iPhone

iPhoneって何年使えるのか?バッテリーを長持ちさせる方法も紹介

皆さんは、iPhoneを何年位で機種変更しますか?

今は、キャリア側が2年単位で機種変更を促すような購入方法を提供しているため、2年以上iPhoneを利用する方が少なくなっています。

しかし、iPhoneも機種代金が10万円を超えるものが多いので、2年単位で機種変更するのも勿体ないですよね。

できれば壊れるまで利用したい寿命を迎えるまで使い切りたいと誰もが思うはず。

結局のところiPhoneって何年使えるの?って考えた場合、実はAppleが公式にiPhoneの寿命の目安を発表しています。

それが3年です。

購入したばかりは快適に使っていても、使い続けるうちに電池持ちが悪くなるのは仕方ないことです。

今回、iPhoneは何年ぐらい利用したら寿命が来てしまうのか、機種変更のタイミングについて解説していきます。

iPhoneは何年使えるのか?

 

iPhoneを長期間利用している中で、気になってくる不具合として1番多いのがバッテリーの持ちでしょう。

バッテリーは消耗品なので、故障でなくても必ず劣化します。

Appleは、iPhoneの寿命を「3年」と想定しています。

1年目は購入したばかりで問題なく使用でき、2年を超えたあたりでバッテリーの持ちが気になり始め、3年を超えるとバッテリーが1日持たなくなるケースが多いです。

Appleでも販売していますが、バッテリー対策として予備のモバイルバッテリーなどを一緒に持ち歩く方も多いです。

使い方は人それぞれなので、毎日ヘビーに使っていれば1年超えたくらいでバッテリーの持ちが気になる方もいるでしょう。

反対に、電話とメール以外iPhoneを手に取る機会が少なければ、3〜5年利用することだってできます。

バッテリーの寿命は、使用者によって変わってきます。

使用時間が長ければ長いほどiPhoneに不具合が出る可能性も高くなりますが、出来る限り故障しないように工夫して利用すれば5年以上使い続けることも夢ではありませんよ!

iPhoneのバッテリー寿命が劣化する使い方

iPhoneを少しでも長持ちさせるために、使い方に気をつけなければいけません。

何もしなくてもバッテリーは劣化していきますが、私達のiPhoneの使い方はそれに拍車をかけているかもしれません。

以下のような使い方はやめましょう。

充電しながら操作する

1つ目は、充電しながらiPhoneを操作することです。

充電するだけでも、iPhoneには負担がかかります。

それにプラスして本体を操作をしてしまうと、さらに負荷がかかり発熱などをして本体に悪影響を及ぼします。

メールのチェックを少し位するのであれば良いのですが、動画を見たりゲームしたりするのはもってのほかです。

バッテリーが急速に劣化する原因の1つです。

長時間の充電

2つ目は、長時間の充電をすることです。

iPhoneを充電器につなぎっぱなしにしている人はいませんか?

