au

auでiPhoneに機種変更する際のおすすめ料金プラン|用途別で紹介

auでは、2020年6月2日より新料金プランの提供を行います。

他社はプラン数も少なく分かりやすいですが、auはこれまで6つもプランがありました。

新プランの登場によりこれまで提供されていた「auデータMAXプラン Pro」「auデータMAX プラン Netflixパック」「auフラットプラン25 NetflixパックN」「auフラットプラン20N」「auフラットプラン7プラスN」は、2020年6月1日をもって新規受付終了となります

料金プランがシンプルになり、iPhoneに機種変更のときも迷わずに選択できるようになります。

今回は、auのiPhoneに機種変更したときに、どのような料金プランがあるのか、おすすめのプランはどれか紹介していきます。

参考にしてください。

auでiPhoneに機種変更した場合のおすすめ料金プラン

結論として、auでiPhoneに機種変更した際に選べる料金プランは3つです。

ポイント

・ピタットプラン 4G LTE
・データMAX 4G LTE
・データMAX 4G LTE ネットフリックスパック

どの料金プランがおすすめなのか用途別にまずは見ていきましょう。

ピタットプラン 4G LTEがおすすめな人

・ネットはWi-Fi環境下での使用が多い
・データ利用量が少ない
・通信料を節約したい
・毎月のデータ利用量が4GB未満

ピタットプラン 4G LTEは最も低料金で利用できる為、毎月通信量を使わない人や毎月の料金を抑えたい人におすすめです。

4GBを超えるとデータMAX 4G LTEのほうがお得なので、4GB未満のユーザーならピタットプラン 4G LTEを選びましょう!

データMAX 4G LTEがおすすめな人

・データ通信量が多い
・SNSやゲーム、動画サイトをよく利用する
・仕事で大容量通信を行う機会がある
・定額料金が安心
・一人暮らしでWi-Fi環境がない

データMAX 4G LTEは、データが使いたい放題のプランなので、使用するデータ通信量が多い人におすすめです。

自宅にインターネットを引いていない人や一人暮らしを始める学生さん、会社でデータの送受信が多い人、外出先で4GB以上利用する人に向いています。

ピタットプランのように自動で料金が変わるのが嫌な人は、少し高くなりますが毎月安定した金額で利用することができます。

Wi-Fiがない場所での使用がほとんどであれば、このプランを選びましょう。

テザリングが30GBついているので、ノートパソコンを持っていれば利用することも出来ます。

少しノートパソコンを使いたいなーというくらいであれば十分な容量です。

データMAX 4G LTE Netflixパックがおすすめな人

・「データMAX 4G LTEがおすすめな人」の条件を満たし
+(且つ)
・NetflixやTELASAをお得に利用したい人

データ利用量が多い人で、さらにNetflixやTELASAのような動画配信サービスに興味のある人におすすめの料金プランです。

データMAX 4G LTEと同様、データ容量も使いたい放題なので出先でも動画を楽しむことができます。

デザリングや国際ローミング、データシェアの利用する機会が多いのであれば、データMAX 4G LTEよりも2倍多い60GBも利用できるので検討してみても良いのではないでしょうか。

では、auの料金プランを一つ一つ詳しく見ていきましょう。

au iPhone料金プラン

2020年6月2日以降に提供されるiPhone向けの料金プランが見直され、3種類ととてもシンプルになりました。

iPhoneはまだ5Gに対応していないため、残念ながら5G対応スマートフォン向け料金プランを選択することはできません。

しかし、以前よりもグレードアップした料金プランの内容となっています。

auはこれまでミドルユーザー向けの料金プランを提供していましたが、それも6月1日までで受付を終了します。

ミドルユーザー向けの料金プランが他社との差別化ではありましたが、それほど契約数が伸びなかったのでしょう。

これからは、「段階制プラン」と「大容量プラン」の2種類となります。

広告に大きく記載されている値段で利用できるようするには、いくつかの割引が適用にならなければいけない点は注意しておいてください。

各種割引サービス+

auスマートバリュー

auスマートバリューは、auひかりなどの対象固定通信サービス(ネット+電話)またはauスマートポートとセットでau携帯電話を利用すると、利用料金が割引になるサービスです。

割引になる対象携帯電話は、auスマートフォン/auケータイ/4G LTEタブレット・4G LTE対応PCです(対象プランへの加入が必要)。

割引金額は、一人当たり永年500〜1,000円です。

原則、同一姓・同一住所の家族が割引対象ですが、遠方に住んでいる50歳以上の家族も割引可能です。

家族割プラス

家族割プラスは、対象プランに加入している同居家族の人数に応じて、毎月の料金を割引くサービスです。

同居家族が2人以上なら一人あたり500円、
3人以上なら一人あたり1,000円、
データMAX 5G・データMAX 5G Netflixパック・データMAX 4G LTE・データMAX 4G LTE Netflixパックは4回線以上で一人あたり2,020円の割引を受けることが出来ます。

離れて暮らす50歳以上のユーザーも同一auスマートバリューグループに加入していれば、家族割プラスが適用となります。

スマホ応援割Ⅱ

スマホ応援割Ⅱは、対象の手続きをした際に、翌月利用分から6ヶ月間1,200円/1,000円の割引が入ります。

条件は、新規契約(機種持ち込み可)・機種変更(au ICカードの変更を伴う場合、持ち込み可)の際に、対象料金プランに加入、または対象料金プランを既に契約していることです。

