スマホ最新情報をいち早くお届けします。ドコモ、ソフトバンク、auスマホの新規機種やお得なキャンペーン情報を発信。

スマホログ

au

【2019年夏モデル】au最新機種スマホおすすめランキングをシェア!

投稿日:

KDDIは、2019年夏モデルを5月に発表しました。

次々と新機種が発売されていきますが、どれも良さそうな機種で選ぶのに迷ってしまいますよね。
今回は、筆者の独断と偏見でどの機種がオススメかと言うのをランキング形式で発表していきます。

あくまでも私自身の考えなので、絶対でありません!
「ふ~ん」と言う感じで読んでみてくださいね!

では、まいりましょう!

頭金0円で機種変更!
auオンラインショップはこちら

1位 Galaxy S10/S10+ SCV41 SCV42

年々かなり人気度が上がってきているSamsungのGalaxyは、今回のモデルもハイスペックです。
Galaxy Sシリーズのフラッグシップモデルで、6.1インチと6.4インチの2種類が登場しました。

デザインが格好良く、インカメラ以外は全てディスプレイで極限までベゼルをなくしています

このInfinity-O Displayは、従来モデルに比べると42%ブルーライトカットに成功しており、目に優しいつくりとなっています。

指紋スキャナーがディスプレイに埋め込まれ、超音波パルスを用いて指紋を検出します。
次世代のダイナミックAMOLEDスクリーン(有機EL)は、HDR10+規格に対応しており、美しく鮮やかなコントラストを表現してくれます。

写真や映像を見る時も、臨場感と迫力を感じることができ楽しめます。

カメラは、1,200万画素の望遠・広角、1,600万画素の超広角の3つのレンズを搭載しています。
2つのF値を自動で切り替えることにより、暗いシーンでも明るい写真が残せます。

新しく搭載された超広角レンズは、約123°の視野角で撮影できるため、大勢での集合写真に役立ちます。

Galaxy S10/S10+は、一日中使っていてもパワフルでバッテリーの減りを心配をすることはありません。
高性能プロセッサのおかげでバッテリー消費は少なくなり、パフォーマンスは向上しました

パソコン並みの保存容量も備えているので、大切なデータもたくさん入ります。

大画面スマホの需要はまだまだ多いですし、動作が速くてカメラの性能も優れているGalaxyは、機種購入するのに選んで間違いがない機種No.1です。
海外メーカーというだけで乗り気にならない方もいるかもしれませんが、使ってみると「今まで何を言ってたんだ!」と吃驚するほど快適です。

ライフスタイルに合わせて、2つのサイズから選べるのも嬉しいところです。

2位 Xperia 1 SOV40

スマホが普及し始めた当初から絶大な人気があるのが、SONYのXperiaです。
国内メーカーと言う事と、ディスプレイの美しさや音質の綺麗さが有名で人気のあるモデルとなっています。

そのXperiaのフラッグシップモデルが、今回のXperia 1です。
ディスプレイは6.5インチ、スマートフォンでは世界初の4K HDR対応有機ELを搭載しています。

そのアスペクト比は、21:9で映画館のスクリーンとほぼ同じ比率です。
黒帯が入らず画面いっぱいに映像を楽しむことができ、とても迫力があります。

ディスプレイサイズが大きいため、1画面に表示される情報が多く、2画面のマルチウィンドウにしても文字が小さいと感じることがありません

ディスプレイは大きいですが、本体は180gと軽く手に馴染みます。
「高画質化エンジン X1™ for mobile」により、高精細・広色域・高コントラストに表現し、細部まで美しい映像や画像を楽しめます。

映像とともに、臨場感のあるサウンドも楽しめますよ。Dolby Atmos®対応で、迫力があり没入感を味わえます。

カメラは、約1,220万画素のトリプルレンズ、標準・望遠・超広角を搭載しています。
光学ズームは2倍まで対応します。

被写体の瞳にピントを合わせて撮影する「瞳AF」は、スマホに搭載するのは世界初です。
デジタル一眼カメラの技術を採用しており、動く被写体もブレずに撮影できますよ。

Xperia Zシリーズを思い出させるスタイリッシュなボディは、万人ウケすること間違いありません。

国内メーカーにこだわる方は、Xperiaを選べば後悔しませんよ!

