au

【画面割れOK?】au下取りの還元額がすごいので利用しないと損!

投稿日:2019年7月1日 更新日:

auの下取りプログラムを利用したことはありますか?

機種変更するときに、高い機種代金を少しでも安くしたいと思うのが私達消費者です。

auの下取りをすれば、新しい機種が安くなったりポイントを還元してもらえたりします

機種によっては下取り金額に差はありますが、金額によってはかなりお得にauで機種変更ができることはイメージができますよね。

ただし、なんでも下取りに出せばいいというわけではなく下取り品の条件等もあります。

これさえクリアすればauの下取りOKということを話していくので、是非覚えておいてください。

auユーザーの人なら機種変更する前に事前に、auの下取りプログラムについて知識を深めておくことはおすすめです。

【適応条件あり】auの下取りプログラムとは?

参照:au下取りプログラム

初めてにauの下取りプログラムの概念をお伝えしておきますね。

auでは、他社からの乗り換えや機種変更と同時に、auスマートフォン・iPhone・auケータイ・auタブレットを購入し、旧機種(91日以上利用)を下取りに出すことでau WALLETポイントが還元されます

下取りに出せるのは、KDDIの購入機種の履歴に登録されている一番新しいものです。

機種により、還元ポイントは異なりますので事前に確認は必須になります。

還元されるポイントは、1P=1円相当で利用ができその利用方法は様々に対応しています。

機種代金の値引きに利用したり、au WALLETプリペイドカードへチャージしてauとは別のショッピングに使うことも可能なので非常に使い勝手がいいこともメリットであるといえるでしょう。

注意

下取り受付後は、旧端末を返却することはできず、中のデータも削除され復元できなくなります。

その為、下取りをする方は、バックアップをしっかりとっておく必要があります。

契約者が20歳以下の場合、親権者の同伴または同意書が必要となる点も覚えておいてくださいね。

続いてauの下取りに出すことのできる端末の条件を解説していきます。

正常に動作するのが大前提

auの下取りプログラムを利用できる機種は、故障や水濡れがなく正常に動作することが条件です。

初期化作業などを行う必要があるため下取りに出せるものは、必ず通常に動く端末に限り大前提の条件であることは頭に入れておきましょう。

つまり、逆を言えば画面割れや少々の破損であればauの下取りプログラムは利用ができるということです。

画面が破損していても下取りは出来ますが、もちろん還元ポイントが少なくなります。

破損している場合は、還元ポイントにより先に修理に出してから機種変更すると良いときもありますので工夫する必要はあるかもしれません。

auの下取りは、au以外で行なっている下取りより還元率が良いです。

本体だけあれば良いですし、他店であれば箱から充電器まで全て揃っていないと減額になるところが多いです。

受付基準が甘いので、auユーザであれば下取りはauでするのが1番良いです。

また、下取りが対象になっている機種も限定されています。

【2019年9月】下取り対象機種

auの下取りプログラムを利用するための条件をクリアする項目に対象機種であることが挙げられます。

現在利用している機種が下取り対象かどうかをまずは知る必要があり、下取り機種はauのホームページからいつでも調べれます。

au下取り対応機種一覧

他社からの乗り換え下取りの場合はこちら

※下取り対象機種・還元ポイントは流動しますので、随時確認してください。

このように、どんな機種でも大丈夫なわけではありません。

auの下取り対象機種は、KDDIに登録されている最新購入機種です。

また、下取り受付台数は1台のみであることもあわせて確認しておきましょう。

数年前までは、Androidはすべて3,000Pの還元でした。

しかし、最近ではXperiaやGalaxyの人気機種に限っては下取り額がかなり上がってきていますのでハイスペック機種をお持ちの人は要チェックでしょう。

【要確認】auで下取りができないケース

お伝えした条件をクリアしさえすれば、基本的にはauの下取りプログラムを活用しお得に機種変更することができます。

「正常に動作が可能」「画面割れ、破損してても対象となる場合がある」

このあたりの条件が少し曖昧になっているかと思います。

破損ってどこまでが破損なのか??人によっては捉え方が異なる部分でもあるかと思います。

どのようなケースだとauで下取りができないのか?詳しく見ていきましょう。

対象外機種

auで下取りができない大きな理由となるのが、正常に動かないということ。

具体的な症状はこちら↓

メモ

①電源が入らない
②充電をしても充電ランプが点灯しない
③本体のロックが解除できない
オールリセットが実施されていない
④本体水濡れシールに水濡れ反応がある
⑤製造番号が確認不可
改造されていたり、メーカー保証外となる場合
⑥契約者が下取り対象機種の所有権を有さない端末
⑦ネットワーク利用制限されている機種

上記のような症状である端末の場合は、残念ながらauの下取りに出せる状態ではないと判断することができます。

逆に、項目に当てはまるものがなければ問題なくauで下取り可能です。

充電に関しては、充電コネクタで充電が出来なくても、卓上ホルダで充電ができランプが点いたらOKとのことです。

多くの人が普通にスマホを利用していればとくに引っかかるような条件もないかと思います。

問題になるのが、画面割れの条件ですよね。

画面割れ品の基準

下取りをする際、基本的には使用に問題がない機種を出しますが中には画面が割れたものも下取りが可能です。

ただし、通常より還元ポイントが大きく減ってしまいます。

もとの三分の一以下になってはしまいますがauの下取りプログラムを利用することはできます。

気になるのが、画面割れの程度かと思いますが画面割れ品の基準は、特にないんです

バキバキに割れていても、少しのヒビでも下取り金額は同じです。

しかし、画面が割れていても、上記にあげている下取りの基準をクリアしていれば問題ありません。

画面が割れていて、タッチが反応しない等で初期化ができないとなると難しいですね。

大きく画面が割れていても下取りできるのはありがたいですが、その分還元ポイントは激減する点をふまえ下取りに出すのか?手元に落ちておくのか?判断するようにしましょう。

