au

【一覧表あり】auで機種変更するベストタイミングはいつか契約プラン別で解説

更新日:

auユーザーの皆さんのお聞きしたいのですが、機種変更のタイミングって迷いませんか?

新機種が発売したからといって、すぐに機種変更することって正直難しい話だと思います。

2年経ったと思って機種変更しに行ってもまだ機種の支払いが終わっていなかったり・・
更新月でないと違約金がかかってしまうからまだしない・・

いろいろと考えている人もいるでしょう。

では、auで機種変更するタイミングとして、1番良いタイミングはいつなのでしょうか。

損をせずに、お得に機種変更できたら嬉しいですよね。
結論的には、auで機種変更するべきベストタイミングは人それぞれ違うということです。

なぜか?簡単なお話でそれぞれで端末が一緒であったとしても、どの料金プランで契約しているかが異なるためですね。

つまりauで最もタイミング的に損しない時期に機種変更するためには、自分の料金プランをしっかりと把握しておく必要があります。

auの各料金プラン別で、機種変更するべきタイミングな時期について解説しています。
あなたが契約してるプランを確認し、お得な時期に上手に機種変更していきましょう。

auで機種変更する場合のベストタイミングはいつか6パターンで紹介!

分かりやすく、auの契約プラン別でいつ機種変更するべきか一覧表で分かりやすくまとめてみました↓

契約プラン 機種変更するべき時期
毎月割 毎月割が終了する月の翌月
アップグレードプログラム 19ヶ月目
アップグレードプログラムEX 25ヶ月目
アップグレードプログラムEX (a) 13ヶ月目
購入サポート 解除料が発生しない時期
サービスに加入なし(端末分割なし、長期利用) いつでも自由

繰り返しになりますが、どの契約オプションに加入しているかどうかで、機種変更のタイミングは違います

契約内容に関しては、My auから閲覧したり、auショップで聞いたり、auお客さまセンターに電話をして問い合わせることもできます。

では、一つ一つ詳しく見ていきましょう。

毎月割が適用中

ポイント

毎月割が適用となっている方は、毎月割が終了する月の翌月に機種変更するのが1番良いです

毎月割とは、機種手続き時に対象機種を購入と同時に対象料金プランへ加入すると、利用料金から最大24ヶ月間または36ヶ月間の割引を受けることができるサービスです。

割引額は、機種によって違います。

「実質〇〇円」とよく耳にすると思いますが、これに関わってきます。

例えば60,000円の機種があったとして、毎月割が1,000円としましょう。
60,000円を24回払いにすると、1回あたり2,500円です。

2,500円/月の機種代金から毎月割が引かれると、2,500円−1,000円で実質1,500円となります。

この実質1,500円×24回=36,000円で、本体価格は60,000円、実質価格は36,000円となります。
価格表に記載されている実質価格とは、このことです。

ただし、本来毎月割は利用料金から引かれるもので、機種代金から引かれるものではありません。

そのため、毎月割が満了する翌月に機種変更することがベストタイミングだと言えます。

毎月割は使い切った方がお得ですし、機種代金がなかったとしても毎月割が適用となっていることで、毎月の維持費が安くなっているので、最大限に毎月割を活用するのであれば全て使い切りましょう。

毎月割適用中に機種変更しても違約金が発生するなどはありませんが、毎月割は前月分までで終了となります。
また、分割が残っている方が機種変更すると、残りの機種代金はまるまる負担しなければいけません。

ほとんどの人が2年間の割引ですが、3年間の割引になっている方もいるので機種変更は計画的に行いましょう。

アップグレードプログラム・アップグレードプログラム×毎月割が適応中

ポイント

アップグレードプログラムに加入している方は、19ヶ月目に機種変更するのが1番良いタイミングです

アップグレードプログラムは、機種購入時に対象機種を分割24回払いで購入し、対象プランとアップグレードプログラム300円/月(不課税)に加入をすると、19ヶ月目に機種変更すれば残りの分割支払金最大7ヶ月分が実質免除となるプログラムです。

2,000円の前倒し利用料を支払えば、13ヶ月目から18ヶ月目の機種変更も可能ですが、その期間中の機種代金は自己負担です。

そのため、19ヶ月目に機種変更することがベストタイミングだと言えます。

機種変更が遅ければ遅いほど免除となる機種代金は少なくなりますし、18ヶ月目以前に機種変更するとそれまでの機種代金は負担となるため、1番負担の少ない19ヶ月目が良いです。

実質無料となる機種代金より、下取り価格の方が還元額が高ければ、下取りを選んでも問題はありません。
その時は、施行されなかったプログラム料(最大48ヶ月分)は返金されます。

例えば、機種代金が残り3,000円× 7ヶ月分=21,000円残っているとします。
この時に、下取りの還元額が24,840円であれば、下取りを選んだ方が得ですよね。

臨機応変に対応してください。

よければこちらの記事も参考に↓

【au】アップグレートプログラムがいらないと判断できる5つの理由を解説!

