ドコモ

ドコモのFOMAが終了するとガラケーは使えない?ガラケーが終了するならどうするべき?

ドコモのFOMAサービスが2026年3月31日に終了すると発表されました。

FOMA回線対応のガラケーは期間を過ぎると使うことができなくなり、強制解約ということになってしまいます。

ドコモのガラケーを利用している人や家族にガラケーを使っている人がいるという人は、

ガラケーが使えなくなってしまうけど、どうしたらいいんだろう?

と悩んでいる人もいますよね。

ドコモではFOMAサービスが終了したらFOMA対応のガラケーは利用することができなくなります。

4G対応のスマホやケータイに機種変更をすれば今後も問題なく利用することができます

また、ドコモのガラケーのすべてが利用できなくなるという意味に捉えてしまっている人多いのですよね。

しかし、ドコモのすべてのガラケーが利用できなくなるというわけではありません

FOMAが終了するとガラケーはどうなってしまうのか、ガラケーが終了するならどうしたらいいのか、詳しく解説していきます。

ドコモでは2026年3月31日でFOMAサービスを終了

ドコモでは、2026年3月31日の23時59分を持ってFOMAサービスの提供を終了すると公式で発表しています。

あと6年しかFOMA回線は利用することができず、2026年4月1日になった瞬間にはFOMAサービスを利用している回線は強制解約となります。

電話やメールなどのサービスは一切利用することができなくなってしまいます

FOMAサービスとは、第3世代移動通信システム(3G)のドコモでの名称。

auやソフトバンクでも、それぞれ2022年3月31日、2024年1月31日に3G回線を利用したサービスを終了すると発表しています。

ドコモで終了するのはFOMAであってガラケーではない

注意してもらいたいのが、ドコモで終了すると発表しているのはFOMAサービスのこと。

ガラケーならどのガラケーも使えなくなるわけではないということです。

現在はガラケーよりもスマホの方が利用者は多いですし、ガラケーが主流だったのはFOMAサービス全盛期の頃。

ガラケーの多くがFOMAサービス終了とともに使えなくなるということは間違いありません。

しかし、現在もドコモではガラケーと似たようなデザインのケータイは販売されています。

それらのケータイはFOMAサービスではなくXi回線やプレミアム4Gといった4Gサービスを利用した端末になっています。

そのため、ガラケーだからといって必ずしも2026年3月31日で利用することができなくなるということではありません

FOMAが終了すると利用できなくなる端末を見分ける方法

上記のとおり、ガラケーの中でもFOMAサービスに対応した端末だけがサービス終了となります。

4Gサービスに対応したガラケーは今後も利用をしていくことができます。

では、自分が使っているガラケーは3Gなのか4Gなのかどうやって見分ければいいのでしょうか?

使っているガラケーが3Gなのか4Gなのか見分ける方法がいくつかあります。

  • 2015年以降に機種変更をしていない
  • FOMA専用の料金プランを利用している
  • ディスプレイに表示されている電波マークに「4G」や「LTE」の表示がない
  • 使っている端末の型番でスペックを確認する

