ドコモ

ドコモのあんしんパックモバイルはいらない?解約するデメリットはあるか?

ドコモのあんしんパックモバイルは本当に必要なのか、解約するなら気を付けなくてはならないデメリットがないのか、あんしんパックモバイルについて解説していきます。

ドコモショップなどでスマホを購入したときに、あんしんパックモバイルに加入することを勧められて加入しているという人が多いですが、

あんしんパックモバイルはいらないのでは?

解約したら何か問題がある?

など、加入したけど必要性があるかわからないと疑問に思っている人や、解約したいけど解約したらデメリットがあるのか不安に思っている人もたくさんいることでしょう。

あんしんパックモバイルは、ドコモが指定した3つのサービス「ケータイ補償サービス」「あんしん遠隔サポート」「あんしんセキュリティ」をパックにすることで、個別に利用するよりも安い料金で利用することができるお得なサービスです。

しかし、対象の3つのサービスをすべて利用する人はお得ですが、そうでない人は必要ないサービスの分の料金まで支払ってしまっている可能性もあります。

ポイント

ケータイ補償サービスを利用している人が、あんしん遠隔サポートかあんしんセキュリティのどちらかも利用したいというときは、あんしんパックモバイルで利用するのがおすすめ。

逆に3つのサービスのうち1つしか必要ないのであればいらないと判断できます。

あんしんパックモバイルは本当に必要なのか、あんしんパックモバイルの対象になっているサービスの内容や、解約時のデメリットなどについてまとめましたので、あんしんパックモバイルを解約するか検討している人は参考にしてみてくださいね。

ドコモのあんしんパックモバイルとは?

あんしんパックモバイルの対象サービス

  • ケータイ補償サービス
  • あんしん遠隔サポート
  • あんしんセキュリティ

ドコモのあんしんパックモバイルは、ドコモが指定する3つのサービスを申込むと、3つのサービスの月額料金の総額から380円を割引いた料金で利用できるパックサービスです。

あんしんパックモバイルの月額料金

サービス月額料金あんしんパックモバイル適用時
ケータイ補償サービス330円~1,000円-380円
あんしん遠隔サポート400円
あんしんセキュリティ200円
合計930円~1,600円550円~1,220円

あんしんパックモバイルの月額料金は、ケータイ補償サービスの月額コースによって異なりますが、割引額はどのコースを利用しても同じ380円になります。

3つのサービスを利用する場合、月額930円~1,600円の料金がかかりますが、あんしんパックモバイルで3つのサービスを利用すれば月額550円~1,220円で利用することができます。

適用条件

あんしんパックモバイルは、指定されている3つのサービスにすべて申込むと自動で適用されます。

・ケータイ補償サービス
・あんしん遠隔サポート
・あんしんセキュリティ

3つのサービスのうちどれかをすでに利用していて、あとから残りのサービスを申込めば、その時点からあんしんパックモバイルが適用になります。

それぞれのサービス内容について詳しく解説していきます。

①ケータイ補償サービス(月額330円~1,000円)

ケータイ補償サービスは、スマホやタブレットなどが故障や水濡れ、盗難、紛失などのトラブルにあった場合に、会員価格で交換電話機の交換や、修理代金の一部のサポートなどが受けられる補償サービスです。

