au

【au】アップグレードプログラムNXは良くなった?DXとは何が違うか解説

投稿日:

auでは10月に新しくアップグレードプログラムDXが始まったばかりですが、アップグレードプログラムDXは10月31日をもって新規受付を終了することが決まりました。

代わりにアップグレードプログラムNXの提供が11月1日から開始します。

NXではプログラム利用料が無料になり、36回の分割払いになりますので、今までのDXとは毎月の負担金が変わってきますし、適用条件も変更されています。

人によってDX方がお得になる場合と、NXの方がお得になる場合が出てくることになるので、そろそろauで買い替えを検討していた人は、DXを利用できるうちに買い替えるべきなのか、NXになったら買い替えた方が得なのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

正直、アップグレードプログラムDXからアップグレードNXになることで受けれる恩恵としてはどう変わったのか?しっかりと理解ができてない人もいるかもしれませんね。

auのアップグレードプログラムDXとNXの何がどう違うのか詳しく解説していきますので、買い替えを検討していた人はぜひ参考にしてみてくださいね。

【2019年11月1日~】auアップグレードプログラムNXの内容

参照:auアップグレードプログラムNX

アップグレードプログラムNX

・プログラム利用料は無料
・分割支払い回数は36回
・最大12回分の分割支払い金が不要になる
・端末を返却すること

11月1日からスタートする新しいアップグレードプログラムNXの内容についてまとめました。

アップグレードプログラムNXは、端末を36回払いで購入して24回目まで分割金を支払い、25か月目以降に端末をauに返却すると、残りの分割金の支払いが不要になります。

アップグレードプログラムNXのプログラム利用料は無料なので、アップグレードプログラムNXを申し込むだけで利用することができます。

対象機種は現在発表されているのが、iPhone11、iPhone11Pro、iPhone11ProMAX、その他のスマートフォンとなっているので、11月1日に正式に対象機種も発表されると思います。

アップグレードプログラムNXの注意点

注意

・返却するスマホに破損や故障などがないか査定される
・回収時の査定で条件を満たさなかった場合は、最大22,000円(不課税)のお支払いが必要です
・購入する際はauでの回線契約が必要
・残債金を一括清算すると、適用対象外となる

アップグレードプログラムNXでも、返却する端末に破損や故障がないかの査定があります。

この査定で破損や故障があると、最大22,000円を支払わなければならないという点はアップグレードプログラムDXと同じになっているので、端末を壊さないように注意する必要があります。

アップグレードプログラムNXの場合は、auの回線を利用するauユーザーしか利用することができません

【おさらい】アップグレードプログラムDXの内容

アップグレードプログラムDX

・プログラム利用料390円
・分割支払い回数は48回
・最大24回分の分割支払い金が不要になる
・次回の機種をauで購入して、現在の端末を返却すること

まずは、10月31日まで利用することができるアップグレードプログラムDXの内容について確認していきましょう。

簡単にまとめているので、DXについて詳しく知りたい場合はこちらの記事にも書いてます↓

【注意点あり】auでiPhone11を購入するならアップグレードプログラムDXに加入すべき?

アップグレードプログラムDXは、端末を48回払いで購入して24回目まで分割金を支払い、25か月以降にauで機種を買い替えて、端末をauに返却すると残りの分割金の支払いが不要になるという購入サポートプログラムです。

プログラムは有料で、プログラム利用料390円×24回(総額9,360円)を支払う必要があります。

端末を購入してから25か月目に買い替えをすれば、実質半額で最新機種を購入することができ、2年くらいで次々新しいスマホに買い替えることができるという内容でした。

アップグレードプログラムDXの注意点

注意ポイント

・返却するスマホに破損や故障などがないか査定される
・回収時の査定で条件を満たさなかった場合は、最大22,000円(不課税)の支払いが必要になる
・購入日から100日間は、SIMロック解除のお手続きができない
・ただし、au回線で契約せずに、他社回線で利用する目的で購入した場合は、auショップに行ってSIMロック解除の手続きをすれば、購入した端末の割賦代金2カ月分の金額を預り金として支払えば、100日待たずにSIMロック解除が可能
・アップグレードプログラムDXを利用するためには、次回もauで端末を購入しなければならないという縛りがある
・残債金を一括清算すると、適用対象外となる

