Samsung Galaxy

Galaxy Note10+の発売日・予約日はいつか予想してみた!スペックや価格はどうなるか?

更新日:

海外ではすでに発売されているサムスンのGalaxyシリーズの最新モデルGalaxy Note10+がついに日本でも発売されるとの情報が届きました。

ポイント

Galaxy Note10+の発売日ドコモ、auから正式発表されました。

発売日:2019年10月18日

ドコモとauではすでに予約を開始しています↓

→ドコモオンラインショップこちら

→auオンラインショップこちら

待ちにまったGalaxy Note10+。

ハイスペックモデルであり、Galaxy Note10+に機種変更を考えてる人は非常に多いかと思います。

同じくGalaxy Note10+日本での発売日や販売価格などが気になっている人は多いはず。

今回は、Galaxy Note10+の日本での予約開始日や発売日、販売価格を予想してみました。

発売日はもちろんドコモ、au、ソフトバンクのキャリアの予約開始日を具体的な日程を根拠をもって予想したので楽しんでもらえたらなと思います。

注意ポイント

Galaxy Note10+は予約しないとすぐにの入手は困難な機種であると考えれます。

機種変更を狙っている人は、Galaxy Note10+の発売日もそうですがキャリアの予約開始日は必ず押さえておきましょう。

今回ご案内している、Galaxy Note10+の発売日や予約開始日はあくまでも予想になりますので、もちろん随時更新していきます。

気になるスペックについてもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Galaxy Note10+の予約開始日、発売日を予想してみた!

それでは、Galaxy Note10+が日本ではいつから予約開始で、いつ発売になるのかを予想していきましょう。

発売日、予約開始日ともに2019年10月中にはスタートされると考えています。

ポイント

Galaxy Note10+発売日:2019年10月31日(木)
Galaxy Note10+予約開始日:2019年10月18日(金)

上記の日程を予想しています。

もちろんある程度の根拠をもっての予想になりますので、詳しくお話していきますね。

Galaxy Note10+の発売日は2019年10月31日(金)と予想

先にお伝えしたように、発売日は今までのGalaxy noteシリーズの発売日を踏まえて考えてみると可能性が高いのは10月31日木曜日あたりと予想できます。

過去のGalaxy note8、9が発売された日程がこちら↓

Galaxy note8
発売日2017年10月26日木曜日

Galaxy note9
発売日2018年10月25日木曜日

このように、今までGalaxy noteは10月の最終木曜日に発売しています

このことを考えると、今年2019年の最終木曜日は31日なので、10月31日木曜日の発売が予想できます。

Galaxy Note10+の予約開始日は2019年10月18日(金)と予想

ドコモの新商品発表会が10月11日にあります。

10月11日にGalaxy Note10+について発表があることは可能性として非常に高いことが考えられます。

発表日から数えて1週間後には、予約開始という流れになるのではないかと予想することができます。

Galaxy Note10+の予約開始日は、10月18日金曜日ころからスタートになるのではないでしょうか。

いずれにしても、10月中にはGalaxy Note10+の日本での発売について何らかの発表があるはずです。

期待して待っていましょう。

Galaxy Note10+の価格は高いか?安いか?予想してみた!


Galaxy Note10+はすでに海外では発売されています。

日本での販売価格については、海外の価格を参考にどのくらいの価格になるか計算してみました。

アメリカでのGalaxy note10の販売価格は、949.99ドル、Galaxy note10+は1049.99ドルでした。

日本円に換算すると、1ドル約107円なので、Galaxy note10は101,700円、Galaxy note10+は112,400円という価格が算出されます。

この価格に少し上乗せされると予想し、Galaxy note10は約110,000円、Galaxy note10+は約125,000円というところではないでしょうか。

アメリカの価格 日本での販売価格(予想)
Galaxy note10 949.99ドル 110,000円
Galaxy note10+ 1049.99ドル 125,000円

このくらいの価格がSIMフリー版の価格の予想になります。

しかし、多くの人がドコモやau、ソフトバンクなどキャリア購入するかと思います。

各キャリアでの購入になると、それぞれ購入サポートを利用することができますよね。

購入サポートを利用した場合の価格についても予想してみました。

ドコモでの本体端末価格予想

まずは、ドコモの購入サポートであるスマホおかえしプログラムを利用した場合はどのくらいになるでしょうか?

