Samsung Galaxy

Galaxy S9/S9 Plusの発表内容のまとめ、アメリカなどでは3月16日発売

更新日:

Galaxy S9 leak image

日本時間2月26日にスペインで行われているMWC 2018にてSamsung Galaxy S9の発表が行われた。

アメリカや韓国ではすでに予約が開始しており、発売日は3月16日だ。

日本での発売は26日の時点ではアナウンスされず、公式サイトに購入フォームも無いため、4月以降になると予想される。

値段はアメリカでS9が719.99ドル、S9+が839.99ドルだ。999ドルのiPhone Xと比べると安い。

日本での発売はもう少し先かもしれないが、今回はMWC 2018で発表された内容についてまとめる。

Galaxy S9+ハンズオンレビュー:ディスプレイとカメラは最高レベル

Galaxy S9/S9+が4月にドコモから発売か、それとも6月か

Galaxy S9/S9 Plusのスペック

S9 S9 Plus
値段 $719.99 $839.99
ディスプレイ 5.8インチ
Infinity Display
(OLED)
6.2インチ
Infinity Display
(OLED)
OS Android Oreo 8.0
CPU スナップドラゴン845
RAM 4GB/6GB 6GB
ストレージ 64GB/128GB 64GB/128GB/256GB
認証センサ 背面指紋認証、虹彩認証、顔認証
フロントカメラ 800万画素
リアカメラ シングルカメラ
1200万画素
デュアルピクセルISO
f/1.5,f/2.4
デュアルカメラ
1200万画素
f/1.5,f/2.4
音声アシスタント Bixby AI アシスタント
イヤホンジャック
ワイヤレス充電機能
防水、防塵

Galaxy S9/S9 Plusのデザイン

Galaxy S9+は6.2インチ、S9は5.8インチだ。画面のアスペクト比は18.5:9と、縦幅が長い仕様だ。縦幅が長いのはベゼルが狭くなり、スクリーンが大きく広がったことが要因だろう。

全体的に丸みを帯びており、親しみやすさと新しさを感じる。

色はMidnight Black(黒) 、Coral Blue(青)、 Lilac Purple(紫)の3色がある。発表ではシルバーも含まれていたが、アメリカ版公式ページの購入フォームには3色のみが用意されていた。もしかしたらシルバーは特別なバージョンなのかもしれない。

以下の記事では先日リークされた画像をまとめている。

Galaxy S9のリーク画像と映像、極細ベゼルに丸みを帯びたデザイン

Galaxy S9/S9 PlusのAR機能

AR機能では自分の顔を撮影し、キャラクターを作成しすることができる。作成したキャラクターは表情を変えたり、音声を追加することも可能だ。

自分のキャラクターは18体まで作成することができる。

credit: Samsung

このキャラクターをGIF画像としてチャットで送ることによって自分自身をラインスタンプのように使うことができる。

もちろん、iPhone XのAnimojiのように、自分の表情をキャラクターと連動させる機能も搭載されている。

また、実用的な機能も用意されている。

紹介された映像ではスペイン語カメラで読み取り、その場で英語に翻訳していた。この機能は海外旅行など行った際にとても役に立つだろう。

ちなみに、読み取られた画像はGoogle翻訳で翻訳されているので信頼性も高い。

credit: Samsung

翻訳だけでなく、作り方の分からない料理をカメラに映し、AR機能で認識することでその料理のレシピを表示することなどができる。

credit: Samsung

また、女性の場合はAR機能を使ってスマートフォンの画面上でメイクができる。これにより、スマートフォン上でどの商品が自分に合うかを判断してから実際の商品を購入することが可能だ。

Galaxy S9/S9 Plusのカメラ

発表の中で特に強調されたのがカメラだ。なかでもスローモーションの動画撮影では960fps(一秒間に960枚のコマ)で動画を撮影することができる。スローモーションで撮影した動画は逆再生も可能だ。

credit: Samsung

スローモーションモードは通常の動画を撮影中にオンにしたり、被写体が動き出した瞬間に自動で撮影を開始することができる。これにより、0.2秒しか撮影できないスローモション撮影でも、大事な瞬間を逃すことなく映像に収めることが可能だ。

Galaxy S9では1つのカメラを切り替えることでf値を変更し、S9+ではf値の異なる2つのカメラを切り替えて使用する。

f値を変えることで背景をぼかしたり、取り込む光の速さ量を変えることが可能だ。通常、f値は自動で変化する仕様になっているが、手動で変更することもできる。

Galaxy S9/S9 Plusのステレオスピーカー

Galaxyシリーズで初めてスピーカーが画面の上下に搭載され、ステレオスピーカーとなった。画面を横にすると左右から音が出ることになる。

発表では音がとても大きいことを強調しており、ゲームをプレイしたり、映像を見る際には役立つことが期待される。

Galaxy S9のスペックをiPhone XやPixel 2と比較しながら考察

eye-catching image credit: Alex Ben

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-Samsung Galaxy
-

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.