ドコモ

ドコモスマホでカメラが綺麗に撮れるのはどれ?おすすめ5機種を厳選紹介!

更新日:

ドコモで発売されているスマホでカメラ性能が高く簡単に写真をきれいに撮れる機種をご紹介します。

スマホを機種変更する際に、人によって一番重要な機能は様々だと思います。

しかし、中でもカメラがキレイに撮れるスマホが欲しいという人はとても多いのではないでしょうか。

今回は、ドコモのスマホでカメラがキレイに撮れる機種はどれなのか、おすすめ機種を5つ紹介していきます。

いつでも持ち運びをしているスマホですから、いざという時はもちろん旅行や子供の行事などパッとカメラを起動できるので便利ですよね。

今は、多くの機種が発売されています。

実際にほぼ差がなくなっているとはいえ、ドコモスマホでカメラ性能が優れてる機種はどれかを知っておくのはおすすめです。

2019年11月現在のドコモで機種変更できるスマホでカメラがきれいに撮れる端末を厳選5機種ご紹介します。

カメラがキレイに撮れるスマホの選び方についても解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カメラがキレイに撮れるスマホの選び方

ポイント

カメラがキレイに撮れるスマホのチェックポイント
・画素数
・レンズの枚数
・F値
・ズーム性能
・便利機能

まずは、カメラがキレイに撮れるスマホの選び方から解説していきましょう。

カメラがキレイに撮れるスマホを選ぶときは、スマホのスペックの中で画素数、レンズの枚数、F値、ズーム性能についての項目を見てみましょう。

その他に、スマホのカメラにどのような便利機能が搭載されているのかもチェックしてみると自分の欲しい機能にピッタリのスマホを選ぶことができますよ。

画素数が高いほどきれいな写真が撮れる

画素数は、数値が高ければ高いほどキメが細かい写真を撮ることができるので、画素数の数値が高くなっているスマホを選ぶことが重要です。

一見、スマホの画面で見ていると、画素数が低い写真と画素数が高い写真を比べても違いはそんなになさそうに見えますが、写真をA4サイズなどで印刷して大きくすればするほど違いが明白になります。

画素数が900万画素以上あれば、写真を印刷しても高画質でキメの細かい美しい写真を撮ることができるので、900万画素以上のスマホを選ぶようにしましょう。

より画質にこだわりたい人は、画素数を見るときには解像度も一緒に見るとより色彩がはっきりした滑らかな画質になります。

解像度は画像の密度のことを表していて、dpiまたはppiという単位で表記されています。

この数値が高ければ、画像の密度も高くなり、より画質が細かい美しい画質になります。

レンズの枚数が多いほど最適な撮影が可能

レンズの枚数は、スマホに搭載されているカメラレンズの枚数がいくつあるのかという点です。

以前まではスマホのカメラと言ったらシングルカメラという1つの広角レンズが搭載されていましたが、現在はレンズの枚数は増えていて、カメラ性能が高いスマホは2つのレンズか3つのレンズを搭載していることが多くなりました。

最近発売されたiPhone11やXperia1、HUAWEI P30proなどは、広角レンズ、望遠レンズ、超広角レンズの3つのレンズを搭載しています。

複数のレンズを搭載することにより、撮影方法に変化を加えることができ、背景をぼかしたりするポートレート撮影や、超広角レンズを利用した大パノラマ写真撮影が可能になります。

望遠レンズを利用すると動物などを撮影するときに、近づかなくてもズームではっきりと大きく被写体を撮ることができます。

あらゆるシーンに最適な方法で撮影することができるので、レンズの枚数は多い方がカメラ性能が高いと言えます。

F値の数値が低いほど明るく鮮明な写真が撮れる

カメラについて詳しくない人はF値と言われても全く理解できませんよね。

F値とは、数値が小さければ小さいほど、光をたくさん取り込み、明るい写真を撮ることができます。

暗い場所で写真を撮影するとき、F値の数値が小さいカメラほどより明るく鮮明に映し出すことができるということです。

また、シャッタースピードもF値が低いほど早くなるので、動きのある被写体を撮るときもブレずに被写体を撮ることができます。

難しい話なので、カメラ機能に詳しくない場合はとにかく【F値が低いカメラを選ぶ】というところを覚えておいてください。

デジタルズームより光学ズームのほうが高画質

ズーム性能には、デジタルズームと光学ズームの2種類あります。

デジタルズームは、レンズを出っ張らせたり動かしたりせずに、画像の倍率を部分的にあげて疑似的にズーム効果を再現しています。

光学ズームは、レンズを動かすことで物理的にフォーカスしていて、ズームした場合でも画像が劣化せずに高画質で撮影することができます。

なので、デジタルズームだと疑似的にズームしているように見せているだけなので、画質が荒くなってしまうため、ズーム性能については光学ズームの方が性能が高いと言えます。