auに端末を返却する場合、端末に不具合がないか、電源がきちんと入るか、画面は割れていないか、水濡れの反応はないかなど必ず査定を受ける必要があります。

この査定で端末に故障や破損などauで定めた項目で異常があった場合は、最大で22,000円を支払わなければならないので、端末の取り扱いには注意が必要です。

また、auの回線じゃなくても他社回線でauの端末を購入することも可能ということになっていますが、SIMロックがかかっている状態なので100日間待ってからロック解除を行うか、ショップで2か月分の分割金を支払ってロック解除を行う必要があります。

一番注意するべきことは、アップグレードプログラムDXを利用したいのなら、次回の端末もauで買い替えなければならないということです。

アップグレードプログラムDXの適用条件には、【au取り扱い店で機種を買い替えること】と【端末をauに返却すること】の2つがあります。

そのため、アップグレードプログラムDXを利用したいなら次回もauで端末を購入するという縛りが発生してしまうことになります。

【何が変わる?】アップグレードプログラムDXとNXの違いを比較

アップグレードプログラムDX アップグレードプログラムNX
プログラム利用料 390円×24回 無料
分割支払回数 48回 36回
プログラム特典 分割支払金を最大24回分免除 分割支払金を最大12回分免除
返却時の査定 必要 必要
査定条件を満たさなかった場合 22,000円 22,000円
au回線契約 不要 必要
適用条件 端末を返却して新しい端末を購入すること 端末を返却すること

アップグレードプログラムDXとNXの内容と注意点を確認しましたので、続いてアップグレードプログラムDXとNXの違いを比較してみましょう。

似たような名前ですが内容はガラリと変わることになりますので、内容が変わる部分をそれぞれ詳しく解説していきますね。

プログラム利用料は390円→無料になる

プログラム利用料は、DXは月390円で24回分支払いをする必要がありました。

48回払いのうち24回の分割金の支払いが免除になるので端末代金は実質半額になるという内容でしたが、実際は端末代金の他に利用料として9,630円をさらに支払うということになるので、半額にはならないという問題がありました。

新しいNXでは、プログラムは無料で利用することができるので、端末の代金以外に払わなければならない料金というのが発生しないためシンプルで分かりやすくなりました。

分割支払回数が48回払い→36回払いに変更


DXは48回払いでしたがNXは36回払いになるので、端末の月々の負担額はNXの方が大きくなります

例えば、50,000円の端末を48回の分割にすると月々の負担金は1,042円ですが、36回の分割になると1,389円になって約300円の増加です。

24回分にすると7,200円も差が出るので、負担額だけで考えればDXの時よりも損するということですよね。

48回払い中最大24ヶ月分の支払い免除→36回払い中最大12ヶ月分の支払い免除

DXを利用した場合は、48回払いのうち最大24回分の支払いが不要になるという内容でしたが、NXの場合は36回払いのうち最大12回分の支払いが不要になるということになり、プログラム特典の割引き額が減ってしまうことになります。

プログラム利用料が無料になる分お得に見えますが、支払い回数が少なくなる分支払う金額が大きくなって、割引きが少なくなってしまっていますね。

支払い総額という部分ではDXの方がお得だったということになってしまいます。

回線の縛りなし→au回線のみの対象に変更

アップグレードプログラムDXのポイントは、auユーザーじゃなくてもauの端末を安く購入することができるというところでした。

しかし、NXではauで回線を契約する必要があるため、現在他社で契約している人がauの端末をアップグレードプログラムNXを利用して購入したいということなら、他社からMNPで乗り換える必要があります。

機種を買いかえること→auに返却することのみ条件が変更

DXの適用条件は、【au取り扱い店で機種を買い替えること】と【端末をauに返却すること】の2つがありましたが、NXでは【端末をauに返却すること】のみになりました。

auで機種を買い替えることという縛りがなくなったということになりますよね。

なので、アップグレードプログラムNXを利用してauを使っていた人が、25か月目に解約して他社に行く時でも、端末をauに返却すれば残りの分割金の支払いは不要になります。

