ドコモ

【2019年9月】ドコモで5万円以下で機種変更できるスマホを安い順にランキングで紹介!

投稿日:2019年9月10日 更新日:

最近のスマホは10万円以上する高額な商品ばかりが目立ちますよね。

いくら分割で購入できるからといってもあまりにも高額だと機種変更するのも思いとどまってしまうこともあります。

スペックにこだわる人もいれば、とにかく安ければなんでもいいという人も同じく当然たくさんいます。

そういった値段重視の人も納得の格安スマホがドコモにはたくさんあるんです。

今回はドコモの5万円以下で機種変更できるスマホを安い順にランキングで紹介していきます。

ランキングの前に速報でお知らせさせていただきます。

2019年9月14日からドコモでiPhone8、iPhoneXRが最新モデルの予約がスタートしたこともあり大幅値下げしました。

スマホお返しプログラム適応で実質負担額はまさかの5万円以下です。

支払い総額 お客様負担額
iPhone8 66,096円 44,064円
iPhoneXR 64GB 73,872円 49,248円

SEの後継機が発売されない今、コンパクトモデルを望む人はiPhone8への機種変更もありでしょう。

iPhone11が発売されましたが、旧モデルでありハイスペックなXRも今なら5万円以下で購入が可能です。

すでにカラーによっては在庫切れが起きていますので、安くていいiPhoneを希望であればぜひチェックしてみてください。

iPhone8の在庫確認をするならこちら

iPhoneXRの在庫確認をするならこちら

【2019年9月】ドコモで5万円以下で機種変更できる安いおすすめスマホ

ドコモスマホで価格が安い順で10機種紹介していきますね。

ランキング 機種 価格
1位 Galaxy S9 SC-02K 21,384円
2位 Google Pixel 3 21,384円
3位 Google Pixel 3 XL 21,384円
4位 AQUOS R2 SH-03K 21,384円
5位 AQUOS sense2 SH-01L 31,104円
6位 Xperia XZ2 Compact SO-05K 37,584円
7位 Galaxy Feel2 SC-02L 40,824円
8位 iPhone 7 32GB 42,768円
9位 Google Pixel 3a 46,656円
10位 Xperia Ace SO-02L 48,600円

2019年9月5日に人気機種の価格が値下げされ、Galaxy、pixelのハイスペックモデルがたったの2万円台であることは要注目です。

いいものが安いとそれだけ機種変更を考える人も増えます。

価格が安いだけに在庫状況が常に流動しているため、事前に在庫確認しているほうがいいですね。

 ドコモ在庫一覧

価格重視とはいえ、ある程度の機能はあるにこしたことはありません。

各端末のスペックとおすすめポイントをそれぞれ紹介していきますね。

1位 Galaxy S9 SC-02K

ドコモ公式:Galaxy S9 SC-02K

Galaxy S9 SC-02Kは21,384円ということで低価格での販売をしていますが、スペックはかなりいいものを搭載しています。

2018年5月に発売された機種で製造が終了したので型落ち機種ということでの値下げのようです。

Galaxy S9 SC-02Kの基本スペックの一覧はこちらです。

カラー Titanium Gray・Midnight Black・Lilac Purple
サイズ 高さ約 148mm×幅約 69mm×厚さ約 8.5mm
質量 161g
バッテリー容量 3000mAh
ディスプレイ 約 5.8インチ有機ELディスプレイ
CPU Qualcomm SDM845
内蔵メモリ ROM64GB/RAM4GB
カメラ 約 1220万画素
防水・防塵機能
生体認証 指紋・虹彩・顔認証

Galaxy S9 SC-02Kのおすすめポイントは、

・暗闇でも鮮明な写真が撮れるカメラ機能

・カメラが翻訳機になる

Galaxy S9 SC-02Kのカメラは、明るいところでも暗いところでも自動で光を取り込む量を調整してくれるので暗いところで撮影した写真もキレイに映ります。

英語などの海外の文字で書かれたものにカメラをかざすと、リアルタイムで翻訳してくれる機能を搭載しています。

翻訳元言語は56言語、翻訳先は104言語もあり、世界中の言葉をすぐに読み取ることができます。

2位 Google Pixel 3

ドコモ公式:Google Pixel 3

2018年11月に発売して1年にもならない人気機種が値下りました。

Google Pixel 3は日本で初めて発売されたGoogleのスマホです。

そのスペックの高さで一気に人気が高まり、愛用者が増えています。

Google Pixel 3のスペックはこちらです。

カラー Clearly White・Just Black・Not Pink
サイズ 高さ145.6 mm ×幅 68.2 mm ×厚さ 7.9 mm
質量 148 g
バッテリー容量 2,915 mAh
ディスプレイ 5.5 インチ
CPU Snapdragon 845
内蔵メモリ ROM64GB/RAM4GB
カメラ 1220万画素
防水・防塵機能
生体認証 指紋

