au

ケータイ→auスマホ割とは?「プラス」との違いは何か徹底解説!

ケータイ→スマホ割ってどんなサービス?ケータイ→スマホ割プラスとは何が違う?

auでは、スマホデビューをする人が毎月の月額料金をお得にすることができる、

ケータイ→スマホ割

ケータイ→スマホ割プラス

という2つの割引きキャンペーンを行っています。

2つとも同じような名前なので、「違いは何?」「どちらがお得?」など、どっちのサービスを利用するべきか悩んでしまう人が多いです。

結論からお伝えしておきますが、ケータイ→スマホ割とケータイ→スマホ割プラスでは対象の料金プランや割引期間、割引額、条件などが全く違います。

この記事では、ケータイ→スマホ割とケータイ→スマホ割プラスの違いはもちろんそれぞれの割引きサービスはどのような人におすすめなのかについてお話しています。

→auショップ頭金無料

合わせてどうぞ
【見つけた!】auショップで頭金無料の店舗があるか調べたみた結果・・

auショップでよく目にする「頭金」の文字。 あまり深く考えることなく機種変更されてる人のほうが多いかもしれませんね。 たぶん、半分以上の割合いで頭金の請求をされ支払っていると思います。 頭金を支払うの ...

ケータイ→auスマホ割とは?

参照:ケータイ→auスマホ割

ケータイ→auスマホ割は、毎月最大1,700円を12か月間割引くサービスです。

auケータイからスマホに機種変更または他社ケータイから乗り換える

対象の料金プランを契約する

適応させるためには上記の条件を満たす必要があります。

ケータイからスマホに初めて買い替える人限定の割引きサービスで、2019年10月1日から受付がスタートしました。

受付期限はありませんので、これからスマホに買い替える人は対象のプランで契約するだけで月額料金を安く抑えることができます。

対象料金プランは新auピタットプランNのみ

ケータイ→auスマホ割が適用になる条件を詳しく見ていきましょう。

現在auを利用している人の中で、3Gのガラケーを利用している人が初めてスマホに機種変更をする

他社で3Gのガラケーを利用している人がauでスマホに乗り換える

ケータイ→auスマホ割を利用することができます。

4Gのガラケーだった場合には適用外となるため、あくまでも対象は3G回線のガラケーを利用している人が対象です。

料金プランについては、auの新料金プランである新auピタットプランNを契約することが条件。

それ以外の料金プランで契約をしたり、途中で他のプランに変更すると割引きが適用されなくなってしまいます。

適応後の月額料金早見表

料金プラン通話定額サービス割引額
新auピタットプランN加入なし

通話定額ライト

翌月から-1,000円×12か月
通話定額翌月から-1,700円×12か月

ケータイ→auスマホ割の割引額は、通話定額サービスによって金額が変わります。

通話定額ライト(月額700円):5分以内の国内通話が無料

通話定額(月額1,700円):24時間国内通話が無料

\通話定額サービス加入なしの場合の月額料金/

データ利用量~1GB~4GB~7GB
月額料金(2年契約N適用時)2,980円4,480円5,980円
ケータイ→auスマホ割

翌月から12か月間-1,000円

auスマートバリュー

翌月から-500円

家族割プラス(3人以上)

翌月から-1,000円

合計980円1,980円3,480円
13か月目~1,980円2,980円4,480円

\通話定額ライトに加入した場合の月額料金/

データ利用量~1GB~4GB~7GB
月額料金(2年契約N適用時)2,980円4,480円5,980円
通話定額ライト

700円

ケータイ→auスマホ割

翌月から12か月間-1,000円

auスマートバリュー

翌月から-500円

家族割プラス(3人以上)

翌月から-1,000円

合計1,680円2,680円4,180円
13か月目~2,680円3,680円5,180円

\通話定額に加入した場合の月額料金/

データ利用量~1GB~4GB~7GB
月額料金(2年契約N適用時)2,980円4,480円5,980円
通話定額

1,700円

ケータイ→auスマホ割

翌月から12か月間-1,700円

auスマートバリュー

翌月から-500円

家族割プラス(3人以上)

翌月から-1,000円

合計1,980円2,980円4,480円
13か月目~3,680円4,680円6,180円

ケータイ→auスマホ割が適用になると、最安値月額980円~利用することができます。

条件はこちら↓

・1GB以下のデータ使用量であること
・家族割プラスに3人以上で加入していること
・通話定額サービスを利用しないこと

ケータイ→auスマホ割のみだけではなく、他の割引きサービスも併用することが必要になります。

auスマートバリュー

家族割プラス

結果、最安値月額980円で12ヶ月間auのスマホを持てるのでうまく活用するべきだと言えるでしょう。

ケータイ→auスマホ割プラスとは?