加入できるのは対象機種を購入した日から14日以内で、月額料金は対象機種によって異なります。

電話機交換

水濡れや紛失、全損時などに会員価格で交換電話機に交換します。

利用できる回数に制限があり、1年間に2回まで利用可能

電話機交換を申込むと、申込み当日~2日以内に届けてくれます。

負担金は月額コースによって異なります。

月額コース負担金
月額330円5,000円
月額500円7,500円
月額750円11,000円
月額1,000円11,000円

故障時の修理代金の一部をサポート

対象機種が故障してしまったら、ドコモで修理する場合の修理代金の一部をサポートします。

さらに、メーカー保証期間1年間に加えて、2年目以降の修理受付終了までドコモが保証してくれるので、2年目以降も保証内修理なら無料で何度でも修理をしてもらえます。

修理費用は、iPhone・iPad以外の端末なら実費負担は上限3,000円で、それ以上のかかった修理費用についてはドコモがサポートしてくれます。

iPhoneの場合は5,000円が上限となります。

iPhone・iPad以外iPhone
保証対象内修理無料購入から1年間:無料

2年目以降:上限5,000円

補償対象外修理上限:3,000円上限5,000円

データ復旧

水濡れや破損などで端末からデータが取り出せなくなってしまったとき、電話帳や画像・動画などのデータを端末から取り出してくれるサービスが、会員価格で利用することができます。

ケータイ補償サービス加入時1,000円
ケータイ補償サービス未加入時8,000円

紛失時のケータイお探しサービスが無料

ケータイやスマホを紛失したときに、端末のおおよその位置を検索することができる「ケータイお探しサービス」が無料で利用できます。

ケータイ補償サービス加入時無料
ケータイ補償サービス未加入時月額50円

②あんしん遠隔サポート(月額400円)

あんしん遠隔サポートは、スマホの使い方やアプリの操作方法、周辺機器との接続方法など、スマホに関わるさまざまな悩みを電話でサポートしてくれる有料サポートサービスです。

あんしん遠隔サポートでは電話でサポートするときに、PCで共有してユーザーの画面を見ながら操作方法について解説してくれるので、まるで対面でサポートしてもらっているかのような分かりやすい説明を受けることができます。

場合によってはオペレーターが代わりに遠隔で操作もしてくれるので、スマホの操作が苦手な人や、周辺機器との接続方法に不安がある人でも安心してスマホに買い替えることができますよ。

電話だけでなく、LINEや+メッセージなどで気軽に問い合わせすることも可能。

Q&Aサイトではサポートセンターに寄せられるよくある質問も掲載されているので、電話をしなくても問題を解決できる場合もあります。

詳しくはこちら
ドコモのあんしん遠隔サポートは必要か?途中解約はできる?

ケータイとは違って、スマホは使い方が複雑だったり、スマホ本体だけでなくアプリの使い方や周辺機器との接続方法がわからなかったりする人は多いですよね。 特に高齢者で初めてスマホデビューする場合は、ケータイ ...

③あんしんセキュリティ(月額200円)

あんしんセキュリティは、迷惑メールや迷惑電話、危険サイトやウィルスなどからスマホを守るセキュリティ対策サービスです。

メールや電話、インターネットサービスなどを利用するとき、あんしんセキュリティさえ申込んでおけばトータルで対策することができるので、安心してスマホを利用することができますよ。

ウィルス対策
スマホやタブレット、アプリ、外部メモリにウィルスや不審なプログラムがないかを確認し、検知した場合にお知らせしてくれる

危険サイト対策
閲覧しようとしているサイトが危険なサイトだった場合、警告を表示する

危険Wi-Fi対策
通信内容の改ざんや盗み見をされる可能性がある危険なWi-Fiスポットに接続した場合に、警告画面を表示する

迷惑電話対策
セールスなどの迷惑電話や架空請求などの電話の可能性が高い電話番号から着信があった場合や、危険性のある番号に発信しようとした場合に警告画面を表示する

迷惑メール対策
迷惑メールを専用フォルダへ自動で振り分けてくれる

ドコモ電話帳に登録されたメールアドレスからのメールだけを受信するように設定することも可能

データ保管BOXのウィルススキャン
データ保管BOXからクラウドに保管しているデータにウィルスや不審なプログラムがないかをチェックする

ウィルスを検知すると、ダウンロードや共有などを制限し、拡散することを防ぐ

ドコモあんしんパックモバイルはいらない?

