ドコモ

【ドコモ】らくらくホンのおすすめ料金プランは?月額料金を計算してみた!

更新日:

ドコモのらくらくホン、らくらくスマホにおすすめの料金プランをまとめています。

シニア向けの簡単操作ができることで利用者の多いドコモのらくらくホンは、今でも新しく機種が発売されたり進化しています。

【らくらくホン】ドコモで高齢者におすすめ機種を紹介!スペック・機能を徹底解説

ドコモのらくらくホンに機種変更、新規購入するにしても確認しておきたいのが料金プランですよね。

2019年11月現在、ドコモで提供されている料金プランは非常にシンプルになっていますので昔ほど複雑ではありません。

ただ、ドコモのらくらくホンシリーズには「ドコモケータイ」と「スマホ」の機種に分かれています。

従来のらくらくホンといわゆるらくらくスマホとでは、利用できる料金プランが違ってきますのでその点は注意が必要です。

今ガラケーを使用している高齢者の人でも、らくらくスマホに機種変更することで料金が高くなってしまわないかと不安な人も多いでしょう。

料金プランの紹介はもちろん適応される割引きサービスも一緒に解説していきます。

実際に、ドコモのらくらくホンを利用した場合の毎月の月額料金も計算してシミレーションもしています。

あくまでも目安にはなりますが、ドコモのらくらくホンへ機種変更を検討中の人はぜひ参考にしてください。

【2019年11月】ドコモらくらくホンにおすすめの料金プランは?

ドコモのらくらくホンに機種変更した場合、利用することができる料金プランは3つあります。

ポイント

・ケータイプラン
・ギガライト
・ギガホ

上記3つの料金プランから自分の毎月の利用状況にあっている方を選ぶことになります。

ギガライト、ギガホそれぞれで月の使用できるGB数が異なります。

と同じく月額料金にも違いがありますのでしっかりと確認をしておきましょう。

また、それぞれの料金プランには割引サービスがあり適応させることで月々の料金を抑えることも可能です。

後ほどらくらくホンで各料金プランの月額シミュレーションもしますので参考にしてください。

まずはそれぞれの料金プランの特徴について解説していきます。

ドコモケータイプランなら通話料+通信量込み

参照:ドコモケータイプラン

家族内通話無料 1,200円
通信量100MB

らくらくホンシリーズのドコモケータイのみ利用ができる料金プランがケータイプランになります。

今までのようなSPモード、通信量が別で請求されることはなくすべて込みでの料金で1,200円の分かりやすい料金プランです。

通信量も100MBまでも料金に含まれていますので、電話メインでらくらくホンの利用を考えているのであればドコモケータイプランを選ぶことでかなりお得に利用ができるでしょう。

ケータイプランについて詳しくはこちら↓

【電話メインは損?】ドコモケータイプランに変更すべきかガラケー利用者は要確認

らくらくホンシリーズのスマホ機種の利用を検討している場合は、ドコモケータイプランの契約はできません。

らくらくスマホに機種変更を考えている人向けの料金プランを見ていきましょう。

ギガライトなら最大7GBまで使った分だけの料金プラン

参照:ギガライト

5GB~7GB 5,980円
3GB~5GB 4,980円
1GB~3GB 3,980円
0GB~1GB 2,980円

ギガライトは、データ通信と音声通話がセットになっている料金プランです。

音声通話は30秒20円で通話した分だけのお支払いか、たくさん通話する人はオプションでかけ放題オプションに加入することができます。

データ通信は0GB~1GB、1GB~3GB、3GB~5GB、5GB~7GBという最大7GBまでの4つのステップに分かれていて、使ったデータ容量に応じて定額料金が変わるしくみになっています。

