Samsung Galaxy

【発売日】Galaxy Z Flipはどこで買える?スペック・価格まとめ

Galaxy Z Flipはどこで買える?取り扱いキャリアはauだけなの?

Galaxyシリーズを販売するサムスン電子が、米サンフランシスコで「Galaxy UNPACKED 2020」を開催しました。

折り畳みスマホシリーズの第2弾となる「Galaxy Z Flip」を正式発表。

日本ではauのみ発売が決定しています。

→au公式のGalaxy Z Flipページを見る

前回のGalaxy Foldは横に半分に折り畳めましたが、今回のGalaxy Z Flipは縦に半分に折り畳むことができます。

見た目はガラケーに近いようなデザイン。

6.7インチの大画面スマホが胸ポケットにすっぽりと収めることができるという利便性で気になっている人は多いのではないでしょうか。

スマホをコンパクトに持ち歩きたいと思ったことがある人は、まさにGalaxy Z Flipはぴったりなスマホです。

Galaxy Z Flipの見た目もすごいですが、基本スペックはどうなのか国内ではどこで買うことができるのか発売日や予約状況価格など…

この記事では、Galaxy Z Flipの情報について詳しくお話しています。

合わせてどうぞ
Galaxy Foldのメリットって何?どんな人におすすめかスペックから考えてみた!

「Galaxy Foldってぶっちゃけどんなメリットがあるの?」 新しいデザインであるGalaxy Foldに興味をもってる人は多いですよね。 ディスプレイが内側に折り畳むことができる 日本ではauで ...

【発売日】Galaxy Z Flipはどこで買える?


予約受付開始:2020年2月18日
発売日:2020年2月28日
価格:179,360円

Galaxy Z Flipの本体カラーは、ミラーパープル、ミラーブラック、ミラーゴールドの3カラー。

auではミラーパープルとミラーブラックの2カラーが販売となります。

auでのみ2020年2月28日発売

日本国内でのGalaxy Z Flipの取り扱いはau限定ということが発表されました。

Galaxyシリーズを販売するドコモでは販売はしないようですね。

発売日は2020年2月28日

予約開始時期は2月18日

auショップや家電量販店、オンラインショップなどで予約することができますよ。

→au公式のGalaxy Z Flipページを見る

本体価格は17万円台

米国では日本より早く2月14日から発売が開始され、1,399ドル(約15万円)での販売予定ということが伝えられています。

auでのGalaxy Z Flipの本体価格は、17万9360円。

※auオンラインショップ、au直営店価格

Galaxy Foldのauでの販売価格は約24万円でしたので、今回のGalaxy Z Flipはかなり安い価格設定になるのかもしれません。

15万円くらいならアップグレードプログラムNXの対象になれば、約9万くらいで購入することができるようになりますね。

多くの人が購入しやすい価格になるのではないでしょうか。

Galaxy Z Flipのスペック一覧表

参照:Galaxy Z Flip

本体サイズ オープン時

高さ167mm×幅74mm×厚さ6.9mm

クローズ時

高さ87mm×幅74mm×厚さ15.5mm

重量 183g
バッテリー容量 3,300mAh
内臓メモリ RAM8GB/ROM256GB
外部メモリ 非対応
ディスプレイサイズ メイン:6.7インチ

カバー:1.1インチ

CPU SDM855
カメラ メインカメラ:1,200万画素+1,200万画素

サブカメラ1,000万画素

防水・防塵 非対応
生体認証 指紋/顔
ワンセグ 非対応
おサイフケータイ 非対応

Galaxy Z Flipは大容量メモリと高性能プロセッサSDM855を搭載。

処理性能が非常に高いハイスペックスマホになっています。

見た目のインパクトだけでなくスペックも高いので、動画やゲームなどの処理も重くならずに快適に操作することができますね。

Galaxy Foldと比べれば、カメラ性能やメモリ容量に劣っている点もあります。

Galaxy Foldがハイスペック過ぎただけで、Galaxy Z Flipの性能は他のスマホと比べても非常に高くなっています。

重さについても他のスマホと同じくらいの重量で抑えられているという点でも、Galaxy Foldよりも持ち運ぶのが楽な印象があります。

バッテリー容量も3,300mAhの大容量バッテリーが搭載。

約110時間の電池持ちで一日電池持ちの心配なく持ち運ぶことができます。

スペックは申し分のない性能であることは間違いありませんが、ワンセグやおサイフケータイといった便利機能は搭載されていません。

最も注意しなくてはならないのが防水・防塵性能が非対応という点です。

特殊なデザインなので対応できないというのは致し方ありませんが、雨や濡れた手で触っただけでも故障の原因になることも考えられるので、取扱には注意しなくてはなりません。

Galaxy Z Flipのいいところ・便利機能

Galaxy Z Flipの特徴や搭載されている機能について詳しく解説していきます。

Galaxy Z Flipの最大の特徴は折り畳めることですが、

折り畳めることでどんな利便性があるのか

どんな機能を利用することができるのか

折り畳みスマホならではの新機能が充実しています。

ガラケーのように縦に折り畳める

Galaxy Z Flipの特徴と言えば、ガラケーのように縦に折り畳めるというデザインですよね。

前回発売されたGalaxy Foldは横に折り畳めるスマホでしたが、今回のGalaxy Z Flipは縦に折り畳めるのでGalaxy Foldよりももっとコンパクトに折り畳むことができるようになりました。

