iPhone

iPhoneの寿命って何年くらい?買い替えるおすすめのタイミングは?

投稿日:

みなさんはiPhoneをどのくらいの周期で買い替えていますか?

何年も同じiPhoneを利用していると、「そろそろ買い替えようかな?」

と買い替えるタイミングがいつ頃なのか考えるようになりますよね。

「でもバッテリーの減りは早いけどまだ使えるかな?」

と、買い替えはどのくらいの期間でするのがいいのかわからないですよね。

もう少し使えるかなと思っていたら急に充電ができなくなってしまったり、最新のOSが発表されたと思ったら自分のiPhoneには対応していなかったりすることもあります。

実際のiPhoneの寿命って何年くらい持つものなのでしょうか?

今回はiPhoneの寿命の目安と買い替えるタイミングについて詳しく解説していきますので、iPhoneをそろそろ買い替えようかなと考えていた人は参考にしてみてくださいね。

【apple公式見解】iPhoneの寿命は3年と発表!


iPhoneの寿命についてはappleが公式見解を発表しています。

iPhoneの耐用年数は3年程度

これが公式な寿命の目安です。

実際はユーザーそれぞれのiPhoneの使い方によるところが大きいですので、あくまでも目安になりますよ。

毎日動画を見たり、音楽を聴いたり、SNSを見たり、写真を撮ったり24時間ずっと使い続けているようなユーザーのiPhoneは1年から2年程でバッテリーの劣化が目立つようになります。

常にモバイルバッテリーを持ち歩いていないと1日充電が持たなくなってきてしまいますよね。

それに、仕事などでiPhoneを持ち歩く人は落としてしまって端末を破損させてしまうこともあります。

画面が割れてしまったり、外装にひび割れがある状態で利用し続けると防水性能は失われ、端末自体に損傷を与えてしまうことになってしまい、電源が落ちてしまったり動作が不安定になってしまったりして寿命を迎えてしまうこともあります。

4年以上使える場合もある


逆に、たまに通話をするか、メッセージを送るだけでほとんどiPhoneを使わないというユーザーのiPhoneは、寿命が長持ちするでしょう。

人によっては4年たっても全く問題なく利用している人も多くいます。

今から4年前となるとiPhone6が発売された時期ですが、まだiPhone6を利用しているユーザーはたくさんいますよね。

バッテリーの寿命だけでなく、ソフトウェアのアップデートについてandroidのアップデートはおよそ2年に対し、appleは4年前の端末でも対応できるようにしています。

その点がandroidとは違っているのでiPhoneの寿命はandroidの2倍以上という調査結果が出ています。

現在のOSのアップデートも、iPhone6までは最新バージョンにアップデートすることが可能になっているので、長く利用することは可能ということにはなります。

【注意!】寿命がきた時の目安

メモ

  • バッテリーが1日持たず、常に充電しっぱなしになる
  • 電源を入れてからの起動時間が以前よりも長く感じる
  • 最新のOSにアップデートできない
  • 使っていたアプリのアップデートをしたら利用できなくなった

iPhoneの寿命の目安は、この4つの項目を参考にしてみてください。

どれか1つでも当てはまればiPhoneの寿命がきたと思ってください。

バッテリーが1日持たない


購入当初のiPhoneのバッテリーは1日くらい余裕で使うことができましたよね。

動画を見ても音楽をたくさん聴いてもまだ充電に余裕があると感じていたはずですよね。

でも、いつの間にか朝に充電を満タンにしても、お昼頃には50パーセントしか充電がなくなり、夕方にはほとんどないという状態になってしまいます。

常にモバイルバッテリーを持ち歩いていないとiPhoneの充電が間に合わないという人はバッテリーの寿命が近づいています。

また、充電をしてもしてもぜんぜん満タンにならないという場合もバッテリーの寿命です。

買い替えではなくiPhoneのバッテリー交換を検討するならこちらの記事も参考に↓

【iphone】バッテリー交換はどこでする?キャリア&Apple対応の違い!