スマホでズームをよく使う人は光学ズームを選ぶようにすると、ズームをしても画質が荒くならずに高画質な写真を撮影することができます。

手ぶれ補正など便利機能が搭載されてるとより簡単にきれいな写真が撮れる

上記の性能をカタログやwebページの仕様項目の部分をしっかり確認すればカメラが綺麗に撮れるスマホを選ぶことができます。

しかし、この性能だけでは、カメラが綺麗に撮れるというところをアピールしているスマホではどれも同じようなスペックになっています。

スマホの場合は、それぞれのメーカーで写真撮影を簡単に行うことができるように便利機能を搭載しています。

主な便利機能

・手ぶれ補正
・AI機能
・HDR
・セルフィー

手ぶれ補正は、シャッターを押すときの力でレンズがブレてしまってもピントを合わせるように補正してくれ、AI機能は映すものやシーンを分析してそのシーンに最適な撮影モードを自動で設定してくれる機能です。

HDRは明るさの異なる複数の写真を瞬時に自動で撮影して1枚に合成してくれる機能で、より美しくハッキリした写真を映し出すことができ、セルフィーは自撮りのことですが、自分を映し出すときにさまざまな機能を搭載してくれているスマホがあります。

セルフィー撮影時に、笑顔になったら自動でシャッターを切ってくれたり、美肌機能で肌が綺麗に映るようになったりしているので、セルフィー撮影でも美しい写真を撮れるようになっています。

このような便利機能が多数搭載されているスマホを選ぶと、カメラの技術がなくても綺麗な写真を撮る補助をしてくれるので、誰でも簡単にプロが撮影するような写真を撮ることができるようになります。

【2019年11月】ドコモスマホでカメラが綺麗に撮れるおすすめスマホ5機種を紹介!

・HUAWEI P30pro
・iPhone11pro
・Xperia 5
・Galaxy S10+
・Google Pixel 3

それでは、ドコモスマホでカメラが綺麗に撮れるスマホについて今回はこの5つの機種を紹介していきますね。

先ほど解説した画素数、レンズの枚数、F値、ズーム性能、便利機能などについても交えて解説していきます。

HUAWEI P30 proは超高性能カメラ搭載

ドコモ公式:HUAWEI P30 pro

メインカメラ画素数 広角カメラ4,000万画素

超広角カメラ2,000万画素

望遠800万画素

ToFカメラ

フロントカメラ画素数 3,400万画素
F値 広角カメラ1.6

超広角カメラ2.2

望遠カメラ3.4

フロントカメラ2.0

ズーム 光学5倍ズーム、10倍ハイブリッドズーム
便利機能 夜景モード

ポートレート

ハイブリッドズーム

最後に、HUAWEI P30proを紹介します。

カメラが高性能なスマホと言ったら、必ずこのスマホの名前が出てくるほど超高性能カメラが搭載されています。

これ以上高い性能のスマホのカメラはないのではないでしょうか。

広角カメラが驚きの4,000万画素です。

A3サイズよりももっと大きく印刷しても高画質な画像そのままプリントすることができますね。

F値に関しても1.6ということで十分明るく美しい写真を撮ることができます。

最も特徴的なのが、10倍ハイブリッドズームです。

この10倍ハイブリッドズームなら遠くにある建物の内部でさえブレることなく高画質で撮影することができ、月さえもぼやけたりせずにはっきりくっきりと映し出すことができてしまいます。

そして高性能夜景モードで、夜空の星も1つ1つハッキリした高画質で見ることができます。

また、HUAWEI P30proの素晴らしいところは、人が目で見たそのままの色を表現することができることです。

過度な修正などがなく、見たままそのままの景色の色を映し出せるのです。

HUAWEI P30proはまさにデジカメそのものでした。

スマホでカメラ機能だけを重視するならHUAWEI P30proが最も綺麗に撮れるスマホになるでしょう。

ポイント

HUAWEI P30にはProとliteなど様々なモデルが発売されています。

スペックや価格などの違いをまとめている記事もよければ参考にしてください↓

【HUAWEI P30】liteとProのスペックの違いはどこか徹底比較してみた!

