ドコモ

【2020年】ドコモで写真がきれいに撮れる機種はどれ?おすすめ紹介

ドコモのスマホでカメラが綺麗な機種はどれかな?

スマホのカメラ性能は年々高性能化しています。

以前は1つのカメラレンズを搭載するのが当たり前でしたが、今では2眼、3眼、ついには4眼カメラといった複数のカメラレンズを搭載した高性能カメラがたくさん登場しています。

ドコモからもカメラ性能がいいスマホはたくさん発売されているので、

どのスマホを選ぶと写真がきれいに撮れるのかおすすめが知りたい

という人もいると思います。

今回は、2020年ドコモでカメラ性能がいい機種はどれなのか、おすすめのスマホを4機種紹介していきます。

これからドコモで機種変更を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

→ドコモの機種変更クーポンの入手方法

合わせてどうぞ
【2020年10月】ドコモオンラインショップ機種変更クーポンの入手方法|今すぐ無料で手に入るかも・・

こんにちは。すまろぐん(@sumalog_nohito)です。 「ドコモオンラインショップで機種変更するときに使える割引きクーポンがあるって聞いたけど、どうやって入手するの?」 少しでも安くお得にドコ ...

カメラがキレイに撮れるスマホの選び方

まずは、カメラがキレイに撮れるスマホの選び方から。

注目したいポイントがこちら↓

画素数
レンズの枚数
F値
ズーム性能
便利機能

上記に加えて、スマホのカメラにどのような便利機能が搭載されているのかもチェックしてみると自分の欲しい機能にピッタリのスマホを選ぶことができますよ。

画素数が高いほどきれいな写真が撮れる

画素数は、数値が高ければ高いほどキメが細かい写真を撮ることがでます。

基本的には、画素数の数値が高くなっているスマホを選ぶことがポイントだと言えるでしょう。

目安として画素数が900万画素以上。

より画質にこだわりたい人は、画素数を見るときには解像度も一緒に見るとより色彩がはっきりした滑らかな画質になります。

解像度は画像の密度のことを表していて、

dpi

ppi

という単位で表記されています。

この数値が高ければ、画像の密度も高くなり、より画質が細かい美しい画質になります。

レンズの枚数が多いほど最適な撮影が可能

スマホに搭載されているカメラレンズの枚数も注目しましょう。

iPhone11やXperia1、HUAWEI P30proなどは、広角レンズ、望遠レンズ、超広角レンズの3つのレンズを搭載しています。

複数のレンズを搭載することにより、

背景をぼかしたりするポートレート撮影

超広角レンズを利用した大パノラマ写真撮影

望遠レンズを利用しズームでもはっきりと被写体を撮れる

あらゆるシーンに最適な方法で撮影することができるので、レンズの枚数は多い方がカメラ性能が高いと言えます。

F値の数値が低いほど明るく鮮明な写真が撮れる

F値が低いカメラを選ぶという点も確認しておきましょう。

F値とは、数値が小さければ小さいほど、光をたくさん取り込み、明るい写真を撮ることができます。

暗い場所で写真を撮影するとき、F値の数値が小さいカメラほどより明るく鮮明に映し出すことができるということです。

またシャッタースピードもF値が低いほど早くなります。

結果、動きのある被写体を撮るときもブレずに被写体を撮ることができます。

デジタルズームより光学ズームのほうが高画質

ズーム性能には、デジタルズームと光学ズームの2種類あります。

デジタルズームは、レンズを出っ張らせたり動かしたりせずに、画像の倍率を部分的にあげて疑似的にズーム効果を再現。

光学ズームは、レンズを動かすことで物理的にフォーカスしていて、ズームした場合でも画像が劣化せずに高画質で撮影。

ズーム性能については光学ズームの方が性能が高いと言えます。

手ぶれ補正など便利機能が搭載されてるとより簡単にきれいな写真が撮れる

お伝えした性能だけでは、カメラが綺麗に撮れるというところをアピールしているスマホではどれも同じようなスペックになっています。

プラスアルファとして、各メーカーによる便利機能にも注目するのは必須です。

手ぶれ補正シャッターを押すときの力でレンズがブレてしまってもピントを合わせるように補正
AI機能映すものやシーンを分析してそのシーンに最適な撮影モードを自動で設定してくれる
HDR明るさの異なる複数の写真を瞬時に自動で撮影して1枚に合成してくれる
セルフィー笑顔になったら自動でシャッターを切ってくれたり、美肌機能で肌が綺麗に映る

