ドコモ

【dカードお支払割】5%還元キャンペーンを見逃すな!デメリットも知って賢く利用

更新日:

ドコモでは10月1日から新しい料金プランがスタートし、同時にdカードお支払割のサービスも開始しました。

今後ドコモで料金プランを変更する際に、dカードお支払割は必ず関わってくるものなので確認をしておく必要があります。

ドコモの新しい料金プランでは、今までのように2年定期契約をしなくても、2年定期契約をした場合とほとんど変わりがない料金で利用することができます

また、2年定期契約を利用しても解約金は1,000円となりこれまでの9,500円というような高額な解約金ではなくなります。

ドコモの新しい料金プランの他に、10月1日からdカードお支払割というサービスの提供も始まっています。

簡単に詳細をお伝えしますと、dカードで支払いをすると、2年定期契約をしなくても月額料金を値引きが適応されます。

ポイント

dカードお支払割は、ドコモユーザーにとっては定期契約をしなくても安い料金で利用することができるようになるお得なサービスになっています。

もちろんメリットばかりではなく、dカードお支払割にはデメリット部分も考えられますので一緒に説明していきます。

さらに、dカードお支払割は10月1日から5%還元キャンペーンも同時に開催なので要チェックです。

今回はdカードお支払割がどのようなサービスなのかと、実施中のdカードお支払割5%還元キャンペーンについて詳しくまとめました。

ドコモの新しい料金プランが今までとどう変わっているのか、dカードお支払割を利用するとどのようにお得になるのか気になっていた人は、ぜひ参考にしてくださいね。

【ドコモ】dカードお支払割で契約の自由度がアップ!

ドコモ公式:dカードお支払割

dカードお支払割とは、定期契約なしの「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」の料金プランを対象としています。

毎月の利用料金の支払い方法をdカードまたはdカード GOLD(家族カード含む)にすると、月額170円割引きが適応。

2年定期契約を申し込んだ場合と同じ月額料金でドコモスマホを利用できるようになる割引きサービスです。

つまり、指定の料金プランの人が月々の支払いをdカードにするだけで、2年定期契約なしでも2年定期契約ありでも同じ月額料金でドコモを利用することができるということです。

2年定期契約と定期契約なしの月額料金の差がなくなる

10月1日から料金プランが変わるのは、すでに多くの人が事前に知っていた情報かと思います。

電気通信事業法の改正により、2年定期契約を利用した場合としない場合の料金の差や、解約金について変更が必要になったからです。

今までは、2年定期契約を組んだ場合と、2年定期契約を組まない場合では月額料金の差がとても大きくなっていました。

しかし、今後は法律により2年定期契約を組んでもそれほどお得にならなくなります。

今までの料金プラン

料金プラン データ容量 2年定期契約あり 2年定期契約なし 差額
ギガホ 30GBまで 6,980円 8,480円 1,500円
ギガライト ~7GB 5,980円 7,480円 1,500円
~5GB 4,980円 6,480円 1,500円
~3GB 3,980円 5,480円 1,500円
~1GB 2,980円 4,480円 1,500円
ケータイプラン 100㎆ 1,200円 2,700円 1,500円

表を見ていただくとわかるように、今までの料金プランの場合は2年定期契約ありとなしの差額は1,500円になっていました。

2年間の差額の総額は36,000円にもなるので、解約金が9,500円と高額でも、2年定期契約をした方が総額的にはお得になるため、結果的にほとんどの人は2年契約をしている状態でした。

10月1日からの料金プラン

料金プラン データ容量 2年定期契約あり 2年定期契約なし 差額
ギガホ 30GBまで 6,980円 7,150円 170円
ギガライト ~7GB 5,980円 6,150円 170円
~5GB 4,980円 5,150円 170円
~3GB 3,980円 4,150円 170円
~1GB 2,980円 3,150円 170円
ケータイプラン 100㎆ 1,200円 1,370円 170円

10月1日からの料金プランは、2年定期契約がありの場合となしの場合の差額は170円まで縮まっていて、2年定期契約なしの料金が1,330円値下げされました。

2年定期契約の料金は今までの料金と変わりありません。

さらに、今まで2年定期契約を利用した場合で、更新月以外に解約すると9,500円の解約金がかかっていましたが、解約金は1,000に値下げされました。

これによって、2年定期契約を利用してもしなくてもあまり値段の差がなくなりました

2年定期契約を利用しても2年間で4,080円の差しかなくなり、さらに解約金についても1,000円ということ。

ドコモではdカードお支払割を導入することで2年定期契約をしなくても2年定期契約と同額の料金で利用できるように割引きサービスを導入しました。

2年定期契約を組まなくても安く利用することができ、さらに解約金がなくなるので、ドコモを利用する人はdカードお支払割を利用するとお得になりますよね。

dカードお支払割は家族カードでも適用できるので、未成年の人でも家族カードでdカードに支払いを変更するとdカードお支払割で毎月の利用料を安くすることができます。

対象条件はdカード・dカードGOLDで携帯代を支払う

参照:dカード

dカードには2種類あり、10月1日より年会費が永年無料になったdカード、または年会費が10,000円のdカードGOLDを選ぶことができます。

dカード dカードGOLD
年会費 永年無料 10,000円
国際ブランド VisaまたはMastercard VisaまたはMastercard
ポイント ショッピングで100円につき1ポイント ドコモのケータイや光の利用料金10パーセント還元

