいキャンペーンです。

新カケホ割60

参照:新カケホ割60

60歳以上でスマホを利用しており、通話が多い方は必見です。

新カケホ割60は、60歳以上の方が対象スマホ(AQUOS sense2 かんたん/BASIO 3/LG it)を購入し、「auピタットプランN(カケホ/s)」に加入すると電話がかけ放題で月々2,680円〜利用することができます(同居家族3人の場合)。

ネット+カケホがこの金額は、通常契約より1,000円/月も安いです。

〈新カケホ割60+ケータイ→auスマホ割プラス〉
「新カケホ割60」と「ケータイ→auスマホ割プラス」を組み合わせたキャンペーンもあります。

60歳以上の方で他社ケータイから対象のスマートフォン(AQUOS sense2 かんたん/BASIO 3/LG it)へ乗り換えた場合、1年間月々980円〜「auピタットプランN(カケホ/s)」 が利用できます。

新カケホ割60よりさらに安く利用ができ、スマホデビューの方にはお得なキャンペーンです。

1年経っても1,980円/月〜利用できますよ。

→新カケホ割60

詳しくはこちら
【au】新カケホ割60はメリットだらけ?60歳以上のシニア世代がお得な理由を解説

「auの新カケホ割60ってどんなサービスなの?60歳以上のシニア層は加入すべき?」 60歳以上の人が対象の機種を購入 指定された料金プランに加入 翌月から利用料金がずっと1,000円割引になる新カケホ ...

スマホ応援割Ⅱ

スマホ応援割Ⅱは、新規契約・機種変更の際に対象料金プランに加入すると、手続き翌月から最大6カ月間 月額料金1,000円割り引くキャンペーンです。

対象プランとなるのは大容量データプランで、インターネットをよく利用される方は割引を受けることができます。

家族割プラス

参照:家族割プラス

家族割プラスは、対象プランに加入中の同居家族の人数に応じて月々の料金を割り引くサービスです。

同居家族2回線の場合 一人当たり永年500円/月、3回線以上の場合 一人当たり永年1,000円/月が割引されます。
(auデータMAXプランNetflixバックは2回線以上で一人当たり永年1,000円/月割引)。

同一auスマートバリューグループに加入している50歳以上の家族であれば、離れて暮らしていても家族割プラスの対象になります。

対象プランには、割引対象プランとカウント対象プランの2つがあります。

スマホだけでなく4G LTEケータイもカウント対象となるので、家族がどのプランか把握しておくとさらに安くなりますよ。

スマホユーザーが1台しかいないからと諦めないでくださいね!

au スマートバリュー

参照:auスマートバリュー

auスマートバリューは、自宅の固定通信サービス(ネット+電話)またはauスマートポートとセットでau携帯電話を利用すると、対象の料金プランに入っているau携帯電話の利用料金を割り引くサービスです。

新auピタットプランNのようなデータ容量の少ないプランは500円/月割引で、大容量プランは1,000円/月割引となります。

家族で1人しか割引が適用できないのではなく、対象料金プランに加入していれば家族全員分が適用になります。

50歳以上の家族は、auスマートバリューグループに加入している家族と別住所でも割引対象となります。

この割引があるかないかによって、毎月のauの支払い額が大きく変わります。

出来る限り加入しておいた方が良いです。

乗り換える方は、基本的に適用対象と知った上で契約に来店される方が多いですけどね〜。

他社からauに乗り換えの注意点

auに乗り換える場合にいくつか注意しておきたい部分もありますのでお伝えしておきますね。

契約解除料

各キャリアには、年契約があります。

基本的に2年契約で更新月以外に解約すると、9,500円(税抜)の契約解除料(違約金)がかかってきます。

2019年10月以降の新料金プランであれば契約解除料が1,000円ですが、まだそれも浸透していないため多くのユーザーは10,000円ほどかかるのではないでしょうか。