過去に、
「スマホ応援割」
「スマホ応援割プラス」
「スマホ応援割20」
「auデータMAXプランスタートキャンペーン」
の割引を受けたことがある方、
「auデータMAXプラン Netflixパック」「auデータMAXプランPro」で「auの学割」が適用されたことがある方は対象外です。

ピタットプラン 4G LTE(旧:新auピタットプランN)

ピタットプラン 4G LTEは、データ利用料に応じて自動的に定額料が3段階で変動するプランです。

データ容量を使ったら使った分だけ支払うため、無駄がありません。

利用料金は、「2年契約N」「auスマートバリュー(1GB以上)」「家族割プラス(3人以上)」の適用で1,980円/月〜利用可能です。

・0GB〜1GB 1,980円/月〜
・1GB〜4GB 2,980円/月〜
・4GB〜7GB 4,480円/月〜

4GB以下のデータ利用量であれば、3,000円以下に抑えることが出来ます。

上記のような割引サービスが適用になれば、かなり安い金額で利用できます。

1GB以上を利用する場合、auスマートバリューが適用になります。

データMAX 4G LTE(旧: auデータMAXプランPro)

データMAX 4G LTEは、月間データ容量に上限がないプランです。

auデータMAXプランProと同様にデータ通信が使い放題ですが、これまでと違うのは月間データ容量が2GB以下の場合、利用料金が自動的に1,480円割引となります。

あわせて、家族割プラスの割引が3人以上で最大1,000円だったところを、4人以上で2,020円の割引へ拡大しました。

テザリング/データシェア/国際ローミング通信を利用した場合、月間データ容量の上限は合計30GBです。

動画配信やストリーミングサービスなどの大量データ通信や長時間接続を行った場合、通信速度が制限されます。

利用料金は、「2年契約N」「auスマートバリュー」「家族割プラス(4人以上)」 「スマホ応援割Ⅱ」の適用で3,460円/月〜(利用が2GB以下の場合1,980円〜)です。

旧プランと比較すると基本料金は変わっていませんが、家族割プラスの割引により1,000円安くなっています。

家族が全員auと言う方はラッキーですね!

データMAX 4G LTE Netflixパック(旧:auデータMAXプランNetflixパック)

データMAX 4G LTE Netflixパックは、月間データ容量に上限がないのに加え、動画配信サービスの「Netflix(ベーシックプラン)とauとテレビ朝日が共同で制作した動画配信プラットフォーム「TELASA」がセットになったプランです。

テザリング/データシェア/国際ローミング通信を利用した場合、月間データ容量の上限は合計60GBです。

旧プランでは上限が2GBまででしたが、データMAX 4G LTE Netflixパックでは2020年5月25日に40→60GBへ改定され、大幅にグレードアップしました。

動画配信やストリーミングサービスなどの大量データ通信や長時間接続を行った場合、通信速度が制限されます。

利用料金は、「2年契約N」「auスマートバリュー」「家族割プラス(4人以上)」 「スマホ応援割Ⅱ」の適用で月額4,260円〜(利用が2GB以下の場合、2,780円〜) です。

旧プランと基本料金だけを比較すると600円高くなっていますが、テザリング等のデータ上限は60GBまで増えたのでそれを利用する方にはメリットがありそうです。

au iPhoneの料金プラン〜通話オプション〜

通話定額サービスも新しくなりました。

これまでは通話定額と通話定額ライトが提供されていましたが、新プランの提供に伴い「通話定額2」と「通話定額ライト2」に変更されました。

通話の多い方は、申し込み必須のオプションです。

基本料金には無料通話がついていないため、通話をすれば30秒ごとに20円がかかってくるので気を付けましょう。

通話定額2は、月額1,800円で国内通話が24時間かけ放題のオプションです。

1ヶ月に合計約45分以上話す方は、通話定額2を選びましょう。

通話定額ライト2は、月額800円で1回5分以内の国内通話24時間かけ放題のオプションです。

1ヶ月に合計約20分以上話す方は、通話定額ライト2を選びましょう。

旧プランより100円値上がりはしましたが、無料で利用できるオプションとして「留守番電話サービスEX」「三者通話サービス」「迷惑電話撃退サービス」「待ちうた」「割込通話サービス」が利用できます。

これらのサービスは、単品価格の合計が900円するので大変お得感があります。

とは言え、これらのサービスを利用していないユーザーにとってみれば100円高くなってしまったので残念ですね。

auでiPhoneに機種変更する際のおすすめ料金プランまとめ

新料金プランはとてもシンプルで分かりやすくなりましたが、ミドルユーザー向けのプランがなくなってしまうのは残念ですね。

7GBでずっと3,480円+対象SNSはデータ消費0は、魅力的なプランでした。

低コストを求める消費者は、ピタットプラン4G LTEの1〜4GBで2,980円か、データMAX 4G LTEで3,460円(7カ月目以降4,460円〜)で迷いますよね。

出先でデータ利用量が多ければ、データMAX 4G LTEでもいいかなと言う気になってきますが、ストイックに料金を抑えていくならピタットプラン4G LTEですよね。

iPhoneでは5Gが提供されていないので、ピタットプランの利用者も多いですが、数年後にはほとんどのユーザーがデータMAXになっているのでしょうか。

スポンサードリンク

-au

© 2020 スマホログ