iPhone11proなら誰でもプロ級の写真撮影が可能

ドコモ公式:iPhone11Pro

メインカメラ画素数 超広角カメラ1,220万画素

望遠カメラ1,220万画素

広角カメラ1,220万画素

フロントカメラ画素数 1,220万画素
F値 超広角カメラ2.4

望遠カメラ2.0

広角カメラ1.8

フロントカメラ2.2

ズーム 2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム
便利機能 ポートレートモード

ポートレートライティング

パノラマ撮影

ナイトモード

次世代スマートHDR

iPhone11Proは、トリプルカメラ搭載の最新iPhoneです。

iPhone11proはカメラ機能が非常に高性能で、特にポートレートモードとナイトモードについてとても評判が高くなっています。

画素数やF値なども他の機種と変わらず、性能が高いレンズを搭載していて、そこにappleの高性能技術を搭載することにより、今までよりもさらに美しく、高画質な写真撮影ができるようになっています。

ズームについても2倍光学ズームと10倍デジタルズームによって、望遠カメラで撮影した写真がくっきりはっきりと被写体を映し出していて、ブレたりボケたりすることがありません。

今までのiPhoneはナイトモードには対応していませんでしたが、iPhone11proではナイトモードに対応したことにより、暗い場所での撮影も明るく撮影できる自動補正でくっきり高精細な写真を撮ることができるようになりました。

次世代スマートHDRで瞬時に複数枚の写真を撮影し、綺麗に撮影することができた場所を合成していき、最高に美しい写真に仕上げてくれます。

何もしなくてもプロ並みの写真を撮ることができる便利機能が多数搭載されているので、誰でも簡単にたくさんの撮影モードを手軽に楽しむことができますよ。

メモ

iPhone11Proで実際にカメラ撮影したレビュー記事も一緒に参考にしてください。

【レビュー】iPhone11 Proのカメラ機能の実力を写真いっぱいでご紹介!

Xperia 5はトリプルカメラ搭載し映画品質での写真が撮れる

ドコモ公式:Xperia 5

メインカメラ画素数 標準カメラ1,220万画素
望遠カメラ1,220万画素
超広角カメラ1,220万画素
フロントカメラ画素数 800万画素
F値 標準カメラ1.6

望遠カメラ2.4

超広角カメラ2.4

フロントカメラ2.0

ズーム 光学2倍ズーム
便利機能 瞳AF

高速連写

高感度撮影

手ぶれ補正

Cinema pro

おまかせオート

先読み撮影

スマートカメラ起動

シネマプロ

2019年秋冬モデルの一つである、Xperia5.

ソニーのandroidスマホXperia5は、トリプルカメラ搭載で、超広角カメラ、望遠カメラが内臓されています。

画素数は1,220万画素もあるので十分過ぎるほど綺麗な画質の写真を撮ることができます。

F値についても標準カメラが1.6、望遠カメラ、超広角カメラが2.4ということで暗いところでの撮影も明るく映すことができ、動いている被写体もブレを抑えて撮ることができます。

便利機能も多数搭載されていますが、中でも世界で初めて搭載された瞳AFは被写体の瞳に瞬時にピントを合わせることができ、ポートレート撮影がより美しく、ブレのない撮影が可能になっています。

どんな撮影シーンも自動で最適な設定に変えてくれるおまかせオート、被写体の笑顔や動きを検知すると、自動で画像を一時保存してくれていて、シャッタータイミングが遅れてもベストショットを選んで残せる先読み撮影という便利機能が搭載されています。

望遠レンズと光学2倍ズームで離れたところからズーム撮影しても高画質で写真撮影することができます。

シネマ撮影専用機能である「Cinema Pro」によって映画レベルでの写真を実現してくれます。

ドコモからのXperia 5の発売は2019年11月1日になります。

【発売】Xperia5のいいところは持ちやすさ?「1」との違いはここ!

