コメント、フォーラム、お問い合わせ受付中!

Google Pixel 2 XL:発売一週間で画面が焼き付く、原因はLGか

Google Pixel 2 Google Pixel

10月19日にGoogle Pixel 2 XLが発売され一週間が経とうとしているが、購入したユーザーからディスプレイに関する問題が報告されている。

具体的にはディスプレイが焼き付いてしまうという報告だ。

この問題はPixel 2 XLのみで報告されており、Pixel 2では報告されていない。Pixel 2とPixel 2 XLは異なるディスプレイを採用しているためPixel 2でも同様の問題が起きる確率は低いと考えられる。

ディスプレイの焼き付きとは

ディスプレイにおける焼き付きとは、ディスプレイの一部分、あるいは全てが永久に変色してしまうことをいう。

通常ディスプレイの焼き付きが発生するのは、少なくとも静止画を連続で数か月間表示した場合などだ。

また、Windowsではスクリーンセイバーという機能が搭載されている。一定時間PCを操作しなかった場合に動くガラス玉などの映像にディスプレイが切り替わるのを見たことがあるだろう。最近ではディスプレイが進化し、焼き付きを起こすことが少なったためこの機能を見る機会も少なくなった。

Google Pixel 2XLの焼き付きの報告


7日ほどフルタイムで使用するとPixel 2 XLは少々盛大に焼き付いた

ディスプレイが進化したとは言え、有機ELディスプレイやプラズマスクリーンなどにおいて焼き付きというのは身近な問題である。だが発売から一週間も経たないうちにPixel 2のディスプレイが焼き付きという問題を起こしてしまったのは極めて稀な事例だ。なぜなら先ほども書いたように通常であれば焼き付きは少なくとも数か月間静止画を連続で表示した場合にみられる問題だからだ。

The VergeによるとGoogleは今回の問題に関して積極的に調査していると発表したという。

Google Pixel 2XLはディスプレイが改善されれば最高のスマートフォン

Pixel 2XLの焼き付きはLGディスプレイが原因か

今回の問題はソフトウェアが原因の可能性もある。ソフトウェアからの指令がディスプレイにとって負担になり、焼き付きを起こしている可能性だ。だが、Android Central の責任者の報告書によると、この問題はディスプレイ自体が原因の焼き付きだという。

サムスンは焼き付きの問題をスーパーAMOLEDディスプレイを使用することによって解決した。だが、GoogleがPixel 2 XLに採用しているのはLGのPOLEDディスプレイだ。このディスプレイはLG V30などで問題を抱えていた。

Google Pixel 2/2 XLは高級路線のスマートフォンであり、デザイン、動作性共に素晴らしい製品だ。それ故に画面の問題で信頼を失ってしまうのは痛手だ。

*有機ELディスプレイの中にAMOLEDディスプレイとPOLEDディスプレイという分類が存在する。

Google Pixel 2/2 XLを使用できる通信会社と購入方法

記事中に記載されていないことでもコメント、もしくはフォーラムで質問していただければ解決策が見つかる可能性があります。もし、解決しない問題があれば下のコメント欄かフォーラムに書き込んでください。

Google Pixel
スポンサーリンク
Edge of Techをフォローする
Edge of Tech

コメント