ドコモ

【2020年はいつから?】ドコモの学割は本当にお得なのか過去の割引き内容・条件から考えてみた!

投稿日:

2020年のドコモの学割はいつから開始するのか見ていきましょう。

ドコモでは10月11日に冬春モデルの新商品発表会が開催されますね。

新商品発表会の情報がニュースになると、そろそろ冬が近づいているなという気持ちになりますが、冬になるともう1つ気になることがあります。

それがドコモの学割です。

ドコモでは2010年ころから期間限定で学生の月額料金を値下げするキャンペーンを毎年行ってきました。

毎年割引きキャンペーンの内容が変わるのですが、学生にとってはお得になるキャンペーンばかりです。

学生がいる家族は家族全体の携帯代を安く抑えることができるので、学生はドコモの学割期間中にスマホを買い替えたり、新規契約をする人が多くなっています。

まだ、ドコモでは正式に2020年のドコモの学割スタート時期をは公表はしていません。

2020年も例年通りドコモの学割があるはずですが、いつからスタートしてどのような割引き内容になるのか、過去の学割から考えてみました。

2020年ドコモの学割の期間・割引き内容を予想してみた!

ドコモの公式発表こそはありませんが、例年のドコモの学割時期から考えるに2020年の学割期間はこちらと予想↓

2020年度ドコモの学割:2019年12月1日~2020年5月30日

言ってる間に、今年もドコモの学割がスタートするかなと考えています。

割引き内容や条件に関しては、去年と大きく違いはないと予想しています。

根拠など詳しく説明していきますね。

2020年ドコモの学割の実施期間

まずは、2020年のドコモの学割の期間がいつからいつまでなのか考察してみました。

恐らく、2019年12月1日(日)~2020年5月31日(日)までの期間になるのではないでしょうか。

過去のドコモの学割の期間

開始日 終了日
2017年ドコモの学割 2017年1月20日(金) 2017年5月31日(水)
2018年ドコモの学割 2017年12月27日(水) 2018年5月31日(木)
2019年ドコモの学割 2018年12月1日(土) 2019年5月31日(金)

2017年は1月から、2018年は12月の下旬から、2019年は12月の初旬からということで年々学割が始まる期間が早くなっていってます。

終了日は5月末日というところに変更はありませんが、申込み期間が長くなっていっている傾向がありますよね。

それなら今年ももっと早まって11月にはスタートするのか?と考えてしまいますが、それはナイと思っています。

12月1日から5月31日までの6か月間学割の申込みができるようになっているので、1年の半分は学割のキャンペーン期間になっています。

さすがにこれ以上学割の期間が延びるということはないのではないでしょうか。

2020年ドコモの学割の割引き内容と条件

学割がいつから始まるのかも気になりますが、学割の内容についても当然気になりますよね。

毎年学割の内容などが少し変わったり、条件などが違ったりしているので、内容についてはどのようになるか今はまだ何もわからない状態です。

そして、ドコモの学割を利用すると本当にお得になるのか?という点も気になるところなんですよね。

2020年のドコモの学割がどうなるか考えてみました。

特典

・ギガホ、ギガライトは5GB以上利用なら基本料金から最大13か月間月額料金から1,500円引き

・同一ファミリー割引グループなら3,000ポイントプレゼント

・条件でかけ放題オプションの加入が必要

あくまでも予想です。

今年は料金プランが変わり、シンプルにギガホかギガライトの料金プランから選ぶようになっているので、そこから月額1,500円の値引きになるのではないでしょうか。

ギガライトについては、5GBまでは定額料金が安いので割引き対象外になると考えています。

そして、2019年と同様にファミリー割引グループにはポイントがプレゼントになり、ポイントはさらにアップということになるのではないでしょうか。

条件については、ギガホやギガライトはパケット定額サービスになってしまっているので、それ以外にも何か加入が必要になると考えると、オプションでかけ放題オプションの加入が必須になるのかなと思います。

そして、今回も新規契約またはMNP、またはFOMA機種からの機種変更という条件になり、プラン変更だけでは対象にはならないでしょう。

ポイント

2017年・2018年・2019年のドコモの学割をおさらい!

