ドコモ

【入会必須】dポイントクラブって何?知らないと損するメリットを分かりやすく説明

投稿日:

他社からドコモにのりかえを検討している人は、dポイントクラブという会員サービスについてしっかり理解しておくと、今後ドコモをお得に利用することができます。

dポイントクラブはドコモユーザーなら入会必須のサービスで、入会することによってdポイントというドコモが発行するポイントをつかったり、ためたりすることが可能になります。

このdポイント、ドコモの機種代金の割引きやオプション品に利用できるだけでなく、さまざまな実店舗での支払いやネットショッピングで利用することができる上に、ポイントカードを提示するだけでもどんどんポイントが貯まる、とても使いやすい便利でお得なポイントプログラムなんです。

dポイントクラブが何なのか、dポイントクラブのメリットにはどのようなものがあるのか分かりやすく解説していきますので、これからドコモで契約する予定の人は知らないと損することになりますので、最後までチェックしていってくださいね。

【年会費無料】dポイントクラブとは?

公式:dポイントクラブ

dポイントクラブは、ドコモが提供する年会費無料のポイントプログラムのことで、ドコモユーザーはもちろん、ドコモユーザーでなくてもdアカウントを取得すれば、ドコモ回線を利用していないユーザーでも加入することができます。

このdポイントクラブに加入することによって、dポイントと呼ばれるドコモが付与するポイントをもらったり、使ったりすることができます。

たまったdポイントはスマホの端末代金に利用できるほかに、dポイントはローソンなどの実店舗の買い物やネットショッピングの支払いに利用したり、ドコモの利用料の支払いに利用することも可能なため、dポイントはあればあるほどさまざまな支払い料金を割引することができてお得です。

dポイントは、ドコモの毎月の利用料やd払いで利用した支払い料金、dカードの利用料に応じてたまっていくため、ドコモ回線利用者はドコモを使っているだけでポイントが貯まっていくことになります。

そのため、年会費無料でデメリットが一切ないサービスですし、dポイントクラブに加入していないとdポイントを利用することもできないため、ドコモで契約をする場合には店員に加入をすることを勧められ、ドコモを契約している人の大多数はdポイントクラブに加入しています。

dポイントクラブのステージ

dポイントクラブには5つのステージが設けられていて、ステージごとにさまざまな優待を受けることが可能になっています。

ステージ ドコモ回線継続利用期間 6か月間累計のdポイント獲得数
プラチナ 15年以上または10,000ポイント以上
4th 10年以上または3,000ポイント以上
3rd 8年以上または1,800ポイント以上
2nd 4年以上または600ポイント以上
1st 4年未満または600ポイント未満

ステージはプラチナステージが最も高いステージとなり、ドコモ回線の利用期間またはdポイントの獲得数によってステージが決められています。

dポイントがあまりたまらない人でも、ドコモ回線を利用している期間が長ければ長いほどステージが高くなるようになっているため、ドコモ回線を長期利用している人はよりお得になるような長期利用者優待サービスにもなっています。

ステージごとの優待サービス

プラチナ プラチナクーポン・スペシャルクーポン・dポイントクラブクーポン・ずっとドコモ割プラス
4th スペシャルクーポン・dポイントクラブクーポン・ずっとドコモ割プラス
3rd

2nd

1st

dポイントクラブクーポン・ずっとドコモ割プラス

それぞれのステージごとで利用できるクーポンの種類が分かれています。

最上位のプラチナステージになると、ホテル宿泊やテーマパークの特別優待券などの特典を貰うことができる抽選に応募することが可能になったり、スペシャルクーポンを利用してイベント施設を優待価格で利用することができるようになります。

このように、dポイントクラブはステージが上になればなるほど、貰える特典が豪華になっていきますよ。

dポイントを貯めるメリット

ポイント

・dポイントはたまりやすい
・dポイントはさまざまな用途で利用できる

解説してきたように、dポイントクラブに加入することでdポイントを利用することが可能となり、そのdポイントはさまざな場所で代金の割引きとして利用することができます。

