ドコモ

【価格確認】ドコモの下取りで〇万円お得になるかも!?人気機種ならチャンス

投稿日:2019年6月10日 更新日:

ドコモの下取りプログラムって長年ドコモを利用してる人でも存在を知らない人も少なくないです。

2014年からずっとあるサービスで、名前から分かるように仕様してた端末を下取りに出すことですね。

機種変更する新しい端末代の割引きに使えたり、dポイントがもらえます。

まだまだ使ってた端末をそのまま自宅に置いてる人が大半かと思うんですが、置いておく必要が本当にあるのか?というところですよね。

多くの人がとくに必要性を感じないのでないでしょうか。

だったらドコモの下取りプログラムをうまく使ってお得に機種変更することを検討してみるのもいいかと思います。

ドコモの下取りプログラムに出せる対象機種だったり、申し込み手続き方法、贈呈された下取りポイントの使い道などまとめてますので見ていきましょう。

今使っている端末の下取り価格を見てみる

☑iPhoneの下取りを考えている人はこちら
☑androidの下取りを考えている人はこちら

ドコモの下取りプログラムとは?

ドコモの下取りプログラムに申し込むことは、現在使っている端末を下取りとしてドコモに返却をすることを意味します。

端末によって下取り金額は異なりますが最大で80,000円にもなる割引きが適応される場合もありますので非常にお得なことが分かりますね。

ドコモの下取りプログラムを活用することで新しい機種端末がお得に手に入るだけではなく、dポイントに交換してもらうことができます。

もちろんドコモで取り扱っているスマホだけではなく、タブレットやガラケーでも下取りプログラムに対応していますよ。

ココに注意

2019年6月1日からサービスが始まったスマホお返しプログラムと似てるんですがちょっと概念は違うのでごちゃまぜにならないようしておきましょう。

そして、ドコモで取り扱っているほとんどの端末が下取りの対象となるので今お使いの端末もドコモで下取りに出せる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

具体的な下取りに出せる対象機種を見ていきましょう。

下取りできる対象機種や端末の状態

ドコモの下取りプログラムでは、基本的にほとんどの機種が対応しています。
ですが、あくまでも下取りが可能であるというだけ。

当然ですが、発売から年数が経過していればいるほど下取りはできるけどほとんと価格として魅力を感じないケースもあります。

高額な下取り価格も事実です。

が、高額な下取りができるのは新機種をはじめiPhone端末にその傾向があると知っておくほうがいいかもしれません。

また、下取りプログラムに出す端末の状態もポイントです。

ドコモでは「良品」「画面割れ品」「機能不良品」の3つの状態に区別して判断しています。

端末の状態によっては、下取りプログラム対象外となるか下取り価格が大幅に落ちる可能性がある点は注意が必要です。

画面割れ品ってどの程度の破損を意味するのか?はこちらの記事にまとめてるので参考にして下さい↓

☑【ドコモ下取り】画面割れってどの程度?バキバキの画面だけど基準はある?

対象機種は多いけど、発売年数や端末の状態によって大きく下取り価格が変わってくることが分かりましたね。

「とりあえず、今使っている機種がどのくらいでドコモに下取りしてもらえるのか?」ある程度の目安を知っておきましょう。

【2019年9月】ドコモの下取りプログラム価格一覧

2019年9月現在のドコモの下取りプログラムで高額下取りを行っている端末をいくつかご紹介しますね。

iPhone端末↓

下取り端末 下取り価格(良品) 下取り価格(画面割れ) 下取り価格(機能不良品)
iPhone XS Max(512GB) 80,000円 24,000円 16,000円
iPhone XS
(64GB)
57,000円 17,100円 11,200円
iPhone XR
(64GB)
40,000円 12,000円 8,600円
iPhone X
(64GB)
50,000円 15,000円 9,000円
iPhone 8 Plus
(64GB)
41,000円 12,300円 5,400円
iPhone 8
(64GB)
27,000円 8,100円 4,000円

android端末↓

下取り端末 下取り価格(良品) 下取り価格(画面割れ) 下取り価格(機能不良品)
Xperia XZ3 SO-01L 35,000円 10,500円 ×
Galaxy S9 SC-02K 25,000円 7,500円 ×
Galaxy Note9 SC-01L 35,000円 10,500円 ×
Google Pixel 3 35,000円 10,500円 ×

