iPhone

【いらない?】iPhoneに機種変更するならAppleCare+は必要なのか判断基準を解説!

投稿日:2019年8月16日 更新日:

iPhoneを購入するときに、加入しようか迷うのが「AppleCare+ for iPhone」です。

万が一の保証なので、もちろん加入するのが1番ですが、最近のAppleCare+は料金が高くそれだけで利用料金が膨れ上がってしまいます。

さらに、iPhoneを今までに一度も壊したことのない方にとっては、無駄な出費となってしまいます。

では、次に新しいiPhoneへ機種変更する際に、AppleCare+は契約しなくてもいいのか?必要かどうか?を考えていきましょう。

速報

iPhone11の発売日・予約開始日も決定しました。

発売日:2019年9月20日
予約開始日:2019年9月13日

機種変更を検討されている人も多いと思いますので参考にしてください。

AppleCare+ for iPhoneとは?

参照:AppleCare+

まず最初に、iPhoneにはAppleCare+を申し込まなくても、購入後「1年間のハードウェア製品限定保証」と「90日間の無償電話サポート」がついています。

AppleCare+の保証サービスに加入することにより、製品保証とサポート期間が延長されることになります

ポイント

保証とサポート期間は2年間に延長され、過失による損傷があれば修理サービスを依頼できます。

画面破損は1回につき3,400円(税別)、その他の損傷は1回につき11,800円(税別)で2回まで受けることができます。

また、本体だけでなく付属のイヤホンやアクセサリーも保証の対象となります。

Lightningケーブルが断線した場合、新品を自分で買わなくてもAppleに電話をすれば無償で新品に交換してくれます。

すごく助かりますよね。

iPhoneはハードウェアもソフトウェアもAppleがすべて開発しているため、製品を知り尽くした専任スペシャリストによるサポート受けることができます。

専任スペシャリストによる修理サービスとサポートを受けることができるのはAppleCare+のみで、1回の電話でほとんどの問題が解決できます。

修理方法

AppleCare+ for iPhoneの修理には3つの方法で対応してくれます。

持ち込み修理 Apple Store直営店やApple正規サービスプロバイダへ持っていく
配送修理 Appleの指定業者が自宅までiPhoneを引き取りに来てくれる
エクスプレス交換サービス 電話連絡で新品同等のiPhoneを宅配業者が自宅まで届けてくれる

とくに、エクスプレス交換サービスは話一本で新品または新品同等のiPhoneを宅配業者が自宅まで届けてくれる便利なサービスです。

新しいiPhoneと故障したiPhoneを交換するため、バックアップが必要になりますが新品同等のiPhoneになるのは大変魅力を感じます。

自ら足を運ばなくてすみますからね。

注意点は、画面破損ではエクスプレス交換サービスは利用できないのでご注意ください。

注意

このような保証サービスのAppleCare+の加入は、iPhone購入後30日以内しか申し込みできません。

iPhone購入時に申し込むのが、ベストです。

AppleCare+ for iPhoneサービス料

AppleCare+ for iPhoneは各iPhoneモデルによってサービス料金が違ってきますので確認をしておきましょう。

バッテリーサービス料金

iPhoneのバッテリーを交換したい場合、設定アプリより「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「最大容量」を確認し、最大容量が80%以下であれば無償で交換が可能です。

それ以外は、以下のような金額がかかります。

画面割れ等によりバッテリー交換に支障をきたしている場合は、先にそちらを修理する必要があり、別途料金がかかることがあります。

通常バッテリーの持ちは、約2年と言われています。

使い方もあるので、早い方だと1年ほどで電池持ちが悪いと感じます。

無料で交換してくれるのも、AppleCare+の魅力ですね。

iPhoneのバッテリー交換についてはこちらの記事も参考にしてください↓

【iphone】バッテリー交換はどこでする?キャリア&Apple対応の違い!

iPhoneに機種変更するならAppleCareは必要?

本題ですが、AppleCare+は必要なのでしょうか?

iPhoneを壊すことがなければ、加入しなくて大丈夫というのはもちろんですが、何があるか分からないからこその保険です。

故障を一度もしないのであれば、当たり前ですが加入しない方がいいです。

一度でも故障して修理するケースですが、

最新モデルのiPhone XS Maxの場合、AppleCare+未加入だと画面の破損のみで37,400円かかり、AppleCareのサービス料の22,800円を超える金額を支払う必要があります。

一方iPhone 8の場合、AppleCare+未加入であれば画面の破損のみで16,800円ですが、サービス料は14,800円なので修理代金の3,400円をプラスするとAppleCare+に加入せずに16,800円支払った方が安く済みます。

このように、機種により加入した方が良いかどうかは異なります。

しかし、それは画面破損のみの場合であり、水濡れ等のその他の損傷であればAppleCare+サービス料より高額の金額を支払わなければいけないため、確実に加入をしておいた方が良さそうです。

2年間で2回壊してしまう人も、必須ですね。

これまでiPhoneを壊したことがないので加入しなかった方が、購入後半年で壊してしまったということも珍しくありません。

ポイント

AppleCare+の料金は安くは無いですが、受けられるサービスを考えると安いので加入しておいた方がいいとも考えれますね。

特に現行の最新モデルであるiPhone XSやiPhone XS Maxあれば、加入必須です。

AppleCare+未加入時の修理代金

不慮の事故によりAppleで修理する場合、AppleCare +に未加入だと以下のような料金(税別)がかかってきます。

製品により修理代金は異なりますが、最新モデルだと大きな負担となってきます。

それこそ、安価な新品のiPhoneが買えてしまうほどですね。

また壊滅的な損傷である場合は、交換機価額の全額負担をしなければいけないこともあります。

【結論】AppleCare+が必要な人・不要な人

保険として考えれば、AppleCare+に加入するべきだといえます。
が、月額料金も発生するためよく考える必要はあるでしょう。

AppleCare+が必要な人と、不要な人の特徴をそれぞれ見ておきましょう。

AppleCare+が必要な人

・iPhoneを2年使う人
・これまでも携帯電話を壊したことがある人
・突然の高額出費は避けたい人
・iPhoneをケースやフィルムなしで利用している人
・壊すかどうかドキドキしている人

AppleCare+が不要な人

・修理代金にいくらかかっても良いと思う人
・壊さないような頑丈なケースを付けている人
・アップル正規プロバイダーサービスで修理をしない人
・iPhoneの新機種が出るたびに買い替える人

上記、いずれかに当てはまる人は加入するべきかどうかの判断材料にしてみてください。

iPhoneの修理代金は高額になりやすいことは知っておきましょう!

実際に筆者はAppleCare+に加入しており、これまでに数回エクスプレス交換サービスを利用しています。

自然故障でしたが、電話した翌日の朝に自宅に新品のiPhoneが届いたので大変ありがたかったです。

破損や水濡れというのは、いつ起こってしまうかわかりません。

いつ壊してしまうかと毎日ドキドキしているよりかは、壊さなかったとしても加入しておいた方が気が楽です。

AppleCare+に加入せずに修理して、修理代金が高額で絶望した方もいるくらいです

その修理に5万円や6万円を支払っても問題ないという方は、加入しなくていいでしょう。

頑丈なケースやフィルムをしたからと言って、絶対に壊れないと言う事はあり得ません。

各キャリアが提供している保険の保険みたいなサービスは申し込まなくても良いですが、必要最低限AppleCare+は加入しておいた方が良いですよ!

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.