レビュー依頼、取材、広告掲載はこちらから

Galaxy S9/S9+の売上がS8/S8+よりも下回ったことによるメリットとは

Samsung Galaxy

ET NEWSが入手したデータによると、韓国ではGalaxy S9/S9+の売れ行きが悪く、去年のGalaxy S8/S8+と比べて販売台数が低いという。

Galaxy S9/S9+は発売後2か月で70万7000台を売り上げたが、Galaxy S8/S8+の同時期の記録と比べると、30万台ほど少ない。

さらに、Galaxy S9+は3月16日に発売され、3月中に47万6000台を売り上げたにも関わらず、4月の売上台数は23万1000台だったという。

この原因はGalaxy S8/S8+とGalaxy S9/S9+の間の違いがユーザーに伝わっていないということが大きい。Galaxy S9/S9+の機能がGalaxy S8/S8+よりも進化したことは確かだが、外見上の違いが少なく、ユーザーにとってインパクトが少ない。

Galaxy S7 EdgeからGalaxy S8/S8+へ進化した時のインパクトに比べればユーザーが違いを認識できないのも当然のことだろう。

Samusngもそのことを自覚しているのか、米国ではGalaxy S9/S9+の発売価格はGalaxy S8/S8+よりも安くなっている。日本では2018年の夏モデルとしてauとドコモから発売されるが、Galaxy S8/S8+の発売価格よりも安くなることが期待できる。

Galaxy S9/S9+の売上がGalaxy S8/S8+より伸びていないことは必ずしも悪いことではないだろう。実際に、アメリカでは価格が安くなっていることは事実だ。また、Galaxy S10が進化したデバイスになればGalaxy S8/S8+のようにユーザーにインパクトを与えることができるだろう。

コメント