楽天モバイル

楽天アンリミットに子供が契約する方法|中学生・高校生でも可能か?

楽天アンリミットは中学生や高校生の子どもの名義で契約できる?

子どもが契約する場合に必要な書類は?

子どもが契約する方法はどうなってる?

など、楽天アンリミットを子ども名義で契約する方法について詳しく解説していきます。

楽天モバイルは、親権者の同意があれば未成年でも契約することができます

ポイント

18歳以上か…

18歳未満か…

楽天アンリミットを子どもが契約するときのポイントは、年齢によって契約方法が異なってくるということです。

これから楽天アンリミットを契約する予定の人で、子ども名義で契約しようか、保護者名義で契約してようか悩んでいた人は、参考にしてみてください。

楽天アンリミットは中学生・高校生でも契約可能

楽天アンリミットは中学生や高校生の未成年の子供でも契約して利用することができます。

しかし、基本的には楽天モバイルショップに来店しなければ契約できません。

もちろん子供だけではなく保護者同伴が必須です。

また、フィルタリングサービスのオプション加入と親権者の同意書も必要になってきます。

条件さえ満たせば中学、高校生の子供であっても楽天アンリミットの契約ができるということになります。

詳しく見ていきましょう。

楽天アンリミットを子供名義で契約する方法

  • 18歳以上:親権者の同意があればウェブで手続き可能
  • 18歳未満:ウェブで手続きができないため、店頭で申込する必要がある

楽天アンリミットは、子どもが18歳以上の場合、親権者の同意があれば成人が楽天アンリミットを契約するのと同じように、ウェブや楽天モバイルショップで契約することができます。

18歳未満の中学生や高校生の場合は、子ども名義で契約することはできますが、ウェブで契約することはできず楽天モバイルショップの店頭でのみ契約することができます。

楽天モバイルショップを探す方法

楽天アンリミットは、18歳未満の子どもが契約する場合は、全国にある楽天モバイルショップの店頭で契約することになります。

楽天モバイルショップがどこにあるのか、近所のお店で契約することができるのか、楽天モバイルショップを探す方法についても紹介しておきますので、参考にしてください。

楽天モバイルにアクセスする

「お近くのショップを探す」をクリック

住所や都道府県から近くのショップを検索する

楽天モバイルショップなら来店予約をしておくことができるので、待ち時間なしで契約手続きが行えますよ。

楽天モバイルショップだけでなく、家電量販店内になる楽天モバイルブースでも契約可能なので、近くに楽天モバイルショップがなくても契約できる可能性があります。

参考記事
楽天モバイルショップでできること|店舗契約するメリット・デメリット

楽天モバイルショップでは何ができるの? 店舗で契約するメリットは? ネット申し込みと比べてデメリットはあるの? など、楽天モバイルショップについて知りたいという人のために、楽天モバイルショップについて ...

続きを見る

子供が楽天アンリミットを契約する場合の申込みの流れ

  • 18歳未満
    楽天モバイルショップでのみ契約可能
    親権者と2人で来店すること
    あんしんコントロールby i-フィルターを申込むこと
  • 18歳以上
    親権者の同意があればウェブから簡単申込みが可能

楽天アンリミットを契約する場合、子どもが18歳以上なのか18歳未満なのかで申込に必要な書類や手続きが異なります

子ども名義で楽天アンリミットを契約する場合の申込みの流れについて、18歳未満の場合と18歳以上の場合、それぞれの流れについて詳しく解説していきます。

18歳未満の場合

子どもが18歳未満の中学生や高校生の申込みの際は、必ず子どもと保護者の2名で楽天モバイルショップに来店し、それぞれの本人確認書類の提示が必要です。

子どもだけで契約するということも、保護者だけが来店して子ども名義で契約するということもできませんので、子ども名義で契約するときは必ず保護者も同伴することになりますよ。

18歳未満の子ども名義で契約する場合は、フィルタリングサービスの「あんしんコントロールby i-フィルター(月300円)」の契約が必須です。

契約完了後、店頭で「あんしんコントロールby i-フィルター」の初期設定を行ってからの受け渡しとなります。

「あんしんコントロールby i-フィルター」が不要だという場合は、後日「フィルタリング・サービス不要申出書」を郵送すれば廃止することができます。

店頭では必ず加入することになりますので注意してください。

子どもの必要書類

子ども、保護者それぞれの本人確認書類が必要となります。

店頭で契約するときに必要になる書類がこちらです。

必要書類

本人確認書類:健康保険証+住民票またはパスポート+住民票(学生証では受付不可)

