au

auからUQモバイルに乗り換えて後悔する人が多い?理由を徹底解説

auからUQモバイルに乗り換えると後悔する人が意外と多いって聞くけど…どうして?

UQモバイルは、auの電波回線を利用した格安SIM。

auを利用していた人は同じ電波エリアを利用できて、月額料金を安くすることができると考えてUQモバイルに乗り換えている人が多い印象があります。

しかし、auからUQモバイルに乗り換えたことを後悔している人が非常に多くなっています。

この記事では、auからUQモバイルに乗り換えるとどんなデメリットがあるのか、どんな違いがあるのかについて詳しくお話しています。

特に、auで家族割プラスが適用になって月額料金が安くなっている人は、UQモバイルにすると損することになるかもしれません。

電波状況が悪い地域に住んでいる人も注意が必要です。

現在auを利用していて、これからUQモバイルに乗り換えを検討しているという人は、乗り換えの前に本当にUQモバイルにするとお得になるのか、この記事を参考に考えてみてくださいね。

→auショップ頭金無料の店舗

合わせてどうぞ
【見つけた!】auショップで頭金無料の店舗があるか調べたみた結果・・

auショップでよく目にする「頭金」の文字。 あまり深く考えることなく機種変更されてる人のほうが多いかもしれませんね。 たぶん、半分以上の割合いで頭金の請求をされ支払っていると思います。 頭金を支払うの ...

auからUQモバイルに乗り換え後悔する理由~料金プラン・端末代~

 

au UQモバイル
大容量プラン auデータMAXプランNetflixパック(月額7,880円)

 

データ容量無制限 スマホプランL(月額3,980円) 14GB
中容量プラン auフラットプラン20N(月額6,000円)

 

20GB スマホプランM(月額2,980円) 9GB
低用量プラン 新auピタットプランN(月額2,980円~5,980円) 0GB~7GB スマホプランS(月額1,980円) 3GB

auでは、現在契約することができるスマホ専用の料金プランは全部で6種類。

データ容量や利用方法によって自分に合った料金プランを選ぶことができます。

上記のように、大容量プランならデータ容量無制限で使い放題になるauデータMAXプランがあり、NetflixパックとProの2種類から選ぶことができます。

中容量なら20GBのフラットプランまたは25GBまで利用できて、NetflixもパックになったフラットプランNetflixパックもあります。

低用量プランを利用するなら、0GB~7GBまでのデータ容量があり、毎月使った分の定額料金を支払うことができるピタットプランを提供。

データ利用量に応じて幅広く対応しています。

一方、UQモバイルの料金プランは、データ容量に応じて3つのプランから選択。

データ容量が足りなくなったら500MBにつき500円でチャージすることが可能です。

auからUQモバイルの違いについて、UQモバイルで注意しなくてはならない点を詳しく解説していきます。

大容量プランがない

解説したように、auではデータ容量無制限で利用できる使い放題プランがありますが、UQモバイルでは最大14GBのデータ容量までの料金プランしかありません

通話オプションに加入することと、auIDを登録することでデータ容量が3GBまでアップするキャンペーンなどもあります。

それでも最大17GBまでしか利用することができないので、データ容量が足りな過ぎてauから乗り換えたことを後悔する人が多くいます。

もっとたくさんのデータ通信を行いたい場合は、データ容量がなくなるたびにデータチャージをすることで利用することが可能

ですが、500MBにつき500円の追加料金が必要になります。

もしも30GBも利用しようとするなら13GB分のチャージが必要となり、13,000円もの追加料金がかかってしまいます。

auではデータ容量無制限でも月額7,880円で使い放題です。

たくさんデータ通信を行いたい人はUQモバイルに乗り換えると毎月の利用料金が高くなってしまうので注意が必要です。

家族割引は割引額が少ない

UQモバイルには、家族でUQモバイルを利用すると月額料金が500円割引きになるUQ家族割がありますので、家族で利用したほうが安く利用することはできます。

UQモバイルの家族割

しかし、UQモバイルの家族割は、主回線は割引きが適用にならず、2台目以降からしか割引きが適用になりません

家族で2台加入時 家族で3台加入時
UQモバイル au UQモバイル au
1台目 0円 -500円 0円 -1,000円
2台目 -500円 -500円 -500円 -1,000円
3台目 -500円 -1,000円
合計 -500円 -1,000円 -1,000円 -3,000円