参照:ケータイ→auスマホ割プラス

続いて、ケータイ→auスマホ割プラスの内容について解説していきます。

ケータイ→auスマホ割プラスとは、月額料金が最初の1年間は2,000円引き、2年目以降は永年1,000円が割引きになります。

auケータイからスマホに機種変更、他社ケータイからauに乗り換え

対象の料金プランを契約する

と、同じく条件を満たす必要はあります。

受付期間は2019年10月1日~2020年3月31日までの期間限定の割引きサービスです。

ケータイ→auスマホ割と同じように、3Gガラケーからスマホに買い替える人限定の割引きサービス。

ですが、割引額や割引き期間に違いがあり受付期間も限定されているという点で違いがありますね。

対象料金プランはauピタットプランN(カケホ/s)(スーパーカケホ/s)

ケータイ→auスマホ割プラスの条件は、auの3Gガラケーからの機種変更、または他社の3Gガラケーからの乗り換えの場合に適用になります。

ケータイ→auスマホ割と同じですね。

ただ、対象の料金プランはケータイ→auスマホ割とは違います。

auピタットプランN(カケホ/s)

auピタットプランN(スーパーカケホ/s)

いずれかで契約することが条件です。

auピタットプランNとは?+

auピタットプランNは、旧プランのauピタットプランと同じようなプランで、データ容量が最大20GBまで利用することができ、毎月使った分だけの定額料金を支払うことができる変動型の料金プランです。

新auピタットプランNと似ていますが、新auピタットプランNではデータ容量が最大で7GBまでしか使えないのに対して、auピタットプランNではデータ容量が最大20GBまで利用することが可能という点に違いがあります。

・スーパーカケホ/s:5分以内の国内通話が無料
・カケホ/s:国内通話が24時間無料

auピタットプランNには、カケホやスーパーカケホといった名称が付いていますが、これらは通話定額サービスもセットになったサービスになっています。

auピタットプランN(スーパーカケホ/s)なら5分以内の通話が無料になる、auピタットプランN(カケホ/s)なら24時間国内通話を無料で利用できるので、音声通話をどのくらいするのかでプランを選択することになりますよ。

適応後の月額料金早見表

\auピタットプランN(スーパーカケホ/s)場合の月額料金/

データ容量~1GB~2GB~3GB~5GB5GB超~20GB
月額料金(2年契約N適用時)3,480円4,480円5,480円6,580円7,480円
ケータイ→スマホ割プラス

翌月から12か月間-2,000円(2年目以降永年-1,000円)

auスマートバリュー

翌月から-500円

翌月から-1,000円

合計980円1,980円2,480円3,480円4,480円
2年目以降1,980円2,980円3,480円4,480円5,480円

\auピタットプランN(カケホ/s)利用場合の月額料金/

データ容量~1GB~2GB~3GB~5GB5GB超~20GB
月額料金(2年契約N適用時)4,480円5,480円6,480円7,480円8,480円
ケータイ→スマホ割プラス

翌月から12か月間-2,000円(2年目以降永年-1,000円)

auスマートバリュー

翌月から-500円

翌月から-1,000円

合計1,980円2,980円3,480円4,480円5,480円
2年目以降2,980円3,980円4,480円5,480円6,480円

auピタットプランN(スーパーカケホ/s)で契約すること

データ利用量が1GB以下であること

auスマートバリューを申込むこと

の条件を満たすことで、ケータイ→スマホ割プラスを利用すれば月額980円で利用することができます。

ケータイ→auスマホ割とケータイ→auスマホ割「プラス」の違い

料金プランケータイ→スマホ割ケータイ→スマホ割プラス
受付期間2019年10月1日~2019年10月1日~2020年3月31日
適用条件

auケータイ(3G)からスマホに機種変更

または

他社3Gケータイからスマホに乗り換え

対象料金プラン新auピタットプランNauピタットプランN(スーパーカケホ/s)

auピタットプランN(カケホ/s)