DXでは次回もauで買い替えなければプログラムが適用されませんでしたので、実質的な縛りがありましたが、適用条件が緩くなったことで他社に乗り換えやすくなりました。

【iPhone11で計算】auアップグレードプログラムDXとNXの料金の違い

アップグレードプログラムDXとNXの内容や変わったところについて解説してきましたが、実際どのくらい金額が変わるのかというのが気になるところですよね。

iPhone11を購入した場合、DXとNXではどう変わるのか計算してみました。

アップグレードプログラムDX適応時の料金

iPhone11 64GB(90,720円) 1,890円×48回
プログラム利用料(9,360円) 390円×24回
25か月目で買い替えた場合 54,720円

アップグレードプログラムDXでiPhone11を購入した場合は、25か月目に別の機種に買い替えてiPhone11をauに返却すると、分割金1,890円の24回分の支払いとプログラム利用料の総額合わせて54,720円の支払いということになります。

アップグレードプログラムNX適応時の料金

iPhone11 64GB(90,720円) 2,520円×36回
25か月目で買い替えた場合 60,480円

アップグレードプログラムNXでiPhone11を購入した場合は、25か月目にauにiPhone11を返却すると、分割金2,520円の24回の支払いのみで総額60,480円の支払いです。

新しいアップグレードプログラムNXの方が分割回数が36回になるので値引き総額は少なくなり、支払い総額は増えていますね。

auアップグレードプログラムNXで実質の4年縛りがなくなったのはメリット!

アップグレードプログラムDXとNXを比較していると、一見するとシンプルで分かりやすくなったので良くなったようにも感じますが、分割回数が少なくなったことで端末代金の負担額は大きくなりましたので、お得感で言ったらあまり良くなっていないんですよね。

本体端末代が高い機種の購入であった場合は、NXよりもDXのほうが安くなっていました。

しかし、2年後もauを利用するかわからないという人からすれば、適用条件が緩和されたことで次回の端末を他社で購入することができるという部分でメリットがあると言えます。

また、DXの場合は48回払いの実質4年間の縛りがありましたがNXでは長期縛りがなくなったのが大きいでしょう。

最近はどこのキャリアでもさまざまな料金プランやサービス、販売方法を発表していて、今後どんなサービスになるのかわからないという部分が大きいので、2年後もずっと同じキャリアで契約するのがお得かどうかはその時にならないとわからないですよね。

それを考慮すると、毎月の負担は増えてしまいますが、適用条件が緩和されてauを解約して他社に行くとしても、端末さえ返却すれば分割金の支払いが免除になるという方がメリットがあるように感じます。

ポイント

・プログラム利用料がDXでは9,360円かかり、NXでは無料になる

・分割支払い回数はDXが48回でNXは36回払い

・支払い回数が少なくなったことによって、分割支払金の負担が増える

・次回の端末をauで買い替えなければならないという条件がなくなった

アップグレードプログラムDXとNXの違いについて解説してきました。

プログラム利用料が無料になったことでNXの方がお得になったというように見えますが、実際は分割支払回数が48回から36回に減ることで、支払う端末代金の総額が増えています

そのため、ずっとauを利用しようと思っていた人からすると、負担金が増えるのであまり良くなっていないという結論になります。

auから他社に行くということなら、24回の支払いを終えて端末を返却さえすれば、残りの分割金の支払いが免除されて他社に乗り換えることができるという点では、DXよりも良くなりました。

結果的にDXよりも内容が分かりやすくなっているので、利用しやすいと感じる人は多くなるのではないでしょうか。

auユーザーは2年後解約をする可能性がある人で、買い替えを検討していた人は11月以降にNXを利用して購入するのがおすすめです。

今後もずっとauしか使わないと決めているという人は、10月まで利用することができるDXの方が負担金が少なくなりますので、10月中に買い替えをしてしまった方がお得ですよ。

-au

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.