家族割引きの割引額を比較してみると、auでは家族割が適用になればすべての回線が割引きの対象になります。

→auの家族割

2台でも1,000円割引き

3台以上では1台につき1,000円ずつ割引き

3台なら3,000円も月額料金を割引することができます。

UQモバイルでは2台の家族割なら500円、3台でも1,000円の割引きにしかなりません。

家族全体の利用料金で比較してみると、auの方が家族が多ければ多いほど安く利用することができます

auとUQモバイルの家族割利用時の月額料金

au 月額料金 ~1GB ~4GB ~7GB
2,980円 4,480円 5,980円
家族割プラス(3人以上) -1,000円
合計 1,980円 3,480円 4,980円
UQモバイル 月額料金 3GB
1,980円
UQ家族割(2台目以降) -500円
合計 1,480円

1台だけで比べてみると、データ容量が3GBまでの場合はauなら家族3台以上で利用なら月額1,000円が割引きになり月額1,980円で利用可能。

UQモバイルでは2台目なら月額1,480円で利用することができます。

au UQモバイル
1台目 1,980円 1,980円
2台目 1,980円 1,480円
3台目 1,980円 1,480円
合計 5,940円 4,940円

しかし、それぞれ家族3台で利用していた場合、月額料金の総額の差はたったの1,000円しかないということ。

UQモバイルの料金が家族割を利用してもそこまで安くなっていないということが分かります。

逆に言えば、auを家族で3台以上利用すれば月額料金を大幅に安くすることができるということです。

UQモバイルとほぼ同じくらいの料金で利用することができるため、わざわざUQモバイルに乗り換えるメリットがないということになります。

最新のiPhoneやandroidスマホを安く買う方法がない

UQモバイルで最新のiPhoneを利用したいなら、SIMフリー端末を購入するか中古の端末を購入するしかありません。

androidスマホは最新モデルも販売されたりはしていますが、ハイエンドモデルは販売されていません。

androidスマホで最新のハイエンドモデルを利用するなら、他社などで端末だけ購入する方法になってしまいます。

つまり、UQモバイルで販売していないハイエンドモデルを利用するなら、端末の割引きなどが利用できずに実費で購入することしかできないということ。

結果、月額料金が安くなっても本体価格が高くなってしまって結局スマホ代は安くなるどころか高くなってしまう可能性があります。

しかも他社で購入した端末はSIMロックがあるため、購入から100日間はロックを解除することができないというデメリットも考えなければいけません。

利用したいスマホがUQモバイルになくて、auから乗り換えたことを後悔する人は少なくありません。

auでは、最新のiPhoneやandroidスマホを独自の購入サポートで安く購入したりすることができます。

iPhone11pro Appleストア au
106,800円 127,440円
購入サポート利用時 84,960円

iPhone11proを利用したい場合、UQモバイルではAppleストアや中古で購入することになります。

その場合は本体価格106,800円がまるまる負担して購入することになります。

auではアップグレードプログラムNXを利用することで、36回の分割で購入して24回目の分割金を支払った後にauに端末を返却すると、残りの分割金の支払いが不要。

実質負担金が3分の2程度で購入することが可能となります。

アップグレードプログラムを利用すれば、2年毎に残債金なしで最新のスマホに買い替えることができます。

2年おきぐらいにスマホを買い替えたい人や、最新のスマホを利用したい人、スペックが高いスマホを使いたい人はUQモバイルにすると損してしまうことになりますよ。

auからUQモバイルに乗り換え後悔する理由~電波・通信速度~

auからUQモバイルに乗り換え後悔する人が多い理由は料金面だけではありません。

電波状況や通信速度も関係しています。

電波が悪い

UQモバイルはauの電波回線をレンタルして利用者に提供をしていますので、「UQモバイルのエリア=auのエリア」と考えることができますよね。

しかし、実際にはauからUQモバイルに乗り換えたら自宅まで電波が入らなくなった、使えていた地域で使えなくなったという事例がたくさんあります。

実は、UQモバイルではauの4GLTE回線でしか利用することができなません。

auが3G回線でカバーしている地域では利用することができないのです。

