au

【au】かえトクプログラムとは?アップグレードプログラムNXと何が違うか分かりやすく解説

auのかえトクプログラムって何?

KDDIは、国内通信業者初となる残価設定型のスマホ購入プログラム「かえトクプログラム」の提供を2020年2月21日より開始します。

かえトクプログラム開始により、アップグレードプログラムNXは2月20日で新規受付を終了します。

大きな特徴となるのが、残価設定型という点。

今後、auでスマホの購入はもちろん機種変更を考えている人はかえトクプログラムの詳細を理解しておく必要があります。

この記事では、auかえトクプログラムとはどんなサービスなのかアップグレードプログラムNXとは何が違うのかお話しています。

auかえトクプログラムとは?

参照:かえトクプログラム

かえトクプログラムは、残価設定型24回分割契約を導入しました。

スマホ購入時に2年後の残価が設定され、機種代金から残価分を引いた金額を割賦で支払います。

これにより、23回目の支払いまでは低廉な分割金額になります。

月額プログラム料は無料で、auの回線契約有無を問わず加入できます。

受付窓口は、auショップ・au取扱店・au Online Shop(au回線があるユーザーのみ)。

2年後の残価の支払いは、2種類から選択が出来ます。

auで機種変更する場合の残価支払い

かえトクプログラム対象機種を12ヶ月以上利用後、auで機種変更時にかえトクプログラム対象機種を回収することで、最終回支払分の支払いが不要となる特典が受けられます。

※機種変更せず回収のみの場合は、KDDI所定の条件・価格で買取可能

例えば、

96,600円の機種

残価が38,640円で設定

残価を除いた57,960円を分割で支払う

25ヶ月目に機種変更すれば、残価の支払いが不要です。

機種の利用を継続する場合の残価支払い

25ヶ月目以降も同機種を利用する場合、最終回支払分は24回に再分割が可能です。

再分割は、所定の審査が必要です(来店が必要)。

ただし、

au WALLETポイントプログラムのステージがゴールド以上である

auの回線契約がある

場合は、最終回支払分は申し出がない限り自動的に24回払いに分割されます。

再分割は、機種購入から25ヶ月目に実施されます。

最終回支払分の取り扱いについては、au IDに紐付くEメールアドレスに通知されます。

auかえトクプログラムの特典適用条件

最終回支払分の支払いが不要となる特典を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

対象機種を12ヶ月利用後、13~25カ月目に所定のau取扱店で新たな機種を購入・変更する
プログラム対象機種をKDDIが回収する

特典を受ける機種は、査定条件を満たす必要があります。

故障や破損等で条件を満たさない機種は、最大22,000円(不課税)の支払いが必要になる場合や特典が受けられない可能性もあります。

特典を利用し支払いが不要になるのは、KDDI・au取扱店でauのスマートフォン・ケータイなどへの買い替えかつ、本プログラムで購入した機種をKDDIが回収した場合です。

回収はau取扱店のみで、一部店舗・au Online Shopでは回収出来ません。

再分割後の特典適用

再分割後も、特典適用条件を満たした場合、機種代金の未払分の支払いが不要です。

ただし、最初に設定された残価より支払い不要金額は減ります。

反対に、早期端末を返却した場合も、残価以外の部分は自己負担です。

【2020年2月】auかえトクプログラム対象機種

〜iPhone〜
iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone8 (64GB)

〜Android™〜
Galaxy Z Flip SCV47、Xperia5 SOV41、Xperia8 SOV42、Xperia1 SOV40、Galaxy Note 10+ SCV45、Galaxy A20 SCV46、Galaxy S10 SCV41、Galaxy A30 SCV43、AQUOS zero2 SHV47、AQUOS sense3plus サウンド SHV46、AQUOS sense3 SHV45、AQUOS sense2 SHV43、AQUOS sense2 かんたん 、URBANO V04、TORQUE G04、HUAWEI P30 lite Premium(HWV33)、BASIO4、BASIO3、LG it LGV36

参照:かえトクプログラム

機種の残価は2年後の端末価格を予測して設定されたもので、時期によっては残価が変わる場合もあります。

auかえトクプログラムとアップグレードプログラムNXとの違い

参照:アップグレードプログラムNX

かえトクプログラム以前に提供されていたのが、アップグレードプログラムNX。

アップグレードプログラムNXは、対象機種を分割36回払いで購入し、25ヶ月目までにプログラム加入機種をKDDIが回収することにより分割支払金残額(最大12ヶ月分)の支払いが不要となるプログラムです。

アップグレードプログラムNXは、au回線がないと加入できませんでした。

参考記事
【au】アップグレードプログラムNXは良くなった?DXとは何が違うか解説

auでは10月に新しくアップグレードプログラムDXが始まったばかりですが、アップグレードプログラムDXは10月31日をもって新規受付を終了することが決まりました。 早い…早すぎる… 代わりにアップグレ ...

かえトクプログラムは、au回線がなくても契約できるのが特徴です。

また、かえトクプログラム対象機種の幅も広がりました。

高価な機種はもちろんですが、アップグレードプログラムNXでは対応しなかった廉価機種にも対応しました。

これまでなかった割引きが入るのは、大きな利点です。

しかし、アップグレードプログラムNXは2年利用後にauを解約しても残りの最大12ヶ月分の機種代金は機種を回収すれば免除となります。

しかし、かえトクプログラムは解約すると残価は負担です

下取り価格で買い取ってもらうことは可能のようですが、残価全額とまではいかないでしょう。

正直、アップグレードプログラムNXもかえトクプログラムも、KDDIがやりたいことは同じで手法を変えただけのように感じます。

電気通信事業法の規制を回避するためにね。

auかえトクプログラムのまとめ

かえトクプログラム

  • 対象機種を24回の分割払いで購入
  • 購入時に2年後の残価が設定
  • 端末代から残価分を差し引いた金額を割賦で支払う

春から第5世代移動通信システムに対応した機種が発売されますが、かえトクプログラムにより高価な機種代金のハードルが下がるような気がします。

約2〜4割の支払いが免除になるので、利用者も機種変更しやすくなるでしょう。

だだし、解約すると残価の負担はしなければいけないので、アップグレードプログラムEXのようにau地獄は続いてしまうみたいですね。

そして、ころころと購入の仕方が変わり購入者は理解するのが大変ですよね。

アップグレードプログラムDXは1ヵ月で終了しアップグレードプログラムNXは3ヶ月半ほどで終了、今回で落ち着いて欲しいです。

機種によっては最大4割の割引となるので、お勧めできないプログラムではなさそうです。

-au

Copyright© スマホログ , 2020 All Rights Reserved.