注意ポイント

androidに関しては機能の不良がある状態だと下取り対象外になりますので注意しましょう。

高額に下取りを行ってくれる端末は人気機種の傾向が強いですね。

上記で取り上げた機種はごくごく一部です。
また、ドコモの下取りプログラムの価格は常に変動します。

なので都度、ドコモ公式ページにて確認をするようにしましょう。

☑iPhoneの下取りを考えている人はこちら
☑androidの下取りを考えている人はこちら

iPhoneはやはり人気で下取り価格も高い傾向があります。

android端末であれば、ギャラクシーやエクスペリア、pixelなどは高く下取りしてくれるケースが多いです。

人気機種をお持ちの人はドコモの下取りプログラムを活用するべきだといえるでしょう

「下取り価格が想像以上だった!やってみよう!」と思った場合に事前に確認しておきたいことが申し込みの流れです。

というのも、申し込みする場所によっては手順だけではなく下取り後の使い方まで違うんです。

【確認事項】ドコモでは2つの下取り方法がある!

ドコモの機種変更をすると考えた場合にドコモショップ、家電量販店、ドコモオンラインショップのいずれかの場所で手続きをしますよね。

同じように、下取りを「どこ」で行うかは非常に重要なポイントになります。

ドコモの下取りプログラムを申し込む場合は基本的には店頭でやる方法、郵送でやる方法2つの方式にてドコモでは下取りに対応をしています。

申し込み方法

ドコモショップや家電量販店であれば、「店頭方式」「郵送方式」のどちらでも対応可能。
当然ですが、ドコモオンラインショップでは「郵送方式」のみで下取りができるようになっています。

で、注意したいのが下取り価格分を機種変更の際の割引き額に充てたいと考えている人です。

機種変更の値引きに割り当てる→店頭方式のみ

下取り価格分相当を機種変更の際に、割引きして欲しい人は郵送ではなく必ず店頭で手続きするようにしましょう

下取りプログラム申し込み場所 下取り方法 下取り価格分の利用方法
ドコモショップ、家電量販店 店頭 新機種の値引き、dポイント付与
ドコモショップ、家電量販店 郵送 dポイント付与
ドコモオンラインショップ 郵送のみ dポイント付与

ポイント

新しい端末を下取り価格分で値引きをしてもらえるのはお店で下取りを行った店頭方式の場合に限ります。

また、店頭で下取りプログラムを利用したとしても郵送にて希望したら新機種の値引きに下取り価格を活用することはできません。

下取りプログラムの方法が郵送でのみのドコモオンラインショップも同じく、新機種の値引きに利用できません。

郵送で下取りプログラムを希望する場合はdポイントとして付与されます。

店頭その場で下取りする場合と、郵送で下取りする場合とでは機種変更時の割引きに割り当てれるかどうかの違いがある点は理解しておくといいですね。

では、実際にドコモの下取りプログラムを申し込む方法の手順についてみていきましょう。

ドコモ下取りプログラムの申し込みの流れ

ドコモの下取りをする場合は、ドコモショップか家電量販店もしくはドコモオンラインショップで手続きをします。

店舗と郵送では申し込みの流れが異なります。

それぞれの申し込みの流れのイメージを掴んでおくとスムーズ化と思います。

【店頭方式】ドコモショップ・家電量販店

店頭方式での下取りの申し込み手順は簡単ですね。
各ショップに行って、手続きを行うだけ。

店頭でのドコモ下取りプログラムの申し込みは、お店のスタッフに尋ねればいいだけなので流れで迷う部分はないと思います。

しかし、店頭にて下取りをされる場合は注意するべき点があります。

その場で下取りに出すということは、古い端末をドコモ側に手渡すことになります。

なので、事前にデーターのバックアップ等はしておく必要があります。

注意ポイント

下取りに出してしまうので、旧端末と新端末を並べてデータ移行ができないのは気をつけるべきポイントになります。

機種変更を行う店頭の場で、本当にもう手渡しても大丈夫な状態にしておくようにしましょう。

その点だけ、しっかりと意識しておけばドコモの下取りを店頭方式でやる際に迷うことはないでしょう。

馴染みのないのが「郵送方式」ですね。

【郵送方式】ドコモオンラインショップ

店頭ではなく郵送でのドコモ下取りプログラムの申し込みの流れについてまとめていきましょう。

ほとんどの人は郵送で下取りを行うかと思います

基本的な郵送での下取りの流れはこんな感じです↓

メモ

①郵送での下取りプログラムの申し込み手続きを行う
②送付キットが届く
③同梱されている申し込み書を記入し、端末と一緒に返送する
④下取り完了後、dポイントが贈呈される