auの電波は全国どこででもつながるということで人気があり、山奥の地域や他キャリアの回線では電波が入らないところでも利用ができたりします。

山奥の地域や一部エリアでは4Gの電波が入りにくいのが事実。

auの3G回線で利用ができているのに、4GのUQモバイルに乗り換えたら当然電波が入らなくなってしまいますよね。

なので、auのエリアになっている場所でもUQモバイルにすると利用することができなくなるという可能性があるので注意が必要です。

通信速度が遅い

電波だけでなく、通信速度についてもauとUQモバイルでは違いがあります。

UQモバイルはauの通信設備の一部をレンタルして運用していますので、auに比べたら通信できる容量が小さいということになりますよね。

そのため、朝の出勤・通学や夜などのデータ通信が混みあう時間帯は、通信速度が低下していつものようにデータ通信を行えないことがあります。

メッセージの送受信やSNSの閲覧くらいでは気になりません。

インターネットサイトを閲覧したり、動画視聴などはデータ通信が遅すぎてまったく利用ができないことは十分にありえます。

UQモバイルに乗り換えたら思うようにデータ通信を行うことができなくて後悔しているという人が多くなっています。

節約モードでは動画やゲームは利用できない

UQモバイルではデータ通信時は

通信速度が早い「ターボ」

通信速度が遅い「節約モード」

いずれかを利用することができ、節約モードで利用している間はデータ消費ゼロで利用することも可能です

はてな

節約モードを利用すれば、無制限でデータ通信をすることができるのでは?

と思いますよね。

確かに、節約モードでSNSやメッセージの送受信、音楽を楽しむことは可能です。

しかし、速度は300Kbpsに制限されているため、動画やゲームなどの場合は遅すぎて利用することは不可能と言えます。

動画やゲームなど大容量のデータ通信を無制限で利用するということはUQモバイルではできません。

LINEなどのアプリで年齢認証ができない

UQモバイルではLINEアプリで年齢認証をすることができません

年齢認証ができるのは、大手キャリアとワイモバイル、LINEモバイルだけです。

UQモバイルに乗り換えると、今までLINEで利用できていた機能の一部に利用することができないものが出てきます。

・ID検索
・電話番号検索
・IDによる友達追加

LINEでは年齢認証をすることによって、ID検索や電話番号検索を行うことができるようになっています。

ID検索などが利用できなくなれば、友達をLINEに追加するならQRコードを表示させて追加をしたり、ふるふる機能でお互いがそばにいる状態で登録するという方法になってしまいます。

ID検索を利用して友達追加などをしていた人は、不便に感じてしまいますね。

auからUQモバイルに乗り換えて後悔する理由のまとめ

auとUQモバイルの違い

  • UQモバイルはデータ容量無制限や、大容量で利用することができない
  • 家族割を利用すると、UQモバイルとauの料金プランの価格には大きな差はない
  • UQモバイルの電波は4G回線のみのため、auの3G回線のエリアでは利用することができない
  • 最新のハイエンドモデルを安く購入することができない

UQモバイルは、月額料金が安いということで人気のある格安SIMです。

実際のところは月額料金はそこまで安くないということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、電波もauと同じだと言われていますが、auでは4G回線と3G回線の両方を活用することによって日本全国どこででも繋がるということを実現しています。

4G回線しか利用することができないUQモバイルでは、一部の地域や場所では電波が繋がらなくなって利用できなくなってしまったということもあります。

このように、格安SIMだから安いはずだ、auの回線だからauから乗り換えても問題なく利用できるはずだと考えていた人は、乗り換えて後悔する可能性も十分に考えられます。

むしろ、他社からauへの乗り換えを考える人が多いほどです。

詳しくはこちら
【顧客満足度NO.1】auのいいところ|他社から乗り換えるメリットはあるか?

「auのいいところって何?他社と比べてどんなメリットがあるのか知りたい…」 auは、2019年携帯電話サービス顧客満足度調査にて第1位を獲得しました。 これにより4年連続「顧客満足度No.1」です。 ...

auからUQモバイルに乗り換えるときは注意が必要です。

-au

Copyright© スマホログ , 2020 All Rights Reserved.