au

【au】iPhoneとiPadを二台持ちしても月額料金は意外と安いと判明!

投稿日:2019年8月14日 更新日:

最近、iPhoneとiPadの二台持ちをしている人が増えています。

いつでも持ち運びができるiPhoneと、大きな画面で動画を楽しめるiPadの二台を持っていれば、その時の状況により二台を使い分けることができます。

しかし、auユーザーの皆さんの中にはiPhoneとiPadの二台を持つことに対していろいろ不安を持っているかもしれません。

「iPhoneを使っているからiPadもほしいけど維持費が高そう」
「iPadの料金プランがわからない」

という人も多く、毎月の料金について不安を持っています。

auではiPhoneとiPadの二台持ちをしたい人のためにスマホとタブレットのセットプランへの加入をおすすめしています

セットプランを利用することによってiPadの維持費が安くなる料金プランがあります。

それがタブレットプランds(3年契約/L)です。

ポイント

タブレットプランds(3年契約/L)はタブレット専用の料金プランで、iPhoneとセットで加入することにより、月々2,000円の月額料金を上乗せするだけでiPadを使うことができるようになります。

今回はiPhoneとセット加入でiPadがお得になるauの料金プランであるタブレットプランds(3年契約/L)について、月額料金がどのくらいになるのかまとめました。

iPhone11シリーズが発売したこともあって、2台持ちを考える人は少なくないでしょうね。

【レビュー】iPhone11 Proのカメラ機能の実力を写真いっぱいでご紹介!

auで二台持ちを検討中の人はこの記事を参考にしてみてくださいね。

auオンラインショップこちら

※頭金、事務手数料0円で契約できるのでお得です。

【au】iPhoneとiPad二台持ちでも月々+2,000円

参照:auセットプラン

auでiPhoneとiPadの二台持ちをするならセット加入することでiPadの維持費を安く抑えることができます。

月額利用料

タブレットプランds(3年契約/L) 1,700円
LTE NET 300円
月額料金合計 2,000円

ポイント

セット加入は、iPadの月額利用料がタブレットプランds(3年契約/L)で契約すると月々2,000円の維持費でもてます。

タブレット自体に使用できるデーター通信は、あくまでも契約しているiPhoneの通信量を分け合う仕組みとなっています。

毎月の通信量をタブレットとシェアする形となるプランになるので、お得な料金でiPadを利用することが可能になるんですね。

セット加入は、条件としてタブレットプランds(3年契約/L)での契約が前提となっています。

タブレットプランds(3年契約/L)について詳しく解説していきますね。

タブレットプランds(3年契約/L)の加入

au公式:タブレットプランds(3年契約/L)

タブレットプランds(3年契約/L)は、セットで利用しているスマホのデータ容量をシェアして使うことができるセット専用プランです

タブレットプランds(3年契約/L)自体にはデータ容量がついていません。

メモ

月額基本料:1,700円
インターネット接続基本料LTE NET:300円

これら合計2,000円でiPadの一台につき、iPhone一台とシェアすることができるようになります。

つまり、iPhoneとiPadの二台でiPhoneのデータ容量をシェアするということです。

iPhoneとiPadのそれぞれがデータ容量の含まれた料金プランに加入しなくてもシェアすることにより、月額2,000円を上乗せするだけで二台持ちをすることができます。

対象料金プランの条件あり

タブレットプランds(3年契約/L)を利用するためには、iPhoneの料金プランは対象のプランを利用することが条件になっています。

新auピタットプラン
auピタットプラン(s)
auフラットプラン7プラス
auデータMAXプラン
auフラットプラン20
auフラットプラン25 Netflixパック
ジュニアスマートフォンプラン
LTEフラット cp(f・2GB)

この中の料金プランでiPhoneを利用していればiPadを購入した際、タブレットプランds(3年契約/L)を申し込みすることができます。

また、現在新規受付は終了しましたが、こちらの料金プランでiPhoneを利用していて、新たにiPadを購入する人でもタブレットプランds(3年契約/L)の対象になります。

auピタットプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン5(学割専用)
シニアプラン
データ定額1cp/3cp/5cp
U18データ定額20
データ定額8/10/13
データ定額8/10/13(ケータイ)
データ定額cp(0.8GB)
LTEフラット cp(1GB)
データ定額1/2/3/5/20/30(2019年8月31日受付終了)
LTEフラット(2019年8月31日受付終了)

