ドコモ

【ドコモ】iPhoneとiPadの二台持ちした月額料金|維持費を計算しながら解説

ドコモでiPhoneとiPadの二台持ちしたいんだけど、月額料金が高くなりそう…

そんな悩みをもつ人は少なくないと思います。

単純に二台持ちすることで、料金が倍になると思いがちですが実は意外とそんなことはないです。

ドコモではiPhoneとiPadの二台持ちするための専用の料金プランを用意してくれてるためです。

この記事では、iPhoneとiPadの二台持ちした場合の月額料金の考え方をまとめています。

また実際にiPhone11 ProとiPadの第7世代で二台持ちしたら毎月の維持費はどのくらいになるか計算してますので参考にしてください。

→ドコモ機種変更で使えるクーポンの入手方法

合わせてどうぞ
【無料】ドコモ機種変更クーポンの入手方法|今すぐ手に入るかも・・

「ドコモで機種変更するときに使える割引きクーポンがあるって聞いたけど、どうやって入手するの?」 少しでも安くお得にドコモで機種変更したいと思っていませんか。 実際にドコモでは機種変で割引きできるクーポ ...

ドコモでiPhoneとiPadの二台持ちは「+1,000円」でできる

通常ドコモでiPadを購入した場合、「ギガライト」か「ギガホ」のどちらかの料金プランから選びます。

しかし、今回はあくまでもiPhoneとiPadの二台持ちを検討することを想定しています。

二台持ち専用の料金プランを契約することができます。

それが、データプラスです

データプラスはわずか1,000円の月額料金で利用が可能!

ですので、ドコモでiPhoneとiPadの二台持ちをするのであれば、iPhoneをメイン機として「ギガホ」または「ギガライト」のプランを契約。

iPadはデータプラスで契約するということになります。

この考えが最もiPhoneとiPadの二台持ちをお得にできる料金プランになります。

ドコモのデータプラスとは?

 

参照:データプラス

データプラスはメインとするiPhoneで契約した料金プランの通信量をiPadでもシェアできるというもの。

iPad単体に料金プランを契約する必要がありません。

例えば10GBのデータ量があるなら、iPhoneとiPadで使った分の合計で10GB利用できるようになる便利なプランなんです。

ドコモのデータプラスの月額利用料金は1,000円。

つまり、iPhoneで契約している料金プランに+1,000円で二台持ちが実現できることになります。

では、ギガライトとギガホそれぞれのドコモの料金プランにデータプラスを利用してiPadの二台持ちした場合の料金を見ていきましょう。

ギガライトで二台持ちした場合の料金

公式:ギガライト

ギガライト ~7GB 5,980円
~5GB 4,980円
~3GB 3,980円
~1GB 2,980円
データプラス 1,000円
月額料金 3,980円~6,980円

iPhoneで契約している料金プランがギガライトだとします。

使った分だけの従量課金制なので、人それぞれ料金は違ってきます。

もし毎月の通信量が1GBで抑えられた場合は、iPhoneとiPadの二台持ちをしても月額3,980円の料金で持てるのが分かりますね。

ギガホで二台持ちした場合の料金

公式:ギガホ

ギガホ 6,980円
データプラス 1,000円
月額料金 7,980円

ギガホは30GBまでの大容量通信が可能な料金プラン。

iPadと二台持ちでの契約であれば、月々7,980円での料金で維持することできます。

ただご紹介したギガライト、ギガホの月額料金はあくまでも通常料金で計算した場合の目安になります。

ドコモの割引きサービスを活用することでさらに、iPhoneとiPadをお得な料金で維持することも可能です。

ドコモの月額料金を毎月安くできる割引きサービス

データプラス自体の料金の割引きはできません。

ですが、ギガホやギガライトの月額料金を割引きさせることで結果的にiPhoneとiPadの二台持ちをしてもお得に利用ができます。

みんなドコモ割

公式:みんなドコモ割

ドコモの回線数の応じた割引きサービスになるのが、みんなドコモ割。

回線数 1回線 2回線 3回線以上
割引き額 - 500円/月 1,000円/月

みんなドコモ割で3回線以上が対象となれば、毎月の月額料金が1,000円引きになりますので、、

ギガライト 7GB 4,980円
5GB 3,980円
3GB 2,980円
1GB 1,980円
ギガホ 30GB 5,980円

ギガライトの1GB未満の通信量であれば、iPadと二台持ちをしても月額2,980円の料金で維持ができます。

みんなドコモ割の細かな条件はこちらを参考にしてください↓

詳しくはこちら
みんなドコモ割の適用条件を分かりやすく解説!ファミリー割引との違いは何?

