Samsung Galaxy

【レビュー】Galaxy S10+オリンピックモデル使ってみた結果!レア感がすごい

投稿日:2019年7月27日 更新日:

東京オリンピック開催を記念したGalaxy S10+のオリンピック限定モデル(Galaxy S10+ Olympic Games Edition)が発売されました。

android端末で人気のあるGalaxyシリーズでもあり、多くの人が注目していたかと思います。
販売台数もたったの10000台のみの製造となりますのでこのチャンスを逃すともう手に入れることはできません。

中古品とかで出回りだしたら話は別ですが、どうせなら新品がいいですよね。

で、今回のオリンピックモデルなんですが正直Galaxy S10+と機能やスペック自体に関して違いはありません。
スペック一覧↓

参照:Galaxy S10+ Olympic Games Edition

スペックに差はないため、やはり注目したいのがデザイン部分でしょう

そんな限定モデルのGalaxy S10+オリンピックエディションを実際に使ってみたのですが購入するほど本当にオリンピック感が感じられるのか?希少性、レア感はあるのか?にフォーカスをして細かくレビューしていきたいと思います。

ぜひ、楽しんでもらえたらなと思います。

またオリンピック限定モデルの販売、購入はドコモオンラインショップ限定になります。
店頭での取り扱いはないので注意してください。

Galaxy S10+オリンピックモデル特設ページはこちら

【写真たっぷり】Galaxy S10+オリンピック感がどれだけあるか徹底レビュー

Galaxy S10+オリンピック限定モデルの実機レビューしていきますね。
今回は通常の機種とは違いますので、開封の儀から写真たっぷりでお伝えしていきたいと思います。

繰り返しになりますが、スペックはGalaxy S10+と一緒です。
機能面では何も心配になる必要はないレベルのハイスペックなので安心してください。

やはりポイントになるのがいかにオリンピック感があるかだと思うんです。

今回のボディカラーに関してはプリズムホワイト一択しかありませんが、今しか手に入らないレア感がどれだけあるのか見ていきましょう。

【オリンピック感 ☆☆☆☆☆】箱

いきなりオリンピック感が満載です。
スマホを購入していまだかつてこんな立派な箱に入れられて届いた経験は筆者にはありません。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、高級感を感じます。

箱を開けるとここにもオリンピック感がありますね。

左側の箱がGalaxy S10+オリンピックモデル本体になっていて、右側の箱には限定の付属品としてワイヤレスイヤホンGalaxy Budsになります。

【オリンピック感 ☆☆☆☆☆】ワイヤレスイヤホンGalaxy Buds

Galaxy S10+オリンピックモデルの付属品であるワイヤレスイヤホンGalaxy Budsを見ていきましょう。

Galaxy Budsの白い箱にもうっすらとオリンピックロゴが入れられているのがわかりますね。
付属品とはいえ限定感をしっかりと感じさせてくれています。

Galaxy Budsはワイヤレスイヤホンでありブルートゥースに接続して使用します。

【オリンピック感 ☆☆☆☆☆】機種本体

肝心のGalaxy S10+オリンピックモデルの本体端末を見ていきましょう。
箱から取り出していくと、まずは本体画面が登場。

端末の下には、同梱物として「TV用のアンテナ」先ほど紹介した「有線タイプのイヤホン」「充電用ケーブル」が入っています。

画面がでかいですね。
ディスプレイサイズもGalaxy S10+と同じく6.4インチもあり見やすさを感じます。

本体の厚みはわずか7.8mmほど。
ディスプレイの大きさを考えても非常に持ちやすいです。

背面がこちらです。
プリズムホワイトってこんな色味なんですね。

レア感がありますし、オリンピックマークとの相性がいいなと個人的には感じました。
カバーとかしてしまうと折角の限定さが隠れてしまうので、透明なものとかで上手くしていく必要はあるでしょうね。

【オリンピック感 MAX】本体起動時

起動してみましたが、これ分かりますでしょうか。
ランナーのクラウチングスタートのボーズが映し出されました。

こんなところにも、オリンピック感を出してくるとは驚きです。

起動後しばらくすると・・走り出しました!

出ました。
ここでもさらなるオリンピック感を演出してくれています。

当然ですけど、Galaxy S10+ではこんな画面は出てきません。
あくまでもオリンピックモデル限定の演出です。

起動が完了しましたが、通常のホーム画面でもちゃんとオリンピックシンボルマークは表示されていますね。
驚くほど限定モデルであることを強調していることが判明しました。

【機能チェック】Galaxy S10+オリンピックモデル使ってみた!