 

ショッピングで100円につき1ポイント

割引きサービス ローソンで最大5パーセント割引き ローソンで最大5パーセント割引き

 

国内・ハワイの主要空港ラウンジが利用無料

保証サービス 3年間最大10万円保証

dカードは、年会費が永年無料でVisaまたはMastercardから好きな国際ブランドを選ぶことができ、電子マネーはiDに対応しています。

dカードGOLDなら毎月の利用料分の10パーセントをポイント還元してくれるので、dカードお支払割を利用するならdカードGOLDの方がおすすめですよ。

それにdカードGOLDはスマホの故障や紛失、盗難などの保証にも対応しており、3年間で最大10万円の保証が付きます。

万が一10万円のスマホを紛失してしまっても、10万円が戻ってくるので、新しいスマホの購入がお得になりますよね。

また、審査が完了してしまえばカードが届かなくても支払い方法をdカードに変更することが可能なので、すぐにdカードお支払割を適用することが可能になっています。

ギガホ・ギガライト・ケータイプランの料金プランのみ対象

dカードお支払割の適用条件は2つです。

ポイント

①料金プランを10月1日以降に定期契約なしの「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかを契約する

②支払いをdカードまたはdカードGOLDにすること

料金プランは10月1日以降に定期契約なしの「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかに変更する必要があります。

今まで2年契約の「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかにしていた場合は、同じ料金プランでも定期契約なしに変更する必要があるので注意してくださいね。

そして、毎月の利用料の支払いをdカードかdカードGOLDに変更します。

先ほども解説しましたが、まだdカードを持っていない人は申込み後に審査が完了したらすぐに支払い方法をdカードに変更することが可能です。

次回の支払いからすぐにdカードお支払割を適用することができます。

審査が通ってもdカードが届くまでには日数がかかってしまいますよね。

dカードが届く前から手続きができるのは、タイミングが合わないと一か月ほど損してしまう可能性もあるので、素晴らしい対応だと思います。

【期間限定】dカードお支払割5%還元キャンペーン実施中!

ドコモ公式:dカードお支払割

10月1日からdカードお支払割がスタートすると同時に、キャンペーンも開催されます。

このキャンペーンは、10月1日からの増税によるキャッシュレス決済の還元サービスと併用することができるので、最大で10パーセントも還元されることになます。

ドコモユーザーはdカードお支払割を申し込んで、dカードを利用することでさらにお得にすることができます。

dカードお支払割のキャンペーンについても詳しく解説していきます。

どこのキャッシュレス決済を利用しようか悩んでいた人は、ドコモのキャッシュレス決済について参考にしてくださいね。

5%還元キャンペーン期間は2019年10月1日~2020年3月31日

dカードお支払割5パーセント還元キャンペーンの期間は、2019年10月1日(火)~2020年3月31日(火)までです。

期間中にdカードまたはdカード GOLDでお買い物の支払いをすれば、通常の1パーセントに加え4パーセントのdポイントがもらえ、合計5パーセントのdポイントが貰えます。

dカードお支払割の適応とキャンペーンページからの申し込みが条件

キャンペーンの適用条件は2つあり、難しいことはなにもありません。

ポイント

①dカードお支払割が適用されていること

②dカードお支払割5%還元キャンペーンの特設サイトからエントリーすること

ドコモの料金をdカードでの支払いにし、dカードお支払割に適用されていて、キャンペーンの特設サイトからエントリーボタンをクリックすればキャンペーンが適用されます。

あとはお買い物をdカードで支払いすれば、自動的にポイントが還元されるようになります。

キャッシュレス・消費者還元事業と併用可能すれば還元率最大10%


dカードお支払割5%還元キャンペーンは経済産業省が主導している「キャッシュレス・消費者還元事業」と併用することができます

参考

キャッシュレス・消費者還元事業
2019年10月から2020年6月までの期間中、キャッシュレス決済を利用することで、最大5パーセントの還元が受けられる制度


このマークのあるお店でクレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレスで買い物をすると最大5パーセントが還元されるサービスです。

dカードももちろんキャッシュレス決済に含まれるので、キャッシュレス・消費者還元事業と組み合わせれば、実質最大10パーセントものポイント還元が受けられるのです。

dカードお支払割5パーセント還元キャンペーンの期間は、2019年10月1日(火)~2020年3月31日(火)までなので、キャッシュレス・消費者還元事業の期間中はずっと対象になっています。