2020年のドコモの学割内容について過去の学割の内容や条件などから推察してみました。

毎年少しずつ特典が違いますが、基本的な特典内容や条件は似ているので今までの過去の学割の内容や条件についておさらいしてみましょう。

割引き内容 割引き期間 条件
2017年ドコモの学割 新規・MNPの場合:毎月の基本料から1,000円引き

 

その他の場合:毎月1,000ポイントプレゼント

最大12か月間 ・Xi契約で基本プランに加入していること

 

・対象のパケットパックに加入していること

 

・申し込み時点で利用者が25歳以下であること

2018年ドコモの学割 毎月の基本料から1,500円引き

 

家族:3,000ポイントプレゼント

12か月間 ・25歳以下

 

・スマホ、タブレット向けプランを契約

 

・データSパック以上のパケットパック契約

 

・新規MNP契約変更(FOMA→Xi)のみが対象

2019年ドコモの学割 毎月の基本料から1,500円引き

 

学割本人とシェアパック家族に2,500ポイントプレゼント

最大13か月間 ・申込時に利用者が25歳以下

 

・対象の料金プランを契約

 

・対象パケットパックのいずれかに加入

学割の内容や条件などを一覧にしました。

少しずつ内容や条件が違うので、それぞれ詳しく解説していきますね。

2017年は1月20日スタート

特典内容

・新規契約またはMNPなら12か月間1,000円引き
・それ以外なら機種を買い替えなくても毎月1,000ポイントプレゼント
・U25応援割適用でさらに500円引き
・1GB貰える

2017年のドコモの学割は、新規契約またはMNPで他社から乗り換えをした25歳以下の人が毎月1,000円割引になるというキャンペーン内容でした。

既存回線の場合は、毎月1,000ポイントが貰えるので、新規契約のように割引きにはなりませんが端末を購入しなくても学割の条件に該当すればポイントが貰えるのでお得になっていました。

割引き期間は申込みした月から12か月間になっています。

2017年のドコモの学割は学割を申込んだ本人のみに割引きやポイントのプレゼントがあり、家族には特に何も特典がありませんでした。

そして、2017年のドコモの学割はU25応援割とセットで利用するとさらにお得になっていました。

U25応援割は26歳の誕生日まで毎月500円の割引きがあり、新規契約の人は毎月1,500円割引きされるようになります。

さらにU25応援割は毎月データ容量を1GBプレゼントというお得な特典もついてきました。

申込み期間

2017年1月20日~2018年5月31日

2017年のドコモの学割は1月の下旬からのスタートでした。

丁度、学生は受験を終えて卒業したり、進級したり、新社会人になるタイミングで学生や25歳以下の若い年齢の人たちが機種を買い替えるタイミングに合わせて学割のキャンペーンも実施していました。
4月に新年度を迎え、5月に新しい生活に慣れてきたころにキャンペーンも終了するという季節に合ったキャンペーンでしたね。

ポイント

2017年のドコモの学割の条件

・25歳以下
・カケホーダイまたはカケホーダイライトプランへの加入
・指定のパケットパックへの加入

申込み時点で25歳以下であることがまず条件になっています。

それ以外の条件として、カケホーダイまたはカケホーダイライトという通話定額の料金プランに申込みすることが必要でした。

そして、新規契約の場合はパケットパックに加入すれば条件に適用でしたが、既存の契約者の場合は、パケットパックは大容量のプランでなくてはなりませんでした。

新規契約 ・データS、M

・ウルトラL、LL

・シェアパック5、10、15

・ウルトラシェアパック50、100

・シェアオプション

既存契約者 ・ウルトラL、LL

・ウルトラシェア50、100

・シェアオプション

(シェアオプションで適用させるには代表回線がウルトラ系パケットパックに変更する必要がある)

料金プランやパケットパックについて指定はありましたが、機種を購入することという条件がなかったので、料金プランを変更するだけで25歳以下ならポイントを貰えるという特典を得られたので、学割に申込みする学生が非常に多くなりました。

ただし、カケホーダイという料金プランは月額2,700円の定額プランだったので、あまり通話をしない人からすると、わざわざ2,700円のプランに加入して1,000ポイントを貰うメリットがなく、通話をたくさんする25歳以下向けのサービスと言えます。

2018年は12月27日スタート

特典内容

・基本料金から1,000円割引き
・シェアグループ内の家族全員に3,000ポイントプレゼント

2018年のドコモの学割は、2017年のドコモの学割と比べてシンプルで分かりやすいサービスに変わりました。

特典は単純に、学割申込み本人は、最大12か月間1,000円の割引き、学割申込み本人のシェアグループ内の家族には全員に3,000ポイントずつプレゼントという2つの特典のみです。

