ドコモ

【メリット】ドコモおしゃべり割60なら5分かけ放題が実質無料?分かりやすく解説!

更新日:

ドコモでは、新たに音声通話に対する割引きサービスであるおしゃべり割60の発表を行いました。

おしゃべり割60は、60歳以上の人がケータイからスマホに初めて買いかえる場合に、音声通話オプションの利用料を700円割引きしてくれます。

これにより、実質的に5分間の通話オプションを無料で利用することができます。

ドコモの今の料金プランでは、電話の利用頻度が多い場合は通話オプションに加入する必要があります。

60歳以上のシニア向けらくらくホンの料金プランについてはこちらの記事にまとめています↓

【ドコモ】らくらくホンのおすすめ料金プランは?月額料金を計算してみた!

オプション加入には月額料金が上乗せされるのですが、ドコモのおしゃべり割60の登場で追加料金を気にする心配がなくなったのは大きなメリットでしょう。

詳しくは後ほど説明していますが、ドコモおしゃべり割60で5分かけ放題が実質無料で利用できるようになります。

また、利用料が安くなる「はじめてスマホ割」、スマホ本体を安く購入できる「はじめてスマホ購入サポート」の2つと合わせて利用することができて、毎月の利用料をもっとお得にすることができます。

ドコモのおしゃべり割60の内容や適用条件、利用した場合の維持費などについて詳しく解説していきます。

まだ家族でケータイを利用している60歳以上の人がいるということなら、ぜひこの機会にスマホに買いかえることをおすすめしてみてくださいね。

【ドコモのおしゃべり割60】月額料金を最大12ヶ月700円割引き

ドコモ公式:おしゃべり割60

ドコモのおしゃべり割60は、11月1日からスタートする音声オプションに対する割引きサービスのこと。

60歳以上の人がドコモのケータイ、または他社ケータイからMNPでドコモのスマホに乗りかえる場合に、月額700円を最大12か月割引きします。

メモ

割引額:月額700円
割引期間:最大12か月

ドコモのおしゃべり割60の受付期間は2019年11月1日~2020年3月31日までの予定となっています。

音声オプションとは電話料金を定額にするオプションを意味しています。

詳しく見ていきましょう。

通話オプションに対しての割引きサービス

メモ

月額1,700円のかけ放題オプション:24時間国内通話がすべて無料になる
月額700円の5分通話無料オプション:5分以内の国内通話が何度でも無料になる

対象の音声オプションサービスは、月額1,700円で国内の通話が24時間ずっと無料になる「かけ放題オプション」、または5分以内の国内通話が無料になる月額700円の「5分通話無料オプション」のどちらかに加入した場合に、おしゃべり割60が適用されます。

おしゃべり割60では月額700円が割引きされるので、5分通話無料オプションを利用する場合は、実質無料でオプションを利用することができて、5分以内の通話を無料で利用することが可能になります。

かけ放題オプションであっても、月額1,000円で利用することができるので、たくさん通話をする人はお得に利用することができますよ。

スマホへ乗り換える以外に必要な条件

ポイント

・はじめてスマホ割が適用になること
・はじめてスマホ割の手続きの時点で、利用者の年齢が60歳以上であること
・対象料金プランは「ギガホ」または「ギガライト」
・Xi回線のスマホに買いかえること
・音声オプションに加入すること

適用条件は、はじめてスマホ割が適用になることが前提になっています。

はじめてスマホ割は、FOMA回線のガラケーからXi回線のスマホに買いかえる場合、または3G回線の他社ケータイからMNPでドコモスマホに乗りかえる場合に、対象料金プランから12か月間1,000円を割引くサービスです。

そのため、はじめてスマホ割の条件と同じく、料金プランは「ギガホ」か「ギガライト」であることと、初めてXi回線のスマホに買いかえるということが条件になっています。

各ドコモの料金プランについてはこちらの記事も参考にしてください↓

【ドコモ】ギガホに変更すべき?月額6,980円→4,980円に割引きする方法を説明!
【意外とあり?】ドコモギガライトのメリット→使った分だけ4段階の料金体系

そしてドコモのおしゃべり割60は、【はじめてスマホ割の条件の他に利用者が60歳以上であること】という条件が追加されることになります。

メモ

契約者と利用者が別になっていて、契約者が60歳未満の場合でも利用者が60歳以上なら対象に含まれます。

その場合は、利用者の名前や生年月日などを利用者登録することで、対象にできますよ。

利用者登録する場合は、【利用者の本人確認書類】が必要になるので、手続きするときは忘れずに持って行くようにしてくださいね。

ということで、おしゃべり割60を適用するためには、料金プランは「ギガホ」か「ギガライト」で、割引サービスに「はじめてスマホ割」を利用している「利用者が60歳以上」の人が、音声オプションの「かけ放題オプション」か「5分通話無料オプション」のどちらかを利用した場合に、割引きが適用されるということになります。