Galaxy S10+なら自撮りも高画質で撮れる

ドコモ公式:Galaxy S10+

メインカメラ画素数 広角カメラ1,200万画素
望遠カメラ1,200万画素
超広角カメラ1,600万画素
フロントカメラ画素数 1,000万画素セルフィーカメラ

800万画素深度カメラ

F値 標準カメラ1.5

望遠カメラ2.4

超広角カメラ2.2

セルフィーカメラ1.9

深度カメラ2.2

ズーム 光学2倍ズーム、デジタル10倍ズーム
便利機能 デュアルアパチャー

パノラマ撮影

デュアルピクセルインカメラ

シーン判別機能

ライブフォーカス

GalaxyS10+もトリプルカメラ搭載ですが、さらにフロントカメラもセルフィー用に2つのカメラが搭載されています。

GalaxyS10+はトリプルカメラで当然高性能なカメラ機能を搭載していますが、フロントカメラの性能も同じくらい高性能なことが特徴です。

フロントカメラは、1,000万画素のセルフィーカメラになっています。

さらにF値も1.9ということで、フロントカメラなのに外側と遜色ない精度のカメラになっているんです。

そのため、セルフィー撮影に対しての便利機能を多く搭載しており、デュアルピクセルインカメラは顔をすばやく検出して、暗いところでも明るくセルフィー撮影を行えて、被写界深度と芸術的効果で高精度、高精細なセルフィー写真を撮ることができます。

メインカメラも当然ハイスペックなカメラになっていて、F値が1.5、超広角カメラが2.2ということでXperia1よりも光を多く取り込むことができて明るい写真を撮影することができます。

そのため、デュアルアパチャーで人間の瞳のように光に合わせて瞬時に明るい写真の設定に適用でき、明るい場所でも暗い場所でも、鮮明な写真を撮影することができます。

そして、超広角カメラを利用してパノラマ写真を撮影することも可能になっているので、外出先で写真を撮ったり、セルフィー写真をSNSなどに投稿する人にとって、必要な機能はすべてそろっています。

メモ

GalaxyS10+と同じカメラ性能を搭載している、GalaxyS10のレビュー記事もよければ一緒に参考にしてくださいね。

【使ってみた】Galaxy S10のいいところ・便利機能を写真いっぱいでレビュー

Google Pixel 3だと夜景も明るくきれいに撮れる

ドコモ公式:GooglePixel3

メインカメラ画素数 1,220万画素
フロントカメラ画素数 800万画素標準カメラ

800万画素広角カメラ

F値 標準カメラ1.8

フロントカメラ標準1.8

フロントカメラ広角2.2

ズーム 光学2倍ズーム
便利機能 夜景モード

Googleレンズ

超解像ズーム

GooglePixel3もGalaxyS10+と同じようにフロントカメラには2つのカメラを搭載しており、さらにセルフィー撮影でも広角撮影に対応していて、大人数でセルフィー撮影を行っても全員をフレームに収めることが可能になっています。

夜景モードについてはユーザーからの評価が高く、暗い夜景の撮影もフラッシュを利用せずに明るく撮影することができます。

また、GoogleレンズというGoogle独自のサービスを利用することができ、カメラでかざした対象についてさまざまな情報を瞬時に調べることができるので、スマホ機能としてもとても便利になっています。

Googleはシングルカメラでも高い技術力でトリプルカメラに負けないくらい高画質な写真を撮ることができ、超解像ズームでぼやけたりすることなく、精密な画質でズーム写真を撮ることができますよ。

pixel3の廉価機種であるpixel3aはカメラ性能はそのまま引き継いでいるメリットがあります。

わずか4万円台で高性能カメラが備わっているpixel3aは非常におすすめなので、ぜひレビュー記事も参考にしてくださいね↓

【Pixel 3a】いいところ・便利機能をメイン機として使って感じた本音レビュー

カメラが綺麗に撮れるドコモスマホは種類が豊富!

ドコモでカメラが綺麗に撮れるスマホについて、5機種を厳選して紹介してきました。

ポイント

・カメラが綺麗に撮れるスマホのチェックポイントは、画素数、レンズの枚数、F値、ズーム性能、便利機能を比べてみる

・どの機種もカメラ機能の基本スペックが高いが、便利機能の違いで撮影方法が簡単になるかそうでないかが決まる

以上の点を比較しながら自分にあったカメラ機能があるスマホを選んでみてくださいね。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.