Google Pixel 3のおすすめポイントは、

・Googleレンズが快適

・端末を握るだけでGoogleアシスタントが起動

Googleレンズは、カメラを気になる物や建物などにかざすと、自動でその商品情報や建物情報などを検索してくれます。

周辺のマップ情報を調べることもできるのでイチイチ文字入力をして調べることをしなくていいのがとても快適で、ユーザーからの人気が高いです。

端末を握るだけでGoogleアシスタントが起動するのも魅力的です。

いつでもすぐにGoogleアシスタントで調べものをすることが可能になります。

3位 Google Pixel 3 XL

ドコモ公式:Google Pixel 3 XL

Google Pixel 3 XLはGoogle Pixel 3のサイズが大きいタイプです。

通常、ディスプレイやバッテリー容量の大きさなどが違うため、価格はGoogle Pixel 3 XLの方が高くなるのですが、今回の値引きでGoogle Pixel 3と同じ価格になりました。

スペックはGoogle Pixel 3と同じですが、本体カラーはブラックとホワイトの2色になり、ディスプレイサイズが6.3インチに大きくなっています。

バッテリー容量も3,430mAhということで大容量バッテリーを搭載しています。

画面が大きく、ROMも128GBに増えていますので、動作が快適で動画やゲームを楽しむ人にはGoogle Pixel 3よりGoogle Pixel 3 XLがおすすめです。

4位 AQUOS R2 SH-03K

ドコモ公式:AQUOS R2 SH-03K

続いては、シャープから発売しているAQUOS R2 SH-03Kです。

この機種は2018年6月に発売された機種で、1年3か月を過ぎたところで値下げになりました。

元は5万円台の機種ですが、中身はハイスペックでどんな操作にもサクサク対応できる快適さが魅力です。

カラー Platinum White・Premium Black・Coral Pink
サイズ 高さ156mm ×幅 74mm ×厚さ 9mm
質量 181 g
バッテリー容量 3,130 mAh
ディスプレイ 6.0 インチ
CPU Snapdragon 845
内蔵メモリ ROM64GB/RAM4GB
カメラ 2260万画素
防水・防塵機能
生体認証 指紋

型落ちといってはいますが、スペックはとても高く、現在の新モデルと比べても見劣りしないですよ。

CPUもSnapdragon 845搭載で、新モデルのハイスペック機種と同等で、ゲームや動画、音楽、カメラ機能なんでも快適に操作できるスペックになっていますよ。

AQUOS R2 SH-03Kのポイントは、

・動画専用カメラで超広角撮影が可能になって迫力のある動画撮影ができる

・ディスプレイサイズが幅も大きくなって見やすい大画面

動画専用のカメラを搭載したことにより、動画撮影も今までよりもきれいに撮影できるようになりました。

広角カメラ内臓なので、背景までしっかりカメラに収めることができるようになってより迫力のある動画が撮れます。

ディスプレイサイズも幅を大きくしたことにより、6.0インチの大画面になりました。

動画やゲームなどを大画面で楽しむことができますよ。

5位 AQUOS sense2 SH-01L

ドコモ公式:AQUOS sense2 SH-01L

AQUOS sense2 SH-01Lは2018年12月に発売されたモデルです。

このAQUOS sense2 SH-01Lは、ハイスペック機種ではありませんが、必要な機能はすべて備わっており、ライトユーザーやシニアユーザー向けの機種です。

カラー シルキーホワイト・ニュアンスブラック・シャンパンゴールド・ブロッサムピンク
サイズ 高さ148mm×幅71mm×厚さ8.4mm
質量 155 g
バッテリー容量 2,700 mAh
ディスプレイ 5.5 インチ
CPU Snapdragon 450
内蔵メモリ ROM32GB/RAM3GB
カメラ 1200万画素
防水・防塵機能
生体認証 指紋

AQUOS sense2 SH-01Lのおすすめポイントはこちら↓

・手になじむ丸みのあるデザインで片手操作がしやすい

・インテリジェントチャージで電池の負担を軽減して寿命が長い

シニアユーザーでも使いやすいように手になじむ丸みのあるデザインを採用しています。

片手での操作でも入力しやすく、防水性も高いので濡れた手で触っても安心です。

また、電池持ちを長くするための省エネ技術を搭載し、インテリジェントチャージに対応することによって電池の負担を軽減しています。

6位 Xperia XZ2 Compact SO-05K

ドコモ公式:Xperia XZ2 Compact SO-05K

Xperia XZ2 Compact SO-05Kは、実際の本体価格は56,376円ですが、スマホおかえしプログラムで実質負担金が37,584円になります。

ポイント

スマホおかえしプログラムは本体を36回の分割で購入し、24回目の分割金を支払いったところで本体をドコモにかえすことで残り12回分の本体代金の支払いが不要になるサービスです。
詳しくはこちら↓
【ドコモ】スマホお返しプログラムを解説!メリットある?損する人は?