ギガライトの詳しい詳細はこちらの記事も参考に↓

【意外とあり?】ドコモギガライトのメリット→使った分だけ4段階の料金体系

毎月の通信量がそれほど多くない場合は、ギガライトを選びましょう。

また、7GB以上のデータ量が必要である人は続いてご紹介するギガホを利用するといいですね。

ギガホなら30GBまで使える大容量プラン

参照:ギガホ

30GBまで 6,980円

ギガホは、ギガライトと同じようにデータ通信と音声通話がセットになっている料金プランです。

音声通話についてはギガライトと同じですが、データ通信は30GBまでの定額サービスになっていて、30GBまで使っても使わなくても定額になっています。

ギガホについての詳しい詳細はこちら↓

【ドコモ】ギガホに変更すべき?月額6,980円→4,980円に割引きする方法を説明!

ネット閲覧はもちろん動画サービスなどの利用が多い人であれば、ギガホを選択することで毎月の通信量に不安をもつこともなくなるでしょう。

ギガライトにしてもギガホにしても基本料金は正直高いです。

なので、それぞれの料金プランに割引きサービスを適応させることでお得に利用できますのでうまく活用していきましょう。

ドコモらくらくスマホで利用できる割引サービス4つご紹介!

お話したようにデータ通信によって料金プランが変わります。

ギガホかギガライトにするか?どちらの料金プランを利用するのかは毎月のデータ通信をどのくらい使うかによって選ぶことになります。

らくらくホンに機種変更した場合、条件をクリアすれば2つの料金プランが割引きされるサービスの対象になる場合があります。

2019年11月に行っている月額料金の割引サービスは4つあります。

ポイント

・はじめてスマホ割
・みんなドコモ割
・ドコモ光セット割
・ギガホ割

それぞれの割引サービスの条件と割引き額について詳しく解説していきますね。

はじめてスマホ割で最大12ヶ月間毎月1,000引き

はじめてスマホ割は、らくらくホンに機種変更する人は対象になることが多い割引サービスです。

はじめてスマホ割はケータイからスマホにはじめて買い替えると、機種変更してから最大12か月間月額料金から1,000円割引きくサービスです。

適用条件は以下になります。

・18か月以上利用したケータイからスマホへ初めて買い替える
・ケータイプラン、カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、シンプルプランの料金プランを利用していた人
・スマホに買い替えたときに料金プランをギガホまたはギガライトに変更する

参照:ドコモはじめてスマホ割

シニアの人でケータイを利用していて初めてスマホにする人でらくらくホンを購入する場合は、はじめてスマホ割の対象になります。

詳しくはこちら↓
【ガラケー→スマホ】ドコモはじめてスマホ割で月額980円まで節約できた事例!

みんなドコモ割で毎月最大1,000円引き

みんなドコモ割はファミリー割引グループの加入人数に応じて、対象の料金プランの月額料金を各回線ごとに最大1,000円ずっと割引くサービスです。

対象の料金プランはこちらです。

・ギガライト

2回線 3回線以上
割引額 -500円 -1,000円
5GB~7GB 5,480円 4,980円
3GB~5GB 4,480円 3,980円
1GB~3GB 3,480円 2,980円
0GB~1GB 2,480円 1,980円

・ギガホ

2回線 3回線以上
割引額 -500円 -1,000円
30GB 6,480円 5,980円

みんなドコモ割の回線が2回線だった場合は月額500円の割引、3回線以上だった場合は月額1,000円割引きされます。

家族でドコモを利用していた場合は割引対象になるので、らくらくホンに機種変更したときに料金プランをギガホかギガライトのどちらかにすれば自動的に割引されるようになります。

詳しくはこちら↓
【実例つき】みんなドコモ割がどれだけお得なサービスか簡単に解説!