3位 HUAWEI P30 lite Premium HWV33

まだ日本ではHUAWEIというブランドが浸透してないかもしれませんが、徐々に人気が高まってきています。
理由は簡単で、安いのにスペックが高いからです。

現在、米中の貿易摩擦により発売日が未定となってしまいましたが、発売されたら販売台数が伸びるのは間違いありません。
約6.1インチフルHD+ディスプレイを搭載したHUAWEI P30 lite Premiumは、内蔵ストレージが128GBと大容量で多くのデータを保存可能です。

さすがPremiumだけあります。

背面の端を湾曲させ、持ちやすいスリムなデザインとなっています。
カメラは、約2,400万画素の広角レンズ、約800万画素の超広角レンズ、約200万画素の被写界深度レンズの3台を搭載しています。

120°の超広角レンズは、風景撮影も大人数での撮影にも役に立ちます。
被写体の背景をボケさせると、一眼で撮影したようになりますよ。

さらにスマートなAIカメラは、22種類のシーンより自動でモードを判断し、魅力的な写真を残してくれます(サブカメラは8種類)。
同梱品の急速充電対応のACアダプターを利用すれば、1日ヘビーに使っていてもバッテリー消費を気にすることはありません。

価格もお手頃で、初心者もスマホ経験者も問わず使いやすいスマホです。
安い機種を探している人は、是非飛びついてほしいです。

何より値段に対するスペックがすごいです。
スマホデビューしてみようかなという人は、買っても後悔ないですよ。

4位 AQUOS R3 SHV44

IGZOディスプレイが有名なSHARPのAQUOS Rシリーズから、最新フラッグシップモデルが登場しました。
SONYに次いで人気のあるSHARPのAQUOSは、老若男女問わず選ばれます。

従来モデルよりベゼルが狭く、ディスプレイサイズが大きくなっています。
新世代Pro IGZOは進化し、10億色で美しさを表現します。

Quad HD+対応で、従来モデルに比べて透過率が18%向上したことで明るさも2倍になりました。

映像から、リアルな空気感や肌の質感が伝わってきます。
より実物に近い色味を再現していますよ。

映像とともに楽しむサウンドは、AQUOS Rシリーズとしては初のステレオスピーカーを内蔵しています。

Dolby Atmos採用のサウンドは、明るく包囲感豊かです。
AQUOS R3内蔵カメラも高性能で、約2,010万画素の動画専用カメラと約1,220万画素の標準カメラが搭載されています。

近年では手軽にスマホで写真が撮れるようになり、撮影後に見返すことがあまりなくなりました。

そこでAQUOS R3では、「見る」ための新機能「AIライブストーリー」を搭載しました。
AIが自動で動画の1部を切り出して、ダイジェストムービーを作成してくれます。

約15秒ほどのショートムービーが3パターンで自動作成され、SNSで活躍すること間違いなしです。
5Gでは、動画でのコミニケーションが増えると予想されている為、とても便利な機能です。

標準カメラは被写体のブレを抑える手ぶれ補正を搭載しており、動きながらの撮影が多い人も安心してシャッターをきれます。

AQUOSは、水にも強いので濡れた手でも快適に操作ができ、台所でも大活躍します。
ハイスペックな機能を搭載しながら、誰が使っても使いやすいのがAQUOSの魅力です。

5位 AQUOS sense2 かんたん

SHARPから初心者向けのスマートフォンが発売されるのは、嬉しいですね。
ディスプレイやカメラの美しさに定評があるAQUOSですし、国内メーカーにこだわりのある方に人気が出るでしょう。