「みんなドコモ割ってどんなサービスなの?ファミリー割引との違いがよく分からない…」 ドコモでは、家族でドコモを利用すると月額料金が安くなるみんなドコモ割という割引サービスを提供しています。 この記事で ...

ギガホに関してはみんなドコモ割が適応されても5,980円とまだ少しお高めですよね…

ただここからさらに1,000円割引きさせることも可能です。

ギガホ割

公式:ギガホ割

サービス名通り、ギガホのみが対象となる割引きがギガホ割です。

ただギガホを契約するだけで毎月1,000円引きが最大で6ヶ月間適応されます。

みんなドコモ割との併用もできますので、

ギガホ 6,980円
みんなドコモ割 -1,000円
ギガホ割 -1,000円
月額料金 4,980円

毎月30GBの大容量プランがわずか4,980円で契約できます。

データプラスの1,000円を足したとしても、iPhoneとiPadの二台持ちでも月額5,980円で利用OKということになりますね。

ギガホ割の詳しい詳細はこちらの記事にまとめています↓

詳しくはこちら
【延長中】ドコモのギガホ割はいつまで?ヘビーユーザーなら見逃せない理由

「ドコモのギガホ割は延長されたの…?いつまで?」 ドコモの料金プランのギガホの月額料金を安くできるギガホ割に興味をもつ人は多いです。 というのも、今ギガホに申し込みをすれば通常データ量が30GBが倍の ...

で、ここまでの月額料金はあくまでも料金プランのみのお話。

あとはiPhone端末代金がプラスされてきますので、より具体的に維持費を計算してみていきましょう。

iPhone11 ProとiPad(第7世代)で実際に毎月の維持費を計算

iPhone11 Pro(64GB)とiPadの第7世代を二台持ちしたと仮定しますね。

ギガライトの場合 ギガホの場合
iPhone11 Pro(64GB) 本体代金126,720円 3,520円×36回 iPhone11 Pro(64GB) 本体代金126,720円 3,520円×36回
ギガライト
~1GB
2,980円 ギガホ 6,980円
みんなドコモ割(3回線以上) -1,000円 みんなドコモ割(3回線以上) -1,000円
ギガホ割 - ギガホ割 -1,000円
iPadの第7世代 本体代金 67,320円 1,870円 iPadの第7世代 本体代金 67,320円 1,870円
データプラス 1,000円 データプラス 1,000円
合計 8,370円 合計 11,370円

iPhone11 Pro(64GB)とiPadの第7世代を二台持ちするとした場合、通信量が1GBまでであれば維持費は8,000円台。

大容量プランのギガホであれば10,000円を少し超える料金になりますね。

高いか、安いかは個人差があると思います。

また、今回はiPhone11 Proを例にして計算しているのでモデルをグレードダウンすることで維持費がもっと安くなるのはもちろんです。

iPhone11 Proは総額10万越えなので分割金もそれだけ高いのでね…

ドコモでiPhoneとiPadの二台持ちした場合の月額料金まとめ

iPhoneとiPadの二台持ちをしたときの料金まとめ

月額1,000円(データプラス)で二台持ちできる
iPadの本体端末代の分割金も加味する

ドコモのデータプラスを利用すれば、毎月のGB数をシェアできるようになります。

なので、iPhoneでの月々の料金にデータプラスの「+1,000円」と欲しいiPadの分割金を足してみましょう。

その数字がiPhoneとiPadの二台持ちした場合のおおよその月額料金になりますよ。

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2020 All Rights Reserved.

docomoの在庫状況を一覧でチェック!
今日の在庫を確認する
docomo在庫状況を一覧で確認する