ドコモ光セット割で毎月最大1,000円引き

ドコモ光セット割は、自宅のブロードバンド回線をドコモにしている場合、ファミリー割引グループ内のそれぞれの回線の月額料金から最大1,000円割引くサービスです。

インターネットなどをドコモにしていれば特に条件などはありません。

適応された場合の、割引き額を一覧にしました。

・ギガライト

割引額 割引後
5GB~7GB -1,000円 4,980円
3GB~5GB -1,000円 3,980円
1GB~3GB -500円 2,980円
0GB~1GB なし 1,980円

・ギガホ

割引額 割引後
30GB -1,000円 5,980円

ドコモ光セット割の場合は、ファミリー割引グループの回線数は関係ありませんが、ギガライトの場合はデータ使用量に応じて割引額が変動します。

詳しくはこちら↓
【併用OK】ドコモ光セット割はお得?適応後の月額料金を計算してみた結果・・

ギガホ割で最大6か月毎月1,000円引き

ギガホ割は期間限定の割引きサービスで、ギガホを契約した人が最大6か月間月額料金が1,000円割引になります。

らくらくホンに機種変更し、料金プランをギガホにすると対象になります。

条件自体は非常に単純で難しくないですが、割引き期間が6ヶ月限定であることは注意が必要です。

詳しくはこちら↓
【落とし穴あり】ドコモのギガホ割はお得でない!?知っておくべき注意点

このように様々な割引きサービスが提供されており、また併用も可能なのでドコモのらくらくホンの月額料金を安くおさえることも十分可能なんですね。

では、実際にドコモのギガライト、ギガホの料金プランに割引きが適応されると月額料金はいくらになるのか計算してみていきましょう。

ドコモおしゃべり割60で音声オプションを最大12ヶ月毎月700円引き

参照:おしゃべり割60

らくらくスマホを利用する際に電話頻度が多い人は、音声オプションの加入を検討する必要があります。

オプションに申し込むことで、定額通話サービスが可能となります。

かけ放題オプション 1,700円/月
5分間無料通話オプション 700円/月

各料金プランに音声オプションの追加料金で、毎月通話料金が定額となります。

また、2019年11月1日より開始したおしゃべり割60は、その音声オプションに対しての割引きサービスであるのが特徴です。

毎月700円が最大12ヶ月適応されるので、5分間の通話オプションは実質無料で利用ができますよ。

はじめてスマホ割が適応となり、60歳以上の年齢の場合に限りますがらくらくホンを利用する人であれば条件はクリアできる可能性は高いでしょう。

おしゃべり割60についてはこちらの記事も参考にしてください↓

【メリット】ドコモおしゃべり割60なら5分かけ放題が実質無料?分かりやすく解説!

割引きサービスが適用された場合の月額料金を計算してみた!

らくらくホンを毎月お得に利用できる4つの割引きサービスを解説してきました。

各割引サービスを一覧にしたのがこちら↓

はじめてスマホ割(最大12か月間) みんなドコモ割(永年) ドコモ光セット割(永年) ギガホ割(最大6か月間)
2回線 3回線以上
ギガホ 30GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 -1,000円
ギガライト 5GB~7GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 なし
3GB~5GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 なし
1GB~3GB -1,000円 -500円 -1,000円 -500円 なし
0GB~1GB -1,000円 -500円 -1,000円 なし なし

割引サービスによってファミリー割引グループの回線数やデータ使用量に応じて割引額が変わるところがあるので注意が必要です。

この割引サービスがすべて適用になった場合の月額料金についても一覧にしました。

ギガライト→月額980円~から利用が可能です

割引前 はじめてスマホ割(最大12か月間) みんなドコモ割(永年) ドコモ光セット割(永年) 割引後
2回線 3回線以上 1回線 2回線 3回線以上
5,980円 5GB~7GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 3,980円 3,480円 2,980円
4,980円 3GB~5GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 2,980円 2,480円 1,980円
3,980円 1GB~3GB -1,000円 -500円 -1,000円 -500円 2,480円 1,980円 1,480円
2,980円 0GB~1GB -1,000円 -500円 -1,000円 なし 1,980円 1,480円 980円