【ドコモ】スマホお返しプログラムを解説!メリットある?損する人は?

スマホおかえしプログラムは、端末を36回の分割払いで購入し、25か月目以降に端末をどこもに返却することで残りの分割金の支払いが不要になるサポートサービスです。

Galaxy note10(110,000円) Galaxy Note10+(125,000円)
分割36回 3,056円 3,472円
スマホおかえしプログラムを利用した場合 73,344円 83,328円

スマホおかえしプログラムを利用して、25か月目に端末を返却した場合、24回分の支払いでGalaxy note10を利用することができるので、Galaxy note10なら73,344円、Galaxy Note10+は83,328円で購入することができます。

スマホおかえしプログラムを利用するとお手頃価格でGalaxy note10を購入することができますよね。

auでの本体端末価格予想

続いて、auの場合はアップグレードプログラムDXを利用するとGalaxy note10を安く購入することができます。

【注意点あり】auでiPhone11を購入するならアップグレードプログラムDXに加入すべき?

アップグレードプログラムDXは端末を48回払いで購入し、プログラム利用料390円を24回支払うと25か月目に端末をauに返却して新しい端末に買い替えると利用していた端末の支払いが免除されるプログラムです。

Galaxy note10(110,000円) Galaxy Note10+(125,000円)
分割48回 2,292円 2,604円
アップグレードプログラムDX利用料 9,036円 9,036円
アップグレードプログラムDXを利用した場合 64,044円 71,532円

アップグレードプログラムDXを利用した場合、Galaxy note10は64,044円、Galaxy Note10+は71,532円で購入できるようになります。

ドコモとauでは約10,000円ほど差が出るようなイメージになりますが、本体の総額についてはそれぞれで違う金額の設定になることが考えられるので、実質同じくらいの価格になるのではないでしょうか。

結局、どちらもGalaxy note10は70,000円台、Galaxy note10+は80,000円台という価格で落ち着くのではと考えています。

ソフトバンクでの本体端末価格予想

ソフトバンクではどうでしょうか?

ソフトバンクではGalaxy シリーズの販売はしてきませんでした。

今回のGalaxy note10についても販売はしないと思いますが、ソフトバンクでもauと同じようなサポートがあるので、もしソフトバンクでもGalaxy note10の発売があるとするならこのような価格になるのではないでしょうか?

Galaxy note10(110,000円) Galaxy note10+(125,000円)
分割48回 2,292円 2,604円
半額サポート+利用料 9,036円 9,036円
半額サポート+を利用した場合 64,044円 71,532円

ソフトバンクでは半額サポート+という月額390円の利用料を24回分支払い、端末を48回の分割支払いで購入すると、25か月目以降にソフトバンクに端末を返却すると残りの分割金の支払いが不要になるサポートサービスです。

【iPhone11も対象】ソフトバンクの半額サポート+とは?デメリットあり?

この購入サポートを利用するとauとほぼ同額になります。

ただし、ソフトバンクでも端末価格を値上げしてくることが考えられるので、他のキャリアとほとんど変わらない価格になるでしょう。

ソフトバンクユーザーでもGalaxy note10が気になっている人は多く存在しますので、ぜひソフトバンクでもGalaxy note10を発売してほしいですね。

Galaxy Note10+は買いか?スペック・デザインを紹介!


前機種のGalaxy note9とどのように変わったのか、スペックを比較して一覧にしました。

Galaxy note10 Galaxy note10+ Galaxy note9
本体カラー オーラグロー

オーラブラック

オーラホワイト

オーラピンク

オーラレッド

オーラグロー

オーラブラック

オーラホワイト

オーラブルー

オーシャンブルー

ミッドナイト ブラック

ラベンダーパープル

ディスプレイ 6.3インチ有機ELディスプレイ 6.8インチ有機ELディスプレイ 6.4インチ有機ELディスプレイ
CPU SDM855 SDM855 SDM845
RAM・ROM 8GB・256GB 12GB・512GB 6GB・128GB
microSD 非対応 最大1TB 最大512GB
本体サイズ 高さ151mm×幅71.8mm×厚さ7.9mm 高さ162.3mm×幅77.2mm×厚さ7.9mm 高さ162mm×幅76mm×厚さ8.8mm
重量 168g 196g 201g
バッテリー容量 3,500mAh 4,300mAh 4,000mAh
生体認証 顔認証