しかも、dポイントはポイントがたまりやすくなるサービスやキャンペーン、提携しているお店がとても多く、さらにdポイントを使う方法もたくさんあるため、お得にためてお得に利用することができるというメリットがあります。

具体的にdポイントのメリットについて解説していきましょう。

お店でdポイントカードを提示するだけでたまる

・ローソン
・やまや
・マクドナルド
・エディオン
・かっぱ寿司
・ドトール
・東急ハンズetc.

dポイントクラブではdポイントカードを発行しており、このポイントカードを提示するかdポイントクラブのアプリのバーコード画面を提示することにより、dポイントを貯めることができます。

上記のようなdポイントクラブ加盟店では、dポイントカードを提示するだけでdポイントをためることができます。

支払い方法にd払いをしなければならないとか、クレジットカードで払わなければならないとかそのような制限はなく、ただ提示するだけでdポイントをためることができます。

d払いでの支払いでもdポイントがたまる

ドコモが提供するQRコード決済サービス「d払い」で支払うことでdポイントをためることもできます。

d払いに対応しているお店でd払いアプリを起動して、d払いで支払いをするだけでdポイントがたまっていきます。

各コンビニ各社や家電量販店など、d払いに対応するお店はどんどん拡大していっているので、日々の生活で品物を購入するときの支払いを現金からd払いにするだけでdポイントをためていくことができますよ。

また、d払いはネットショッピングサイトでも利用できる場所が多いので、ネット通販の支払いにd払いを選択することでdポイントをためることもできます。

例えば、大手ネット通販サイトAmazonやメルカリ、無印良品などでd払いを利用することが可能ですよ。

dマーケットで買い物をしてもためる

ドコモが提供している通販サイト「dマーケット」で買い物をする場合にもポイントがたまります。

dマーケットは、ファッションやゲーム、音楽、書籍、デリバリーなどさまざまなストアがあるため、生活で必要なサービスをすべてdマーケットから利用することで、他のサイトで買い物するよりもdポイントをさらにためることができます。

dポイントクラブで実施されるキャンペーンを利用できる

dポイントクラブでは、期間や時期によってさまざまなキャンペーンを開催しています。

エントリーするだけでdポイントが還元されたり、アンケートに答えるだけでdポイントを貰うこともできます。

また、指定されたお店でd払いをするとdポイントを還元したりポイントバックするキャンペーンなども行っているので、さまざなキャンペーンを利用することでポイントがたまりやすくなります。

dカードでの買い物でdポイントがたまる

ドコモが発行するクレジットカード「dカード/dカードGOLD」で買い物をしてもdポイントがたまります。

クレジットカードはあらゆるところで支払いに利用することができますよね。

ドコモのケータイ代をdカードからの支払いにすることもできますし、水道や電気などの光熱費をクレジットカード決済にすることもできます。

毎月かかる固定費をdカードにすることによって、dポイントはさらにたまりやすくなるようになっています。

ドコモオンラインショップで機種変更をするときにも、機種代金をdカードで支払いにすることで、ポイントの還元率を2倍にすることもできますし、dカードGOLDなら毎月のドコモの利用料の10パーセントもdポイントで還元されます。

このよに、dカードはdポイントの還元率が高くなるため、dポイントをためるならdカードを持っていた方が断然たまりやすくなるようになっていますよ。

詳しくはこちら
【特典あり】ドコモの携帯料金の支払いはdカード GOLDを利用するべき理由

ドコモでは、携帯料金の支払いをdカードにすると、さまざまな特典を利用することができてとておお得になります。 特に、dカードの種類でも「dカードGOLD」を利用すると、携帯料金の支払いをdカードGOLD ...