ギガライトの割引サービスはギガホ割が対象ではないので、最大3つの割引サービスが併用できます。

すべての割引サービスが適用で最大3,000円も月額料金が安くなりますよ。

らくらくホンに機種変更してギガライトを利用した場合は、データ通信が1GBまでの利用で家族で3回線以上利用していた場合は、月額980円から利用することが可能です。

ギガホ→月額2,980円~から利用が可能です

割引前 はじめてスマホ割(最大12か月間) みんなドコモ割(永年) ドコモ光セット割(永年) ギガホ割(最大6か月間) 割引後
2回線 3回線以上 1回線 2回線 3回線以上
6,980円 30GB -1,000円 -500円 -1,000円 -1,000円 -1,000円 3,980円 3,480円 2,980円

ギガホの場合、4つのすべての割引サービスが対象になり、最大割引が4,000円ということになります。

ギガホ割が適用されると、ギガホを家族3回線以上で利用していた場合とギガライトを5GB~7GBで利用する場合と同額の月額料金で使えることになります。

そのため、らくらくホンで料金プランをギガホにするとデータ容量もたくさんあって最大4,000円の値引きがあるのでお得になります。

料金プランの月額維持費のイメージはできてきたかと思います。

あとは、本体端末価格を+した料金がドコモのらくらくホンを利用した場合の具体的な月額料金になっていきます。

続いては「本体端末代金」+「料金プラン」で月額料金の目安をシミレーションしていきましょう。

ドコモらくらくホンの本体価格+料金プランの月額料金の目安をシミュレーションしてみた!

ここまで料金プランと料金プランの割引きサービスについて解説してきました。

料金は最も安くて980円から利用できることがわかりましたよね。

毎月の請求はこの月額料金にらくらくホンの本体代金が加わった状態で請求されるようになります。

現在ドコモで販売されているらくらくホンシリーズの中でも特に人気機種となっているのがらくらくスマホです。

ポイント

・ドコモらくらくホン F-02J
・らくらくスマートフォン me F-01L
・らくらくスマートフォン4 F-04J

今回はらくらくスマホの2機種で、それぞれの本体代金とそれぞれの料金プランを選んだ場合の月額料金をシミュレーションしてみました。

らくらくホン F-02J→月額2,200円~

公式:らくらくホン F-02J

ドコモらくらくホンのF-02Jを購入するとして月額料金を見ていきましょう。

機種代金 31,680円(分割880円×36回)
ドコモケータイプラン 1,200円
月額料金 2,200円

ドコモらくらくホンのF-02Jはスマホではないので、料金プランはドコモケータイプランになります。

月々1,200円に本体端末代金の分割金を足しても、月々2,200円からの利用が可能です。

らくらくスマートフォン4 F-04J→月額1,790円~

公式:らくらくスマートフォン4 F-04J

らくらくスマートフォン4 F-04Jを希望したとして、それぞれの定額料金はこのようになります。

・ギガライト

割引前 割引後 F-04J(総額29,160円) 合計
1回線 2回線 3回線以上 810円×36回 1回線 2回線 3回線以上
5,980円 3,980円 3,480円 2,980円 4,790円 4,290円 3,790円
4,980円 2,980円 2,480円 1,980円 3,790円 3,290円 2,790円
3,980円 2,480円 1,980円 1,480円 3,290円 2,790円 2,290円
2,980円 1,980円 1,480円 980円 2,790円 2,290円 1,790円

・ギガホ

割引前 割引後 F-04J(総額29,160円) 合計
1回線 2回線 3回線以上 810円×36回 1回線 2回線 3回線以上
6,980円 30GB 3,980円 3,480円 2,980円 4,790円 4,290円 3,790円