GalaxyZ Flipの本体の高さは167mmでかなり縦に長いデザインになっています。

ソニーから発売されているXperia1が高さ167mm×幅72mmなのでほぼ同じくらいのサイズ感ですね。

この大きなスマホが縦に折り畳めることにより、高さ87mmまで小さくすることができます。

スーツなどの胸ポケットにすっぽりと収めることができるようになります。

厚さは折り畳む分厚くなってしまいますが、以前の折り畳みガラケーくらいの厚さなのでそこまで邪魔にはならない程度の厚さになっています。

最小限ベゼルで切れ目のない6.7インチ大画面

折り畳むことができるスマホとなると、気になるのは画面の切れ目ですね。

縦に半分に折るということは、使っているうちに真ん中あたりに折れ目ができてしまうのではないかという心配があります。

前回のGalaxy Foldは樹脂素材のパネルを利用していました。

今回のGalaxy Z Flipでは折り曲げることができる極薄のガラスがパネルの素材に採用されています。

折り曲げることができるガラスのパネルのおかげで、樹脂素材のパネルのように折り目がついてしまうことがありません。

フラットで滑らかなディスプレイを可能にしました。

ベゼルも最小限に抑えられているので、画面いっぱいに映像を楽しむことができますよ。

折り畳み角度が調整可能

Galaxy Z Flipのヒンジ構造は蓮の花の構造をヒントに開発されていて、正確に連結することができるように考えられている造りになっています。

ヒンジ部分の開閉テストは20万回も行うテストに合格しています。

汚れや埃がヒンジ部分に入り込まないようにヒンジ内に内臓されているブラシで防ぐことができるようになっています。

Galaxy Foldのようにヒンジ部分が故障の原因にならないようにあらゆる対策が行われていますよ。

折り畳みの角度は自分で調整することが可能

スマホを置いたままセルフィー撮影をすることも、ハンズフリーでビデオチャットをすることも補助器具なしで行えます。

他のスマホではセルフィー撮影のときなどはスマホが自立せず、補助器具を使ったり立てかけたりする必要があって場所を選んでしまいましたが、Galaxy Z Flipならどんな場所でもセルフィー撮影が可能です。

撮影の時だけでなく、画面を好きな角度に固定することでアプリも半分に分割することができます。

コントロールは下半分、上半分が表示領域に変えることもできます。

マルチ・アクティブ・ウィンドウ

Galaxy Z Flipでは2つのアプリを縦半分に分けて同時に利用することができるマルチ・アクティブ・ウィンドウを備えています。

SNSをしながらニュースを見たり

写真を見ながらメッセージを送ったり

さまざまなアプリを同時に見ながら操作ができるので快適にスマホを使いこなすことができます。

折り畳んだ状態でもスマホの操作ができる

Galaxy Z Flipで優れているのは大画面を折り畳める構造だけではありません。

Galaxy Z Flipは折り畳んだ状態でも通知を確認することができるように、カバースクリーンが搭載されていることです。

カバースクリーンとはサブディスプレイのこと。

従来のガラケーのようにケータイを開かなくても時間を確認できたり、誰からの着信か確認することができたりする便利なディスプレイです。

Galaxy Z Flipには1.1インチの小さなディスプレイが背面に搭載。

折り畳んだ状態でも時計を表示したり着信を知らせる通知を表示させることができます。

カバースクリーンもタッチ操作対応なので、表示された通知をタップして画面を開けばメイン画面でも表示されるようになっています。

カメラ性能

Galaxy Z Flipのカメラは

1,200万画素

広角カメラと超広角カメラ

デュアルカメラ

が搭載されています。

カメラには最大8倍のデジタルズームなどが搭載されています。

光学手ブレ補正機能にも対応しているので、美しい写真をブレなく撮影することができます。

夜景の撮影でも明るく美しく撮影ができるように、数秒の長時間露光ショットで光の動画撮影をすることも可能。

ワイヤレスパワーシェア

ワイヤレスパワーシェアは、Budsなどのウェアラブル機器や他のスマホをGalaxy Z Flipに乗せて充電することができる機能です。

Galaxy Z Flipの電池があれば、ウェアラブル機器の電池がなくなってもいつでも充電することが可能。

ワイヤレスイヤホンを持ち歩いている人には嬉しい機能ですよね。

Bixby

Bixbyは、カメラで対象を映し出すだけで対象の情報を検索したり、翻訳したりすることができます。

食べ物を映し出せばカロリーを調べることもできますし、ARで自分の顔にメイクを試してみることもできます。

欲しいものをカメラで撮影すれば、オンラインショップで検索することもできるので、外出しているときに欲しいものを見つけたときにも便利ですね。

部屋を映し出して仮想の家具を配置してみたりしてインテリアのイメージをしてみたりすることもできます。

購入する前にイメージに合っているか確認することもできます。

以上のように、Galaxy Z Flipはスマホとしての性能もトップレベルの機能をたくさん搭載しているので、より快適にスマホを使うことができますよ。

Galaxy Z Flipについてのまとめ

Galaxy Z Flipは、前回のGalaxy Foldではヒンジ部分の脆弱性の問題で販売が遅れてしまったり、故障の不安などがありました。

Galaxy Z FlipではGalaxy Foldで見つかった問題点をしっかりと対策してきていました。

縦に二つに折れるというインパクトのあるデザインで見た目に話題。

基本スペックも高くてスマホとしても快適に利用することができるハイエンドモデルになっています。

見た目だけじゃない、長く使える次世代のスマホと言えるのではないでしょうか。

価格もGalaxy Foldのような高額にはならないようですので、スマホをコンパクトにして持ち運びたいと思ったことがある人はぜひ購入を検討してみてくださいね。

-Samsung Galaxy

Copyright© スマホログ , 2020 All Rights Reserved.

docomoの在庫状況を一覧でチェック!
今日の在庫を確認する
docomo在庫状況を一覧で確認する