他社ポイントをdポイントに交換できる

dポイントは他社のポイントをdポイントに交換することもできます。

例えば、ドトールやスターバックス、マツモトキヨシ、LINEポイント、JALグループ、ポンタ、ライフカード、DCカード、ジャックスカード、イオンクレジットカードなど、他社が発行するたくさんの独自ポイントをdポイントに交換できます。

どこのお店やサービスでも独自のポイントを提供しているところが多いですよね。

クレジットカード各社でもそうですし、電力会社でも最近では提供しています。

いろいろなお店でいろいろなポイントをためることができますが、それをdポイントに交換できるなら、相当なポイントを一括で利用することが可能になりますよね。

バラバラにたまった少額のポイントがdポイントにすることで無駄にすることなく利用できるので、dポイントは他のポイントよりもお得なんです。

ケータイ料金の支払いにdポイントが使える

dポイントは、ドコモが発行するドコモのポイントですので、当然毎月のドコモの利用料金の支払いに充てることができます。

1ポイント1円で利用することができますので、たくさん電話をしてしまっていつもよりも請求が高くなってしまった時も、たまったdポイントで請求金額を安く抑えることができますよ。

また、データ量を追加するときもポイントを使うこともできます。

データ量の使いすぎで速度制限がかかってしまったときも、dポイントでお得にデータ量を増やすことができます。

ドコモのオプション品をdポイントで購入できる

ケータイの利用料もそうですが、ドコモのスマホやオプション品の購入にも利用することが可能です。

ドコモユーザーならほとんどの人がdポイントでスマホ本体の代金を割引きして購入したことがあるのではないでしょうか。

さらに、dマーケットの支払いやQR決済サービスの「d払い」などドコモが提供するサービスでdポイントは利用することができます

特に、d払いでdポイントを利用することができるようになっているため、あらゆる商品をdポイントで安く購入することができるので、dポイントは街角のお店でも使いやすいポイントと言えますよね。

ちょっとしたものをコンビニで買うときも、dポイントで割引きできるのでお得です。

dポイントクラブの商品と交換もできる

dポイントは、dポイントクラブでグルメや家電、温泉旅行や他社ポイントに交換することも可能です。

支払いの割引きとしてではなく、持っているdポイントで交換することができるので実質無料で豪華賞品と交換することができてお得感が高まります。

また、他社のポイントをdポイントに交換することができるように、dポイントを他社ポイントに変更することもできます。

JALのマイルに交換したり、ポンタポイントに交換できるので、dポイントが使えない場所でも幅広く他のポイントとして利用することも可能です。

海外でもdポイントが使える

dポイントはハワイやグアム・ニューヨークではそのままdポイントとして利用することができますし、韓国や台湾では海外のポイントと交換することでdポイントを利用することができます。

海外に行ってもdポイントでお得に買い物ができるのは、旅行費用を抑えることができるのでお得ですよね。

このように、dポイントが使える場所は国内だけでなく海外でも利用することができるので、dポイントはあればあるほどお得ということになります。

dポイントクラブは入会必須のお得なサービス

dポイントクラブについて解説してきました。

ポイント

・入会費無料でdアカウントがあればドコモユーザー以外も加入することができる
・dポイントクラブに加入することで、ドコモが発行するdポイントを利用することができる
・dポイントはさまざまな場所で使ったりためることができるのでお得

dポイントクラブは年会費無料の会員サービスで、ドコモユーザーなら入会必須のサービスです。

dポイントクラブに加入することでdポイントをつかうことが可能となり、dポイントは1ポイント1円としてさまざまな場所で支払いに利用することができます。

また、dポイントクラブにはステージがあり、ステージによってdポイント以外にも特典や優待を受けることができる、加入しているだけでお得になるサービスでした。

解説してきたように、dポイントは機種代金の割引き以外にも、実店舗やネットショッピングなどさまざな場所で購入代金として充当することが可能になっています。

ドコモにのりかえを検討している人は、ドコモで契約するときにはdポイントクラブは加入必須のお得な会員サービスとなりますので、必ず加入するようにしてくださいね。

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.