ドコモで最後にFOMA対応のガラケーが発売されたのは2015年夏モデルです。

それよりも後に発売されたケータイを利用しているならその端末は4Gに対応している可能性があります。

また、

パケ・ホーダイ ダブル

バリュープラン

ベーシックプラン

といった、現在では受付終了しているFOMA専用の料金プランを利用している場合もFOMA端末を利用している可能性があります。

それとディスプレイに表示される電波マークに「4G」や「LTE」という表示なし。

どこに行っても「3G」という表示しか見たことがない場合もその端末がFOMA対応のガラケーである可能性が高いです。

とは言っても電波の悪いところでは4Gの電波が入らずに3Gの電波で繋がることもありますので確実ではありません。

最も確実なのは、HPやドコモショップなどで自分の端末がFOMAなのか4Gなのか確認するのが一番早いし分かりやすいですね。

また、現在FOMA回線を利用しているユーザーにはドコモからお知らせが届いているはず。

ドコモから機種変更をしてくださいといった案内が届いている場合もFOMAを利用しているということになります。

使っているガラケーが使えなくなるならどうするべきか

もしも使っているガラケーがFOMA対応の端末だった場合は、そのガラケーは2026年3月31日で使えなくなってしまいます。

そうだった場合は、4G対応のスマホやケータイや、これから始まる5G対応のスマホに機種変更をすればいいだけです。

料金プランについても機種変更と同時に現在提供しているプランへの変更をします。

機種変更さえすれば2026年以降も同じ電話番号で利用することができます。

キャンペーンを利用するとお得に機種変更ができる

機種変更さえすれば今後も今までと同じように使えるなら、急いで機種変更しなくてもいいかな

と思った人もいるかもしれません。

確かに今すぐFOMAが利用できなくなるわけではありませんが、機種変更は早めにしておくことをおすすめします。

ギリギリになると店頭は非常に混雑して機種変更に時間がかかってしまうこともあります。

何よりも現在ドコモではFOMAから機種変更をする人がお得に機種変更ができるようにさまざまなキャンペーンを開催しています。

キャンペーン

  • はじめてスマホ割
  • はじめてスマホ購入サポート
  • おしゃべり割60

これらのキャンペーンはいつ終了するか分かりません。

キャンペーンが利用できる今なら、機種代金は安くなって毎月の利用料も安くすることができます。

ガラケーを使っているよりもお得な利用料で使うことができる可能性がありますので、今のうちに機種変更することを検討するべきです。

はじめてスマホ割

参照:はじめてスマホ割

「はじめてスマホ割」は、FOMA回線を利用しているユーザーが新たにスマホに機種変更をすると対象の料金プラン

ギガホ

ギガライト

から最大12か月間月額料金を1,000円割引くサービスです。

ギガホ6,980円
はじめてスマホ割-1,000円
合計5,980円
ギガライト~1GB~3GB~5GB~7GB
2,980円3,980円4,980円5,980円
はじめてスマホ割