現在、このアップグレードプログラムを申し込む人はほとんどいませんが、2017年7月にアップグレードプログラムEXが開始されるまでは多くの方がこのプログラムに加入していました。

このプログラムに加入していてまだ機種変更をしていない方は、特典利用期間がほぼ終わっているので、下取りか返金を選んだ方が良いです。

アップグレードプログラムEXが適応中

ポイント

アップグレードプログラムEXに加入している方は、25ヶ月目の機種変更が1番オススメです

アップグレードプログラムEXは、2017年7月より提供開始しました。

対象スマートフォンを分割48回払いで契約し、25ヶ月目以降に機種変更すれば旧機種の機種代金最大24ヶ月分が免除されるプログラムです。

このプログラムを利用すれば、80,000円する機種も2年間で40,000円の負担だけで済みます。
プログラムの月額利用料は、390円/月(不課税)です。

13ヶ月目から24ヶ月目までの間に機種変更することも可能ですが、前倒し利用料としてプログラム料を25ヶ月目まで支払わなければいけません。

また、24ヶ月目までの機種代金は、自己負担となります。
なので25ヶ月目に機種変更することが、ベストタイミングだと考えれるでしょう。

アップグレードプログラム同様25ヶ月目以降の機種変更でも構いませんが、無料となる機種代金が減っていくので、ちょうど25ヶ月目に機種を買うのが1番お得です。

プログラムの特典を利用しなければ、機種変更した翌月にそれまでかけていたプログラム料がポイントとして戻ってきます。

アップグレードプログラムEX(a)が適応中

ポイント

13ヶ月目の機種変更が最もお得な時期で、1年に1回の機種変更をされる人におすすめ。

アップグレードプログラムEX (a)は、アップグレードプログラムEXの期間を半分にしたものです

スマートフォンを分割24回払いで購入し、13ヶ月目に機種変更すれば残った最大12ヶ月分の機種代金が無料となります。

7〜12ヶ月目までに機種変更の前倒しも可能ですが、上記で述べているように負担が大きすぎます。
期間を短くしているため、機種代金の負担もかなり大きいです。

このプログラムは1年に一回は必ず機種を変えたい方に向けたもので、新iPhoneが発売されるたびに購入している方にぴったりです

こちらももちろん、13ヶ月目の機種変更が1番お勧めです。

購入サポートが適応中

ポイント

購入サポートで機種変更をした方は、解除料が発生しない時期に機種変更をしてください。

au購入サポートは、対象機種を購入と同時に対象プランに加入し購入サポートを契約すると、機種代金から割引が入り安く機種を手に入れることができます。

しかし、12ヶ月以内に端末購入を伴う機種変更すると「au購入サポート解除料」が発生します。

機種を安くするから、1年以上は必ず使ってくださいねと言う約束ですね。

購入サポートに加入しているのであれば、必ず解除料が発生しないタイミングを狙う必要があるでしょう。

上記のいずれのau割引きサービスの加入なし

ポイント

端末代もなく、au長期利用者は、いつでも機種変更してOKです。

携帯電話を長期利用している方や機種を一括購入したことで上記のようなサービスに加入していない場合、いつ機種変更しても問題はありません。

自分が変えようと思ったタイミングで機種変更することができます。
違約金等も発生することがないので安心してください。

携帯電話を長期利用していることに関しては、様々なキャンペーンも開催されていますのでチェックしてみてください。

auで機種変更するべきタイミングを契約オプション別でお話してきました。
少し損しない機種変更する時期がイメージできたかなと思います。

で、1つ少し例外なパターンもあるんですね。

もし今現在、auから機種変更時に使用できる割引きクーポンが発行されてる人は要確認です。

【例外】auから機種変更で使えるクーポンが届いているパターン

au側で判断されたユーザーに対しては、機種変更に使える割引きクーポンが発行されることがあります。
しかし、「いつ」「誰に」送られてるかの詳細は不明です。

【郵送】auオンラインショップの機種変更で使えるクーポンがある?取得方法は?

ただ、可能性としては0ではありません。
実際に今手元にauから発行されたクーポンがある人だっているかもしれません。

機種変更前に、自宅にクーポンが届いている方は要注意です。

まだ数カ月分機種代金が残っているから機種変更ができないと感じるかもしれませんが、例えば3,000円の機種代金が3ヶ月分残っていたとしましょう。

自分で負担するのは9,000円ですが、キャッシュバックのクーポンが12,000円等であればその時に機種変更するのが良いのではないでしょうか

クーポンの有効期限を確認して、いかに自分の負担が少なくなるかを考えてから機種変更してください。

【勘違い】au機種変更と更新月は一緒にするべきか?

参考:au契約期間・更新月

最後に少し機種変更と皆さんが気にする更新月の関係性についてお伝えしておきます。

多くの人が、機種変更は更新月にしなければいけないと思い込んでいる人が多いです

「更新月」と言うのは、2年契約で2年ごとの節目のタイミングのことを言います。
いわゆる他社に乗り換えても違約金がかからない月のことです。

この違約金が混乱を招いていますが、auで契約を続ける限り機種変更のタイミングが更新時期と違っても問題ありません

auから他社へ行ってしまうと違約金が発生しますが、機種変更も合わせなければいけないと言う事はありませんよ。
しかし、近々他社へのりかえる予定があると言う方はある程度合わせておいた方がいいかもしれませんね。

auを継続する方で機種変更したい方は、いつでもどうぞ〜です。

契約内容によって機種変更のタイミングが異なるため、全ての人が同じと言うことではありません。

自分のプランを知っておく事は、次の機種変更の時期の目安にもなりますし、把握しておけばよりお得に機種を変えることができます

携帯電話の料金プランはかなり複雑で難しいものではありますが、料金プランを説明してもらう時にしっかりと聞いておきカレンダーなどに残しておくと良いでしょう。

-au

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.