設定で「かんたんモード」があるので、オンにするとホームや文字の大きさ、コントラストを見やすいように調節してくれます。
auかんたんガイドがプリセットされており、本当にスマホが初めてと言う方も楽しみながら学べます。

高精細なフルHD+ IGZO ディスプレイは、表現できる色域が広く実物に近い色で鮮やかに表現します。

バーチャルHDRでは、HDR画質のように再生してくれ綺麗な映像が見れます。
カメラ機能の画像処理エンジン「ProPix」は、ノイズが少なくクリアな写真を残せます。

AQUOS sense かんたんのAIカメラが、自動で撮影シーンに合わせてモードを選んでくれるので、撮るだけでプロのような仕上がりになります。
自分で設定しなくてもいい所が簡単で安心です!

動きのある被写体も像面位相差AFとコントラストAFで、しっかりピントを合わせます。

本体はアルミボディなので耐久性があり、手にも馴染みやすいです。
機種名に「かんたん」と言う文字が付いていますが、初心者でなくても十分利用ができ満足できる機種です。

他の機種に比べるとコンパクトなので、大きすぎるモデルが苦手と言う方にもおススメです。
AQUOS sense2とスペック的に全く変わりませんよ。

最新の夏モデルに機種変更するならauオンラインショップがお得!

いかがでしたでしょうか。

必ず売れる機種はSamsungとSONY、SHARPが強いでしょう。
時代が進み、低価格でもかなりスペックの高い機種が販売されるようになりました。

そして、高価格でも求めるユーザが多いのも事実です。
自分のニーズにあったものを是非購入してみてください。

店頭に並んでいる実機を見て触れて感じてくださいね!

でも、、機種変更はauショップではなくauオンラインショップがおすすめです。
待ち時間も必要なく24時間いつでも好きなタイミングで、機種変更ができます。

何よりもauオンラインショップであれば頭金が0円なのでお得に最新端末に機種変更ができるのでぜひ活用してみて下さい。

頭金0円で機種変更!
auオンラインショップはこちら

今週よく読まれてます

1

6月1日にGalaxy S10が発売されました。 Galaxy S10はGalaxy S9から大きく進化した機種です。 Galaxy S10の注目したい機能がこちらです↓ ココがおすすめ パンチホール ...

2

ドコモは2019年6月1日から様々なサービスを開始していきます。 その中でも、機種変更などを考えてると目立つのが『スマホお返しプログラム』という文字。 なんですか??それ?? と思った人は多いかなって ...

3

ドコモの下取りプログラムって長年ドコモを利用してる人でも存在を知らない人も少なくないです。 2014年からずっとあるサービスで、名前から分かるように仕様してた端末を下取りに出すことで機種変更する新しい ...

4

ドコモショップって予約なしだと対応してくれないの?? 最近、よく耳にするドコモショップの完全予約制の導入の話を聞いて予約なしで来店するとどうなるのか心配になってる人は多いようです。 結論的には、まだド ...

5

ドコモ引き止めポイントとはいったい何なのか?と疑問に思っている人が今見に来てくれてると思うんですよね。 151クーポンとも呼ばれてます。 いや、これはドコモユーザーの人の多くはきっと知らないことだと思 ...

Galaxy S9 Plus 6

Galaxy S9+を2週間使いこんで発見した色々な便利設定や機能を紹介。Edge LightingやエッジパネルといったGalaxyのエッジスクリーンだからこその機能など、iPhoneはもちろん他のスマートフォンには無い機能を搭載。ハードウェアだけでなくソフト面での進化を見てみよう。

7

ドコモオンラインショップを利用してない人がまだまだ多いんですよね。 ホントすっごくもったいないです。 ドコモユーザーならドコモオンラインショップを活用して機種変更してなければ損してます。 金銭的なとこ ...

Huawei P20 lite 8

今回は筆者がHuaweiのP20 liteを使っていて便利だなと思った機能を紹介します。P20 liteは3万円台で購入可能なスマートフォン何もかかわらず色々な便利機能が付いています。今回はそのような ...

-au

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.