-1,000円

合計1,980円2,980円3,980円4,980円

FOMAからスマホに機種変更をするだけで毎月1,000円もお得にすることができます。

また、はじめてスマホ割は他の割引サービスであるみんなドコモ割やドコモ光セット割などと併用することができます

データ通信量を使った分の定額分支払うことができる料金プラン「ギガライト」を契約した場合は、1GBまでの利用料が2,980円。

「はじめてスマホ割」や「みんなドコモ割」などが適用になることで、最安値980円で利用することが可能になります。

ここまで安く利用することはガラケーではできませんでしたので、FOMAのガラケーからスマホに機種変更をした方がお得です。

はじめてスマホ購入サポート

参照:はじめてスマホ購入サポート

FOMAからスマホへの機種変更なら、割引になるのは月額料金だけではありません。

購入する端末自体も通常価格よりも安く購入することができます。

「はじめてスマホ購入サポート」の対象機種を購入する場合は最大で22,000円割引き。

50,000円もするようなスマホも20,000円台で購入することができてお得です。

また、高齢者向けのらくらくスマホの場合は、さらに割引が適用になって実質無料でスマホに買い替えることもできますよ。

おしゃべり割60

参照:おしゃべり割60

月額料金、本体価格が割引になるほかに、音声通話の料金もお得になる「おしゃべり割60」も利用することができます。

「おしゃべり割60」は、60歳以上のガラケー利用者が初めてスマホに買い換えて「はじめてスマホ割」を適用。

音声通話オプションを申し込むと、音声通話オプションの月額料金が最大12か月間700円割引になります。

音声通話オプション月額料金オプション内容
かけ放題オプション1,700円国内通話が24時間無料
5分通話無料オプション700円5分以内の通話が無料

60歳以上でFOMAからスマホに機種変更をするなら、5分以内の通話なら月額料金無料でかけ放題にできます。

家族以外へ5分以上の長電話をたくさんする場合は月額1,000円でかけ放題で利用することができます。

スマホが利用できるか不安な人はドコモのスマホ教室を利用するのがおすすめ

参照:ドコモスマホ教室

FOMA回線のガラケーからスマホに機種変更をするだけで利用料金や本体価格、通話料金を安くすることができます。

スマホに機種変更をするのはおすすめなのですが、スマホを使ったことがなくて操作に不安がある人も多いですよね。

スマホの方が画面を直接触って操作をするので簡単だという声もありますが、すべての人がそうとは限りません。

ドコモでは、スマホを購入する前の人も利用することができて無料で開催している「ドコモスマホ教室」でスマホの使い方を学ぶことができます。

「ドコモスマホ教室」は全国のドコモショップで開催していて、利用者のレベルに分けてさまざまな講座を用意しています。

わかりやすいテキスト付きで、スマホを購入する前から参加することが可能。

、実際にスマホを操作してみながらどんなことができるのかを丁寧に教えてもらえます。

スマホに機種変更した後もスマホ教室は何度でも参加することができます。

機種変更をする前にスマホがどんなものなのか理解するためにも、まずは参加してみることをおすすめします。

どうしてもスマホが嫌ならガラケーへの機種変更もあり

「ドコモスマホ教室」などを利用すればスマホへ機種変更するのも安心できるとは思います。

それでもスマホへの機種変更をしたくないという人は、現在ドコモで販売しているドコモのケータイへの機種変更をしてもいいでしょう。

ドコモでは現在もガラケーと見た目が同じドコモケータイを販売しています。

ドコモではすでにFOMA回線を利用した端末の販売は終了。

現在ドコモで購入することができる端末はすべて4Gサービスに対応した端末だということになります。

→ドコモケータイ

ドコモケータイの使い方はガラケーと全く同じで回線がFOMAから4Gに変わっただけ。

ガラケーを使い続けたいという人はドコモケータイに機種変更をすることを検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモケータイにすると、VoLTEという高品質の通話を利用することができるようになります。

今までのガラケーよりももっと通話の声が聞き取りやすくなるというメリットもありますよ。

参考記事
【2020年】ドコモガラホのおすすめ|各機種をいいところを紹介

ドコモでは2020年の現在でも以前と変わらずガラホが販売されています。 現在販売しているガラケーはすべてXi(4G)対応のいわゆるガラホなので、FOMAサービスが終了した後も問題なく使うことができます ...

ドコモケータイの料金プラン

ドコモケータイプラン1,200円
国内音声通話家族間:無料

家族以外30秒20円

ドコモケータイプランは月額1,200円で利用することができ、家族以外への通話は30秒20円で加算されます。

ドコモケータイプランでも音声通話オプションを利用することができますので、家族以外への通話が多い人はスマホと同じように定額料金で電話をかけることも可能。

月額1,200円でケータイを利用することができるので、料金自体もFOMAのときと同じくらいか利用状況によってはかなり安くすることができますよ。

ただし、先ほど紹介した「はじめてスマホ割」や「おしゃべり割60」などといった割引キャンペーンは適用外

安さで選ぶならスマホの方が断然お得です。

FOMAのガラケーを利用しているなら早めに機種変更をしよう

ガラケーが使えなくなるとよく言われていますが、実際はドコモのガラケーのすべてが2026年3月31日に使えなくなるのではありません。

FOMA回線対応のガラケーが使えなくなってしまいます。

FOMA回線のガラケーを使っているなら、現在ドコモで販売しているスマホやケータイに機種変更をすれば2026年以降も今まで通り同じ電話番号で利用することが可能。

今後もドコモでケータイを使っていきたい人は期間中に機種変更をすることで解決可能です。

FOMAのガラケーからスマホに機種変更をすれば、

はじめてスマホ割

はじめてスマホ購入サポート

おしゃべり割60

といったキャンペーンを利用してお得にスマホに買い替えることができます。

どうしてもスマホではなくガラケーが使いたいという人には、4G対応のケータイに機種変更をすれば2026年以降も問題なく利用することができます。

ので、現在販売しているドコモケータイに機種変更をすることをおすすめします。

スマホでもケータイでも、FOMAのときよりも通話品質がよくなって電話の声が聞き取りやすくなるというメリットもあります。

家族でFOMAガラケーを利用している人がいるという場合は、早めに機種変更をすることをすすめてみてくださいね。

スポンサードリンク

-ドコモ

© 2020 スマホログ