このような便利機能が多数搭載されているスマホを選ぶと、カメラの技術がなくても綺麗な写真を撮る補助をしてくれます。

誰でも簡単にプロが撮影するような写真を撮ることができるようになります。

ドコモでカメラ性能がいいおすすめスマホ4機種

カメラ性能がいいおすすめスマホ

  • Xperia 1 II
  • Galaxy S20+
  • iPhone 11 Pro
  • HUAWEI P30 Pro

ドコモで写真がきれいに撮れるおすすめのスマホを4機種紹介していきます。

Xperia 1 II

搭載カメラ

  • アウトカメラ
    1,220万画素(超広角)
    1,220万画素(望遠)
    1,220万画素(広角)
    3D iToFセンサー
  • インカメラ
    800万画素

Xperia 1Ⅱは、3つのカメラとToFセンサーが搭載されたクァッドカメラです。

超広角カメラでは、124度の視野角でワイドな写真が撮影可能。

望遠カメラは、デジタルズームで最大9倍ズームに対応で、遠くの被写体をズームで撮影しても鮮明で美しく撮影できます。

広角カメラは、F値1.7の明るいカメラレンズを搭載し、夜景などの暗い場所でもキレイな写真を撮影します。

望遠カメラと広角カメラは、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正のハイブリッド手ブレ補正に対応しているので、ブレがなく鮮明な写真を簡単に撮影することができますよ。

3D iToFセンサーでは、センサーから被写体へ赤外線を発して、反射した赤外線が戻ってくるまでの時間を検出することで、被写体までの距離を正確に測定し、暗い場所でも高速でピントを合わせることができます。

カメラレンズには、Xperiaでは初めてツァイレスレンズを採用しています。

ツァイレスレンズは、階調・色再現・透明感・立体感・ぼけ味など、被写体の微細な質感を忠実に再現することができる高性能なレンズです。

ツァイレスレンズにはティースターコーティングが施されているので、不要な反射光を低減したクリアな写真が撮影可能になっています。

Xperia 1Ⅱのカメラ機能

Xperia 1Ⅱに搭載されているカメラ機能について紹介します。

  • 世界初の最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写が可能
    スポーツ中の人や動物など動きの速い被写体を撮影するときに、1秒間に最高60回のAF/AE演算処理を行い、瞬時に被写体にフォーカスを合わせて自動で露出調整した高速連写撮影ができる
  • 瞳AF
    被写体の瞳を自動で検出してピントを合わせて、美しいポートレート撮影が可能
    広角・望遠・超広角の3つのレンズで瞳AFに対応しているので、どんなシーンの撮影でも被写体を際立たせた印象的な写真が撮影できる
  • リアルタイム瞳AF
    カメラキーを半押しすると、AIが自動で被写体の瞳を検出して追従する
    動物の瞳にも対応しているので、動き回っていても常にピントが合った状態で追従するので、ベストショットを取り逃さない
  • 低照度撮影
    広角カメラでは、3D iToFセンサーや画像処理エンジン、光を多くとりこめる大型センサーを搭載することで、Xperia 1と比べて約1.5倍も高感度で撮影することができる
    暗い場所での撮影が、さらに明るく美しい映像で撮影することが可能になった

Xperia 1Ⅱの動画撮影でも、プロが撮影するような美しい動画が簡単に撮影することができる高性能技術を搭載しています。

  • Cinematography Pro
    ソニーの映画撮影用カメラ開発チームが監修した映画撮影専用の機能
    4K HDR動画撮影などで本格的な映画のような色彩で動画を撮影することができる
  • インテリジェントウィンドフィルター
    ソニー独自の音源分離技術搭載
    動画撮影中に風雑音だけを除去することができ、クリアな音で動画を記録することが可能

以上のようにXperia 1Ⅱには、写真も動画もまるでプロが撮影したかのような美しく鮮明な写真を、すべて自動で撮影することができますよ。

Galaxy S20+

搭載カメラ

  • アウトカメラ
    1,200万画素(広角)
    1,200万画素(超広角)
    6,400万画素(望遠)
    ToFカメラ
  • インカメラ
    1,000万画素