割引期間12か月間永年
割引額通話定額サービスなし:1,000円

通話定額ライト:1,000円

通話定額:1,700円

12か月間:2,000円

13か月目以降:1,000円

併用可能な割引きサービス・家族割プラス

・auスマートバリュー

・auスマートバリュー
最安値980円で利用するための条件家族割プラスを3人以上で契約auスマートバリューを契約

2つの割引きサービスを比較してみると、対象料金プランや割引き条件などが全く異なることがわかります。

結局、どちらのプランもデータ容量が1GB以下だったら月額980円の最安値で使えるお得な割引きサービスではあります。

では、ケータイ→スマホ割かケータイ→スマホ割「プラス」どっちのサービスを利用したほうがお得なのか?という点が気になりますよね。

ケータイ→スマホ割がおすすめな人

こんな方におすすめ

  • 家族で3回線以上をauで契約している人
  • データ利用量が4GB以下の人

新auピタットプランNは、家族割プラスが適用になることで月額料金が最大1,000円割引きになります。

データ容量が1GB以下ならauスマートバリューは適用外。

実質的に最安値980円で利用するには、家族割プラスが3人以上で適用になるだけで最安値になります。

また、データ利用量が1GB以下の場合は、ケータイ→スマホ割プラスでも月額980円で利用が可能ですが、データ容量が4GB以下だった場合の月額料金には2つのプランには大きな違いがでてきます。

新auピタットプランN~1GB~4GB~7GB
割引適用後の月額料金980円1,980円3,480円
auピタットプランN(スーパーカケホ/s)~1GB~2GB~3GB~5GB~20GB
割引適用後の月額料金980円1,980円2,480円3,480円4,480円

ケータイ→スマホ割プラスが適用になるauピタットプランNは、データ容量が1GBまで、2GBまで、3GBまでといったように、定額料金が細かくわかれています。

一方でケータイ→スマホ割が適用になる新auピタットプランNは、データ容量が1GBまで4GBまで7GBまでの3段階。

新auピタットプランNで1GB~4GBまで利用した月額料金

auピタットプランNでは1GB~2GBまでの月額料金

月額1,980円と同じ

そのため、データ利用量が1GB~4GB利用する場合は新auピタットプランNの方が安くなるため、ケータイ→スマホ割の方がお得ということになりますよ。

参考記事
【au】家族割プラスとは?申し込みしないと損する理由|お得さを実例つきで解説

「au家族割プラスとは何?申し込むとどれだけお得になるの…?」 と、auユーザーの人でこれから機種変更を考えているなら悩むはず。 家族で対象の料金プランを利用 回線数に応じた割引き au家族割プラスを ...

ケータイ→スマホ割「プラス」がおすすめな人

こんな方におすすめ

  • 家族でauを使っていない人
  • 家族以外への5分以内の通話をたくさんする人

一方で、ケータイ→スマホ割プラスがおすすめ人は、家族でauを契約していない人に対しておすすめです。

ケータイ→スマホ割プラスは、家族割プラスが適用にならないauピタットプランNが対象プラン。

単独でauを使っていてもケータイ→スマホ割プラスで月額2,000円も割引くことができます。

自宅のインターネットや固定電話などをauで契約するなら、データ容量が1GB以下でも500円割引くこともできるため、家族みんなでauを使っていなくても月額料金を最安値にすることが可能です。

また、auピタットプランN(スーパーカケホ/s)には5分以内の通話が無料になるサービスもセットになって最安値980円。

5分以内の通話をたくさんする場合は、ケータイ→スマホ割よりも安く利用することができます。

ケータイ→スマホ割とケータイ→スマホ割「プラス」の違いについてのまとめ

ケータイ→スマホ割は、新auピタットプランNでスマホデビューすることで適用になる料金プラン。

家族3人以上でauを利用することで、月額料金をさらにお得にすることができます。

ケータイ→スマホ割プラスは、auピタットプランNでスマホデビューするなら月額料金が2,000円も割引きが適応。

家族でauを利用していなくても、ケータイ→スマホ割と同じく最安値980円~スマホを持つことが可能です。

似たような名前の割引きサービスですが、割引条件や割引額が全く違うので、利用状況に応じて割引きサービスを選択する必要があります。

どちらの割引きサービスを使ってスマホデビューする方がお得なのか、よく考えてみて下さいね。

-au

© 2020 スマホログ