長時間の充電は過充電となり、iPhone本体に負担がかかってしまいます。

バッテリーの劣化につながるので、充電はこまめに行った方が良いです。

高温場所に置く

3つ目は、高温の場所にiPhoneを置くことです。

iPhoneだけにかかわらず精密機器を全てですが、熱に弱いためすぐにオーバーヒートしてしまいます。

炎天下でiPhoneを使うだけでもダメージを受けますし、夏の車内にiPhoneを置きっ放しにすれば直ぐに故障します。

Appleのデバイスは、16℃〜22℃の最適な温度環境で正常に動作します。

35℃を超えてしまうと、回復不能な損傷を与えてしまう可能性があります。

高価なiPhoneなので長く使いたいですよね。

使い方を工夫するだけで、iPhoneは2倍以上長く利用できる可能性があります。

これまでの使い方を見直してみましょう。

iPhoneのバッテリー寿命を長持ちさせる方法

iPhoneのバッテリーを最大限長持ちさせる方法についてもぜひ確認しておきましょう。

最新のソフトウェアにアップデートする

ソフトウェアのアップデートは、不具合の改善や技術の向上が含まれています。

最新バージョンのiOSにすることで、先進的な節電技術が取り入れられます。

最適な温度環境で使用する

上記でもう少し述べていますが、iPhoneを正常に動作させるためには最適な温度環境が必要です。

寒すぎても暑すぎてもデバイスにダメージを与えてしまいます。

バッテリーにダメージを与えることで、駆動時間が急激に短くなります。

16〜22℃の最適な環境下で使用することを心がけましょう。

特定の種類のケースは充電中取り外す

一部のケースはiPhoneを入れたまま充電すると熱がこもり、バッテリーに影響を及ぼす可能性があります。

充電中にiPhoneが熱くなったら、ケースから取り外しましょう。

磁気充電ケースなどは、取り外した方が良いです。

長期間保管する場合はフル充電・バッテリーの使い切りはしない

iPhoneを長期間の保管する場合、バッテリーをフル充電したり0%まで使い切ったりせずに、50%前後充電した状態にしておくのがお勧めです。

バッテリーを0%まで使い切ってしまうと充放電の状態になり、充電された状態を保てなくなる可能性があります。

反対に、フル充電した状態で長期間保管すると、駆動時間の短縮につながる場合があります。

50%前後の状態で電源を切り、湿気のない32℃以下の涼しい場所で保管しましょう。

6ヶ月以上の長期保管の場合は、6カ月ごとに50%まで充電しましょう。

長期保管していたiPhoneを再利用する際は、20分以上充電してから使いましょう。

明るさの自動調整とWi-Fi接続

iPhoneの使い方にかかわらず、バッテリーを長持ちさせる簡単な方法は「画面の明るさを調整すること」と「Wi-Fi接続」です。

画面の明るさを落とすか自動調整をオンにすることで、バッテリーの駆動時間を伸ばすことが可能です。

設定方法は、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ディスプレイ調整」です。

さらに、iPhoneを利用する際はWi-Fi接続をした方が消費電力が少なくなるため、本体への負担を軽減させることができます。

バッテリーは使い切らない

iPhoneを充電するときに電源が切れるギリギリまで使ってから充電するのが良いと考えている人が多いですが、これは間違いです。

バッテリーがなくなる直前に充電したり、一度は放電させたほうがいいと言われていたのは、ガラケー時代のニッケル水素電池です。

iPhoneに搭載されているリチウムイオン電池は、電池が切れるギリギリに充電するとダメージを受けてしまいます。

そのためリチウムイオン電池を搭載したスマホを充電するときは、20%以下になる前に充電しましょう。

さらに、100%までのフル充電をせずに80%位で充電を止めるのが、バッテリーに優しい使い方のようです。

iPhoneの機種変更を検討する目安

iPhoneの寿命はおおよそ3年と考えられていますが、次のiPhoneへの機種変更を考える目安の確認方法もご紹介します。

バッテリーの最大容量が80%を下回ったとき

バッテリーの持ちが悪くなってくるのは、感覚的にもわかると思います。

iPhoneのバッテリーの最大容量を自分で確認できるのは知っていますか?

iPhoneの「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの最大容量」から確認ができます。

新品のiPhoneと比較したときのバッテリー容量が表示され、Appleの保証期間内に80%以下になった場合は無償でバッテリー交換をしてもらえる対象になります。

80%以上あるなら、それほど心配は要りません。

AppleではiPhoneを500回充電したとしても80%のバッテリー容量は確保できるとしていますが、普通に考えて2年間毎日充電していたらあっという間に80%以下になってしまいます。

iPhoneに記載されているバッテリーの最大容量はあくまでも目安で、実際はもっと劣化が進んでいるかもしれません。

バッテリーの劣化が進むことで、バッテリー残量があるのにもかかわらず突然電源が落ちてしまったり、アプリを使うと急激にバッテリーが減ったりします。

20%もバッテリーが残っているのに、突然電源が切れてしまうこともありますよね。

この状態になったら、機種変更を考えても良いのかもしれません。

もしくは、バッテリーの交換で改善するのであれば、バッテリー交換を行いましょう。

すべての症状がバッテリーだけの原因かは分からないので、プロに相談しましょう。

動作が遅く感じる時

iPhoneのバッテリー劣化が進んでいくと、iPhoneの消費電力を抑えようとして様々な使いづらい症状が出始めます。

アプリの起動やレスポンスが遅かったり、タッチパネルが反応しづらかったり、画面が急に暗くなったりと、「あれ、おかしいなぁ」と感じる不具合が出てきます。

購入時と比較して使いづらくなった場合は、バッテリーの劣化かもしれません。

サクサクと動いてくれないと、すぐに調べたい時はストレスを感じます。

会社で利用している方も多いと思うので、バッテリー交換をしたり修理対応を依頼したり、出来る限り早めの対応をしましょう。

iPhoneは何年使えるかのまとめ

ガラケー時代に比べたら電池持ちもとても良くなりましたが、使っているうちに劣化していくのは困りますよね。

何年使っても劣化しないバッテリーが発明されたら良いのですが…

バッテリーが原因で、電池持ちが悪くなっている場合はバッテリー交換ができます。

驚くほど金額が高いわけではないので、2年を過ぎる前にiPhoneのバッテリー交換をすれば、さらに2年使える可能性だってあります。

ただし気をつけていただきたいのが、iPhoneの不具合はバッテリーだけでなく、本体に不具合がある場合も電池の減りが速くなる事は十分にあり得ます。

私たちには見分けることができないので、やはりプロに相談した方が1番です。

筆者の知人に1台のiPhoneを長期間利用するために、2年経つ前にAppleに修理依頼をして悪いところを直し、また2年間使い続けている人もいます。

きっと4〜5年は使っているのでしょう。

このような使い方をする人は珍しいのではなく、公にならないだけで世の中にはたくさんいると思います。

最新のiPhoneにこだわりがなくて、使えたら充分と考えている人には1番賢い方法です。

「2年経ったから機種変更しなきゃ」と感じる人も多いと思いますが、実は1台のiPhoneで何年も使うことができるのです。

iPhoneに負担のかけない使い方をして、少しでも長持ちさせましょう。

スポンサードリンク

-iPhone

© 2020 スマホログ