更新月にMNPできれば最高ですが、タイミングもあるので事前に確認しておきましょう。

auショップによっては、契約解除料相当負担してくれるところもあります。

乗り換える前に、事前の相談も必要ですね。

ポイント消滅

auにもWALLETポイントがあるように、他社にも「dポイント」や「Tポイント」があります。

携帯料金の支払いに充当したり、関連会社のサービスに利用したりとポイントサービスを愛用している方も多いでしょう。

しかしながら、乗り換えてしまうと貯まっていたポイントは消滅してしまいます。

引継ぎができるサービスもありますが、基本的には乗り換えをする前に消費しておくほうが良いでしょう。

携帯電話会社で取り扱っているケースやフィルムのようなアクセサリーと交換することも可能です。

乗り換える機種がiPhoneであれば、アクセサリーを先に準備しておくのも良いでしょう。

家族割引がなくなる

auの家族割プラスのように、他社でも「みんなドコモ割」や「みんな家族割+」のような割引サービスがあります。

ご存知だと思いますが、MNPで別のキャリアに行ってしまうと家族割引はなくなってしまいます。

家族と電話をした分も通話料が発生してくることになりますので、気をつけましょう。

キャリアは家族で揃えるのが1番安いです。

インターネット回線とのセット割がなくなる

家族割引と同様、インターネット回線とのセット割もなくなってしまいます。

乗り換えと同時にインターネット回線もauに統一するのであれば問題ありませんが、「ドコモ光」や「ソフトバンク光」を使っているとそのままauにMNPしても割引が適用になりません。

その為、月額料金も変わってくるので注意してください。

このインターネットとのセット割は、月額料金に大きく影響してきます。

できる限り家族バラバラのキャリアを使うのではなく、1つのキャリアにまとめた方が何かとお得ですよ。

キャリアメールが使えなくなる

各キャリアでは「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@au.com」のメールアドレスがありますよね。

キャリアを変えると言う事はメールアドレスも変わってしまうので、使っていたキャリアメールは使えなくなってしまいます。

最近ではフリーメールやLINEを使うユーザーが多いのであまり困らないと思いますが、キャリアメールを使っている方はお知らせメールを送らなければいけません。

auでは「お知らせメール機能」を利用すれば、一斉にメールアドレスを変更したことを送信してくれます。

一人ひとりにわざわざ送らなくて良いので大変便利です。

しかし、乗り換えのたびにお知らせするのは面倒だと思うので、Yahoo!メールやGmailのようなフリーメールを作成するのも良いでしょう。

スマホおかえしプログラム/半額サポートなどに加入中の場合

「スマホおかえしプログラム」/「半額サポート」のようなサービスは、auで言うアップグレードプログラムNXのようなものではありますが、乗り換えるときに機種代金を免除してもらえるものもあれば、残った機種代金を全て負担しなければいけないものもあります。

どのぐらい自分に負担がかかるのかをしっかり計算しましょう。

ドコモの「スマホおかえしプログラム」は、乗り換え時にプログラムの施行かauの下取りプログラムかを選択できますが、ソフトバンクの半額サポートは、乗り換えをする時点でプログラムの対象外となり最大24ヶ月分の機種代金を負担しなければなりません。

半額サポートの残金がどのくらいで、auの下取りプログラムでどのくらいの還元になるかを調べてからMNPしましょう。

SIM発行のみの乗り換えの場合

他社からauに乗り換える際に、機種を購入せずにSIMの発行だけ希望する場合、

キャンペーンが適用にならない可能性があるので自分がどのキャンペーンを使ってMNPするか調べておきましょう。

下取りは、持ち込みの転入は利用できません。

また、機種によってはauのSIMが持ち込み機種に対応していない可能性があります。

通信方式または周波数帯、技適マークの確認を行いましょう。

auのいいところ・乗り換えるメリットのまとめ

auには多くの魅力的なサービスがあり、他社からの乗り換えもお得にできます。

アフターサポートも充実しており、補償サービスや使い方も親身に相談に乗ってくれるauショップが多いです。

お客さまセンターに電話をすれば、来店することなく問題解決できることもあります。

これからもNo.1のサービスを継続して欲しいです。

-au

Copyright© スマホログ , 2020 All Rights Reserved.