料金プラン ギガホ・ギガライト すべて適用でおしゃべり割60の対象となる

 

割引サービス はじめてスマホ割
利用者 60歳以上(契約者と利用者が別でも可)
音声オプション かけ放題オプション・5分通話無料オプション

言葉にすると難しくなったので、一覧にしました。

料金プランの変更や通話オプションを解約すると対象外となる

注意ポイント

・「対象音声オプション」を廃止したり、対象の料金プランから対象外の料金プランへ変更した場合、60歳未満の利用者へ変更した場合、法人名義へ変更した場合は、「おしゃべり割60」は自動的に廃止

・利用者1人につき、「おしゃべり割60」は1回線のみ適用可能

・「おしゃべり割60」が廃止された場合、受付期間中であっても再度加入することはできない

・割引期間終了後も、音声オプションは廃止の手続きをしない場合は継続される

おしゃべり割60は、料金プランを「ギガホ」「ギガライト」から変更したり、音声通話オプションをやめてしまうと対象外になってしまいますし、60歳以上であることが前提になっているので、途中で利用者を60歳以下の人に変更してしまうと、適用条件からはずれてしまいますので、注意してください。

また、個人名義の場合に対象になるため、法人名義の場合は対象外です。

利用者1人で複数のスマホを契約しても、1回線のみが適用でき、途中で音声通話オプションなどをやめてしまって、再度加入してもおしゃべり割60は適用外になってしまいます。

おしゃべり割60の割引き期間が終了した後も、音声通話オプションは自動で廃止になることはありませんので、不要な場合は廃止の手続きを行う必要があります。

ドコモおしゃべり割60を利用した場合の月額料金シミレーション

おしゃべり割60は、他の割引きサービスと併用することが可能になっています。

毎月の利用料が割引きされる「はじめてスマホ割」や「みんなドコモ割」などの他に、端末の購入サポートである「はじめてスマホ購入サポート」も利用することができます。

したがって、60歳以上でケータイを利用している人は、購入するスマホの対象のスマホなら最大22,000円も安く購入することができ、毎月の利用料もお得にできる他に、音声通話もお得にすることができるという【3つのお得】を一緒に利用することができるのです。

実際におしゃべり割60を利用した場合、毎月の維持費がどのくらいになるのかシミュレーションしてみました。

シミュレーションの条件

・音声オプションが「かけ放題オプション」の場合と「5分通話無料オプション」の場合

・ファミリー割引きグループで「みんなドコモ割」が3回線以上で利用している

・自宅のインターネットをドコモで利用していて「ドコモ光セット割」が適用されている

では早速シミュレーションしていきましょう。

今回は、ギガライトを利用して音声オプションが「かけ放題オプション」の場合と「5分通話無料オプション」のケース。

ギガホを利用して音声オプションが「かけ放題オプション」の場合と「5分通話無料オプション」の場合で計算してみました。

割引きサービスについては、最も安くなるとどのくらいになるのかというシミュレーションなので、割引きサービスがすべて適用された場合でシミュレーションしていきます。

おしゃべり割60をギガライトで利用する場合

ドコモ公式:ギガライト

音声オプションがかけ放題オプションの場合

ギガライト ~1GB

3,150円

~3GB

4,150円

~5GB

5,150円

~7GB

6,150円

かけ放題オプション 1,700円
2年定期契約またはdカードお支払割 -170円
はじめてスマホ割 -1,000円
みんなドコモ割(3回線以上) -1,000円
おしゃべり割60 -700円
ドコモ光セット割 -500円 -1,000円 -1,000円
合計 1,980円 2,480円 2,980円 3,980円

音声オプションが5分通話無料オプションの場合

ギガライト ~1GB

3,150円

~3GB

4,150円

~5GB

5,150円

~7GB

6,150円

5分通話無料オプション 700円
2年定期契約またはdカードお支払割 -170円
はじめてスマホ割 -1,000円
みんなドコモ割(3回線以上) -1,000円
おしゃべり割60 -700円
ドコモ光セット割 -500円 -1,000円 -1,000円
合計 980円 1,480円 1,980円 2,980円

まずは、ギガライトで契約した場合についてです。

ギガライトはデータ利用量が最大7GBまでで、定額料金が1GBまで、3GBまで、5GBまでの4つのステップに分かれてして、毎月利用した分だけ支払うことができる料金プランになっています。

あまりインターネットやアプリを利用しないという人は毎月の利用料を安く抑えることができるので、おすすめの料金プランですよ。

60歳以上ではじめてスマホを使うという人は、最初からインターネットをたくさん利用するという人は少ないと思いますので、料金プランはギガライトを選択する人が多いのではないでしょうか。