まずは、どのくらいの還元ポイントになるのかを見てもらうのが得策でしょう。

では、続いてはどのようにしてauの下取りプログラムを利用するのかいくつか方法がありますのでご紹介していきます。

【申し込み】au下取りプログラム3つの利用方法

au下取りプログラムを実際に活用してみたい場合に、知っておきたいのが申し込み方法です。

auの下取りは以下の方法に対応しています。

ポイント

・店頭下取り
・後日下取り
・郵送下取り

上記の3つの申し込み方法から自分の希望で自由に選択できます。

それぞれ下取りの申し込み方法に違いがありますので、一つ一つ見ていきましょう。

店頭下取り

店頭下取りは文字通り、各auショップに足を運び下取りに対応してもらう方法になります。

店頭下取りをすると、機種変更と同時に下取り登録が入ります。

店頭下取りをする場合の最大のメリットになるのが、WALLETポイントは当日付与され新しい機種に充当することができることです。

その場で還元ポイントを得られることで機種変更する端末代金が安くお得にすることが可能なんです。

注意点としては、旧機種は当日回収となりますのでバックアップをとっておく必要があります。

後日下取り

もし、下取りはしたいけど機種変更したその日に旧端末を差し出すのは抵抗がある人には後日下取りという申し込み方法がおすすめです。

後日下取りは、機種変更翌月末までに旧機種を機種変更した店舗に持っていく必要があります

その際に、「機種変更(端末増設)申込書(お客様控え)」と本人確認書類も持参してください。

機種変更当日に、機種を回収してほしくない方が選ぶ方法です。

WALLETポイントは、機種を回収するタイミングで付与される為、機種代金にポイントを充当することはできません。

郵送下取り

 

auの下取りは郵送にも対応しています。

もし、郵送下取りを利用するのであれば機種変更時に申込が必要になりますので気を付けましょう。

郵送下取りの流れ

①機種変更の際に下取りの申し込みをする
②下取り回収キットが届く
③下取り機種を返送
④確認後、2週間後にポイント還元

機種変更の約1週間後、auショップではなく、自宅に「下取り回収キット」が日本郵便「本人限定受取郵便(特例型)」で届きます。

契約者本人が確認書類を提示の上、受取りしなければいけません。

回収キット到着後10日以内に、返送用レターパックを使って下取り機種を発送します。

au下取り郵送受付センターで下取り機種が点検されると、約2週間程度でWALLETポイントが付与されます。

万が一下取りできなかった場合、旧機種は郵送で返却されます。

au下取りプログラムを活用し機種変更をお得に!

数年前までは画面が割れていても還元ポイントに減額はなかったのですが、ここ最近で減額になりました。

iPhone等については、破損していると他社の下取りショップで下取りすると、かなり安くなってしまいます。

それでも、auだと還元ポイントがいいので、機種変更して下取りするならauで行ったほうがいいでしょう

auオンラインショップでも下取りは可能なので、是非利用してみてください。

機種変更のやり方はこちらの記事で分かりやすく紹介してますので、よければ参考にして下さいね。

【誰でもできる】auオンラインショップで機種変更するやり方を画像付きでまる分かり!

新機種に変えたら旧機種を使う人はなかなかいないので、できる限り下取りした方が良いです。

注意

下取りの際には挿入されているメモリーカードやストラップなどのアクセサリー、付属品等は外してから機種を渡して下さい

下取りを活用することで機種本体も安くなりますし、旧機種の処理も出来るので一石二鳥ですよ。

データ移行を考えると後日下取りがおすすめ

通常下取りをすると、当日機種が回収されてしまいます。

後日下取りであれば下取りの機種回収のタイミングをずらすことで、新しい機種と旧機種が2台手元に残ります。

データの写し替えに自信がない方は、2台を見比べながらうつすことができます

当日下取りは、機種変更のときにデータを消すので万が一バックアップが取れていないと復元不可能です。
それを避けたい方が、選ぶ方法です。

今はauショップでデータの移し替えを全てしてもらうことが難しいため、自己責任でデータの保存をしなければいけません。

すべてのデータがうつるような機械が、auでも導入されれば良いのですが、個人情報漏洩の関係で難しそうです。

後日下取りも郵送下取りも後日ポイント付与なので、残念ながら機種代金に充てることはできません

しかし、そのポイントは様々な方法で利用することができます。

1番良いのは、毎月のau利用料金にポイントが充当することです。

3つのコースがあり、貯まっているポイントを6ヶ月にわたって請求書から引いてくれます。

絶対に損しない使い方ですよ!

他には、

ポイント

・auショップで取り扱っているケースやフィルム等のアクセサリーをポイント交換
・au WALLETプリペイドカードへチャージすればMasterCard加盟店で買い物
・auでの修理代金に充てたり、auかんたん決済を利用したコンテンツ購入

無駄にならないので安心です。

有効期限は4年間あるので、次回の機種変更に使うと言うのもありですよ。

ぜひ、上手にau下取りプログラムを利用していきましょう。

-au

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.