スマホおかえしプログラムで購入するとXperiaも3万円台で購入することができるんですよ。

Xperia XZ2 Compact SO-05Kのスペック↓

カラー White Silver・Black・Coral Pink・Moss Green
サイズ 高さ135mm ×幅65mm ×厚さ 12.1mm
質量 168 g
バッテリー容量 2,760mAh
ディスプレイ 5.0 インチ
CPU Snapdragon 845
内蔵メモリ ROM64GB/RAM4GB
カメラ 1920万画素
防水・防塵機能
生体認証 指紋

Xperia XZ2 Compact SO-05Kは女性の手にも収まるサイズで片手操作も簡単にできるコンパクトサイズです。

女性だけでなく、ビジネスでスマホを持ち歩くサラリーマンもポケットに収まるサイズなので人気があります。

Xperia XZ2 Compact SO-05Kのおすすめポイントは、

・ソニーならではの高音質のスピーカー

・3D撮影技術を搭載

ソニーと言ったらウォークマンというほどソニーのスピーカー機能は高性能で、この技術をスマホにも搭載しています。

高音質なハイレゾ音源の再生に対応し、大音量のフロントステレオスピーカーで迫力のある音楽を楽しむことができます。

カメラ機能も3D技術を搭載し、自分のアバターを作ることも、3Dプリンターでフィギュアを作ることも可能にしました。

7位 Galaxy Feel2 SC-02L

ドコモ公式:Galaxy Feel2 SC-02L

Galaxy Feel2 SC-02Lは2018年11月に発売されたサムスン電子のスマホです。

有機ELディスプレイ搭載でキメの細かい美しい映像を楽しむことができる機種です。

Galaxy Feel2 SC-02Lのスペックはこちらです。

カラー Frost White・Opal Black・Aurora Pink
サイズ 高さ149mm×幅70mm×厚さ8.4mm
質量 168 g
バッテリー容量 3,000 mAh
ディスプレイ 5.6インチ
CPU Exynos 7885
内蔵メモリ ROM32GB/RAM3GB
カメラ 1600万画素
防水・防塵機能
生体認証 指紋、顔

こちらはXperiaのコンパクトシリーズと同じくらいのサイズになったGalaxyシリーズです。

・顔認証機能搭載でロック解除が便利になった

・内側カメラでのセルフィー撮影も高画質で多機能

顔認証機能を搭載したことでスマホを顔にかざすだけでロック解除ができるようになりました。

指紋認証は手袋をしているときや濡れた手では反応しない場合もあって状況によってはイライラしたりすることもありますが、顔認証と指紋認証の両方を搭載することによってどんな時でも簡単に反応してくれます。

内側カメラの画質も高いところが魅力で、自撮りするときに肌をきれいにしたり目の輪郭をくっきりさせたりすることができるモードを搭載しています。

そのほかの機能も多彩で自分のアバターを作れるAR絵文字機能も内側カメラで作ることができます。

外側のカメラも充実の機能でさまざまなフィルターとエフェクトでより美しい写真を撮影することができます。

8位 iPhone 7 32GB

ドコモ公式:iPhone7

日本人に最も人気のあるスマホはiPhoneです。
そのiPhoneが4万円台で購入することができます。

スマホおかえしプログラムもなしで、単純な分割払いの方法で手に入れることができるので、長い期間iPhoneを使い続けることができます。

カラー ローズゴールド、ゴールド、

シルバー、ブラック

サイズ 高さ138.3mm×幅67.1mm×厚さ7.1mm
質量 138 g
バッテリー容量 1,960mAh
ディスプレイ 4.7インチ
CPU A10
内蔵メモリ ROM32GB/RAM3GB
カメラ 1200万画素
防水・防塵機能
生体認証 指紋

iPhoneシリーズは現在iPhoneXR、iPhoneXSが最新モデルなのでiPhone7はその3つ前のモデルです。

iPhoneで初めて防水機能を搭載した機種で、さらにiPhoneのユーザーが増えた機種でもあります。

少し前の機種ではありますが、人気は今も健在で中古のiPhone7は高値で売買されています。

iPhone7のおすすめポイントは、

・3DTouch対応でさまざまなコンテンツの操作が簡単になる

・低価格でiPhoneを手に入れられる

iPhone7は3DTouchに対応しており、画面を強くタッチしたりダブルタッチすることであらゆる操作を一瞬ですることができるようになっています。

バックグラウンドの処理も画面タッチであっという間です。

iPhone7は最新モデルより確かにスペックは落ちますが、常に最新のアップデートを行っているので操作性は快適で、アプリも操作も直感的で使いやすいしカメラも十分キレイです。