起動時間が以前よりも長くなった

起動時間が長くなったり、あらゆる動作が遅くなったりしている場合もiPhoneの寿命が近づいてきています。

起動時間が長くなっている時はiPhoneの空き容量がなかったり、本体の基盤が故障しているなどの可能性があります。

データ容量がいっぱいならデータを削除したり、パソコンにデータを移すことで改善することもありますが、劣化による基盤の故障などの場合は長く利用していた場合はデータを初期化して修理に出すよりも新しいiPhoneに買い替えた方が得策です。

最新のiOSにアップデートできなくなった


最新のiOSは9月20日からiOS13にアップデートすることが可能になります。

この最新のiOSに対応しているiPhoneはiPhoneSEやiPhone6など4年前に発売された端末も含まれています。

それ以上前のiPhone5Sなどを利用しているユーザーはアップデートに対応していないので、iPhoneの最新機能を利用することができません。

そろそろ買い替えてもいいのではないでしょうか。

使っているアプリが対応しなくなった

これもiOSに関連することになりますが、アプリもiOSに合わせてアップデートを行っています。

自分のiPhoneが最新のiOSにアップデートできないことにより、アプリも利用できなくなってしまうものがあります。

また、バージョンが古いiPhoneでアプリを利用していてアップデートしようとしたら不具合が生じて初期化という結果になってしまうことも多々あります。

アプリの動作が不安定なら早めに最新のiPhoneに買い替えがおすすめです。

長くても4年くらいで新しいiPhoneに買い替えるようにしておくと常に最新版のiOSを利用できるので、そのくらいを目安に買い替えるようにしましょう。

iPhoneを買い替えるおすすめタイミング

そろそろ寿命がきそうだし、iPhoneを買い替えようと考えた場合に、どのタイミングがおすすめかも詳しく説明していきますね。

iPhoneを買い替えるおすすめのタイミングは、iPhoneを購入したときの方法によって少し違いがあります。

例えば、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手3キャリアで分割で購入した場合は購入方法によって損する場合があります。

3キャリアで購入していない場合でも購入するタイミングを間違えてしまうと数万円の価格の差が生じる場合も出てきてしまいます。

キャリアユーザーなら購入サポートの期間が重要


まず、3キャリアで分割でiPhoneを購入した場合は、その分割の購入方法を一度確認してください。

例えば、ドコモの「月々サポート」やauの「月月割」、ソフトバンクの「毎月割」という名称のサービスを利用して端末を購入した場合は、端末を購入してから24か月間毎月の利用料を割引くサービスです。

端末自体の割引きはしていませんが、代わりに利用料から割引きしているため、実際は端末を安く購入できるようなしくみになっています。

iPhoneを分割払いにしてこの割引サービスを利用している場合は、分割払いを終える前に新しいiPhoneに買い替えてしまうと、割引サービスも終了してしまい、分割金に対する割引きが実質的に何もなくなってしまって負担金が大きくなってしまう可能性があります。

この場合は24回の割引きサービス期間が終了してから買い替えをするのがおすすめなので、iPhoneを利用してから2年後に買い替えるのがおすすめです。


また、ドコモの「スマホおかえしプログラム」やauの「アップグレードプログラム」、ソフトバンクの「半額サポート」などといった名称の購入サポートを利用している場合もあります。

端末を36回や48回の分割で購入し、24回の分割金まで支払い終えて、25か月目に新しい機種に買い替える時に、残りの分割金の支払いが不要になるサービスです。

このサポートを利用していた場合は24回目の分割金の支払いが終了した直後の25か月目以降に買い替えることをおすすめです。

25か月目以降も機種変更をしなければ分割金の支払いは必要になってしまうので、25か月目に買い替えるのが一番お得になりますよ。

他社へ乗り換えるなら違約金に注意

iPhoneを買い替えるタイミングで他社に乗り換えるのもおすすめです。

3キャリアの場合は、機種変更よりも他社にMNPで乗り換える方が端末代金を割引きしてくれたり、キャッシュバックキャンペーンを行っているので、iPhoneを安く購入することが可能です。

その場合は契約している料金プランの違約金に注意してください。

2年契約などの縛りがある料金プランを利用していた場合は、2年【ごと】の更新となっているので、その更新月と前後1か月ずつの合わせて3か月間の間に解約をしない場合は違約金として約10,000円の支払いが必要になってしまいます。

また、利用しているiPhoneの分割支払いが終わっていない場合は他社に乗り換えた後も支払いが続くようになりますので、自分の契約内容を確認してから乗り換える必要があります。

この違約金についてはこれからは無くなっていくか1,000円程度の金額になる予定ですが、今のところはまだ注意が必要ですので、自分が解約した場合どうなるのかお店でしっかり確認したほうが間違いありません。