契約期間の注意点

タブレットプランds(3年契約/L)の契約期間は3年となり、最初の3年が経った更新後は2年ごとの契約となります。

解約を申し込みしない限り、自動更新になっています。

更新期間以外で解約・一時休止・料金プランの変更などを行うと、契約解除料9,900円がかかります。

・タブレットプラン ds(2年契約/L)ではセット加入の対象にはなりません。

ぐっとiPadおトク割と毎月割も対象もならないため、iPhoneとiPadの二台持ちをする場合の毎月の維持費が高くなってしまいます。

【au限定】iPad本体価格の値引きサービス

本料金はタブレットプランds(3年契約/L)に加入し、セット加入にすることによって毎月の維持費がiPhoneとiPadの二台持ちでも安くすむことがわかりました。

auでiPhoneとiPadの二台持ちをおすすめする理由には、さらに本体代金の割引きも行っているからです。

ポイント

・ぐっとiPadおトク割
・Netflixプランでタブレット割

上記、2点の割引きサービスでiPadの本体代金を安くすることができるんでうsね。

詳しく見ていきましょう。

ぐっとiPadおトク割で16,500円引き

本体の割引サービスの一つが、ぐっとiPadおトク割です。

ぐっとiPadおトク割は、対象のiPadを購入すると機種代金が最大16,500円割引きになる割引サービスです。

このぐっとiPadおトク割があるのでiPhoneとiPadの二台持ちを安くすることが可能になっています。

タブレットプラン ds(3年契約)/(3年契約/L)またはタブレットプラン cp(2GB・3年契約)に加入することが条件です。

ですので、今回のセット加入の条件であるタブレットプランds(3年契約/L)に加入すればおのずとぐっとiPadおトク割の条件もクリアすることになります。

ぐっとiPadおトク割は、どのiPadでも割引になるわけではなく、対象機種が限定されています。

iPad(第7世代)

参照:ぐっとiPadおトク割

2019年10月1日より、対象機種が大幅変更となり現在ではiPad(第7世代)のみがぐっとiPadおトク割が適応される勇逸の端末になります。

Netflixプランでタブレット割で5,500円引き

Netflixプランでタブレット割は、条件をクリアすることでiPad本体代金を5,500円値引きすることができるサービスです。

名称からイメージすることができるかと思いますが、対象となる料金プランへの加入が必要です。

・auフラットプラン25 Netflixパック
・auフラットプラン25 NetflixパックN
・auデータMAXプラン Netflixパック

Netflixパックプランを契約することもしくは、

・ビデオパス見放題プラン
・ブックパス読み放題プラン

いずれかのサービスへの加入が条件となります。

Netflixプランでタブレット割に関しては対象機種を、iPad(第7世代)に限定はしていません。

iPad(第7世代)/iPad Air(第3世代)/iPad mini(第5世代)/11インチiPad Pro/12.9インチiPad Pro(第3世代)/iPad(第6世代)/12.9インチiPad Pro(第2世代)/10.5インチiPad Pro/iPad mini 4

参照:Netflixプランでタブレット割

料金プランへの指定がありますので、事前に各プランの詳細を知っておくことも必要でしょう。

【シミュレーション】iPadの機種代金がいくらになるか計算してみた!

iPadをぐっとiPadおトク割で購入する場合、結局のところ機種代金がどのくらいになるのか実際の値段が知りたいところですよね。

2019年9月20日より発売が開始となった、iPad(第7世代)に興味を持たれている人は多いかと思います。

iPad(第7世代)が割引きサービスを利用することで本体端末代金がいくらくらいのなるのか?を実際に計算してシミュレーションしてみました。

iPad(第7世代)

機種代金 iPad(第7世代)
32GB 128GB
本体価格 55,440円 66,960円
分割(36回払い)の場合 1,540円×36回 1,860円×36回
ぐっとiPadおトク割 -16,500円 -16,500円
Netflixプランでタブレット割 -5,500円 -5,500円
実質負担額 33,440円 66,960円

iPad(第7世代)の本体代金がどのくらいになるのかシミュレーションしてみた結果がこちらです。

10.2のディスプレイを搭載しているiPad(第7世代)が、わずか3万円台での実質負担額にまで抑えられるのは大きなポイントになるでしょう。

コスパ面で見ると最強のiPadですが、その分スペックそのものは決していいとは言い難いデメリットがあります。

実際にiPad ProやAirのほうが性能は高いです。

とはいえ、iPad(第7世代)であっても通常使用するに不便を感じるレベルのスペックだということではありません。

当然ながらAppleペンシルの使用も可能ですし通信速度にイライラするわけでもないです。

とくにiPhoneとiPadの二台持ちを検討しているのでしたら、検討価値の高いモデルだといえるでしょう。

【au】iPhoneとiPadの二台持ちはセット加入すればお得!

auのiPhoneとiPadの二台持ちについて解説してきました。

auでセット加入して3年契約を組むことで意外と安い料金でiPhoneとiPadの二台を利用することができると思ったかと思います。

ポイント

・タブレットプランds(3年契約/L)で契約することで、月々2,000円プラスで2台持ちが可能

・iPadの本体代金をぐっとiPadおトク割、Netflixプランでタブレット割で最大22,000円引き

auではセット加入することで、月額利用料もiPadの本体代金も割引きされることにより、iPhoneとiPadの二台持ちを安く維持することができます

iPhoneとiPadの二台持ちを検討中の方も心揺らぐんじゃないでしょうか。

新型iPhone11、最新モデルのiPad(第7世代)の発売されたこのタイミングで、iPhoneとiPadの二台持ちはおすすめかもしれませんね。

ぜひ、この機会にauでiPadをセット加入で購入してみましょう。

-au

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.