動画だって4Kに対応しています。

そのiPhoneが最新モデルが販売されているからという理由で低価格で購入できるという点は魅力の1つですよね。

9位 Google Pixel 3a

ドコモ公式:Google Pixel 3a

Google Pixel 3aは2019年6月に発売されたばかりの新モデルです。

Google Pixel 3の廉価版と言われていますが、中身のスペックはGoogle Pixel 3に負けず劣らず使い心地抜群です。

ハイスペック機種でありながらこの低価格での販売によって、GoogleのPixelシリーズは日本でも大人気になりました。

カラー Just Black・Clearly White
サイズ 高さ145.6mm×幅68.2mm×厚さ9.3mm
質量 148 g
バッテリー容量 3,000mAh
ディスプレイ 5.6インチ
CPU Snapdragon 845
内蔵メモリ ROM32GB/RAM3GB
カメラ 1220万画素
防水・防塵機能
生体認証 指紋

最新のハイスペック機種が5万円以下で購入することができることって近年ではほとんどありえないことでしたよね。

いくら廉価版とはいえ、機能自体はハイスペックなままですので、廉価版でもそれなりの価格で発売されるのですが、このGoogle Pixel 3aはGoogle Pixel 3が約95,000円で発売されたときからすでに約5万円安い約48,000円で販売しました。

おすすめポイントは、

・Google Pixel 3よりもカメラ機能は劣るはずなのにカメラがキレイ

・Google Pixel 3とほとんどかわらない機能

スペック自体はGoogle Pixel 3と比べるとカメラ性能に差はありますが、カメラ機能を重視していない人にとってはハイスペック機種が安く手にはいるということで大人気になりました。

しかし、実際のGoogle Pixel 3aのカメラはGoogle Pixel 3に劣らずとてもキレイに撮影することができます。

シングルカメラでありながら、独自のAIによってポートレートモードの撮影も可能にしているのも魅力です。

CPUも最新のSnapdragon 845を搭載ですので、当然他の機種と同じように動作速度は快適です。

10位 Xperia Ace SO-02L

ドコモ公式:Xperia Ace SO-02L

Xperia Ace SO-02L老若男女問わず持つことができるデザインとカラーでシニアでも使いこなせるミドルスペック機種です。

カラー ホワイト・ブラック・パープル
サイズ 高さ14mm×幅6mm×厚さ9.mm
質量 154 g
バッテリー容量 2,700mAh
ディスプレイ 5.0インチ
CPU Snapdragon 630
内蔵メモリ ROM32GB/RAM3GB
カメラ 1,200万画素
防水・防塵機能
生体認証 指紋

Xperia Ace SO-02Lのおすすめポイントは、

・ミドルスペックでありながら高性能カメラを搭載

・SUTAMINAモードで電池持ちが長持ち

Xperia Ace SO-02Lでおすすめしたいのがカメラ性能です。

ハイスペックモデルと同じようなキレイな写真を撮ることができ、Xperia Ace SO-02Lの方がより、自分の目で見たままの色味の写真を撮ることができます。

撮影モードも多彩で、SNSによく写真をアップするなら、より美味しそうな写真を撮ることが可能になりますよ。

電池の持ちがいいのもXperia Ace SO-02Lのポイントです。

SUTAMINAモード搭載で電池の持ちを長くし、省エネにすることが可能になっているので、一日にたくさん動画や音楽を楽しんでも夜まで電池を持たせることが可能です。

ドコモで5万円以下の安いスマホは意外と多い!

ドコモの5万円以下で機種変更できるスマホをランキングで紹介してきました。

思っている以上に安い機種は多く、選択肢も与えられるほどだったと思います。

現状、安いからといって販売時期が1年くらい前だからといってスペックがすごく劣っている機種は全くありませんでした。

2019年9月5日より本体価格が下がった機種も多数あり、いまだに人気の商品がとても安い値段で買えるようになったのはメリットでしょう。

スペックが高く安いスマホは入荷待ち状態も・・

スペックが高くて価格が安いスマホ機種は当然ながら狙っている人も多いです。

残念ながら人気機種によっては、入荷待ちの状態になってしまっているスマホも少なくはありません。

この間見たときはまだ買えたのに、今みたらなかった・・・こういったケースもよくあるお話です。

人気過ぎて在庫切れで入荷待ちの機種も多数ありますが、再入荷する可能性も十分ありますので、少し入荷を待ってみるのもありですよ。

入荷のタイミングがこちらに詳しくまとめています↓

ドコモオンラインショップの入荷するタイミングは?Galaxy S10+で解説!

ハイスペック機種が格安で購入できる今のタイミングを逃さないように機種変更を検討してみてくださいね。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.