指紋認証

顔認証

指紋認証

虹彩認証

顔認証

指紋認証

防水・防塵 IP68 IP68 IP68
カメラ デュアルカメラ

広角12MP

望遠12MP

トリプルカメラ

超広角16MP

広角12MP

望遠12MP

クアッドカメラ

超広角16MP

広角12MP

望遠12MP

デプスビジョン

本体カラーはGalaxy note10が5色、Galaxy note10+が4色になっていて、Galaxy note9よりも鮮やかなカラーが増えました。

ホワイトやピンクなど女性にも人気のあるカラーがあることで、今までよりも女性も選びやすくなっています。

Galaxy note9に比べると、重量が軽くなっていて、厚さも薄くなっています

大型画面で軽量なので、スマホゲームする人にもおすすめ機種です。

冷却システム搭載しているので、長時間ゲームプレイしていても本体が熱くならないのも特徴ですね。

【ゲーム好き必見】ドコモのゲーミングスマホおすすめ機種はどれ?選ぶポイントも解説!

持ち運びするのに薄くて軽いというのは快適になっていますし、生体認証などはGalaxy note9はとりあえずなんでもつけておけという感じがありますが、Galaxy note10では本当に必要な機能だけを搭載しているようです。

ポイント

・日本版Galaxy note10は5G未対応
・6.3インチ大型ディスプレイ
・ストレージ容量が最大1TB
・Sペンでジェスチャー操作
・手書き文字をテキスト化
・イヤホンジャックは廃止
・トリプルカメラ搭載でナイトモードにも対応


Galaxy note10については海外ですでに発売しているので、どのような機種なのかはほぼわかっています。

Galaxy note10の特徴を7つ紹介していきますね。

日本版Galaxy Note10+は5G未対応

まず、Galaxy note10については、海外版ではGalaxy note10+が5G対応版も同時に発売されています。

価格も1299.99ドルということで、通常のGalaxy note10+よりも高い価格になっていました。

日本でも5G対応として初めて登場するか?と思っていましたが、どうやら日本版では5G対応版は発売されないようでした。

6.3インチ大型ディスプレイなのに薄くて持ちやすい

まずは、Galaxy note10と言えば、大型ディスプレイが魅力ですよね。

今回のGalaxy note10は6.3インチということで、Galaxy S10が6.1インチでしたので、それよりもちょっと大きいかなくらいの大きさで抑えてあります。

Galaxy note10+になると6.8インチのディスプレイとなり、今までのGalaxy noteよりも大きいディスプレイになっています。

さらに、今回はベゼル部分が最小限に抑えられたことにより、よりスタイリッシュで美しい端末になりました。

ベゼル部分がないと画面も大きく見えますよね。

こんなに大きな画面なのに、厚さはまさかの7.9mmです。

iPhone11の厚さが8.3mmなので、0.4mmもGalaxy note10の方が薄くなります。

ストレージ容量が最大1TBのメモリを搭載

Galaxy note10+なら、端末内部の保存容量が512GBの大容量内部メモリを搭載しています。

さらに、外部メモリのmicroSDカードも最大1TBまで対応しているので、パソコン並みの保存容量があります。

これだけあれば、動画をたくさん撮影してもパソコンに映すことなくGalaxy note10+に保存しておけて、いつでもデータを持ち運んでどこででも動画を見返すことができますよ。

microSDカードにはGalaxy note10は非対応になっているので、データ容量を最大限に使いたい場合はGalaxy note10+がおすすめです。

Sペンでジェスチャー操作

そして、Galaxy Note10+と言えばSペンですよね。

SペンはGalaxy Note10+になってさらに進化しています。

最大10時間の電池持ちで、Sペンは継ぎ目のないデザインになり、文字を書く時も、絵を描く時も自然な書き心地を実現しています。

Bluetoothにも対応しており、Sペンをクリックするだけでリモコンのように離れた場所から周辺機器を操作することができるし、インカメラと連動させることでカメラのアングルを操作したり、Galaxy Note10+のボリュームを操作したりすることもできます。