Galaxy S20+のカメラには、6,400万画素の高画質望遠カメラが搭載されています。

高解像度で鮮やかな写真が撮影でき、撮影した写真を拡大しても鮮明度が変わらず美しいまま楽しむことができますよ。

最大30倍のスペースズーム対応で、今まで撮影できなかったような遠い場所からでも、被写体をはっきりと撮影することも可能です。

インカメラはポートレート撮影にも対応していて、セルフィー撮影でも被写体を際立たせた鮮明な写真を撮影可能になっていますよ。

Galaxy S20+のカメラ機能

Galaxy S20+のカメラに搭載されている高性能で便利なカメラ機能についてまとめました。

  • ナイトモード
    大型イメージセンサーを搭載することで、暗い場所でも明るく抵光量の写真が撮影できる
    ナイトモードでは一度に複数の写真を撮影し、ブレやのリズの少ない1枚に合成することで鮮明な写真に仕上げてくれる
  • 8K動画撮影対応
    UHDの4倍、FHDの16倍以上の解像度で動画を撮影することができ、肉眼で見たそのままを動画にすることができる
    映画館のような大型スクリーンで再生しても、鮮明なまま再生することが可能なほど、高い解像度になっている
  • 8Kビデオスナップ
    8K動画撮影した映像から3,300万画素の写真を作り出すことが可能
    動画を拡大しても鮮明なまま写真にすることができるので、動画を撮影するだけで写真も残しておける
  • シングルテイク
    1回のシャッターで連続撮影することができる
    最新のAI技術により、3秒~10秒のビデオ撮影をすると、さまざまなエフェクトが加工されたビデオや写真を自動生成。何度も撮影しなくても多彩な映像が楽しめる
  • スーパー手振れ補正
    動きながらの動画撮影時でも、映像のボケや手振れを抑えた見やすい動画を撮影する

Galaxy S20+は、動画撮影機能が優れていることがポイントです。

8K動画撮影に対応しているだけでなく、その8K動画から3,300万画素の高解像度の写真をキャプチャーできるのも便利ですよね。

さらに、1回の撮影で多彩なエフェクト加工の映像が撮影できる点もおすすめです。

何度も撮影しなくてもいいので、効率よく楽しい映像を撮影できますね。

iPhone 11 Pro

搭載カメラ

  • アウトカメラ
    1,200万画素(超広角)
    1,200万画素(広角)
    1,200万画素(望遠)
  • インカメラ
    1,200万画素

iPhone 11 Proは、超広角・広角・望遠の3つのカメラを搭載しています。

超広角カメラでは、120度の視野角で従来のiPhoneよりも4倍広いシーンを撮影できます。

望遠カメラでは4倍の光学ズームで、遠い場所からでも被写体を鮮明に写すこともできますよ。

さらに、3つのカメラを利用することでフレーム外まで撮影することが可能

広角カメラまたは望遠カメラで撮影するとき、超広角カメラが自動で撮影をすることで、広角レンズや望遠カメラの外側の映像も残しておけます。

後からフレーム外の映像を利用して、より広い範囲の構図の写真に編集することが可能になります。

フレーム外の映像は、撮影してから30日間で自動削除。

それまでに複製しておけば、ずっと消えずに残しておくこともできますよ。

iPhone 11 Proのカメラ機能

iPhone 11 Proでおすすめのカメラ機能について紹介します。

  • ナイトモード
    薄暗い場所でも低光量で明るい写真を撮影することができる
    ナイトモードでは、一度に複数の写真を撮影し、ブレやボケのない場所を切り取って1枚の写真に合成するから、細部まで美しい写真に仕上げることが可能
  • ポートレートモード・ポートレートライティング
    3つのカメラを利用することで、背景をボカした写真やエフェクトを加えた多彩な写真を撮影することができる
    自然光・スタジオ照明・輪郭強調照明・ステージ照明・ステージ照明(モノ)・ハイキー照明(モノ)の3つのポートレートライティングに対応
  • スマートHDR撮影
    AIが写真に写った顔を自動で認識して明るく引き立てた写真に調整する
    白飛びや黒つぶれを自然に調整し、鮮やかで美しい写真に仕上げてくれる
  • 動画撮影
    高解像度の4K動画撮影対応
  • 120fpsのスローモーション撮影(4K撮影なら60fps)
    高解像度の美しいスローモーション映像が楽しめる
    スローモーション撮影はインカメラでも対応で、スローモーションのセルフィーが撮影できる

iPhone 11 Proは、iPhoneの高い画像処理技術を利用することで、深度測定カメラが搭載されていなくても鮮明で美しい写真を撮影することができます。

難しい操作は必要なく、すべてiPhone 11Proが自動で判別してくれて最高の1枚を撮影することができるので、写真撮影が苦手な人も簡単に印象的な写真が撮影可能です。