ギガライトを契約すると、データ利用量が1GBまでなら月額3,150円で利用することができます。

ここに、音声通話オプションが追加されるということになり、かけ放題オプションなら1,700円、5分通話無料オプションなら700円が合算されて、本来なら4,850円または3,850円の利用料ということになりますよね。

この料金からさまざまな割引きサービスが適用されます。

ギガライトの場合は、部で5つの割引きサービスを適用することが可能で、最大3,870円の割引きをすることが可能です。

ポイント

すべての割引きが適用されると、かけ放題オプションでデータ利用量が1GB以下なら1,980円から利用することができ、5分通話無料オプションなら980円から利用できます。

1,980円で国内通話が誰にでも無料で利用することができて、インターネットも1GBまで利用することができ相当安く抑えることができますよね。

データ利用量の1GBってどのくらい?という人もいますよね。

1GBの目安は、メールの送受信なら約2,000通、ニュースサイトの閲覧なら約6,000ページ分利用することができます。

以外とたくさん利用できますよね?

目安なのでデータの量によって変動はありますが、インターネットの利用はメールの送受信とニュースを見るくらいで、主に通話がメインで利用するという人なら全然1GB以内で余裕で使えちゃう人が多いのではないでしょうか。

おしゃべり割60をギガホで利用する場合

ドコモ公式:ギガホ

音声オプションがかけ放題オプションの場合

ギガホ 7,150円
かけ放題オプション 1,700円
2年定期契約またはdカードお支払割 -170円
はじめてスマホ割 -1,000円
みんなドコモ割(3回線以上) -1,000円
ドコモ光セット割 -1,000円
ギガホ割 -1,000円
おしゃべり割60 -700円
合計 3,980円

音声オプションが5分通話無料オプションの場合

ギガホ 7,150円
5分通話無料オプション 700円
2年定期契約またはdカードお支払割 -170円
はじめてスマホ割 -1,000円
みんなドコモ割(3回線以上) -1,000円
ドコモ光セット割 -1,000円
ギガホ割 -1,000円
おしゃべり割60 -700円
合計 2,980円

ギガホは、月額7,150円で30GBまでデータ容量が利用できる定額料金プランです。

0GB~30GBまで7,150円なので、ギガライトのデータ容量7GBじゃ足りないという人は、ギガホを利用することになります。

ギガホの場合もギガライトと同じように、定額料金に音声オプションの月額料金が加算されます。

かけ放題オプションなら8,850円、5分通話無料オプションなら7,850円で利用することになりますが、ギガホもさまざまな割引きサービスを併用することが可能です。

ギガホの場合は、全部で6つの割引きサービスを利用することができて、最大4,870円も割引きすることができます。

そのため、割引きサービスがすべて適用された場合は、かけ放題オプションなら月額3,980円、5分通話無料オプションなら2,980円で利用することができちゃいますよ。

3,980円で通話が無料でネットも30GBの大容量で利用できるのですから、スマホにしたらアプリや動画サイトをたくさん利用したいというシニアには、お得に楽しむことができる最適な料金プランですよね。

ちなみに、ギガホの場合はギガライトよりも割引きサービスが1つ多く利用することが可能です。

それがギガホ割で、ギガホ割は最大6か月月額料金から1,000円割引きしてくれるので、ギガライトで5GB以上利用する場合とギガホの定額料金が同額になります。

そのため、毎月5GBはインターネットを利用するという人なら、ギガホの方が同じ金額で30GBも利用することができるようになるため、ギガホの方がお得です。

【メリット】ドコモおしゃべり割60で1GB+5分かけ放題を月額980円で利用可能

ドコモのおしゃべり割60についての内容や適用条件、毎月の利用料について解説してきました。

おしゃべり割60は、5分通話無料オプションなら実質無料で利用することが可能になるため、60歳以上ではじめてスマホに買いかえるという人は、通話を使うかどうか分からない場合でも、5分通話無料オプションに加入しておくことをおすすめします。

ドコモのおしゃべり割60を利用しはじめてスマホ割の割引きが併用して適応されることで、通信量1GBと5分の無料通話が可能で月額980円で利用できるのは非常にメリットではないでしょうか。

60歳以上なら、スマホを安く購入することができて、毎月の利用料も安く抑えられて、さらに通話料金も安くすることができます。

3つもお得にすることができますので、この機会にケータイからスマホに買いかえてみてもいいかもしれませんね。

シニア年齢層におすすめのスマホ機種はこちらでご紹介してるので、一緒に参考にしてください↓

【らくらくホン】ドコモで高齢者におすすめ機種を紹介!スペック・機能を徹底解説

ドコモではFOMA回線の終了も発表していることもあり、少しでもスマホへの乗り換えを手軽にできるようにサービスを提供しているのが伝わりますね。

ドコモおしゃべり割60の受付は期間限定なのでぜひ、この機会にスマホデビューするのも検討してみてください。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.