Sペンは画面オフメモの時は常にスタンバイ状態になっているので、メモを取るときはすぐにSペンを取り出せば書き出すことができるようになっていて、いろんな色を使ってメモすることもできます。

Sペンで手書き文字をテキスト化

SペンはGalaxy Note10+に手書きで入力した文字を即座にテキスト変換することができます。

手書きで書いたらタップするだけですぐに変換でき、コピーペースト、共有などを行うことができるので、ビジネスシーンで大活躍すること間違いなしですよね。

「手書きで書いた文字がすぐにテキスト化してくれたら楽なのに」

とスマホに手書きのメモを書いて何度思ったことかわかりません。

ちょっとしたメモも、スケジュールの入力も、文字入力よりも手書きの方が楽だという場面は結構多いんですよね。

そんな時はSペンをぜひ試してみてください。

イヤホンジャックは廃止された

今回のGalaxy Note10+は残念ながらイヤホンジャックは廃止されてしまいました。

7.9mmという薄さですしね、イヤホンジャックがないことによって実現できたことだと思うので、イヤホンジャックの廃止は致し方ないことではないでしょうか。

イヤホンジャックがなくなってはしまいましたが、それによってシンプルで美しい見た目になったと思います。

ワイヤレスイヤホンを利用すればケーブルが邪魔になることもなく、今までどおり音楽を楽しむことができます。

トリプルカメラ搭載でナイトモードにも対応

そして、最後にカメラ機能についてもまとめました。

Galaxy Note10+はトリプルカメラ搭載で、超広角カメラ、広角カメラ、望遠カメラになっています。

約1,600万画素超広角カメラは、約123度の視野角で撮影可能になっているので、今までフレームに収めることができなかったところまですっぽりと収めて撮影することができます。

壮大な景色を撮ってみるとその迫力の違いがわかりますよ。

そして、Galaxy Note10+はナイトモードにも対応しました。

広角カメラで明るさを検知して撮影モードを自動で検知してくれるので、薄暗い場所でも自動で明るく補正してくれて、キレイな写真を撮影することができます。

シーン判別機能も搭載されているので、カメラを被写体に向けて画面をタップするだけで瞬時に最適な撮影設定に変えてくれます。

何もしなくてもプロが撮ったような写真を撮影することができるようになっているので、誰でもおしゃれな写真を簡単にSNSにアップすることができますよ。

写真に興味がないとただ撮影して終わってしまいますが、Galaxy Note10+ならそれだけでもキレイな雰囲気のある写真を撮影することができそうですね。

Galaxy Note10+は2019年10月中には発売・予約開始の可能性が大!

Galaxy Note10+の発売日や価格、スペックなどについて解説してきました。

折りたためるスマホで話題のGalaxy Foldよりも、先の発売になりますね。

【折りたたみ】GalaxyFoldの日本での発売日はいつ?予約開始日・価格・スペック予想

ポイント

・Galaxy Note10+の発売日は、10月31日木曜日の可能性が高い
予約開始は10月18日金曜日ころからの予想
・販売価格はSIMフリーのGalaxy note10が約110,000円、Galaxy note10+が約125,000円になりそう
・各キャリアで購入する場合は、購入サポートを利用すればGalaxy note10は約70,000円、Galaxy note10+なら80,000円くらいになる
・ソフトバンクでは販売はしない可能性が高い
・Galaxy Note10+はSペンの性能がさらにアップしたことにより、さらに使いやすさがアップしている

Galaxy Note10+はSペンとカメラ性能が魅力の端末で、ビジネスシーンで活躍すること間違いなしのハイスペックモデルです。

Galaxy Note10+の国内発売の発表が待ち遠しいですね。

予約が開始されると、即座に初日販売分は予約でいっぱいになってしまう可能性があります。

夏モデルで発売されたGalaxy s10の時もそうでした。

【使ってみた】Galaxy S10のいいところ・便利機能を写真いっぱいでレビュー

Galaxy Note10+の予約が始まったらできるだけ早く予約してしまいましょう。

Galaxy Note10+を購入してSペンの便利さをぜひ体感してみてくださいね。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-Samsung Galaxy

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.