子どもの楽天会員ログイン用のユーザIDとパスワード

子どもの本人確認書類は、健康保険証やパスポートだけで契約することはできず、住民票も合わせて提出することになります。

学生証は本人確認書類としては認められていないものとなるので注意してください。

楽天アンリミットを契約する場合は、必ず楽天会員に登録していなければなりません。

楽天会員情報については、契約者名義と同一であることが条件となるので、子ども名義で楽天アンリミットを契約するなら、楽天会員情報も子どもの会員情報が必要になります。

子どもの会員情報がない場合は、新たに子どもの楽天会員登録を行ってください。

保護者の必要書類

必要書類

本人確認書類

法定代理人同意書兼支払名義人同意書に記入・捺印したもの

保護者についても、運転免許証などの本人確認書類の提示が必要となります。

そして、子どもが契約することに同意したという証明として、「法定代理人同意書兼支払名義人同意書」の記入・捺印が必要です。

法定代理人同意書兼支払名義人同意書は、店頭で記入することもできますし、事前にウェブからダウンロードして記入・捺印して持参してもOKです。

店頭で記入する予定なら必ず捺印が必要になりますので、印鑑を持参するようにしてくださいね。

支払い方法について

クレジットカードまたは銀行口座

楽天アンリミットの支払い方法については、クレジットカードか銀行口座からの引き落としのどちらかしか選べません。

子どもが契約する場合は、子ども名義と保護者名義、どちらの支払い口座やクレジットカード名義でも支払いに利用できます

分割で端末を購入するなら、クレジットカードのみ分割払いに対応しているので、その場合は保護者名義のクレジットカードで契約しましょう。

18歳以上の場合

続いて、18歳以上の未成年が楽天アンリミットを契約する方法について解説していきます。

18歳以上の子どもなら、親権者の同意さえあればウェブまたは店頭で契約することが可能です。

フィルタリングサービスの契約も必須ではありません。

子どもの必要書類

必要書類

本人確認書類:健康保険証+住民票またはパスポート+住民票(学生証では受付不可)

子どもの楽天会員ログイン用のユーザIDとパスワード

子どもの必要書類は、18歳未満の子どもが契約するときに必要な書類と全く同じです。

運転免許証がなければ、健康保険証+住民票、パスポート+住民票などのように、2種類の書類をアップロードすることでウェブから申込みすることができます。

楽天会員情報についても、契約者である子どもの楽天会員情報が必要になります。

保護者の必要書類

必要書類

法定代理人同意書兼支払名義人同意書に記入・捺印したもの

保護者の必要書類については、法定代理人同意書兼支払名義人同意書に記入・捺印したものの提出が必要になります。

ウェブからの申込みの場合は、法定代理人同意書兼支払名義人同意書に記入・捺印したものを本人確認書類と同じようにアップロードします。

支払い方法について

クレジットカードまたは銀行口座

支払い方法についても、18未満の場合と同じで、子ども・保護者のどちらの名義でも利用できます。

楽天モバイルショップが近くにない場合はどうしたらいい?

18歳未満の中学生や高校生が契約したいと考えていても、店舗が近くにない場合もあります。

その場合は、保護者名義で契約して子どもに持たせるということで楽天アンリミットを契約しても問題ありません。

楽天アンリミットは、年齢などは関係なく誰でも同じ料金で契約できるプランです。

学割といった学生向けの割引サービスや家族割引サービスなどもありませんので、保護者名義で契約しても、子ども名義で契約しても何も変わることはありません。

フィルタリングサービスについても、月額300円のオプションサービスとして利用することができるので、保護者名義でもフィルタリングサービスを付けることができます

したがって、18歳未満の中学生や高校生が楽天アンリミットを契約するなら、無理に子どもの名義にしなくてもいいと思います。

他社で子ども名義で契約していた場合

他社でスマホを子ども名義で契約していて、楽天アンリミットに乗り換える場合は、同じ名義でなければ楽天アンリミットを契約することができません。

なので、

楽天アンリミットも子ども名義で契約しなければならない

と困っている親御さんもいるかもしれませんが、その場合は、他社にいる段階で名義変更を行い、保護者名義に変えてしまってから楽天アンリミットに乗り換えるようにすれば、全く問題なくウェブから申込みすることができますよ。

楽天アンリミットを子供が契約する方法のまとめ

ポイント

18歳未満の中学生・高校生は楽天モバイルのショップの店頭でのみ契約可能

契約時は子どもと保護者の2人で来店すること

18歳以上の未成年者なら、親権者の同意があればウェブから申込みもできる

18歳以上の子どもが契約するときはフィルタリングサービス「あんしんコントロールby i-フィルター」の申込みが必須

楽天アンリミットは子ども名義で契約することができるのか、中学生や高校生でも手続きすることが可能なのか詳しく解説してきました。

18歳未満の中学生・高校生でも、楽天モバイルショップの店頭での申込みなら契約できます。

ただし、子ども1人お店に行って契約することはできず、必ず保護者同伴で来店し、

フィルタリングサービスに加入

親権者同意書を記入

の2点の手続きを行わなければ契約することができないので、子どもが勝手に契約することはできないので安心してください。

ただし、解説してきたように、中学生や高校生でも楽天アンリミットは契約することは可能ですが、

近くに楽天モバイルショップがない

子ども名義で持たせるのに不安がある

という場合は、無理に子ども名義で契約しなくても、保護者名義で契約するのも問題ありません。

保護者名義で契約しても、子ども名義で契約しても、楽天アンリミットの料金や内容は変わりませんし、子ども名義で契約したからといってメリットがあるわけでもありません。

後から名義変更を行うことも可能です。

結局のところ、楽天アンリミットについては子ども名義でも親名義でもどちらでも契約することが可能ということになりますので、これから楽天アンリミットに乗り換えを検討していた人は、管理しやすいと思う方の名義で契約してみてはいかがでしょうか。

-楽天モバイル

© 2020 スマホログ