繰り返しになりますけど、Galaxy S10+オリンピック限定モデルとはいえGalaxy S10+と機能自体は全くの一緒です。

一緒ですが実際に使ってみて機能チェックしてみました。
オリンピック感こそはありませんが、ここが良かったポイントをいくつかご紹介していきますね。

イヤホンジャックあって便利

Galaxy S10+オリンピック限定モデルにはイヤホンジャック搭載しています。

最近のモデルだとイヤホンジャックが付いていない端末も増えていますよね。
ないと意外と困ることに不便さを感じる人が多いなか、ハイスペックモデルでありつつもイヤホンジャックがあるのは嬉しいですね。

Galaxy S10+オリンピック限定モデルには先ほどご紹介したようにGalaxy Budsが付属品としてついてきます。

とはまた別に、本体端末に直接つなぐ有線タイプのイヤホンも同梱されているんですね。
残念ながらこちらはとくにオリンピック感はなく、ただただ普通のイヤホンですが。

イヤホンジャックに付けて利用できるので、状況に応じて使い分けが可能です。

ワイヤレスパワーシェアで充電を分け合える

S10シリーズから新規機能として搭載された充電を分け合うことのできるワイヤレスパワーシェアもちゃんと使えます。

ワイヤレスパワーシェアを起動させましょう。

付属品のGalaxy Budsを充電してみますね。

何もしていない状態であれば写真のように点灯していません。

Galaxy Budsを端末の上に乗せると、赤く点灯しました。
充電を分け合っている証拠ですね。

続いては、Galaxy S10+オリンピックモデルのカメラ機能もチェックしておきましょう。

カメラも抜群のきれいさ!

Galaxy S10+オリンピックモデルで実際にカメラ機能も使ってみました。

広角、超広角、望遠のトリプルレンズを搭載していますので誰が使ってもきれいな写真が撮れます。

きれいですね。
とくに何も設定をいじらずしてもこのレベルでの写真が撮れました。

MAX10倍ズームにしても画質の衰えを感じることはありません。

機能に関して限定モデルだから!!って部分は何もないのですが、十分に満足いけるハイスペックであることは間違いありません。

【結果】Galaxy S10+限定モデル→想像以上のオリンピック感

Galaxy S10+のオリンピックエディションを届いた箱を開封するところから起動するまでを写真たっぷりでレビューさせてもらいました。

今回はどれだけオリンピック感を実感できるのか?にフォーカスしてレビューしてみたのですが、伝わったでしょうか。
個人的には想像を超えていましたね。

本体端末はもちろんなんですけど、届けられた箱や付属品のイヤホンにまでオリンピック感を出していた点は単純にすごいなと。

今後、東京という日本でオリンピックが開催されるのはいつになるのかと考えた場合、その記念すべき限定モデルが手に入るチャンスが目の前にあるというのは幸運なのかもしれませんね

製造数も上限を決め、限定モデルとして発売されたGalaxy S10+のオリンピックエディションはその価値を十分に感じれる端末だと実際に手に取ってみて思えました。

【残りわずか】ドコモオンラインショップ限定販売です!

Galaxy S10+のオリンピック限定モデルであるGalaxy S10+ Olympic Games EditionSC-05Lはたったの10000台の限定販売です。
在庫がなくなり次第、入手は不可能になる点だけは注意しておきましょう。

2019年7月24日に発売が開始されたばかりです。

注意ポイント

販売も購入もドコモオンラインショップのみの取り扱いであるのも間違いのないようにしましょう。

ドコモショップに行っても今回のGalaxy S10+ Olympic Games Editionは取り扱っていません。
オリンピックモデルの価格は以下。

支払い総額 114,696円 (3,186円×36回)
実質負担額(スマホお返しプログラム適応時) 76,464円 (3,186円×24回)

スマホお返しプログラムが対象となる機種なので、月々3,186円で持てます。
詳しくはこちらも参考に↓

【ドコモ】スマホお返しプログラムを解説!メリットある?損する人は?

数量限定ということもあり、あまり時間的には余裕はないのは事実です。

焦らず機種変更を考えている人は、候補の一つとしてGalaxy S10+オリンピック限定モデルも検討してみて下さい。

もし、ドコモオンラインショップでの機種変更など手順が分からなくて不安な人はこちらの記事も参考にして下さい↓

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

まだ、間に合います。

-Samsung Galaxy

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.