本体価格はらくらくスマートフォン4 F-04Jが総額29,160円。

らくらくスマートフォン me F-01Lの総額40,824円よりも安くなることが分かります。

なので、らくらくホンを安く購入したい場合はスマートフォン4 F-04Jがおすすめです。

料金プランをギガライトにした場合、最も高くて1回線で5GB以上のデータ通信を行った場合の4,790円です。

最も安くなるのは、3回線以上で利用してデータ通信を1GB以下に抑えた場合の1,790円という場合になります。

どんなに使っても5,000円未満になるので、今までのケータイの料金プランとあまり変わらないで利用することができるのではないでしょうか。

また、ギガホを選ぶことでギガホ割が適応されます。

ギガホ割の期間中は毎月1,000円の割引きが半年あるのもポイントでしょう。

5GBしか使えなくて4,790円より、30GBまで使えて4,790円の方が断然お得ですよね!

らくらくスマートフォン me F-01L→月額2,114円~

公式:らくらくスマートフォン me F-01L

らくらくスマートフォン me F-01Lの場合での月額料金の目安を見ていきましょう。

・ギガライト

割引前 割引後 me F-01L(総額40,824円 合計
1回線 2回線 3回線以上 1,134円×36回 1回線 2回線 3回線以上
5,980円 3,980円 3,480円 2,980円 5,114円 4,614円 4,114円
4,980円 2,980円 2,480円 1,980円 4,114円 3,614円 3,114円
3,980円 2,480円 1,980円 1,480円 3,614円 3,114円 2,614円
2,980円 1,980円 1,480円 980円 3,114円 2,614円 2,114円

・ギガホ

割引前 割引後 me F-01L(総額40,824円 合計
1回線 2回線 3回線以上 1,134円×36回 1回線 2回線 3回線以上
6,980円 30GB 3,980円 3,480円 2,980円 5,114円 4,614円 4,114円

f-04Jと比べると、らくらくスマートフォン me F-01Lは本体端末代金が高くなります。

端末代が高くなることで、分割金も増え月々の維持費の上がります。

ただ、その分スペックや便利機能の搭載も多くシニア世代にとってはより使いやすい最新のらくらくスマホであるのがメリットです。

よければレビュー記事も参考にしてください↓

【ドコモ】らくらくスマートフォンme f-01lレビュー!シニアでも使いこなせるか検証

料金プランも割引きに関しても変わりはないので、端末のできることと毎月の維持費を検討材料にする必要があるでしょう。

ドコモらくらくホンでどれだけ通信量が必要かで料金プランを選択しよう!

ドコモでらくらくホンに機種変更した場合の料金プランの月額料金やおすすめプランについて解説してきました。

ポイント

・ドコモのらくらくホンで利用できる料金プランは、ギガホかギガライト

・ギガホもギガライトも、はじめてスマホ割、みんなドコモ割、ドコモ光セット割の3つの割引サービスが適用可能

・ギガホにした場合のみ、ギガホ割が適用される

・ギガライトは最大3,000円の値引き

・ギガホは最大4,000円の値引き

・ギガライトは5GB以上利用するならギガホと同じ料金になるためギガホ割適用中はギガホがおすすめ

ギガホの割引き額は最大で4,000円の割引になるので、最大6か月間ギガホの月額6,980の基本料金が2,980円で利用することが可能になります。

ギガライトもはじめてスマホ割、みんなドコモ割、ドコモ光セット割の3つの割引サービスで最大3,000円が割引になります。

ギガライトの上限7GBまで利用した場合の月額5,980円が2,980円で利用することが可能です。

結果的にギガホとギガライトの金額が同じになることから、ギガホでデータ通信を最大30GBまで利用できる方が得ということになります。

また、60歳以上の年齢であればドコモでは60歳からのスマホプログラムというサービスも提供しています。

良ければ一緒に参考にしてください↓

ドコモ60歳からのスマホプログラムのメリットを分かりやすく解説!

どのような使い方をするのかで料金プランを選ぶのは、一般スマホでもらくらくホンでも変わりありません。

ぜひ、ドコモの料金プランをしっかりと理解しお得にらくらくホンに機種変更してスマホライフを楽しみましょう。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.