ドコモのあんしんパックモバイルは、ケータイ補償サービスに加入している人が、あんしん遠隔サポートかあんしんセキュリティのどちらか一方でも利用するなら、あんしんパックモバイルとして利用した方がお得です。

ケータイ補償サービスとあんしん遠隔サポート

サービス月額料金
ケータイ補償サービス330円~1,000円
あんしん遠隔サポート400円
合計730円~1,400円

ケータイ補償サービスとあんしん遠隔サポートの2つを利用している場合の合計は、730円~1,400円です。

あんしんセキュリティを加えてあんしんパックモバイルで利用すれば、3つ合わせても550円~1,220円で利用できるので、ケータイ補償サービスとあんしん遠隔サポートの2つの合計よりも180円安いということになります。

ケータイ補償サービスとあんしんセキュリティ

サービス月額料金
ケータイ補償サービス330円~1,000円
あんしんセキュリティ200円
合計530円~1,200円

ケータイ補償サービスとあんしんセキュリティの2つを利用している場合の合計は、530円~1,200円です。

あんしんパックモバイルを利用すれば、2つの合計に20円追加するだけで月額400円のあんしん遠隔サポートも利用できます

したがって、ケータイ補償サービスを利用している人が、あんしん遠隔サポートかあんしんセキュリティのどちらかも利用したいというときは、あんしんパックモバイルで利用するのがおすすめです。

一方で、

3つのサービスのうち1つしか必要ない

という人は、個別で利用した方が無駄に月額料金を負担することがないので、あんしんパックモバイルはいらないですね。

ドコモあんしんパックモバイルを解約するデメリット

あんしんパックモバイルを解約した場合のデメリットがあるのかについても考えてみました。

あんしん遠隔サポートとあんしんセキュリティについては、いつでも加入できて途中解約も可能なので、あんしんパックモバイルを解約してもデメリットは一切ありません

しかし、ケータイ補償サービスについては、対象機種を購入してから14日以内しか加入できず、解約したら再加入することもできないため、あんしんパックモバイルを解約しても、ケータイ補償サービスは加入しておいたほうがいいでしょう。

ここで注意しなくてはならないのが、あんしんパックモバイルのサービスのうち、ケータイ補償サービスだけを残しておきたいというときの手続き方法です。

あんしんパックモバイルが不要だからといって、廃止手続きであんしんパックモバイル自体を廃止してしまうと、3つすべてのサービスが解約となってしまいます。

そうしてしまうと、ケータイ補償サービスも解約になってしまい、スマホに万が一のことがあったときに補償がなくなってします。

あんしんパックモバイルを解約するとしても、そのときはあんしんパックモバイルの廃止手続きを行うのではなく、個別に不要なサービスを廃止していくようにしてくださいね。

ドコモあんしんパックモバイルのまとめ

ポイント

ケータイ補償サービス・あんしん遠隔サポート・あんしんセキュリティの3つのサービスに加入すると、自動であんしんパックモバイルが適用される

あんしんパックモバイルが適用になると、3つの月額料金から380円を割引く

ケータイ補償サービスと、あんしん遠隔サポートとあんしんセキュリティのどちらかを利用するならあんしんパックモバイルで3つのサービスを利用した方がお得

あんしんパックモバイルは、ケータイ補償サービスの他に、あんしん遠隔サポートかあんしんセキュリティのどちらかでも利用するなら加入しておいたほうがお得です。

ただし、3つのうち1つのサービスしか利用しないなら、わざわざあんしんパックモバイルで不要なサービスもセットで利用する必要はありません。

あんしんパックモバイル自体を解約することに関してはデメリットも特にないので、あんしんパックモバイルがいらないと思ったらいつでも解約してしまっても大丈夫です。

しかし、ケータイ補償サービスについては購入から14日以内しか加入できず、解約してしまうと再加入することができませんので、ケータイ補償サービスだけは個別で残しておいた方がいいと思います。

個別で残したいときは、あんしんパックモバイルの廃止手続きは行わず、個別に廃止手続きを行うようにしてくださいね。

スポンサードリンク

-ドコモ

© 2020 スマホログ