10パーセントも還元されるのはこのタイミングを逃したら二度とこないかもしれないので、この6か月の期間中にdカードお支払割にしてしまうのが最もお得になります。

キャンペーンの5つの注意するべきポイント

dカードお支払割5パーセント還元キャンペーンは、キャッシュレス・消費者還元事業との併用により最大10パーセントものポイント還元が受けられるお得なキャンペーンですが、いくつか注意点があります。

注意ポイント

・ ケータイ代、年会費、各種手数料などは対象外
・iD決済、dカードminiでの決済は対象外
・キャッシング利用分は対象外
・dカードお支払割5パーセント還元キャンペーンで付与される4パーセント分のdポイントは、期間・用途限定ポイント
・dポイントの付与上限は2,000ポイント

ドコモのケータイ代やドコモインターネット代などの料金や、dカードGOLDの年会費、そのほかポイント進呈対象外の料金についてはポイント付与の対象外になっています。

また、キャンペーンの対象はVisaまたはMastercardでのお買い物が対象になっているため、iD決済やdカードminiでの決済については対象外になっていますので注意しましょう。

期間・用途限定ポイントの利用期間は、付与された時点から6ヶ月間となり、用途についてはdマーケットやdポイントの実店舗などで利用することができます。

dポイントはd払いにも対応しているので、ローソンなどのd払いができるお店で利用することもできます。

また、dポイントの付与上限は月に2,000ポイントまでです。

決済金額に直すと、50,000円までの買い物に4パーセント分のポイントが付くことになります。

dカードお支払割には3つのデメリットが考えられる

ドコモのdカードお支払割の内容をお伝えしましたが、メリット部分が多く感じられるかと思います。

5%還元キャンペーンなども行っており、事実dカードお支払割はユーザーにとってはありがたいサービスであることは間違いありません。

しかし、dカードお支払割にもデメリット部分が存在します。

デメリットというか注意しなければいけない点ですね。

dカードの申し込みをしなければならない

dカードお支払割ですから、dカードでの携帯代の支払いが必須になります。

dカードであれば年間費もかからないので、負担は少ないですがやはりクレジットカードを申し込む手続きという手間が発生します。

また、他のカードを愛用している人やあまりクレカの枚数を増やしたくない。という人も少なくはないでしょう。

dカードお支払割を適応させたいけど、dカードの作成に抵抗を感じてしまう人にとってはデメリットだと考えることもできるでしょう。

ギガホ2・ギガライト2に料金プランを変更する必要性がある

dカードお支払割は2019年の10月1日から開始したサービスであり、対象となる料金プランはギガホ、ギガライト、ケータイプランです。

これらの料金プラン自体は以前から始まっているので、今現在すでにギガホやギガライトの料金プランに契約している人も少なくないでしょう。

dカードお支払割の対象料金プランを適応していると思いがちですが、実際には適応されておらずそのままだと違約金も高額なまま請求されます。

2019年10月1日より開始したギガホ2、ギガホライト2、ケータイプラン2の料金プランへと変更をする必要があります。

以前のプランで契約している場合は、いわゆる2年の定期縛りが残っている状態だからです。

プランを変更しても更新月は引き継がれる

また、料金プランをギガホ2やギガライト2に変更したとしてもまだ油断してはいけません。

というのも以前の料金プランの2年の契約期間、更新月はそのまま引き継がれるためです。

プランを移行してしまえばどのタイミングで解約をしても違約金が発生しないわけではなく、あくまでも前回の更新月を満了してからになります。

どちらにせよ、早め早めに新しい料金プランへの移行はしておくのがいいでしょう。

【結論】ドコモdカードお支払割はメリットが多いので加入を前向きに検討!

 

ドコモの新サービスになる、dカードお支払割とdカードお支払割 5パーセント還元キャンペーンについて解説してきました。

ポイント

・dカードお支払割は、ドコモの利用料の支払いをdカードにすると、対象の料金プランの月額料金が月170円割引きになる

・dカードお支払割にすることで、2年定期契約なしでも2年定期契約と同じ料金で利用することができ、解約金がかからなくなるので解約するときもお得になる

・dカードお支払割の対象料金プランは「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれか

・dカードお支払割 5%還元キャンペーンは、2019年10月1日(火)~2020年3月31日(火)までの期間中に、dカードでショッピングをすると、総額5パーセント分のポイントが還元される

・dカードお支払割 5%還元キャンペーンは、エントリーが必要

・dカードお支払割 5%還元キャンペーンとキャッシュレス・消費者還元事業との併用が可能になっているので、最大10パーセントのポイントが還元される

ドコモユーザーの人は、dカードお支払割にするだけで利用料金を安くでき、解約するときも解約金がかからないので、メリットしかありませんよね。

dカードお支払割 5%還元キャンペーンもdカードお支払割にしてエントリーするだけでポイントが5パーセントも還元されるので、キャンペーン期間中にdカードお支払割に加入しましょう。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.