最新モデルを購入したいなら発売日を狙って予約する


iPhoneをSIMフリーで購入していたり、すでに4年以上利用していたりして分割金の支払いが終了している場合は、いつでも機種を購入することが可能です。

「どうせiPhoneを買い替えるなら最新モデルが欲しい」

という人が多いですよね。

それなら最新モデルが発売される日に購入できるように最新モデルが発表されたらすぐに予約をすることがおすすめです。

ドコモオンラインショップでiPhoneを予約購入した流れのイメージはこちらの記事にまとめています↓

ドコモオンラインショップでiPhone11を予約購入する手順【予約→入荷確認メール→本申し込み】

最新モデルはみんな発売日に購入したがります。

今は発売日前の1週間くらい前に新モデルを発表し、予約受付を開始する流れになっています。

あらかじめ予約をしなければ新しいiPhoneの在庫を確保するのは難しいと考えてください。

予約をしておけば発売日当日に在庫を確保できなくても、入荷した時点ですぐに買い替えることができますので、最新モデルは予約をしておきましょう。

予約はiPhoneを発売する3キャリアのオンラインショップでも、それぞれのショップや家電量販店でも予約が可能です。

SIMフリーのiPhoneを購入したい場合はappleストアで予約を受付していますよ。

型落ちiPhoneなら新機種が発売される前後がおすすめ


最新モデルのiPhoneじゃなくてもいいからできるだけ安いiPhoneがいいという人にもおすすめのタイミングがあります。

それは最新のiPhoneが発表される前後に前モデルは値下がりする傾向があるためです。

9月20日にiPhone11が発売されますが、その直前に現在販売されているiPhone8、iPhoneXR、iPhoneXSの価格が値下がりしました。

例えば、ドコモの場合はiPhone8は79,704円でしたが、購入サポートやスマホおかえしプログラムを併用することで実質44,064円まで安くなりました。

iPhoneXRについても、93,312円が49,248円まで値下がりし、iPhoneXSも128,304円が73,872円まで安くなっています。

端末が高いのは当たり前と思ってる人も多いですが、タイミングが合えばかなりお得に機種変更も可能なんです。

【2019年9月】ドコモで5万円以下で機種変更できるスマホを安い順にランキングで紹介!

約30,000円から50,000円も安くなっていることになるので、この最新モデルが発売される前後が1番安く購入できるタイミングですよ。

ただし、価格が安くなると在庫がなくなってしまう可能性もあります。

在庫があると思ったら早めに買い替えするようにしましょう。

最新モデルが発表されると話題になりやすいのでその時期はiPhoneの価格に注目していてくださいね。

学生なら学割のタイミングを狙うのもおすすめ

ちなみに、3キャリアでiPhoneを買い替える場合は、【学割】というキャンペーンを狙うのもアリです。

ドコモやau、ソフトバンクの3キャリアは毎年12月頃から5月頃までの間、25歳以下の学生を対象にした割引きキャンペーンを開催しています。

毎年キャンペーンの内容は変わっていますが、その期間に対象の機種に買い替えると毎月の利用料を安くすることができるので、実質、端末の分割金の負担を少なくすることができます。

その対象機種にiPhoneが含まれる場合があります。

ただし、あくまでも学生さん向けのキャンペーンなので、学生じゃない場合はやはり最新モデルが発売される前後がチャンスですよ。

iPhoneの寿命によるタイミングでの買い替えの判断は損する可能性あり!

ポイント

  • iPhoneの寿命は、appleの公式見解では3年が目安
  • iPhoneのiOSは4年前の機種でも最新版に対応しているので長く利用できるようにサポートされている
  • 実際は利用頻度が高いと2年も持たずにバッテリーの寿命がきてしまう
  • あまり利用しない人は4年持つ場合もある
  • 最新のiOSに対応しなくなる可能性がある

iPhoneの寿命についてはこのように、3年を目安に作られてはいますが、実際のところは個人差があり、動画やゲームなどを毎日たくさん利用する人はバッテリーが2年も持たない場合があります。

ポイント

  • iPhoneの買い替えのタイミングは、月々サポートなどの割引きサービスを併用しているなら、サービスが終了する25か月目以降がおすすめ
  • 半額サポートなどの端末購入サポートを利用しているなら、24回目の支払いが終了した25か月目が最もおすすめ
  • 最新モデルに買い替えるなら、発売前に予約をしておくのがおすすめ
  • 型落ちiPhoneなら最新モデルが発売される前後に価格が値下がりするときがおすすめ

iPhoneを買い替える時は、購入したい時に好きなタイミングで買い替えようとすると損してしまう可能性があります。

今回解説してきたように、最新モデルが発表された時期に価格が変更される場合が多いので、iPhoneを買い替えるならこのタイミングを逃さないようにしてくださいね。

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-iPhone

Copyright© スマホログ , 2019 All Rights Reserved.