店舗で郵送方式を希望する場合は、事前に下取りプログラムの申し込みをしておきましょう。

また、ドコモオンラインショップの利用の場合であれば下取りの申し込み手続きをオンラインショップから行えばOKです。

ドコモの下取りプログラムの申し込み手続きが完了すれば、送付キットが自宅に届きますので待ちます。

送付キットが届いたら同梱されている申し込み用紙を記入します。

何の端末を下取りにだすのか?端末の製造番号は?といった簡単な情報を書くだけなので問題はないでしょう。

記入した申し込み用紙と下取りにだす端末を送付キットに入れ、返信用封筒にて投函すれば終了です。

あまり難しく考えなくても大丈夫ですので、やってみましょう。

ドコモにて下取りが済み次第、下取り価格分のdポイントが付与されます。

ちなみに、このdポイントはいつ付与されるのか?って気になる人もいるかもしれませんね。

できるだけ、早めに欲しいのが本音でしょう。

ドコモの下取り後いつdポイントがもらえる?

ドコモの下取りプログラムを申し込み送付キットで、端末も返送した!

では、それからどのくらいでdポイントが贈呈されるのか??

ドコモの下取りプログラムを利用しての下取りポイントがいつもらえるかは人それぞれです。
1週間~1ヶ月と期間の幅は大きく異なるケースは珍しくないので、気長に待ちましょう。

下取り価格を提示するために検品作業がドコモで行われますよね。

新機種発売前後だと機種変更をする人も多くその分、下取りプログラムを利用する人も増え検品作業の人手不足になっちゃうんです。

時期、タイミングによっては思ってる以上に時間がかかることもあるでしょう。

実際に、検品作業が完了したらその翌月の10日にdポイントが贈呈されます。

dポイントクラブにてポイント獲得履歴をチェックすればポイントが反映されているかが分かります。

そして、注意しておきたいのがドコモの下取りで付与されたdポイントには有効期限が設けられているということです。

dポイントには有効期限があるので注意

一点注意したいのが、ドコモの下取りプログラムで得たdポイントの有効期限は48カ月間であるということです。

まぁ4年間の有効期限なのでポイントの消滅はあまり心配しなくていいでしょうが知っておくほうがいいでしょうね。

dポイントは機種変更時の端末代の支払いにも充てることができるので、あえて使わずにポイントを残しておくのもいいかもしれませんね。

ドコモの下取りプログラムで獲得したdポイントは、1ポイント=1円で利用できます。

そして、下取りでGETしたdポイントの使い道ってどんなものがあるのか?気になる人もいるかと思いますが普通のdポイントだと思ってもらえれば大丈夫ですよ。

なのでローソンだったりマクドナルドだったりdポイントの利用が可能なお店のお買い物としての利用もOKです。

また、ドコモ下取りプログラムは毎月の携帯代の支払いでの使い道もあります。

ドコモの下取りプログラムで手に入れたポイントの使い道は非常に多岐にわたりますので、ぜひ活用していきましょう。

ドコモの下取りプログラムは利用するべきか?

ドコモの下取りプログラムを活用することで機種変更の際の値引き、dポイントを付与されるメリットがあります。

ただ、価格一覧を確認してもらえればわかるように機種によって大きく下取り価格は変わってきます。

もしかしたら、他フリマアプリ等で買い取ってもらったほうが金額的には大きくなる可能性も十分考えられるでしょう。

また、下取りを利用することで旧端末から新端末へのデータ移動に困る声も少なくありません。

注意

店頭方式で下取りを進めてしまうと旧端末がない状態であるため事前のバックアップが必須になります。

旧端末を新端末を並べて移行ができないということですね。

そういった不安がある場合は、郵送方式にてドコモの下取りプログラムを利用するしかありません。

しかし郵送にしてしまうと機種変更時の値引きの対象外になる点は注意しましょう。

機種、状況によってはドコモの下取りプログラムを活用することでのメリットは大きいのでぜひ検討してみて下さい。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.