HUAWEI P30 Pro

搭載カメラ

  • アウトカメラ
    2,000万画素(超広角)
    4,000万画素(広角)
    800万画素(望遠)
    ToFカメラ
  • インカメラ
    3,200万画素

HUAWEI P30 Proの広角カメラは、高画質4,000万画素カメラを搭載しています。

写真を撮影するだけでキレイな写真を撮影することができますよ。

望遠カメラでは、10倍ハイブリットズームで高解像度のままズーム撮影が可能。

さらに、50倍のデジタルズームも可能で、天体の月も高解像度でズームして鮮明に撮影することができます。

インカメラも3,200万画素の高画質カメラを搭載しているので、顔を立体的に認識し、プロが撮影するような美しい写真を撮影することが可能になっています。

逆光や夜でも美しいセルフィーを撮影可能です。

HUAWEI P30 Proのカメラ機能

HUAWEI P30 Proのカメラ機能について解説していきます。

  • ナイトモード
    光の取り込みを従来のスマホよりも40%も向上した超高感度センサーとHUAWEIの画像処理技術で、明るくキレイな写真を撮影することができる
    暗闇でも鮮やかな色彩を表現することが可能
  • ポートレート撮影
    深度測定のToFカメラと手ブレ補正の長時間露光を組み合わせることで、より鮮明なポートレート写真が撮影できる
    背景のボケ効果はプロレベルの美しさ
  • 長時間露光撮影
    シャッタースピードを遅くすることで動いているものの軌跡が撮影できる
    川の流れや車の流れなど、動きの激しいものも美しい作品の一部として写真に残せる
  • マクロ撮影
    2.5センチのマクロ撮影で、目に見えない小さな世界の映像も鮮明に美しく撮影する
  • 動画撮影
    超高感度センサーで、薄暗いシーンの動画も明るく撮影することができる
    遠い場所から動画撮影した映像をズームして再生しても、画質が鮮明ではっきりと映し出される
  • デュアルビュービデオ撮影機能
    2つのアウトカメラで同時に撮影することで、全体のシーンを撮影しながらズームした映像も撮影できる
    画面を2つにわけて、同時に再生することが可能

HUAWEI P30 Proは高画質カメラを搭載することで、何もしなくてもただ撮影するだけで美しい写真を撮ることができます。

画質が高いので、撮影した写真をズームしても鮮明なままですし、プリントアウトしても画質が荒くなることはありません

目に見えない世界も撮影することができるマクロ撮影や、動いているモノの軌跡が撮影できるなど、一眼レフカメラで撮影するようなものもテクニックなしで簡単に撮影することができますよ。

【2020年】ドコモで写真がきれいに撮れる機種のまとめ

ドコモで写真がきれいに撮れるおすすめスマホ

  • Xperia 1Ⅱ:世界初の最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写や瞳AFで、動いている被写体を撮影するのに最適
  • Galaxy S20+:8K動画撮影対応。シングルテイクや8Kビデオスナップで、動画を撮影しながら写真も残せるので、イベントなどの動画撮影時におすすめ
  • iPhone 11 Pro:精度が高いポートレート撮影で、エフェクトで加工した多彩な写真にすることができる。3つのカメラを組み合わせることで、フレーム外の映像まで残しておけるので、後から編集するときに便利
  • HUAWEI P30 Pro:マクロ撮影や長時間露光撮影など、プロが行うような撮影モードも簡単に使用できる。いつもとは違う変わった写真も撮影してみたい人におすすめ

ドコモで写真がきれいに撮れるおすすめの機種について、4機種紹介してきました。

どれも複数のカメラを搭載することで、幅広いシーンを最適なモードで撮影することができます。

それぞれのカメラには、便利な機能もたくさん搭載されているので、「どんな写真を撮影してみたいのか」「どんな機能が欲しいのか」で比べてみると、自分にぴったりなスマホを選ぶことができますよ。

スポンサードリンク

-ドコモ

© 2020 スマホログ