申込み期間

2017年12月27日~2018年5月31日

2018年の学割は、2017年よりも約3週間ほど早く始まりました。

他社も同じように学割キャンペーンを行っているので、競い合うように開始時期が早まったように感じました。

冬春に発売されるスマホは学生向けの機種が豊富で、ミドルスペックスマホや型落ち機種などを低価格で発売されるタイミングも合わさり、さらに年末商戦から学割が開始されることもあって年末年始にスマホに買い替える学生がとても多くなっていました。

ポイント

2018年の適用条件

・25歳以下
・スマホ、タブレット向けプランを契約
・シェアパックを含むデータSパック以上のパケットパック契約
・新規MNP契約変更(FOMA→Xi)のみが対象

2018年の学割は、新規契約、MNP、FOMAからXiに買い替える人のみが対象に変わりました。

2017年では機種変更をしなくてもポイントを貰えたので、既存契約者でも少しお得感があったのですが、2018年の学割は既存契約者にはほとんどメリットがありません。

機種変更も、スマホからスマホなどの機種変更は対象外で、以前のFOMA回線のケータイなどからの機種変更でなければ学割の対象にならなくなっています。

キッズケータイなどからのスマホに買い替えをする子どもなどは特典になりましたが、すでにスマホを持っているお子さんは学割の特典は何もありませんでした。

2019年は12月1日スタート

特典内容

・ 12ヶ月間月額料金から1,500円を割引き
・学割の本人とパケットシェアグループの家族全員に2,500ポイントプレゼント
・2019年2月1日までに学割申込みなら追加で1,000ポイントプレゼント

2019年の学割は、2018年とほとんど同じ内容でしたが、割引き額が500円アップしたので、学割申込みした本人は前年よりお得になりました。

家族についても、2月1日までに学割に申込みすれば、3,500ポイントずつ貰うことができたので、2018年よりもお得感があります。

しかし、2月1日以降は2,500ポイントになるので、前年よりポイントが500ポイント少なくなってしまいます。

期間は最大13か月間となっていて、今までよりも1か月伸びましたが、厳密に言うと、学割申込みをした当月は申込日からの日割りとなるため、月途中での申込みなら1,500円の割引きも日割りになるようになっています。

申込み期間

2018年12月1日~2019年5月31日

今までのドコモの学割で最も期間が長くなり、6か月間もキャンペーンが続きました

12月から5月いっぱいまでなら25歳以下の人なら学割に申込むことができたので、26歳になる直前で申込みができた人も多くいたようです。

申込み時点で25歳以下なら条件に当てはまるので、26歳の誕生日の前日まで申込みが可能になっています。

ポイント

2019年の適用条件

・25歳以下
・カケホーダイプランまたはカケホーダイライトプランまたはシンプルプランを契約
・対象のパケットパックを契約
・新規MNP契約変更(FOMA→Xi)のみが対象

対象のパケットパック

・ベーシックパック(〜20GB)
・ウルトラデータLパック(20GB)
・ウルトラデータLLパック(30GB)
・ベーシックシェアパック(〜30GB)
・ウルトラシェアパック30(30GB)
・ウルトラシェアパック50(50GB)
・ウルトラシェアパック100(100GB)
・シェアオプションに加入

条件についても2018年とほぼ同じですが、特典1の場合は、料金プランの他に対象のパケットパックを契約することが必要ですが、特典2のポイントの分はパケットパックについては条件に含まれませんでした。

特典2は、対象の料金プランを契約して、学割申込み回線と同じシェアパックグループ内の家族なら自動でポイントが付与されます。

2020ドコモの学割と特典は去年とほぼ変更がないと予想!

2020ドコモの学割について過去の学割の内容から推察してみました。

料金プランはギガホかギガライトしかないので、どちらかのプランに加入することは当然ですし、それに追加してオプションでかけ放題プランに加入することで、今までの料金プランと同じように通話向けプランとデータ通信プランの両方に入るという形になるようにするのではないでしょうか。

ポイント

中学生に進学するタイミングで、スマホを持たせるようにするご家庭が多いです。

ドコモで子供に持たせるスマホをどれにしようかな?と検討中ならこちらの記事も参考にしてください。

【えー!?】ドコモで中学生の子供に持たせるスマホを探してみた結果・・

2020学割も12月の上旬から始まると予想していますので、11月には新しい情報があるかもしれませんので、学割が気になる人はもう少し情報を待ちましょう。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-ドコモ

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.